恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

恋愛の先に何を望むのか?

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

時々出てくる問題です。

これに対する僕の答えは、もしかすると意外だと感じるかもしれません(^^

 

ちょっと長いコメントですが、まずは読んでみてください。

メルマガサポート用記事(2019年4月)

あやーこさんより:

kouさん、いつも気づきを与えて下さってありがとうございます。

「付き合う相手を見極める」について教えてください。
昨年、約半年仲良く(肉体関係もありましたので)付き合っていると思っていた彼に「私は彼女?」と聞くと「そうじゃない。でも好き。」と言われたので「わかった。ありがとう。」と言って身を引いたんです。
でも、仕事で毎日顔を合わせますし、たまには一緒にご飯を行くこともありました。その中でまた彼に惹かれて行く自分が居て、「やっぱり好きだ」と思ってしまったんです。kouさんは社内恋愛を推奨していないのは知っています。理由も完全にではないですがわかっているつもりです。ただ、また好きになってしまったんです。
そこから関係性が悪くなりました。また取り戻したいと思ってやっきになって色々行動してしまったのがきっかけです。彼女でもないのに彼が他の女性とご飯に行くことを知って泣いてしまい「面倒くさい」と言われ、ご飯の誘いを断られるようになってしまいました。だからやるせなくなって、一緒に居たい理由をつらつらとLINEするなどしてしまい、もうやっかいな女です。結局、今も距離を置かれている状況です。

私、今まさに付き合う相手を見極められていないのでしょうか?友達からは「不毛だからやめておけ」と言われるんですが、私は一緒にいたいんです。前みたいに私の方を向いて笑って、色々楽しませて欲しいんです。何だかロクな男じゃないなという感じですが、50歳過ぎてバツイチで離れて暮らす娘さんのことだけを愛してて、でも一緒に居れない、かわいそうなおじさん。たくさん良いところがあるからまた好きになったんです。今度はちゃんと向き合ってもらいたい。

こんなに距離を置かれてしまっている状況でも挽回はできますか?会社で直接話すことは可能ですが、嫌なんだろうなと思っているので主にLINEでしか連絡していません。会社ではあえて話していません。私は二人きりで話したいのに受け入れてはくれません。嫌われていても好きなんです。傷つくのは嫌なのに傷つくのがわかっている行動を結果的にしてしまっているのだと思います。自分が情けなく思います。こんな私を改造したい。何度も同じ事を繰り返していてバカだと思っています。こんなバカ、治したいけどどうやったら治るかわかりません。
kouさん、喝を入れてくれませんか?彼が悪いだけじゃないんです。きっと、私が今の彼の状況を作ってしまったんです。でも、このどん底からどう脱出したらいいのかわからないんです。

非常によくある話です。

まず結論から言います。

挽回できるかどうかですが、できます。

こんなものは一過性なんですよ。

距離を置かれているといっても、それはずっとは続きません。

しぶとく生き残っていれば、いずれ根負けしてくれますから、いくらでもチャンスがやってきます。

 

見極めることについては、一概には言い切れないところがあります。

なぜなら基準が人によって違うからです。

不毛だからやめておけ」というお友達は、お友達の基準で物事を見ていて、その基準に適合するかしないかで判断を下しているんですよね。

これは全ての人がそうです。

恋愛で何を重視するか、その恋愛の先に何を求めているのかを自分でよく考えてみると答えが出てきます(^^

 

僕のブログで、今もずっと人気のある記事の一つがこれです。

女性はすぐに付き合いたいと願い、男性はすぐに付き合うと決められない理由(メルマガ読者限定記事)

この記事を読むためにメルマガ登録を希望する女性もいるほどです。

メルマガ読者でありながら、まだ読んでいないというトンデモ娘は今日中に読んでください(笑)。

 

恋愛に何を重視するか。恋愛の先に何を求めるか。

多くの女性は付き合うとか、結婚するといった決まった答えを当たり前のように出してきます。

ところが実際には、必ずしも心の底からそれを求めているとは限らなかったりするんですよね。

いつのまにか誰かの基準が中途半端にインストールされていて、「私は付き合いたいと思っているはず」「結婚したいと思っているはず」と思い込んだりするんです。

もちろんそれを自分の純粋な意思として持っている女性もたくさんいます。

 

だから当人ではない人が、どれが正しくどれが間違っているとは言えないんですよね。

僕は不毛だとは思いません。

何を求めているかによるのです。

たとえばどうしても子供を産みたいと決めている女性もいます。そういう人は、このような男性を相手に恋愛すべきでないことはすぐに分かります。

その一方で、長い人生の中でできるだけ長い時間、一人の男性と愛し合って尊重し合える関係を築くことに価値を見出す女性も少なからずいます。そういう人は、外野がボロクソにこき下ろしたくなるような男性の真の姿を知っているのなら、見極めには成功していることになるのです。

 

繰り返しますが、あなたが何を重視しているのかによります。

この重視することは、お友達や姉妹の価値観とは全く違っている可能性があります。

もし一般的な恋愛の価値観である付き合うことや結婚よりも、もっと他のことを重視しているようであれば、あえて墓穴を掘るような真似はしない方がいいのは間違いありません。

結婚にいたることの恋愛には意味がないとまで断じる女性もいます。

恋愛相談を受けておきながらその女性の幸せの価値観を勝手に決めて、彼女の今の恋愛を否定してくる人もいます。

本当に何を重視するかによって真逆になってしまうことを知ってください。

 

今のあなたの気持ちに嘘がないのであれば、その恋愛感情は本物です。

自分が本当に望んでいるものは何なのかをはっきりさせようと考えながら、自分の基準に今の恋愛が適合していると実感できているのであれば、無理にそれを捨てようとしたり、自ら墓穴を掘る行動を取る必要はないということです。

誰かには不毛に見えることが、私には実りあることである可能性は十分にあります。

もちろんあなたの基準によっては、やはり不毛だという結論に達する場合もあります。

 

よく考えてみて、納得のいく立ち回り方をしてください(^^

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (3)

    • あおはなみ
    • 2019年 9月 13日 23:51:38

    最近の調子の悪さ。

    仕事に重きをおきすぎる。
    今日も失敗というか上手くは出来なかったが、手は抜かなかった。そして、誰も責めないのだ。アドバイスや注意はして貰う。仕事は日々、それでいい。

    生活に誇りと感謝を持つこと。
    生活で私を満たせばいい。
    自分の呼吸そのもの。

    自由をどう使うか豊かさだ。

    自由にできる生活。仕事にも自由がある。
    恋愛は、私次第な所がある。何もかも自由だらけ。
    自分次第。考え方次第。動き方次第。

    kouさん、
    きっとイイ所も私にはあって、でもガチガチな所も凄くって、柔らかく楽しく豊かになりたいです。
    仕事も生活も。
    そしたら恋愛も変わる。
    恋愛がキッカケでもいい。

    訓練続けてます。
    今できない。少しずつ出来ていくはず!

    • あおはなみ
    • 2019年 10月 15日 11:10:58

    わたしの大きな人生観は
    宝物を見つけたらいいでした。
    自分にとってキラキラ光る石を見つけたら幸せだと。

    彼に出会った時、キラキラしているのが見えました。
    苦労を積み重ね、今自信をつけている彼が私には男に見えて、愛しく感じました。
    その道のりは皆んな通ってます。
    でも私にとっては、彼の形が光って見えた。

    宝物と感じたから欲しくなりました。
    私のそばに居て欲しい、曖昧な欲ではありましたが、行動力を発揮できました。

    今に至るまでも
    これからも、彼といることに、信頼関係を築いていくことに、努力は惜しまないと思えるのです。

    人間関係に対して、一人の人間に対して、そう思うのは初めてです。
    仕事は一人に対して、とは少し違うし。

    自分以外に思いやエネルギーを費やすなんて、今まで勿体なく感じていました。

    でも、今そんな風に思わない。私にとって、人に対して初めて愛を持ったのかなあと。

    まさか、こんな形が愛だとは予想もしてなかったけど、これが愛なんだと感じます。
    恋愛の先に、人を愛することが分からなかった自分が、愛を見つけられました。きっと愛だと思います!

    • あおはなみ
    • 2019年 10月 15日 17:32:47

    前記のように愛を知ったことが成長とするなら、
    他にも勉強の成果があります。

    彼と二人で、結婚に向けて、両親への挨拶を始め、進めているところです。

    以前の私は、負担に感じたと思います。
    でも今は違うのです。

    挨拶の儀式一つでも、彼が男として自信をアップさせるチャンスとも捉えているし、二人で一つだけの挨拶の形を作り出すことを楽しもうとする姿勢もある。

    立ち止まって、色々と意識を巡らせてみています。

    顔合わせや、挙式も同様です。
    私にとってや、彼にとって、家族にとって、繋がりとして、色々意識を巡らせています。

    それらを、楽しいというんだなあと。
    考える手間も、用意する手間も、自分や、二人で、
    皆んなで作り出すことは楽しいと感じています。

    一つ一つ、意味が生まれ、
    手間や心をかけると、生まれるものがあると
    信じています。

    勉強しました!成長しました!

↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント