恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

みんな大好き悪魔のトレーニング

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

みんな黒魔術が大好きらしいので、ご要望にお応えしての恋愛技法・黒魔術編です(^^;

 

というのは、もちろん冗談です。

やりません、やりません。危なすぎます。

 

でもちょっとこれは説明しておかないとまずいなと思うことがあるので、説明しますね。

確率に頼らないために(ぶっつけ本番回避法)

美琴さんより:

私、イメトレめっちゃしてました。
悪い方の。

好きな人がいる時は、その人に対して、
・振られたら
・冷たくされたら
・うざいって思われたら
・もし〇〇ちゃんと実はデートしてるのかもしれない
・△△ちゃんとお似合いだからもしかしたら、良い感じなのかも

みたいな想像を、脳内で鮮明に思い浮かべていつも不安定になってました。
今まで何百回も、数え切れないくらいリピートしてたと思います。

こういう逆のイメトレは大得意で、どれだけでも鮮明にイメージを膨らませられますが、
自分が成功するイメージは、全然想像ができません。

映画や漫画を見ても、幸せなシーンを「誰か」に当てはめることはできても、自分に置き換えて想像することができません…

良いイメージを自分に置き換えるってどうやるんだろう

危ない・・・危なすぎる。

部屋の中には色のついた煙が充満していそうです(^^;

 

でもどうですか。

あなたもこの悪い方のイメトレの天才だったりしませんか。

やっちゃうんです、多くの女性が。

 

何百回もリピートしたらダメです。

失敗すること、悪い結果になることを何度も何度もシミュレーションして精度を上げているわけですよね。

そりゃあその通りになりますよ。

 

悪い想像をしてもいいですが、1回でやめてください。

一度想像したら、きっちりそこで止めて、ティッシュで鼻をかんだらそれをくるんでゴミ箱に放り込んでください。

悪い方への想像はどこまでもリアルにできると言いますよね。

本当にリアルにできちゃうんです。

 

想像できるのは仕方のないことです。

止めようがないので、とりあえず1回は許してもいいと思います。

 

問題はリピートです。

自分で作ったキズを、何回も開いて痛さを感じるようなマネをしないようにしてほしいんです。

子供とかでもいそうですよね(^^;

転んで擦りむいて、膝から血が出ているのを見て初めて泣き出すんです。

消毒して包帯でぐるぐる巻きにして、やっと傷口が見えなくなったのに、どうなったかなと思って包帯を取るとまだ傷口から血がしみ出していて、それを見て痛さを思い出しては泣くわけです。

剥がしたらダメなんです。

一回巻いたら、もう二度と取らないくらいのつもりで、放っておかないと。

傷口が完治しても巻いとくくらいでちょうどいいです。

実際のキズではそうはいきませんが、感覚としてはそういうことです。

 

いちいち見に行っちゃうから、また思い出して痛くなるんです。

メルマガにも書きましたが、ゴミ箱の奥に葬ったアイツのことは、二度と見てはいけないのです。

ほじくり返してヤツの死骸の様子を確認しようと思うから、せっかく忘れかけていた恐怖が蘇るんです。

 

これもよく分かっていることだと思うんですが、記憶は思い出せば出すほど定着します。

反復して記憶しなさいと教わりましたよね。

何度でも味わいたいものや、強く脳裏に焼き付けておきたいものは、可能な限り思いだしてください。

今日楽しいことがあったのなら、もう寝るまでの間に5回でも10回でも思い出すんです。

帰って一息つきながら思い出し、洗濯物を取り込みながら思い出し、トイレで用を足しながら思い出し、お風呂に入りながら思い出し、ミルクティーを飲みながら思い出し、歯を磨きながら思い出し、最後に布団に入って思い出すんです。

これでめちゃくちゃ気持ちよく眠れます。そして、二度と忘れません。

 

黒魔術が好きなら、この逆をやればいいんです。

忘れ去りたいはずの嫌な思い出を、死ぬほど息つく暇もなく思い出し続けるんです。

黒魔術的に言えば、怒りを維持・増幅するためにこれをやることはあります。

思い出さなければ忘れていくんですから、とにかく毎日のように思い出しては腹を立てるんです。怒りを感じるんです。

思い出す度に怒りの度合いは強くなっていきます。

 

見たものを、いいイメージで自分に置き換えるにはどうしたいいか。

思うだけです(^^

願うだけです。

 

それができないのは、自分にその資格がないと思い込んでいるからです。

女性には本当に多いです。

もしかしたら日本人だけなのかもしれません。

私にはその資格がないとどこかで思い込んでいるんです。

幸せになる権利なんかないと思っています。

 

勘弁してください。

僕は幸せになりたいと思っているであろうあなたを応援しています。

だからこのブログを書き続けています。

とんでもない思考です。

自分は幸せになってはいけないと思いながら生きている生き物が、どこの世界にいるんですかという話なんです。

みんな幸せを求めながら生きているんです。そうじゃないと生きている意味がありません。

 

いつも腹が立つのはこれなんです。

資格がないと思い込んでいるのなら、資格があることを思い知るしかありません。

本当は自分でそれを実感できるのが一番いいです。

 

しかしできないから困っているわけです。

そういう女性の場合、誰かからずっと囁かれ続けるしかないですよね。

あなたにそのことを囁き続けるのは、本当は親や周りの人の役目なんです。

そういう人が身近にいるのなら、ひたすら浴びてください。今からでも遅くはないと思います。

今から電話して聞いて、浴びたらいいんです。

 

僕が「女性の承認」で毎日やっているのは、これです。

あなたには愛される資格があるという話を、もう何百回したか分かりません。

何百回というと大げさに聞こえるかもしれませんが、実際に僕の「女性の承認」の送信回数は、もう1500回を超えているんです。何百回では済まないかもしれません。

あなたの悪魔のトレーニングのリピート回数なんか目じゃないくらいに繰り返しています。

 

誰もいないのなら、まず僕から浴びてください。

「女性の承認」の元々のコンセプトがこれなんですから、威力は絶大です。

僕のブログを読んで心が安らいだとか、メルマガを受け取って感極まったとか、それぞれ何らかの感覚を得たことがあるのであれば、まず間違いなくマッチします。

 

悪魔のトレーニングなんかやっている場合じゃないと思いますよ(^^

あなたを肯定するメッセージを浴び続けて、変化がないわけがありません。

こっちは毎日、大真面目にあれこれ思案しながら、あなたに届けるメッセージを作って送っているんです。

 

新規受付は、4月30日までです。もうあまり時間がありません。

5月になったら体質改善の1回目の再送をするので、間に合わなければこれは受け取れないことになります。

「女性の承認」の受付を再開します

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

    • もっぷりん
    • 2018年 11月 11日 19:47:28

    Kouさん、お久しぶりです◎

    こないだ、男のひとにギュってされて、かわいいって言われました。
    えーっ、まさかこのひとが⁈ってひとからだったので、なんだか嬉しすぎて、定期的に思い出して、ハッピーなきもちになってます笑

    さらにこの記事にたどり着いたので、ハッピー記憶に定着させるためにコメントに書いちゃいます٩( ‘ω’ )و

    帰りのタクシー代もいただいたし、ほんと女の子に生まれて良かったな〜♡
    (彼は帰ってほしくないって言ってたけど、恋人でも好きなひとでもなかったから帰りました◯)
    (しかもなぜか彼の独身の友人を紹介されました笑)

    それもこれもKouさんのおかげかも!
    ありがとう、Kouさん♪(^O^)

↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント