恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

ぶっつけ本番は好きですか?

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

今日はあなたにどうしても伝えたいことが見つかったので、ブログに書くことにしました(^^

僕のブログの中でも、特に人気があるテーマの中に、未来と過去の因果の話があります。

これはあまり他では聞かない話ではあるんですが、面白くても内容的にはやっぱり難しいんですよね。

 

紙に書いたらその通りになる。

未来を決めるから今の動き方が決まる。

思っているようにしかならない。

 

どうですか、あなたはこの内容をもう完全に自分のものにできていますか。

もしまだできていなかったり、イマイチ理解しにくいと思っていたりする場合、今日のこの話でまず間違いなく100%理解できるようになります。

僕は最近、ある講師の人からその話を聞いて、

「これだ!!」

と思いました(笑)。

 

何で今までこのことに気づかなかったんだろうと思うような、極めて分かりやすい内容です。

誰でも理解できます。

特にスポーツや何かの芸事に熱心に取り組んだ経験がある場合、今日のこの話で一発で理解できるようになるはずです(^^

 

未来とか過去の関係性について深く考えたことがない人がほとんどです。

世の中の大半の人にとって、未来とは予測不能なものという感覚です。

「現在」が過ぎて過去になり、その延長線上に未来があると思っています。みんなそう思っています。

恋愛の勉強をしているあなたは多分違うでしょうが、普通に生きていたら、未来は今の軌道上にあって、過去や現在の軌跡の影響をモロに受けると思っています。

 

世間一般、いわゆる普通の人の思考パターンでは、未来は「まだ来ていない、どうなるか分からない先のこと」という感覚です。

だから、未来を先に決めるとか言われても、全くピンとこないんです。

恋愛相談でもその傾向は、同じように見て取れます。

 

「とりあえず○○してみました」

これがとにかく多いんです。

想像してください。

すぐいろんなものが出てくるはずです。

 

恋愛で言えばこんな感じです。

  • とりあえず会いました
  • とりあえず付き合うことにしました
  • とりあえずエッチしちゃいました
  • とりあえず結婚しました
  • とりあえず離婚しました

ぞっとするかもしれませんが、実際に多かれ少なかれこれをやってしまっています。

みんな好きなんです。出たとこ勝負が(笑)。

 

あなたはどうですか。

出たとこ勝負、好きだったりしませんか。

大して予測もシミュレーションもしてみることなく、とりあえずやっちゃえという感じで物事を進めたりしていませんか。

 

行動力を持つという意味では、この発想はアリです。

すべてのことを慎重に、石橋を叩きまくって進めと言っているわけじゃないんです。

行動力は持ってください。大事です。

ここで頭の片隅に持っておいてほしい意識は、挑戦だと思っていることのほとんどは無謀と紙一重だということです。

とりあえずやっちゃおうというのは、かなり無謀のにおいがしますよね。

 

何回も言いますが、恋愛相談のパターンを見ていても、本当に多いんです。

出たとこ勝負が。

出たとこ勝負が分かりにくければ、もう一つの表現として、ぶっつけ本番があります。

どうですか。ぶっつけ本番、好きだったりしませんか(^^;

 

まあだいたい感触は掴んだし、あとは当日はアドリブでも何とかなるっしょ

思っちゃうんです。

これでさっさと寝ちゃうんです。

そして試合当日は、アドリブでは全く何ともならず、コテンパンに負けて泣きながら帰宅することになるんです。

 

スポーツや芸事の世界で、常勝を決め込む人たちは何をどうしているのかを想像してみてほしいんです。

Kouさん、恋愛のスポーツは別物ですよ。

と思うかもしれませんが、別物じゃないんですよ。同じなんです。

この手のことを考えるときは、少し抽象度を上げて捉える必要があります。

 

常に勝ち続ける人たちは、必ずやっている練習方法があります。

必ずです。100%やっています。

そしてその練習方法は、あなたも絶対知っています。やっていないだけです。

やったら効果が出るのに、やらないんです。

なぜなら、面倒くさいからですね。

 

さてその練習方法とは何でしょうか(^^

考えてください。スポーツというのがヒントです。

部活で運動部に入っていた人は、1回くらいはやったことがあると思うんですよね。

 

ここでバーンとその方法を話すつもりでしたが、長くなりそうなので続きはCMの後にしようと思います。

めっちゃ怒られそう(^^;

 

次の記事でその方法についての話をします。

せっかくなので、あなたが考えたその練習方法をコメントに書いてみてください。

常に勝ち続けるチームやプレイヤー、あるいは高い勝率を出し続ける人たちがいつもやっている練習とは一体何なのか。

ヒントは、ぶっつけ本番、出たとこ勝負です(^^

もうほとんど答えを言っているようなものですが、考える機会として使ってください。

 

この練習をするから、未来を確定できるんですよね。

この練習をしない人が多いから、未来が「まだ来ない、どうなるか分からない世界」になって、失敗を積み重ねていきます。

 

答えても、何も出ません(笑)。

何も出ないんですが、楽しいと思いますよ。間違ってもいいです。

ここでまず考えて答えを出してみることで、次の記事が染み渡るようになります。

 

どれだけ頭をひねっても、まったく出てきません。ヒントが欲しいです

という場合は、ヒントくれとコメントに書いてください(笑)。

もしかしたらヒントを出すかもしれません。

 

「女性の承認」の受付を再開します

※こちらは4月30日までです。気になっている場合は、早めに見ておいてください(^^

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (13)

    • saoringo
    • 2018年 4月 29日 18:41:17

    自分が優勝するイメージを持ち、トレーニングする!でしょうか。

    • 弥生
    • 2018年 4月 29日 20:42:18

    自分を限界まで追い込む事
    毎日の練習の積み重ね

    と、思いましたがイメージトレーニングではないでしょうか?

    • 本当は可愛い乙女
    • 2018年 4月 30日 0:16:49

    オリンピック2連覇をした羽生選手は「勝つために必要なことは全てしてきた」みたいなことを試合前に言っていました。
    ただ勝ちたい、と念じるだけではなく、そのために必要なことを綿密にシュミレーションして、実行する。
    必要なことをきちんと実行してきたからこそ、結果をつかみ取ることができた。のかな、と思いました。
    それで、羽生選手にとっては試合もぶっつけ本番としてではなく必要なことを全て整えたうえでの余裕を持って挑める舞台になったのかな、と。
    ということで練習方は勝つ姿(未来)をイメージする→そのために必要なことを割り出す→実行する
    かな、と思います。
    そういえば私は日本拳法を始めたのですが、お手本(こうなりたいという姿)を描いて練習することが多いです。そうでなければやみくもに練習してもなんのためにやっているのかわからなくなりますから…

    • はーちゃん
    • 2018年 4月 30日 9:37:07

    いただいたヒントから(^^)
    基礎練習!
    面倒だけど大事なこと。

    • RINA*
    • 2018年 4月 30日 18:47:30

    毎日の自主練を行うことかな。
    野球部で言う素振りみたいな!
    毎日続けることは面倒くさく大変なことだとは思いますが、その積み重ねによって感覚がどんどん身体に染み付き実力がつき、それが当たり前になることで本番でその成果が発揮できるんだと思います。

    • RIKUN
    • 2018年 5月 01日 9:09:50

    必ずやる練習
    →基礎練習

    でしょうか??

    最近色んなお仕事の方のお話をよく聞きますが、どんなお仕事の方も、大成されている方は「基礎が大事」と仰るので、仕事、恋愛に関わらず基礎って大事なのかな?と。

    • ゆいねこなっしー
    • 2018年 5月 01日 14:54:01

    練習試合!

    • やしのみ
    • 2018年 5月 01日 21:53:46

    イメトレ

    • コスモ
    • 2018年 5月 02日 23:33:13

    また面白い趣向ですね!

    私がスキーで山籠りしていたときは自分の滑りたいイメージを頭の中で繰り返すことでした。

    山籠りって毎日毎日、滑ることができるんです。
    忙しいシーズンでも部屋で休息することなく滑り続けていました。
    グッタリするんですけど、滑っているときは疲れを忘れるどころかHiになっていたと思います。
    というか、必死でした(笑)
    スキーって考えて滑らないとあっという間に下に降りちゃうんですよ。。。
    リフトに乗っている時間のほうが長い。1本1本が大事です。すぐ日が暮れてしまう。

    リフトに乗っている間に自分の滑ってきたアトを確認したり(一般客に比べて弧が小さく跡が深いので確認できます)ゲレンデを見ながらここでこういう体制にして、と滑っている自分が見えているようにリアルに想像していました。さっきまで滑っていたから思い出しやすいだけですけど。

    でも頭でイメージできても実際は恐怖が先に立って思うとおりに滑ることができず。。。
    雪面とはいえスピードと傾斜に体が叩きつけられるので怖い。。。なかなか踏み込めないんです。どうしたらよかったのかな。

    イメージする、だけでは足りないかも。

    • クッキーマイスター
    • 2018年 5月 08日 7:08:39

    イメージトレーニング!!だと思います。
    私は引き寄せの法則とか好きで、昔本をよく読んでました。今も完全に血肉に出来ているかわかりませんが、そこでよく出てきたのが、思考が現実になるってことです。実現してほしいことを想像して、それが叶った気になる、叶った事にして前もって感謝してしまうということです。叶えたいことのイメトレは気分も上がるし成功確率を上げると思います!

    • 瑞華
    • 2018年 5月 09日 1:12:36

    うーん。。。

    ウォーミングアップ
    筋トレ
    パス練

    私はバレー部でした。

    毎日のようにこれをやってましたね。

    • クローバル
    • 2018年 5月 13日 19:56:26

    強みと弱みを分析して、絶対に勝てる方法をシミュレーションして考えます。

    どんなルートをたどっても勝てなさそうなら、
    どこのピースが埋まれば勝てるかを仮定して、考えます。
    そして、そのピースを埋めることができる方法はないか、じっくり考えます。

    考えて考えて、本番までにバッチリ準備しておきます。
    あとは、自信です。
    根拠のある自信は強いと思います。

    でも、これって、すごく時間がかかるし、
    とても上手に考えないと、考えがまとまらなくなっていく感じがあって、
    苦手です。
    だから、面倒くさくなって、しなくなるといいますか・・・

    ここぞというときに、いつでもこれができるようになったら
    常勝できそうっ!
    限られた時間の中で常勝の戦略を練る方法でなにかいいのがあったら知りたいです。

    • みっきー、
    • 2018年 5月 13日 23:12:38

    うーん、
    基礎練習と、相手の分析?
    試合前とかは、基礎練習に戻ることが多かった気がします!
    そんで、相手のどこが弱いのかとか、特徴があるのかとか分析して、それに対応できる練習をした記憶があります。

1 8 9 10
↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント