恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

待ちますか、待ちませんか?

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

12時間レッスンは終わりました。復讐・・・じゃなかった、「復習版」はちゃんとやりますので、もうちょっと待ってください。

裏・12時間レッスンが始まります!

すんのかいせんのかい、すんのかいせんのかい、すんのかいせんのかい。

・・・と言われそうです(^^;

コメントがじわりじわりと増え続けていて、ちょっと危険な香りが増してきているのを感じます(^^;;汗重要

 

昨夜こんな記事を書いたんですが、反応がものすごいです。

あなたが証明してくれたらそれでいい

久しぶりにこういうエネルギーに満ちた反応を見ました。いやー、いいですね。

伝わる伝わる。

 

さて、ちょうどこの手の話を何人かにある機会がありました。

メルマガサポート用記事(2018年4月)

Poohさんより:

愛音さんの過去のコメントを拝見させていただきました。

具体的な成功事例を拝見しているようで、とても勉強になりました。

それにしても、男性にはかなり時間が必要なのですね。

出産可能年齢を超えることを覚悟しなければなりません。

男性から愛されることを選ぶか、子供をもつことを選ぶか。

両方手に入れられるものと思っていましたが、そろそろどちらか選ぶ必要がありそうです。

 

メルマガ読者限定記事で、最も重要かつ最もインパクトがあり、今も読んでおどかれる話があります。それが、この記事で紹介している話です。

超重要な男性心理をお伝えします

その話の中で、男の時間感覚の話をしています。

 

Kouさん、まだ読んでませんでした・・・(TT)

というトンデモ娘は、今からでも遅くはないので、さっさと読んできてください。

Kouさん、メルマガに登録してません・・・・(ToT)

という人は、今からでも遅くないので、メルマガ読者申請しておいてください。そろそろ復習版をやると言っている12時間レッスン2017は、メルマガに登録していないと、参加できません。そして、12時間レッスン自体は、ひとまずこの復習版で終わりになる予定です。

次はもうやらないわけです。

後からやりたいと言われても、無理なんですよね。

ということで、早めに読者登録の申請をしておいてください。メルマガの登録もどこかで打ち切るかもしれません。

 

で、僕はその限定記事やこのブログのいろんなところで、男性の時間感覚や恋愛感情の育ち方についての話をたくさんしてきています。

つまるところ、多少の時間はかかるんですよね。

女性が急いて焦って、猛プッシュすることによって自爆するパターンは、大量に見てきました。

そうなってほしくないということで、時間はある程度かけようという話をしています。

 

ただし。

 

ただし、それは恋愛感情を育てているフェーズの場合です。

いつも言っていることなんですが、一つの話を全部に当てはめて極端に捉えないようにしてほしいんです。

 

僕のところにも非常に多く来る相談がこれです。

「出産可能年齢を超えることを覚悟しなければなりません。」

本当ですか。

本当にそう思っていますか。

 

本当は、待ちたくないんじゃないですか。

よく考える必要があります。

自分の人生なんですよね。こちらにもタイムリミットがあるんです。

Kouさんは女性のタイムリミットのことを全く理解していませんよね

とか、おかしなことを言ってくる女性も時々いるんですが、多分大きな勘違いをしています。

 

出産でも何でもいいんですが、すべての人にタイムリミットはあるんです。

それは必ずしも出産ではないかもしれません。両親や親族の残りの寿命だったり、別の制約条件だったり、色々あります。

五体満足で元気な若いうちにすべてを手に入れたいと密かに思い描いている女性もいますよね。それも立派なタイムリミットです。

 

僕は相手を見極めること、恋愛感情を育たせることには時間をかけていいし、かけるべきだという話をずっとしています。

ここに一番時間をかけないといけないんです。

 

え、じゃあ結局長く待つ必要があるってことですよね?

違います。

問題にしてほしいは、もう恋愛感情が一定以上まで来ているのに、そこから何年も彼の優柔不断を許してしまうことです。

これは無茶苦茶思い当たるフシのある女性が多いと思うんですよね。

 

恋愛感情なんて、とっくにできあがっているんです。信頼関係も一定レベルまではできているんです。

でもそこから先が進まない。

一向に進まないんです。

僕はそこでノンビリ待った方がいいとは言っていません。

 

こういうときこそ、果敢に攻めないといけないんです。

こちらには大事な大事なタイムリミットがあるんでしたよね。

料理を作るのに、具材にほぼ火が通った状態であるにもかかわらず、その後もずっと何十分も煮続けていたら、うまみも食感も何もかも外に出てしまいます。

熱して火が通るまでは、とにかくゆっくり時間をかけていいです。

 

最初の冷たい状態からいきなり大火力で攻めまくるから、一瞬で焦げて灰になって終わります(笑)。

それをやめろと言っているわけです。

 

火をかけてちょっと湯気が出てきたら、「あれ、もういいんじゃない?」と思って火を切ったり、早々と仕上げに入ったりするから、芯まで火が通らずに生煮えでおいしくなくなるんですよね。

それをやめろと言っているわけです。

 

食材を選ぶのには時間をかけ、火を通すまではとにかくじっくりやっていいんです。

火が通ったら、さっさと仕上げに入らないといけません。

火が通ってからもずっと煮続けていたら、クッタクタのふやけた料理のできあがりです。

 

火が通っている感覚があるのなら、さっさと仕上げに入ってください。

あらゆる手を使って、彼の早い意思決定を促すことを考えるんです。

男は放っておいたら、いつまで経っても決めません(笑)。

自分から鍋の火を切ったりはしないんですよ。なんか風呂にでも入っているつもりなのかもしれませんが、ずっと煮込まれ続けたがるんです。

そんなに風呂が好きなら、一人で入ってろ

くらいに思わないといけないんです。

 

彼に意思決定を促すってどうやって・・・と思うかもしれません。

どうですか。

今、思いましたよね(^^

 

彼に意思決定をさせること。

それこそが、恋愛の勉強の神髄でしょう。

恋愛の勉強で何を学んでいるのかといえば、男に男の仕事をさせることです。それ以外のことは何もありません。

究極的に言えばそういうことです。

 

ずっと煮立っている鍋の風呂に、彼と一緒に何年も入りながら「まだかな、まだかな」と待っているのは、もはや女性の所業ではないということに気づいてほしいんです。

 

待ちますか、待ちませんか。

どちらを選ぶ場合でも、自分で心の底から納得できるようにしてください。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (19)

    • komo
    • 2018年 4月 07日 9:06:54

    当時Kouさんにもだいぶ相談していましたが、わたしも まだ火が通っていないのに焦って料理を焦がした経験があります。

    で、その経験の後から全然好きな男性が出来なくなりました( ; ; )
    何人もの男性と2人で会ったり食事したりしましたが、誰とも付き合いたいと思いません。
    別に以前好きだった人が忘れられないとか、そんなことは全然無いのに、です。
    以前好きだった人に対しての執着は無いんですが、その時の高揚感とか楽しかった気持ちが忘れられないのかも、とふと思いました。
    あの頃みたいな気持ちにまたなりたいと思って、それがまた来るのを無意識のうちに待っているようです。

    人自体には執着していなくても、この状態ってKouさんから見て危ないでしょうか?
    私としては、気持ち的にはあれくらい好きな人と付き合いたいと思ってるんです。

    • minina
    • 2018年 4月 07日 13:56:24

    出会って1年以上経つグレーな彼。最初は様子見ということでわたしも付き合ってるつもりはなかったのですが、旅行に連れていってくれたりわたしの好きなお店に連れていってくれたり、わたしの喜ぶことをいろいろしてくれてました。そうやって育んできた時間があって、そろそろ煮えてきたな〜と思うものの、「付き合おう」の言葉があったわけじゃないのでモヤモヤしてしまって。早く決着をつけるつもりはなかったけど、クッタクタになってしまう前にちゃんとしたいなあと思いました。
    で、この記事を見て、思い切って彼をつついてみました。

    私「ねえ、そういやわたしたちって付き合ってるんだっけ?」
    彼「へっ?今さら?」
    私「今さらっていうか、わたしはちゃんと言われてないうちは付き合ってないものかと思ってたよ」
    彼「えっ、言わなかったっけ。。ごめん。とっくに付き合ってるものだと思ってた」
    私「???いつから??」
    彼「いつからだろう。。いや、旅行とか行って楽しそうだったし、俺も楽しかったし、、(ゴニョゴニョ)」
    私「えー!ちゃんと言ってよね!!笑」
    彼「ごめんなさい。。付き合ってください、というかもともと付き合ってるつもりでした」
    私「図々しいなあ、もう」

    付き合ってるつもりだったらしいです。。男ってなんなんですかね。笑
    でもわたしから付き合ってくださいって言いたかったわけじゃないので、最終的には言わせることができて良かったです(o^^o)

    • 菜のはな*
    • 2018年 4月 07日 17:11:29

    最近考えてたのです、これ以上付き合う関係で何か進展するのかと。
    彼は、なんだか最近は家族にわたしのことを隠さなくなりました。
    家族に紹介したいとか、菜のはなさんなら家族と仲良くやれると思うといったニュアンスのことも言います。
    でも結婚というワードは出てこない。
    そろそろ結婚の話を持ちかけたいとは思っていましたが、わたしから結婚してほしいと迫るのはやだし…。
    彼にとっては23歳での結婚て早い決断なのではないかとも思ったりしてました。
    なんと切り出そうかも困っていて。

    「待ちますか、待ちませんか?」の記事を読んで、ああ、やっぱりもう火は通ってる!と思いました。
    わたしの感覚は間違ってない(^-^)
    彼の年齢とか仕事の状況とか関係ないのよ!!
    この記事を読むまでは、彼に待たされたら待とうかなと思ってしまっていました。ずるずる行くことのデメリットが見えてなくて。
    クタクタの鍋はいやだなぁと思ったら、リミットを設けるメリットに目をやれました(^^)
    ちゃんと理解してないと、技法は失敗しますからね♪

    • dysev
    • 2018年 4月 08日 23:05:21

    なんかもう面倒くさくなってきました。

    仕事の知人から集まりのお誘いがきて
    参加すると伝えたら後から好きな彼も来るとの連絡が。

    昨日も仕事の関係上で少しだけ会いましたし
    とても素敵で改めてこんなに好きな人はいないなーって
    嬉しくもありました、向こうからの好意らしきもの?も感じたのですが

    でも、もうどうせ
    ここから何も関係を進める気がないんだろうなーって思ってしまって
    このまま彼は勝手に好きな気持ちの妄想だけで十分満足なんじゃないかな?
    そう思うと何もかもが面倒になってしまいました。

    周りの目も気を遣うし
    周りには私の事を大事にしてくれてる様に言ってるみたいだけど
    別に私に特別に優しくされてる訳でもないし、むしろぶっきらぼうだし
    毎回話す会話は同じだし。

    あんなに好きだったけど、絵に描いた餅状態が続き過ぎて
    私の気持ちは煮えすぎた白菜になりそうな気がしてきました。
    飽きてきたんだろうな

    彼の骨を拾うつもりでいつまでも待ってるなんて思ったけれど
    改めて大勢の集まりで会う機会が出来ると、きまずくて逃げたくなる

    他の女性と同じでのこのこ喜んで行くって思われてるかもしれないけれど
    私はちがうかなーー行くの嫌だなー

    支離滅裂でごめんなさい。
    このモヤモヤが良くわからなくて
    愚痴りたかったんです・・・

    • かなえかなえる!
    • 2018年 4月 08日 23:19:03

    すごく分かりやすかったです!
    いきなり強火はだめ。
    生煮えもだめ。
    煮えすぎもだめ。

    ちょうど良きタイミングで皿に盛る。

    • るつちゃん
    • 2018年 4月 09日 10:51:06

    Kouさん、おはようございます。
    いつも興味深いお話をして下さり、ありがとうございます。
    Kouさんに出会うまで、誰もこんな話して下さらなかったですし、私自身もあやふやなまま恋愛しておりました。
    こちらにお邪魔するようになったきっかけは、既婚者との恋愛でしたが、彼との恋愛からは卒業できそうです。別れ話をすると揉めるかもしれませんので、このまま自然消滅という形でフェードアウトしたいです。
    今、結婚を考えている年下の彼がいます。
    今までの男の人ってなんだったんだろう、と思えるぐらい素敵な人です。
    話すようになってすぐに仲良くなりました。
    相性が良いのでしょう。
    私は待ちません、不必要に。
    彼が夏に資格試験を受けるので、それまでは待ちます。
    そのあとに、プロポーズしてもらいます。
    Kouさん、報告しますね。
    きちんと結果を出します。

    • えりんぎちゃんねる
    • 2018年 4月 12日 12:11:52

    焦らない。
    ちょうどのタイミングを見極めることにしました。まだクッタクタにはなってない!
    仕上げに入るにはまだ早い!
    向こうの気持ちは上がってる気がするから
    まだまだ、上げさせてみせますよ。
    って何をするつもりも、頑張るつもりもないけど。

    • かほ
    • 2018年 5月 03日 21:34:11

    最近、関係を持ちそうになった男性がいました。
    その人と出会って、自分が置かれている状況と、私がどうしたいのかという部分を考え直すことになりました。

    その人に言われた言葉は、私の心に時間をかけて刺さり、惑わしました。

    「ハッキリ言っていい?その人、かほさんのことあんまり好きじゃないんだと思うよ」
    「まあ、男らしくないな」
    「30代ならともかく、20代の貴重な3年間を使うのはもったいない。もっと沢山いるから」

    特にひとつめの言葉は、生傷をえぐられるような気持ちになりました。
    しかし、なるほどそうなんだろうなと思いながら、彼の横顔を眺めていました。

    私の迷いを振り切ってくれたのは、彼の言葉でもあります。
    例の彼と同じサークルをやめる決断です。
    いつも迷いながらも、色んなものを天秤にかけてズルズルやって来たので、もう今しかないなと思っていました。

    褒められたものではないのでしょうが、私にとって今回の彼に女性と見なされたことは、前に進むきっかけになりました。
    彼には、体温がありました。
    確かにそこにいて、触れあえて、温もりを感じられる。言葉をかければ返してくれるし、労ってくれる。
    別に今回の彼と生きていくとかいう話ではないのですが、私はもう精神世界の繋がりだけでは生きていけない。一人では生きていけないと思いました。

    たぶん、求めているものが合致して引き合わされたのだと思います。私の心の隙間は、わかる人には見抜かれていて、うまいこと潜り込んでくるのだとわかりました。

    • Almaz
    • 2018年 5月 07日 5:58:12

    私が恋愛をゆっくり待てたのは3年まででした。

    炒めてから煮るというよりは、
    ブドウジュースからワインにしているような感じだったと思います。
    焦らずに、時間をかけて。

    私は彼の様々なバックグラウンドを考慮してそれでもいいと思っていました。

    でもだんだん、このワインはいつ開けるのがベストなんだろう?と思い始めました。
    そして、彼に「これ飲めるときは来るの?」
    (あなたは私との将来をどう考えているの??)と聞いたら

    その答えは「飲むなんて考えたことは無いよ。待っている時間が楽しんだから」
    (君の事は大切だしこのままでいたい。自分たちは最高の時間を過ごしているじゃないか。
    けれど、家族を置き去りにすることは考えていない)と言われました。

    確かに、楽しかった。
    どんな味になるんだろうって待っている3年間さえも。
    それを二人でゆっくり楽しむんだと言う将来が楽しみだったんです。

    でもお互いの思っている方向は違いました。

    私もはっきりとそこまで聞いたことがなかったんです。

    でも、最近のKouさんのお話のおかげで、 
    そこをハッキリと聞く勇気を持てました。

    そして、私は飲めないワインを熟成させるのを楽しみに待つのは嫌だと言って、
    彼との関係を終えることにしました。

    彼は「自分には家族があって、自分はそれと一緒に育ってきたようなも。
    それを守るのが自分の義務であり、それなしでは自分ではなくなるから」と。

    そんな男気のある彼が好きだったところもあるので、
    仕方ないかな。

    そんなに大切な家族がいるのに、なんで私との関係を始めたのか?とは思いますが。

    彼には沢山の事教えてもらったし、彼が私をつなぎ留めるために
    変な嘘をつかない人で良かったです。

    • らりるれろ
    • 2018年 5月 15日 20:44:25

    12時間レッスンは終わりました。復讐・・・じゃなかった、「復習版」はちゃんとやりますので、もうちょっと待ってください。

    もうちょっと…

    ところで「総集編」と勘違いしてました。

    復習版ということは前の記事がそのまま再度公開になる(当時間に合わなかった人も参加できるよ)、ということかしら?

    • みろりいぬ
    • 2018年 5月 20日 21:04:59

    ふぅー……最近忙しくはないのですが自分のことで頭がいっぱいで。
    ぼんやりしているのか考え事をしているのか……。
    まずは向こう数年の近い将来のこと、特に仕事などを考えていて…
    そうするとだんだん彼とのことにも考えが広がっていくのですよね。
    それでここ数日はこの記事ばかり読んでいます。
    さきほど、優柔不断を簡単に叩きのめす女性の秘密、も読んできました。

    タイムリミットはあります。
    本当に今年がちょうど都合の良い区切りだと思っています。
    今の状態ですら私にとっては若干ぬるま湯化してきているのです。
    これがまだまだ続くとなると………耐えられる気がしません。待ちたくない。待ちません。
    が、彼にとっては決めなくて良くて、現状維持できる、リスクも負わなくて良い
    とても安心で快適な状態なのでしょうね。
    ご両親に、彼女がいると明言するのも抵抗があるようなので…((+_+))
    ちゃんと決断させたいです。
    どうやって促そう…。神髄、まだしみ込んでいないみたい…。

    • ちっぴ
    • 2018年 5月 22日 13:02:34

    この記事のKouさんの例えがしっくり。

    ずっと、4年半煮込み続けてた彼。
    先日、自ら一旦鍋の火を切ってきた。

    そろそろ、煮込みすぎかと考えた結果、一旦火を切りたい。

    一旦火を切ってみて、また暖め直したいと思ったら
    火をつけて仕上げをするからですって。

    はー。

    • まりぃ
    • 2018年 6月 04日 20:05:00

    気がつくと、彼と付き合って何年も経っています。

    料理で考えると、私たちの関係は、煮え切って既にくたくたになっていそう。
    彼からは結婚の話は出ていない。
    今の状況だと待っていたらいつになることか。

    このままにしていては貴重な20代がもったいないですね。

    あまり待ちたくない。
    もう少し、考える。

    • とよん!
    • 2018年 6月 04日 21:52:48

    久々にこの記事を見ました。

    私はすっごくズルいようですが……待たずに待てばいいと思います。

    恋愛感情をある程度まで育てたら、その時の女性の自由意思で蹴るなり、焼くなり、手放すなり……しっかりと意思決定した上で、覚悟を持って選択します。

    その結果、どうなろうと……そもそも、ゲームオーバーはないし、勝手にノコノコする可能性が非常に高い方々を相手にしているのですから、放っておけばいいと思うんです。

    自分は待たずに、別に行くなり、他のことに集中するなり……女性本来の感覚で自由にすればいいです。

    そして、もし、帰ってきた場合は、受け入れてもいいなと思ったら受け入れればいい。
    結果として、待ってたことにしてもいいと思うんです。
    そこも女性は自由な気がします。

    • えりんぎちゃんねる
    • 2018年 6月 06日 10:42:58

    Kouさん、

    このブログにたどり着いた時、私は焦って自ら好きだと告白をしてしまった直後でした。
    その男性とのその後は散々なものでした。
    はっきりとした返事ももらえぬまま、いつかは絶対付き合えると期待をし、身体の関係も少しもってしまって、都合のいい女になっている事にも気がつかないくらい執着し、目が醒めるまで半年間とても苦しかったです。

    その半年間も含めてこちらで恋愛の勉強をし、私自身の女性としての価値を自覚し、考え方が少しずつ、少しずつ変わっていった後に出会った彼。

    昨日、その彼から告白されました。
    付き合ってって言ってもらえました。

    出会ってから半年、ご飯に行ったりお出かけしたりする中で、彼が気になっても好きなのかどうなのか、自覚するまで時間がかかりました。理由ができてからやっと好きだと自覚しました。
    でも、中々進展せず前の事が頭をよぎり、悶々とする日々…。ある日を境にぶった切って忘れられる程彼への好きな気持ちは中途半端なものではないのですが、ずっとは待てないと思っていました。
    好きだと言う気持ちは彼に出しつつ、今月いっぱい進展しなければ、その彼はとりあえず置いといて違う人を見ようと決めた直後でした。

    いつのまにか、ここで勉強した事が身についていたんだなと思いました。苦しかったあの半年間のことを振り返ると笑えるくらい変わったと思います。でもまだまだ変わりたい…。

    とりあえず嬉しかったのでご報告させてください!ありがとうKouさん。

    まだまだ勉強!むしろこれからが勉強時!
    12時間レッスンの復習版は
    今の自分がどう考えるのかを書いて
    リアルタイムのレッスン時と比べてみます!

    • ROXANNE
    • 2018年 6月 08日 15:47:19

    Kouさん

    質問です。
    ここでおっしゃる「果敢に攻める」というのは、
    つまり「グッと引く」という意味なのでしょうか。

    私も彼も既婚者なので「結婚」というゴールはありません。
    でも、ものすご~く時間をかけて、恋愛感情も信頼関係も築いてます。
    (追いかけられているし投資もしてもらっています)
    ただ、私が待っているのは…手をつなぐ段階から(これだけで8か月経過)
    そろそろ先に進むことです。
    早く体の関係を持ちたいというわけではなく、ハグやキスで充分なのですが
    そんなに自分に魅力がないのだろうか…とさすがに諦めたくなります。
    諦めないでください!と叱られそうですが…。
    (記事の主旨と質問がずれていますね…ごめんなさい)

    • ♡arico♡
    • 2018年 6月 08日 21:37:31

    果敢に攻めて、決めさせれば良かったです。
    タイミング逃した気がします。

    再度恋愛感情を育てる必要があるのかな。

    ちょっと育ててから、意思決定させなくちゃ。

    といっても、職場…。

    1ヶ月連絡取らないでいたら、私の気持ちもだいぶ落ち着きました。
    だいぶ冷静になっています。

    撒き餌はいくつか思い付きましたが、まだタイミングが違うし、私の欲しい未来なのかと悩んでいます。

    • かほ
    • 2018年 6月 17日 12:34:00

    いまならこれもスッと入ってくるので、たぶんタイミングなんだと思います。
    区切りをつけることは大事ですね。

    • ゆえり
    • 2018年 7月 15日 22:06:34

    >>彼に意思決定をさせること。
    >>それこそが、恋愛の勉強の神髄でしょう。
    恋愛の勉強で何を学んでいるのかといえば、男に男の仕事をさせることです。それ以外のことは何もありません。
    >>究極的に言えばそういうことです。

    いつだってシンプルに
    理由や考えや意図や感情に
    左右されたくありません。

↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント