恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

対等・平等が大好きな人たち

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

僕はこのブログで、「女性は圧倒的に有利だ」という話を何度もしています。

何回したか分かりません。メルマガも含めると、呆れ果てるくらい大量に言い続けて来ました。

 

その甲斐あってか、このことを体感的にも理解して本当の女性の恋愛を楽しめる女性が増えてきました。前から多くいたんですが、今は特に目立ちます。

「女性の方が有利だ」とただ言われても、納得できないんでしょうね。

 

僕はその納得できない理由を知っています。

申し訳ないんですが、女性の方が有利だというのは、昔から今にいたるまでずっとそうなので、これからも変わりません。あなたがどう思おうと、変わらないわけです。それから、これは僕が勝手に言いだした持論ではなく、世にある恋愛の聖典や指南では古くから言われ続けていることなんですよね。

恋愛学という言い方はしたくないですが、恋愛の悩みとその解法というのは、現代に突然出てきたものではなく、記録が残せる時代からずっとあることなんです。

 

恋愛についての勉強をしなくても、物語や映画やドラマ、詩歌や絵画にいたるまで、この恋愛の表現で女性が圧倒的に有利であることは軽く想像がつくことなんです。

ではなぜ分からないんでしょうか。

 

答えは簡単です。

対等が大好きだからです(^^

普通に生きていれば絶対的に有利であるはずの女性が、自ら「男と女は対等」で、対等であるべきだと思っているわけです。

 

男の僕に言わせれば、「バカじゃないの?」と言いたくなってしまうくらいのレベルです。

対等でないと気が済まないんですよね。

平等や対等が大好きで、そうじゃないことはとにかく許せないわけです。

男性が優位なのが許せないと思うのならまだ分かります。

自分が優位にあるくせに、自分と相手が対等でないのはけしからんと思うのは、ちょっと・・・というかかなり滑稽でしかありません。

 

人間関係って、基本対等じゃないんですよ。

どうやって対等に見せかけていくかを考えるのはありですが、普通に構えていれば有利なのに、わざわざ相手のレベルまで降りていって、フェアプレイを気取ることほど愚かなことはありません。

これが何かの実力を競う試合なら、対等な条件で挑むのはいいと思いますけどね。

 

ちなみに、この対等が大好きな人たちは、駆け引きを極端に嫌がります。

駆け引きを悪いことだと思い込んでいるんです。

これも何回も言い続けていることなんですが、人間関係というのは取引の連続なんですよね。取引をするのに、駆け引きをせずにどうするんでしょうか。

正面から突撃したら何とかなると思っているのかもしれませんが、残念ながら何ともなりません。

 

いいようにいじられて終わります。

駆け引きは、必要です。

というより駆け引きのない人間関係は存在しないと思ってください。恋愛感情のぶつけ合いすらも、駆け引きなんです。

子供ですら駆け引きを使います。

駆け引きを使うのを嫌がるのは、使える武器をすべて放棄して丸腰で戦うのと同じことです。

 

女性として持っている武器は、すべて使わないといけません。

使わないのなら、全部捨ててしまえばいいんです。どうせ捨てきれないでしょう。

女性として愛されて恋愛をしたいのなら、持っている武器はすべてフルに使い切るくらいのつもりで相手と構える覚悟を持ってください。

使えるものを使うべきところで適切に使うことこそが駆け引きであり、交渉であり、人間関係であり恋愛なんです。

 

持っている感情だけをぶつけて何とかなるのなら誰も苦労していません。

 

すべての男は女を求め、すべての女は(大半の)男を嫌っているわけです(笑)。

これが何のことを意味するのか、まだ全く分からないのは、男性と女性の恋愛に対する条件を理解できていないからです。

この話をすると、「私は機会だけ多くても、要らない男と恋愛したくありません」とかいうおかしなことを言い出す女性が必ず出てくるんです。

 

いいですか。

すべての男は女を求め、すべての女は男を嫌っているんです。

これが大前提として横たわっていて、この発想はすべての男性とすべての女性にあるわけです。

 

もうちょっとかみ砕いて説明しましょうか。

すべての男は女を求めているんです。

あなたが相手にしているその男性も例外なくそうなんです。

そして、「すべての女は男を嫌っている」という話を聞いたとき、この発想を大半の男が知っているとなぜ理解できないんでしょうか。

ちょっと想像力を働かせて読んでほしいんですよね。

 

あなたが相手にしている男性も例外なく、「大半の男は女に嫌われている」ということを知っているわけです。それを知った上で恋愛を挑んでいるわけです。

分かりますか、この過酷さ。

 

女性のあなたは、「男たちはすべての女を嫌っている」と思って恋愛をしているでしょうか。

絶対していません。

なぜなら、世の中にそんな描写をしている物語はただの一つも存在しないからです。

 

対等でありたいと考えるのは自由ですが、最初から有利であるはずのあなたが、男と私は常に対等で、正々堂々正面から切り込んで相対したいと思うのであれば、もう何も言いません。好きにしたらいいと思います。

しかしその先に待っているのは、結構な茨の道だと思いますよ。

そしてここで恋愛の勉強なんかする必要はないわけです。だって正々堂々勝負したいんでしょう(笑)。

 

恋愛の勉強は、有利に恋愛を進めるために、そして楽しく幸せな女性の未来を余すところなく味わい尽くすためにやっているわけです。

しかし自分は正々堂々やりたいと本気で思っているのであれば、それを信じて男性に突撃したらいいんですよね。

 

僕があなたにここまで必死になってこんな話をし続けているのは、いい加減目を覚ましてほしいからです。

いつから始まったのか知りませんが、女性がくだらない対等意識を持つことによって、どれだけ愚かな恋愛と不幸な結末が生み出されてきたか。

そろそろそういうのはやめにしたいんです。

 

女性は恋愛においては、有利です。

圧倒的に有利です。男性から見たら、とてもじゃありませんが、覆せないくらいの差があります。

このことをちょっとでも思い出せば、本来味わえる楽しい恋愛をいくらでも体験できるようになると思いますよ。

僕はその報告を待っています(^^

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (13)

    • フルーツ王国
    • 2018年 7月 06日 22:25:01

    kouさん、

    だから、くだらない男性に見切りをつける事を躊躇する女性はバカみたいだと言うわけですね(言葉が悪くてすみません)。

    確かに… うん、今日関わる男性をすべて無視して進んだら、新しく出会える可能性をそこかしこに感じました!

    また同じレベルに引っかからないように、今は恋愛の勉強に力を入れ、趣味に邁進しまーす!

    • サマーちゃん
    • 2018年 7月 07日 0:57:27

    この記事を読むと勇気が出ます!
    そうだったそうだった!と!
    Kouさんの愛がたっぷりつまっている記事ですね!

    • たれちゃん
    • 2018年 7月 07日 13:26:31

    飲み会の帰りに彼にキスされてからちょうど一年たちました
    男性ってこんな日のことなんて覚えてないんでしょうね
    まして酔った勢いの好奇心だけの対象だった私とのことは

    うやむやなまま1年たってしまったともいえます
    あの事がなかったら、こんなに悩むこともこのブログにたどり着くこともなく
    もしかしたらここのブログは不要な私だったかもしれません

    • エレーナ
    • 2018年 7月 07日 18:58:42

    今、彼が私の気持ちを優先して、自分を抑えてます。

    でも、彼は、過去に我慢し過ぎてダメになった恋愛があったと言っていました。
    ありのままの自分を受け入れてくれる人と一緒になりたい。とも。

    だから、私が優位に立ち続けることに不安があって、つい対等でいようと、彼の気持ちを尊重しようとしてしまいます。

    彼の過去を気にしすぎでしょうか。
    彼自身が気にしすぎなんです。

    私が優位に立つことは、彼を我慢させることになってしまいます。

    • あやちゃき
    • 2018年 7月 11日 1:03:39

    そうだ、対等ではなかった。
    納得できない態度にはきちんと拒否する姿勢を見せなくてはならないですね。
    手を繋ぐのも、抱き締めるのも、付き合ってないのだから本来許すべきことではなかったのです。
    イケメンというフィルターに騙されて感覚が鈍っていました。だから安く見られる。相手は調子に乗る。
    悪循環なだけでした。目を覚まさなければ。

    今週ドライブに誘われています。
    私が納得できるものをくれたら、その時に初めてご褒美あげたいと思います。
    何ももらっていないのに自ら明け渡すなんて本当に馬鹿馬鹿しいですね。
    そういういい加減な態度を許してしまうから、向こうもいいんだなと勘違いするのだと思います。
    気安く触らせないよう強い気持ちでいます。

    • 蒟蒻畑
    • 2018年 7月 20日 15:21:02

    大学で同じ講義を取っている女友達がいて、その子が言った「対等な友達なんてそうそういないよね」という言葉。

    彼女は恋愛に対して非常にドライで、男がこちらになびくまでが一番楽しい、というタイプ。
    ワンナイトラブもご経験済みだとか。。

    その子のような恋愛がしたいとは思いませんが、人間関係が交渉だということや、人の巻き込み方を、身近な女性の中では一番わかっている子です。
    いいお手本なので、もっとよく観察してみます!

    • 花笑✿
    • 2019年 1月 19日 10:47:12

    女性として持っている武器は、すべて使わないといけません。

    使わないのなら、全部捨ててしまえばいいんです。どうせ捨てきれないでしょう。

    女性として愛されて恋愛をしたいのなら、持っている武器はすべてフルに使い切るくらいのつもりで相手と構える覚悟を持ってください。

    使えるものを使うべきところで適切に使うことこそが駆け引きであり、交渉であり、人間関係であり恋愛なんです。

    • 緋色の花
    • 2019年 3月 13日 17:17:17

    ここに辿り着いて2年目にして初めて読みました、この記事。

    確かに、好きな彼含め、会社でも美容院でもその他でも、皆男性はどこか態度が遠慮がちですね。
    男性は女性に嫌われてる前提なんですね(笑) だからちょっとしたことですぐ勘違いするのか…

    以前彼に「こんなに寒いと会いたくなるね」とメールしたら「えっ、貸切で混浴風呂に一緒に入ってくれるの?!俺嫌われてるからダメかと思ってた!」って返ってきて、ポカーンとしました(°Д°)

    Kouさんのブログに出会う直前だったから、意味が分からずホントにびっくりして
    「このひとカラダ目当てなのね!」と、しばし悩んだものでした(笑)
    今では彼からのカラダ目当てどんとこいですわ(^^)

    あれ、なんか違う話になっちゃった。
    単なる思い出話すみません(^^;

    • まり姫
    • 2020年 1月 06日 19:47:00

    恋愛は駆け引き行為そのものであり、恋愛以外の人間関係も駆け引きかぁ〜。
    複数と見積もりを取ることや、毎日会わずに何をしているのかわからない状態にすることも
    駆け引き行為の一種なんだなって分かりますね。

    駆け引き視点だと、男性と対等にバリバリ働いていたので「職歴」は使えません(笑)
    あと2020年は新しいことに挑戦したいなと思っていて、
    始めるのに「年齢」と「メイク」の苦手意識がネックだと思っていました。

    だけど若さ=色気ではないですし、即戦力に乏しいかもしれない。
    顔の好みも人それぞれですしメイクはトレンドの波もあるので
    そこに固執しなくていいのかもって思えました╰(*´︶`*)╯♡

    なので長所を伸ばすべく筋トレとボディメンテナンス、肌荒れ改善に注力します。
    わたしは学歴と体型、ミステリアスな印象づけが武器として使えそうです。
    また小難しい話題(ビットコイン、宗教、ホリエモンなど)は封印します(笑)

    • まり姫
    • 2020年 1月 06日 21:32:47

    筋トレとか、ボディメンテナンスとか、肌荒れ改善やらなきゃ!頑張らなきゃ!と思っていたけれど
    頑張る必要はないんですよね。
    ただ生活習慣を見直せばいいだけ。

    強力な肩こりは机や椅子の高さが原因だし(笑)、ボディメンテナンスや入浴だって難しいことじゃない。
    むしろ香りに癒されて、楽しくてやりたいこと♪

    身体に取り入れるものをそもそも見直してみるとか、楽しみながらやってみます♪

    • もももち
    • 2020年 1月 07日 0:43:40

    まさしく…
    基本男の人って気持ち悪いって感覚はある意味自然なことなんですね…。

    イケメンだろうがなんだろうが
    不意に触ってくる奴は本当に気持ち悪いです。失礼な、わきまえろって思います。

    でもだからこそ、こっちがいいなって思う相手はそれなりの餌を与えないとそのまま関係が交わりもせずに終わります。

    好きならこっちからちょいちょいと
    ツンツンつつかないとね。

    少しじゃ気づかない鈍感な人もいるから
    ちょいちょいとね。

    「こいつ俺に気があるのか?」を思わせるのが超得意ですがこれもなかなか厄介ですわ…。ただ困って照れてるだけなんだが彼らはとてもポジティブに捉えてくる…。

    • 京香
    • 2020年 6月 14日 9:49:36

    恋愛においては無理に頑張ったり、彼の事を気にしてばかりいるより、自らの女性としての価値を実感して、女性らしくあること、女性が有利な事を忘れないこと、相手がどんな男性でも自分を卑下せずに、自分に集中して、心の余裕を持つことが大切だと思いました。

    • Sirius
    • 2020年 9月 17日 0:57:27

    誰かを好きになると
    優しくしたくなります。
    尽くしたくなるんですよね。
    でも踏みとどまります。

    「旅行に連れて行ってもらったから
    御礼に今度はご飯でもつくるね」

    と、言ってしまいました。

    私は料理が好きなので
    もてなすことは苦ではありません。
    楽しいことです。

    でも今はやらないほうが良いかも。

    家に呼んで食事をつくったら
    デートがそっちの安易なほうにいく

    ほんとは高級レストランの連発より
    自分の手づくりのものを
    家で食べていたほうが落ちつく

    でもそればっかりになると
    きっと高級レストランも恋しくなる

    元カレと付き合っているとき
    私は一生懸命に食事の用意をして
    マッサージをして
    彼に尽くしていました。
    元カレは喜んでいたけど
    やりすぎたなぁと反省しています。

    私が頑張りすぎたから
    彼が私を喜ばすチャンスを奪った。

    「旅行に連れて行ってもらったから
    御礼に今度はご飯でもつくるね」

    と、私が彼に言ったとき

    彼は

    「御礼はいいよ。
    抱きしめてくれるだけでいいよ」

    と、言いました。

    我にかえりました。
    まだ私が頑張るには早いと。

    彼の場合は
    料理もマッサージも
    プロに任せているため必要ない。
    そこをあえて私がやると
    私の役目が変わってしまう。

    彼は私を追いかけたくて
    お姫様扱いをしたいのに
    私が頑張ってしまうとダメだ。

    元カレとの関係で
    学びました。

    あえて、私は動かずに
    彼に動いてもらうことにします。

    正直、自分で何でも出来ちゃう
    好きなところへ1人で旅もできる
    高級レストランにも自分でいける

    お金を使ってもらうと
    自由度が下がるから
    フラストレーションがあるかも

    自分で出来てしまうけれど
    彼にやってもらわなくては。
    自制します。

    相手を好きになると
    いい子になりすぎてしまうのも
    反省しています。

    与えよう与えようとしてしまう。

    引き出すほうに
    あえて注力します。

    彼のものにはなりたくはありません。

    心が動いてからは彼のことを考えてる。
    とらわれたくないです。

    彼のためという発想はやめます。

    私の願望を叶えてもらうほうに
    頑張ります。

    なんでも
    お願いしてやってもらうことにします。

    小学校のころ
    荷物をわざと重そうに持っていると
    男子達が私の荷物を持ってくれました。

    なんで特別扱いされるの?
    って言われていたけど
    私は昔からズル賢い

    儚いポーズ。
    彼から私を助ける余地を
    つくっておきます。

    助けてもらいたい
    仕事がうまくいかない
    こんなときだからこそ
    男性に頼りたくなった
    これは本当

    いままでは、簡単に
    「うん、いいよ」とは言わず
    「どうしようかなぁ」と
    はぐらかしていたけど

    なんでもYESと答えそうになる
    彼のものにならないためにも
    合わせすぎはやめよう

    旅行で開けっぴろげになってるから
    それも反省している

    早すぎる展開は要注意です。

↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント