恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

パパ活についてどう思うかと聞かれたので・・・

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

12時間レッスン2017は、4時限目に突入しています。

なんと年末も正月も関係ありません(笑)。

正月だろうが何だろうが、続きます。

12時間レッスン2017:4時限目 本心

 

メールでこんな質問をもらいました。掲載してもいいということなので、ブログの記事として質問に答えようと思います。

Kouさんこんばんは^ ^

すっかり今年もあと3日ですね。ご多用とは思いますが、お身体には気を付けて年の瀬を迎えて下さいね(*^_^*)

さてKouさんに相談というか、質問です!
少し前からパパ活という言葉をよく耳にするようになりました。
パパ活の定義は、
『愛人や援助交際と違い、女性は「食事やプレゼント(お心付け)を受け取ることで自分が持っている夢を応援してもらい、自分自身の質をより高め成長すること」、そして男性は「女性の将来の夢を経済的に支援することに楽しみや癒しを得ること」を最大の目的とする男女の新しい付き合い方。』
だそうなのですが、これについてKouさんはどういった感覚で受け取られるのか、ふと気になりメールしました。
一般的な定義としては、身体の関係はないものも多いそうです。

お仕事を頑張っている優秀な方とお話できて、美味しいものも食べられるなんて魅力を感じます。
その反面、初めましての方でそこまでして下さるなんてある意味怖さもあります。

Kouさんのご意見お聞かせいただきたいです。

パパ活ですね。最近よく聞きます。

どう思うか。・・・。

 

どうも思いません。

 

また出たなというくらいにしか思いません。これって、昔から似たようなことはずっと繰り返されてきていますよね。呼び名は違えど、ありました。

それについて別に何も思いません。

「女性の将来の夢を経済的に支援することに楽しみや癒しを得ること」を目的に女性に投資する男性がいるかどうかで言えば、いるでしょうね。

ただし、それは自分のためだったりします。一部には、100%女性のためだけに投資する男性もいるかもしれませんが、その割合はごくわずかですね。特に「パパ活」とかいうキーワードが出てきている今となっては、今までそんなことに関心もなかった男性もやってくるわけです。

仮に自分のためだったとしても、ただ女性に投資することに喜びを感じられる人は、最初からそうしています。

就活とか婚活とか、「○活」という言葉になっていることには総じて言えることですが、自分から相手を求めにいっている市場には、やはり同じように自力での獲得を最初から断念している人たちがわんさかやってくるのです。

この恐ろしさは、何かことが起こってからじゃないと分からないかもしれません。

 

恋愛感情などを抜きにして、男性に投資してもらうというのは、形としてはあります。そして僕はそれ自体特に悪いことだとは思いません。

やりたかったらやればいいし、やらせたかったらやらせておけばいいんです。

自分からその相手を探しにいくのは危ないんじゃないかとは思いますけどね。

 

ちなみに僕は、過去にもこの話をしています。

投資と援助は別物であるということ

この話からも分かる通りで、それを投資だと認識しているのか、援助だと認識しているのかによって動きが変わってくるということです。

 

それよりも僕が気になるのは、これです。

今回この質問に答えようと思ったのは、これがあったからです。

「食事やプレゼント(お心付け)を受け取ることで自分が持っている夢を応援してもらい、自分自身の質をより高め成長すること

うーん・・・。

どうですか。あなたはこれを読んで、実際に成立すると思うでしょうか。

男性に自分の夢を応援してもらうことで、人間的な質が高まるでしょうか。というより、本当に夢の実現に近づくでしょうか。

もしそれで本当に実現するのだとしたら、何ともうっすい夢だと思いませんか(^^;

 

他人に援助してもらわないと質が高まらない人は、もう最初から他人依存の人間なんです。

そんな人は、ずっと他人に振り回されながら一生を終えることになります。

本当に自己成長を求める人は、他人の応援なんかいらないんですよね。

投資は受けてもいいですが、どれだけ受けても対等であることが条件で、かつ自らの夢をよどみなく何時間でも語れる必要があります。

 

僕は女性に、男性は頼れるなら頼り、利用できるなら利用したらいいと言っています。

男性の力を活用すること自体も、女性の力なんです。

使えるものは使っていいです。しかし、依存はダメですね。

自分の夢を応援したいという男性が勝手に何人も集ってきて、そういう人をうまく活用できるのであれば、女性としては無敵です(^^

この場合、もはやパパ活とかいう言葉では括れなさそうですが。

 

最後に、この感覚は大事だろうなと思っています。

「お仕事を頑張っている優秀な方とお話できて、美味しいものも食べられるなんて魅力を感じます。
その反面、初めましての方でそこまでして下さるなんてある意味怖さもあります。」

仕事を頑張っている優秀な男性と話す機会というのは、どうしたら手に入るのか。これこそがポイントですよね。

それを求めるのに、果たして女性自ら市場に出向く必要性があるのか、ということなんです。

もっと言えば、おいしいものを食べられる(ご馳走してもらう)機会を得るのに、予めお膳立てされている市場に出かけないといけないものでしょうか。怖さを感じる方が自然であり、実はそんなところに出向かなくてもどうにでもなると思うことの方がはるかに大事ですね。

参考になればと思います。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (50)

    • るーん
    • 2017年 12月 28日 22:46:23

    面識のある男性でも、
    職場の上司や、地位ある男性なんですが
    食事に誘われても、海に誘われても
    スッキリした気分では行けないです。
    前向きに仕事を評価して下さり、
    応援して下さっていても、
    なーんか、なーんだか
    2人で食事に行く事は出来ない。
    ・・私です。
    硬すぎますかね(>人<;)
    でも、行ったら、何があっても、
    どうなってもわかんないでしょ。
    好きじゃない男性には、触れられたくないし、
    近づかれたら、ツツツーっって逃げますよ。
    指一本、ダメです。
    硬いですかね(>人<;)。

    • 由ゆこ
    • 2017年 12月 28日 22:51:43

    パパ活…始めて知りました。
    お金を得る手段としてしている人もいるのですね。

    投資はじっくりと積み重ねて…だと思うので、たしかに初対面でそこまでしてもらうのはなんだか違う気がしますね。お金の感覚が桁違いな人などもいるかもしれませんが。

    • 響子
    • 2017年 12月 28日 22:56:37

    パパ活。。。。。

    kouさんがここで、姫君たちの心優しきパパさんでいる事についての問い合わせなのかと思って見たら(笑)

    世の中そんなのがあったのですね。
    パパ活。

    「パパ~~~!!」

    ・・・とは懐けない。

    よくわからない世界。

    • とよん!
    • 2017年 12月 28日 22:57:59

    ……パパ活…?それって、パトロンって、ことなんじゃ…?

    なんか、思い当たる人…いました。家の近所にすんでた、じーちゃんです。もはや、昔の話ですが…

    なぜだか、自分から「お父さんだと思って…」とか言い出し、色々(野菜とか)くれるようになったんです。

    普通に仲良くしているうちは、「良い人がいるもんだな」くらいに思ってたんですが…

    次第に「うちの娘になって!」だの、「転職して、うちの職場にきて!」だの、妙なことを言い始めて…最初は冗談だと思って流してましたが…エスカレート。

    その果てに、べたべた触ってきたり、抱きついてきたり、「実は一目惚れして…」的なラブレターを渡されたりして…気持ち悪くなりました。

    今は私が引っ越したので、縁が切れましたが……

    あのままだったら、どうなってたのか…

    二十代前半で一人暮ししてた時の、嫌な思い出です。(-_-;)

    • まるこめ。
    • 2017年 12月 28日 23:03:40

    シングルファザーが再婚する為の活動かと思いました。

    昔ですが既婚の方で下心なく食事やプレゼントしてくださる方はいました。
    たしかに経済の話やゴルフを教えてもらったので勉強にはなったかもです。
    ただもう自分から出向いて行くのはないかなと思います。
    正直気を使うので疲れました。
    物や食事もさほど嬉しくなかったです。
    恋活で十分ですー。

    • 匿名
    • 2017年 12月 28日 23:11:19

    活動しないと得られない関係なんてほしいの?
    ただの集りだわよ

    お金をあげないと女の子?と話が出来ないパパと知り合ってどれだけのモノを収拾出来んの?

    …ダサい、どっちも

    ホントに私と話したいなら、それだけの熱量見せてね、パパ
    お金で簡潔になんて、そんなパパと関わるのはごめんだわよ

    • かしゆか
    • 2017年 12月 28日 23:14:03

    人生の主体は自分、他人に依存しないこと。

    パパ活市場に自ら出向いていく女性は、心から叶えたい夢なんてなくて、投資してもらいたいわけじゃなくて援助してもらいたいだけで、美味しいものを食べていい所に行ければ「なんか私ーレベルアップしてるー☆」という気分になれる人だと感じました。

    主体的な人生を生きることがここにも繋がるのかーとこの記事を読んで驚きです(^O^;)

    • 愛憐
    • 2017年 12月 28日 23:15:33

    「やっぱり人のお金で食べるご飯が美味しい」
    って言う人のSNSを見て
    かなりの違和感を感じた事があります。

    おなじく「〜活」という言葉に
    一様に振り回されている人たちを見るのも
    同じ気分になります。

    私はいつでもそういうことに共感出来なくて
    だから孤独なのかなと思っていました。

    • きなこ餅子
    • 2017年 12月 28日 23:17:37

    パパ活、一瞬育メンと勘違いしました笑
    育メンというワードが出てきて、不満を抱えてる主婦の方もいるとか…そういう方面かと。

    昔、職場の人によく可愛がってもらいましたが、それとはまた別物ですよね。
    パパ活。

    そういえば、
    投資にしても、何にしてもなんですけど、
    男性から本当に欲しいもの【実用的だったり、消耗品だったり】って、あまり頂いたこともなければ、もらいたいとも思わない。

    本当に生活に必要なものまで甘えるというのは、成長よりむしろ自分が下がっていく気がします。
    自信もなくしていくような。
    男性からはロマンチックなものが欲しい♪

    • RIKA
    • 2017年 12月 28日 23:20:47

    補足の質問です!
    それが体の関係もありの条件なら、どう思いますか?
    女性は、我慢してもやはりその援助(お金)がほしい、お金で買える夢と思っていれば成り立つと言えば個人の価値観ですが、私は自分の価値を下げているとしか思えません。kouさんはこれもどうも思わないとなりますか?

    • ねずみくんのチョッキ
    • 2017年 12月 28日 23:23:59

    パパ活なんて言葉があるんですねぇ。
    知りませんでした。

    私が学生時代の頃にもこのような事はあったし、確かに言い方が違うだけかな感はありますね。

    今回の記事がタイムリー過ぎて驚いたのですが、まさにお仕事を頑張っている優秀な男性とプライベートなお食事をしてきた所でした。
    私の親くらいのお年で、もちろん奥様も成人されたお子さまもいて、色々な方に触れ沢山の実績を築いた方なので経験値が豊富ですしお話も楽しくて勉強になりました。

    お仕事が本当に出来る方で遊び慣れて…失礼、女性との接し方を心得ている方だなぁと感じたのはセックスに繋がる事は露骨に強引な事はしませんが、抱いてみたいという意思表示はハッキリされますね。とてもスマートに。(笑)

    今回のお相手の方は完全にプライベートな場所で声をかけられ、お誘い頂きました。

    私自身は客観的に夜のお仕事やモデルとして活躍するような華やかなタイプ(先入観でごめんなさい。)ではないので、恋愛の勉強で知らぬうちに出来上がった女性オーラでも出てたかな?(´∀`*)

    いやほんとに、冗談抜きで、それ以外に理由が見当たりません。(笑)

    • ミーム
    • 2017年 12月 28日 23:29:58

    >男性の力を活用すること自体も、女性の力なんです。
    使えるものは使っていいです。

    人を意のままに動かすテクニックと
    相手の欲するものを見つけて与えること
    このことをうまく使えて男性の力を活用できたら
    女性の力のひとつになるかなと思います✨
    あと尊敬と感謝の気持ちを伝えることも。。

    >実はそんなところに出向かなくてもどうにでもなると思うことの方がはるかに大事ですね

    目的がなにかよく考えて行動することが
    大事ですね✨

    • ざくざく芋増量中
    • 2017年 12月 28日 23:37:44

    パパ活かー。
    Kouさんは利用できるものは利用しようというけれど。
    たいして好きでもない男性に餌をまいてチヤホヤされたがる安い女にはなりたくないなー。
    Kouさんのところで勉強をして、モテる=不特定多数からチヤホヤされることではないって理解しましたもん。
    金で買えるほど私は安くないなー。

    • ルウ子
    • 2017年 12月 28日 23:41:45

    初めて知りました。何だかイヤな活動ですねー・・・そんな活動をする男女ともにとても正気とは思えない・・・ぜんぜん知らない人にそんなことやってもらうなんてわたしは気持ち悪くって・・・。
    「男性に自分の夢を応援してもらうことで、人間的な質が高まるでしょうか。というより、本当に夢の実現に近づくでしょうか。

    もしそれで本当に実現するのだとしたら、何ともうっすい夢だと思いませんか(^^;」
    というKouさんのご意見に心の深いところから共感します。
    Kouさんが本当の意味で誠実で心のキレイな男の人であることを証明するような一言だと思います。Kouさんステキ☆彡

    • クンツァイト
    • 2017年 12月 28日 23:54:57

    パパ活のようにときめく相手ではない年上の男性とプライベートで接する時間を増やすと何となく老け込む人が多いような。

    まぁお互いにメリットがあると思って接してるんでしょうけど、意外と女性にはメリットないですよね。
    好きでもない人やことに時間を使うのは勿体無いし、それなら一人で過ごす時間の方が有意義かなと私は思います。

    愛人にしてもパパにしても自分がその手の声かけられたらなめられてると思って怒りますね。
    お金でつれる女は良い女じゃないぞー。

    • Giselle
    • 2017年 12月 29日 0:06:08

    誰の為の投資か…
    いくら美味しいものが食べれるとしてもどうせ食べれるなら好きな人と食べたいかなぁ
    同じ高級品貰ってもパパからと好きな人とでは、やっぱ価値が違いますね
    私との時間が一番価値があると思われるような人になりたい…!

    • みん(*´ω`*)
    • 2017年 12月 29日 0:10:45

    わぁー、流石ですkouさん。
    そう、こういうことを伝えてくださるあなただから好きなんです。
    自分で付き合っていく男性を選ぶ。(当然恋愛以外も)異性だけでなく、同性も。影響を受ける存在を自分で選んでいく。
    そこに、100%言葉にはできなくとも、明確な理由がある。
    そして、選んだ自分の感覚を、信じきる。

    うむ、ちゃんと、成長出来てます。
    どんどんkouさんを好きになっていってます。
    とっくにご存知でしょうけども〜(*´ω`*)
    あと、大事なことは、大事なことだからこそ、言葉にして伝えたいと、改めて強く思うこの頃です。

    • まいまい10
    • 2017年 12月 29日 0:17:23

    パパ活かぁ。

    リアルパパ活ならオッケーなのでしょうか(笑)

    カモくんの友達(?)です。
    二十歳を過ぎているにもかかわらず、
    パパから娘へクリスマスに現金のプレゼント。
    そのお金で、2万ほどするブーツを買ってもらっていた。
    自分のことを「私」ではなく。名前で言う。
    いい歳して、父親を「パパ」「ママ」呼び。

    これは、男性からみたら、
    可愛がられ、愛されていて、大事にされている娘(女性)に見えるの?

    父親いなくて、そんなことされたこと一度もないので、私のただの妬みなのかしら。
    私からみたら、甘えてる赤ちゃんにしか見えないのですが。嫌悪感。

    だれか教えてください。

    それとも、この子の言っている「パパ」は、
    ここで言っているパパなの?(笑)

    ちなみに、彼氏はいて、半同棲中だとか。
    服装も、男性とおんなじオソロコーデとやら。
    ジーンズに黒のダウンコート。そしてショートボブ。彼氏に尽くしてます!アピールの写真。
    家族大切にしてます!アピールの写真。
    こんなに私大事にされています!アピール。

    はいはい。
    カットモデルかなんか知らんけど、
    ずっとやっててくれ。
    Instagramおもしろい(笑)

    • あえか
    • 2017年 12月 29日 0:17:36

    パパって、そっち!?Σ(๑°ㅁ°๑)

    そんなのがあるのですね。

    親しくなって色々してくださるということはありますが、最初からそれ目的というのはよくわからないです。

    金銭目的なら援助交際やデートクラブのような形態のものを『パパ活』というソフト?な表現で誤魔化してるだけのような・・・

    • 天竺斑
    • 2017年 12月 29日 0:32:21

    実に耳が痛いお話です…。

    彼との同棲生活を今年の11月に解消しました。

    結論としては…今信じられないほど精神状態が安定しています。
    彼もそうなんじゃないかと思えます。
    優しいんです。LINEのメッセージも電話の声も。
    一緒にいた時よりも間違いなくいい関係です。

    もともと日本とアメリカという遠距離だったので、付き合ってまだお互いのことをロクに知りもしないうちに、すぐに同棲を始めてしまいました。離れたくなかったからという理由で。

    その時私は既にKouさんのブログ読者でしたし、遠距離恋愛の記事含めるほぼすべての記事は読み倒していました。

    なので…相手の懐へ自ら飛び込むことの恐ろしさも分かっていながら、覚悟の上でアメリカに行きました。
    (その覚悟はいとも簡単に崩れました)
    難しい恋愛だったということもあって、しかも経済的にも支えて貰っていたので、遠慮から言いたいことも言えず…。
    身も心もボロボロになっていきました。
    今から思えば何故あんなに辛い状況を懸命に耐えていたんだろうと思うのですが、初めての恋愛ということもあり、完全に我を見失っていました。まぁ自業自得でした。

    それでもなんとか耐え抜いた甲斐あって、冷静さを取り戻した頃に再びKouさんのブログを読みまくり、メルマガにも登録し、恋愛の猛勉強をした私はついに反撃に打って出ました(笑)

    お陰で今はなんとかいい感じです…。

    スタート段階から間違いだらけだったので軌道修正は大変です。今も途中なんです。
    でも修正できないことは無いということと、ゲームオーバーは本当にないんだなということは大きな学びとなり、良かったです。

    長くなってしまいましたが、最後に一番言いたかったことを…。

    配偶者でもないのに経済的に支えてもらう男女関係は本当に不健康でしかありません。
    余程上手く立ち回れて堂々としていられないと、決して対等とはいきません。
    私は支えてもらいたかったわけではなかったのですが結果としてそうなってしまいました。
    どうか私のように短期的欲求に負けないでください。
    いつも一歩引いた見方をして、お互いのために正しい判断をして下さい。

    • ipse
    • 2017年 12月 29日 0:49:24

    パパ活なし派です。
    怖すぎる!

    男性に援助してもらったり、何か貢いでもらったからといって、自分が幸せになるとは到底思えないし(^-^;

    んー。どうせしてもらうにしても、好きな男性にしてもらうことに意味があるんじゃないかなと思う。

    その方が本当の幸福度って違うと思うな。
    好きな男性だから、投資という「してもらいたい」気持ちが自然と沸くもんだと思うな。 

    パパ活。その先を想像したら恐ろしい…
    パパであろうがなんであろうが、男は男です。

    私は自分の身を守るためにも、何もないパパ活は怖すぎる。

    ここでこれだけ投資というものを学んだ私にとっては、怖すぎる。

    投資させるということは、相手の気持ちを惹き付けること。
    そう考えたら、その先は…?(^-^;

    男性をあまりバカにしたらいけないと思うな。

    結婚しているから、援助にという形に女性は迎え撃ちできるんです。
    それは、男性にもそれ相応の対価があるからです。

    形の無い、女性に全く責任のない援助はそれこそ自分を安売りしている行為だ思うな。

    • 海音-カイト-
    • 2017年 12月 29日 1:13:32

    >仕事を頑張っている優秀な男性と話す機会というのは、どうしたら手に入るのか。
    それを求めるのに、果たして女性自ら市場に出向く必要性があるのか、ということなんです。

    先輩と話す機会を持つのに、
    私からお膳立てはいらない!ですね。

    誘うんじゃない、誘ってもらうのです!

    • ユイ
    • 2017年 12月 29日 1:17:02

    「パパ活ですね。最近よく聞きます。」

    そうなんですかΣ(oωo*)

    「どうも思いません。」

    これこそ、「最近よく聞きます」(ゆくゆ)

    「男性に自分の夢を応援してもらうことで、人間的な質が高まるでしょうか。というより、本当に夢の実現に近づくでしょうか。
     もしそれで本当に実現するのだとしたら、何ともうっすい夢だと思いませんか(^^;」

    確かにそうですねぇ。

    • 可憐ちゃん♡
    • 2017年 12月 29日 1:22:56

    夢を追うならクラウドファンディングの方がよっぽど健康的な気がしますね☆

    目標金額をクリアするために人にどう訴えたらいいかを考えるし、それに見合った行動をするし、実際に夢に向かって動き出さなきゃいけないから、エンジンもかかるし☆
    なにせそれをする動機に情熱がなくちゃ自分が持たないし、魅力も伝わらない。
    そしてそれが、本当にそれを願っているのかを問いかける機会にもなる。

    クラウドファンディングって、他力のようでいて、自力なんですよね、実は。
    夢を叶えるための支援としては、自分自身と向き合わざるを得ないとてもリアルなお話です。

    (まぁ、いまはちょっとくだけてきてて、ノリだけでやってる人も増えて来た気がしますが…。)

    だからか自分で夢に向かって動くよりも先に、支援してくれるパパを見つけるって、夢を叶えることからの逃避みたいに感じます。
    支援してもらって、なにをどうやって夢を叶えるのか、自分自身で考え行動しない限り「依存」になりますね。

    もしやるなら、プレゼンして魅了させるぐらいにしたらよいかと思います✿
    そしてきちんと夢を叶えると言うリターンをする。
    それは夢に対して主体性のある行動だ、と言えるかな。

    また、優秀な人に出会いたければ、パパ活で見つけるのではなく、やはり自分で考えて行動している中で出会う人の方が、ステキな人が多そうだなと思いますね。

    クラウドファンディングはその点はいろんな理由の人がいるので、必ずしもステキな人だらけではないと思いますが、その行動をするうちに他であるかもしれないし、少なくともファンはできますね。

    これって「出会いがない人への処方箋」の話とも通じるなぁ。

    • あやや
    • 2017年 12月 29日 1:44:19

    スポンサー探しってことなんですかね?

    『パパ活の定義』の所を読んで
    なんやねん! お互いの下心を正当化しとるだけやないけ!
    と思いました。

    そしたらkouさんが理路整然とスパーっと切ってくれて超スッキリ♡ かっちょいい〜♡

    自分の頑張りは自分自身でしかわからないと思います。
    「頑張ろう」って気持ちを決めるのは自分だし、今どれだけ頑張っているのかを知ってるのは自分だけです。
    自分との戦いなんだからそもそも他人をアテにしないですよ。

    すぐに『〇〇活』などというゆる〜いコミュニティにはめてしまって、どんだけ平和ボケしてるんだ!?と思います。

    • ipse
    • 2017年 12月 29日 1:46:56

    〉「お仕事を頑張っている優秀な方とお話できて、美味しいものも食べられるなんて魅力を感じます。」

    〉それを求めるのに、果たして女性自ら市場に出向く必要性があるのか、ということなんです。

    確かに。(^_^)

    それを得るために女性が、「私の未来の為にご馳走してください」と自ら出向いていったところで、男性としては本物の投資というものを与えようと思うのか。。

    〉「女性の将来の夢を経済的に支援することに楽しみや癒しを得ること」を目的に女性に投資する男性がいるかどうかで言えば、いるでしょうね。

    なんかペットみたい。。(^-^;

    そもそも、本当にお仕事頑張っている優秀な方なら女性が自立出来なくなるような、ペットの扱いなんてしない気が…(^-^;

    普通はその人が先に夢に向かって頑張っている姿に心打たれて、「何かしたい!」と思うもんなんじゃないかと思いました。

    それなら、まだ分かるなぁ。。。

    もうパパ活じゃなくて、体関係なしのただのパトロンな気が…(^-^;

    というか、そんな男性と恋愛はしたくないな。。

    • おもち
    • 2017年 12月 29日 3:55:41

    お父さん?主夫

    • こめこめ
    • 2017年 12月 29日 3:58:00

    私の美容師の友人で、お客様から食事に誘われて、「高級肉が食べれる!」と嬉しそうに言って行きましたが、後日話を聞くと、彼の職場からの景色が良いので見せたいと言われ付いて行ったら、小部屋があり、押し倒されたとのこと。
    拒んだものの、力が強く逃げられなかったと。そのまま諦めてやってしまったと言っていました。
    奥さんがいる人でしたそうですが、「初めてあった時からタイプだった」と言われたそうです。
    私は肉ごときにつられてホイホイ付いて行く脇の甘さと、初めて会った時からタイプだったと言われて満更でもない感じ(もしかしたら受け入れた正当な理由付けをしたかったのかもしれませんが)に呆れてしまい、「それはレイプだよ」と言ってみたものの、最終的には自分も受け入れたから。。と訴えを断念していました。
    「合意の下」とニュースで聞くことが多いですが、ああいう密室で男の人の力を見せられると声も出ない状況になってしまいます。
    「タダほど高いものは無い」んです。

    • sun
    • 2017年 12月 29日 4:06:43

    わぉ!kouさん!
    昨日といい今日といい…
    私にとって、とてもタイムリーなお話…
    やっぱ、kouさんに見られとるがな(*^▽^*)

    • おもち
    • 2017年 12月 29日 4:07:49

    へぇ~(°σ¨_°)「どう思いません」に尽きますね〜

    • デビル夫人
    • 2017年 12月 29日 6:44:38

    これは「援助交際」の別名ですね..。

    (;・∀・) ウ~ン…

    パパ活と言う、なんとも不可思議な言葉。

    女性側が都合良く、男性の下心を見て見ぬ振りが出来て、

    肉体関係を迫られても「そんなつもりじゃなかった」と言えるパパ活…。

    他人である男性に、沢山のお金を出して貰うのは怖いですよ。 ((( ;゚Д゚))) ヒイッ!

    最初は、純粋?な好意だったとしても、男性側がお金を出している内に、

    彼の内面に必ずや「これだけ出したんだ。そろそろ良いだろうか?」という思いが芽生えます。

    タダ程 怖いものは無い。

    若い女性の皆様、上手い話は絶対にありません。

    「私、モテてる?」なんて考えて、お金を出して貰い続けると、肉体と言う「対価」を要求されますよ。

    成功?した女性タレントなどは、バックにお金を出してる男性が居る事が、よく、あります。

    でも、お金の切れ目が縁の切れ目。

    女性側が、ボロボロになってしまいます。

    老婆心ですが、これは危険!と思い、ついコメントしました。

    kouさんの記事によって、沢山の乙女が「パパ活」に足を踏み入れる事を躊躇してくれます様にと願います。

    (*`Д´*) ダメ! ゼッタイ!

    それにしても、kouさんの、時勢を読み取る力に感服。

    (’-’*) ソンケイノマナザシ...

    • なつみんと
    • 2017年 12月 29日 9:23:43

    「恋愛感情などを抜きにして、男性に投資してもらうというのは、形としてはあります。そして僕はそれ自体特に悪いことだとは思いません。

    やりたかったらやればいいし、やらせたかったらやらせておけばいいんです。

    自分からその相手を探しにいくのは危ないんじゃないかとは思いますけどね。」

    Kouさんのお話に同感ですねー。
    別にダメとは思わないし、そういう男性に目をかけてもらえる女性なら、利用してもいいと思います。
    探しに行くのは危険というのはその通り。それだとどこの馬の骨かもわからないような男性に逆に利用されかねないですね。
    「〜活」というのはチープな感じがして苦手です。笑

    私も自然と出来たご縁で、年上の社会的地位にある方から目をかけてもらうことは20歳くらいの頃から今もたまにあります。
    もちろん、年も離れているので恋愛関係ではありません。
    ただ、相手は若くて綺麗で頑張っている女性に投資したいんです。
    こちらは一線引いて、わきまえた上で笑顔でそのご好意を受け取ります。
    人生の先輩として相談に乗って頂いたりもします。

    今日もクラブセットを揃えてくれた品の良いジェントルマンにゴルフの練習に連れて行ってもらいます。笑

    男女の友情は成立しないと思ってますが、恋愛じゃなくても尊敬と寵愛で成り立つ男女関係ならあります。

    利用すると言ったら語弊がありますが、信頼できる男性の好意や投資は貰えるものは貰っとく、頼れるものは頼っときます♡
    「えぇ〜いいんですかぁ>_<ありがとうございます♡」って感じです。笑
    相手は大抵満足気にニコニコ笑ってくれます。
    ちなみに変な目にあったことはありません。過去にそういう下心がある方からの申し出もありましたが、明らかに下心が透けて見えるのでそういう人はお断り、シャットダウンです。
    お金持ってても尊敬できない人は無理☆

    ごっつぁん体質ですみません(*^_^*)♫

    • とよん!
    • 2017年 12月 29日 10:26:29

    ん?……ちょっと疑問がわいたのですが……恋愛感情抜きに、男性は女性に投資できるものなのですか…?

    娘や孫、妹に投資にする感覚ということなら、わかりますが…そういう関係性ならということ?

    例えば、好意ない女性とか、完全な女友達とか………そういう女性にできるもの?

    手に入る可能性がない女性に、男性は投資しないもの……ですよね?

    • 梨ラブ
    • 2017年 12月 29日 11:38:04

    久々にみたら、概ね同感の記事。

    目に入ったからものすごく正直に書くけど、まいまいさんのコメント性格悪すぎ。自分より年下の女性のインスタグラムみて嫉妬なんて醜いな、とおもいました。

    投資の世界では見返りは当然なので、健全なパパ活は想像しにくいのが本音。
    まぁでも誰にも迷惑かけないかつ戦略的にこなせる女性なら、上手く使いそう。
    甘い世界ではないだろうな。

    • 梨ラブ
    • 2017年 12月 29日 11:50:07

    なんか…別にいいんですけど、HNさっき「梨がラブで食べたい」にしたら梨ラブにかわってる。
    wi-fiで特定してるんだろうなぁ。ネットワークのことは知らないから詳細は不明だけど。

    • コロネパンは美味しい!!
    • 2017年 12月 29日 11:57:30

    こうさんがパパ活について
    解いてくださるなんて
    ビックリ。。

    格が下な事柄だという認識を
    パパ活にもっていたので。
    でも、「気にならない」ってお言葉が
    聴けてよかったです(*^^*)

    私の周りは、
    無料でごはんたべれるし
    お金欲しいからパパ活したい。
    と思っている子が比較的多いので
    いつも、その場では同調していましたが。
    何も無いわけないやん。って思います。
    男の人もその気でくるだろうし
    女の子もまあお金出してもらったしなんて
    軽く体の関係になって、変な写真撮られて
    脅されでもしたら笑えないとおもうんですよ。もっと考えてから行動を起こすべきだと思います。。

    • さこさこさこ(^-^*)
    • 2017年 12月 29日 12:36:44

    パパ活なら、施設の子供達に、学校行けない子供達に、支援して欲しいと、私は思います。

    • なもも
    • 2017年 12月 29日 12:38:13

    ぱぱかつなんて初めて聞きました。
    防御リテラシーがなさすぎるとおもうのはわたしだけ?

    それに、対等な関係にはなりがたいとおもう。

    なんか怖い。

    • 豆たんうさぎ
    • 2017年 12月 29日 13:50:34

    私のあしながおじさんを思い出しますね。
    主人公は孤児院出身の女の子。
    お金持ちの紳士が、彼女に援助を出し彼女の夢を応援しますよね。
    あの話は最終的に結婚しますね2人。

    私はぱぱ活は確かに自分から探して行くのは危ないと思います。
    自分の事をちゃんと追い掛けてくれるからこそ投資があるなら。
    『投資したい』だけの人は一体何のために自分へ投資してくれるんでしょう?
    そして、本当の夢の為に上げる質はきちんと汗水を伴わなければ身にはならない様なきがします(^^;
    ここのブログでも、読んでコメント!って手間を掛けますよね?
    ちょっと面倒とかそういう『汗水』ですよね。
    確かに自分1人ではどうにもならない部分はあるかと思います。
    物質的なものかな。
    でも中身である精神は自分で。
    あしながおじさんの主人公はちゃんと物質的なモノ以外は自分で高めていました。
    私はそうでありたいな。

    • りんこ姫
    • 2017年 12月 29日 14:25:56

    パパ活。
    既婚男性が育児頑張るマンへ向けて、
    奥さまが妊娠中にする活動、だと思ったら、
    パトロン、援交、じゃないですかあ(›´ω`‹ )

    叶えたい夢も、それに満足しちゃう女の子も、
    やっすいなあ、と思いますが、
    そこの層にいる人には、逆に、
    「ひがんでるの?」と、笑われちゃうのかな。

    自分の夢。自分の人生。
    どうして、よくわからない男性に委ねたくなるのかなあ?

    お金も環境も、パパ活からのお小遣いは、
    例えるなら宝くじがあっという間に消える、
    泡銭とおんなじ、な気がします。

    昔援交が流行っていた頃、
    していた女の子は、結果的に
    身も心もボロボロになってました。
    こちらのblog読んでる姫は、自分で判断できると思いますが、
    絶対にダメーー、なのです。

    『自分の夢を応援したいという男性が勝手に何人も集ってきて、そういう人をうまく活用できるのであれば、女性としては無敵です(^^』

    ほんとうにその通りです♪
    ここにも、女性の価値の差、です。

      

    • 弁天
    • 2017年 12月 29日 14:52:12

    Kouさん更新ありがとうございます(*^▽^*)

    どうも思いません。

    ちょ、ちょっとちょっと!Kouさん最近そんなのばっかり(´・ω・`; )
    もう、おじいちゃんだからあっつあつの鍋の蓋とか素手でもって、
    なんともねぇさ~
    と言ってるのと同じ感じなんじゃないでしょうね~(;`∀´)

    今度から、なんとも思いません。どうも思わない。って書かれてたら
    出たな、おじいちゃん( ・∀・)
    って思うことにしますよ!
    じじ活( ´∀`)σ

    どうも思わないと言いながらもしっかり思ってること書かれてる~
    (〃´ω`〃)優しい

    >100%女性のためだけに投資する男性もいるかもしれませんが、その割合はごくわずかですね。特に「パパ活」とかいうキーワードが出てきている今となっては、今までそんなことに関心もなかった男性もやってくるわけです。

    これだと思いますね。

    ごくごく僅か。

    キーワードが有名になってしまい狙ってきてる輩が増えている。

    • あえか
    • 2017年 12月 29日 15:13:01

    人として女性として魅力的であれば、異性に限らず引き上げようとしてくださる方は現れると思うのです。

    いくらでもアドバイスいただけるでしょうし、ご馳走ぐらいしてくださいます。

    この場合、ビジネスをするにあたって出資を募るとかいうお話ではないと思うので、女性から援助してくれる男性を探すということは「お金で私を買ってください」(身体の関係はなくとも)ということで、相手からはその様に見られ扱われるのではないかなと思います。

    何でもそうですが、取り沙汰されるのは両極端な例です。
    実際に客層もピンキリでしょう。
    でも、そこそこというのがほとんどだと思いますよ。

    楽をしてお小遣いが欲しい素人の女性は足を踏み入れやすいのかも知れませんが、上手く立ち回れるのならそんなことしなくても引く手数多なのではないでしょうか。

    割り切って稼ぐだけ稼いで夢を叶えたいのだとしても、やはり強い意志がないと難しいと思います。

    それなりの期間、店舗を構えて問題なく営業しているところで店内接客の方が安全だとは思いますが、軽い気持ちならやめておいた方がいいです。

    知人がキャバクラ経営をしていますが、流されやすいとどんどん程度の低い店に身を落とし、戻れなくなるような女性もいます。

    それが経歴として残るということ、結婚の際に支障があるかも知れないことを踏まえて、それでも必要なことで自分が堂々と生きていけるのか考えた方がいいです。

    弁天しゃんのじじ活ワロタ(笑)

    • コスモ
    • 2017年 12月 29日 15:30:11

    >仕事を頑張っている優秀な男性と話す機会というのは、どうしたら手に入るのか。これこそがポイントですよね。

    現状、男性を求めている余裕がなく(笑)自分で稼ぐことに必死ですが
    その「仕事を頑張っている優秀な男性」がわんさかいらっしゃるコミュニュティに出向いています。
    情報を得るためですが、まだ男性が多い場所でもあるので、女性としての自分を出しているほうが目をかけていただけている気はします。
    かまってちゃんすると喜んでくれますし。あんまりやりすぎると自分が疲れるし、時間も勿体無いので一人に戻ってます(笑)

    >就活とか婚活とか、「○活」という言葉になっていることには総じて言えることですが、自分から相手を求めにいっている市場には、やはり同じように自力での獲得を最初から断念している人たちがわんさかやってくるのです。

    「婚活」する考え自体が危ないっていう意味が少しわかりました。
    婚活はどうかわかりませんが、まだ私は自分の力で人生をコントロールするのって大変だー!っていうところにいます。突き抜けると楽しくなるんですよね、きっと。

    まだ、自分に甘くて弱くて、誰かに頼りたくなります。。。
    でも、自分で考えて行動できるはずだとkouさんが信じてくれているので、来年のためにもウンと「どうしたらうまくいくのか」を考えたい。

    ネットビジネスに必死で、6月くらいからkouさんの記事も読めなくなって未読が溜まっています。
    今、うまくいってないのは考え抜いてないからだとも思うので、本も読んで、大掃除もして、記事も読んで、年末年始パワーアップするぞ!

    kouさん、恒例の行事はされますか??
    大変だから今年はもうやらないでしょうか。
    リアルタイムでkouさんと話せるのって一年に1回しかないから貴重ですよね(^^)

    久しぶりに記事読んだらkouさんてわりと毒舌ですね笑

    • モスリン
    • 2017年 12月 29日 15:43:25

    パパ活、知ってました。
    少し前に、パパ活をしている方がテレビで話をしているのを見ました。
    自分とは全く違う世界に住んでいるなぁと思って見ていました。

    感想としては、私だったらしんどいなと思いました。
    確かに収入は結構あるようですが、
    複数のパパがいて、会わないとお金がもらえないので、
    身体を張ってるなと思いました。
    肉体関係はないのですが、肉体労働と同じような印象を私は受けました。

    彼女の生きる収入源は、パパ活なんです。
    そして、彼女はもう普通の仕事はできないとも言っていました。
    地道に働いて稼ぐということが、逆にしんどいと思っているようでした。
    私からすると、パパに会い続けないと収入が途絶える状況って恐すぎます。

    彼女はパパと会って何かが向上している訳でもなく、
    お金を介しての関係の継続でした。
    ただ、パパからするとこれだけ彼女に投資をしている訳ですから、
    だんだんと束縛が強くなったり、結婚を意識し出している方もいるようでした。
    彼女は結婚する気は全くなく、これからそのパパとどうなっていくのか自分でも不安があるようでした。

    パパ活の一部を垣間見ましたが、男性にお金の面で依存している状況は、
    自分の人生を自分で切り開いてコントロールしていきたい女性からすると、
    リスクが大きすぎるのではないかと感じました。

    男性と美味しい食事をご一緒する際は、軽やかに行きたいですね。

    • ゆき
    • 2017年 12月 29日 15:57:37

    パパ活という名目でさがしまわるのがもうあうとだとおもいます。もてない行動。

    勝手にむこうからきます。
    こない人は、そういう世界があることをしらないだけです。

    じぶんになんのちからもないのに、男性の力をレバレッジにしようとしても、なににもならないです。0にはなにをかけても0にしかなりません。

    逆に搾取されてかなしいおもいをするだけです。

    夢はじぶんでやるだけだとおもいます。

    • マカロン
    • 2017年 12月 29日 16:56:03

    例えばお金に困ってない方の場合は、投資とは何なのでしょうか?

    銀座で一軒30万使いましたなんて生活をしている人だと、
    例えばご飯や二次会ホテル代を出して頂いても、銀座の30万に比べたらたいした金額では、ないんです。

    会いに来ると言っても出張で近くまできて、そこから1時間半かけて会いに来るのです。
    彼の家からは、4時間かかりますから…それに比べたら近いですよね。

    ずーっと考えてるんですが
    そんな人にとっての投資ってなんですか?

    たしかに仕事が忙しいので、時間は、作ってくれていると思いますが…。

    • 翡翠
    • 2017年 12月 29日 17:35:28

    もっと言えば、おいしいものを食べられる(ご馳走してもらう)機会を得るのに、予めお膳立てされている市場に出かけないといけないものでしょうか。怖さを感じる方が自然であり、実はそんなところに出向かなくてもどうにでもなると思うことの方がはるかに大事ですね。

    これって、出会いの話に通じますよね。これについてもっと掘り下げた記事が読んでみたいです(*☻-☻*)皆さんもきっと興味津々なはず!(*☻-☻*)

    • ちゃいらて
    • 2017年 12月 29日 18:33:33

    パパ活…

    言葉遊びやカテゴライズするのが好きですよね…。

    • Kaokao
    • 2017年 12月 29日 18:41:26

    パパ活…私はなしですけど、実際に年上の方に奢ってもらう機会は多いのでお礼を渡すこともあります。

    職場が既婚者多く、本当に周りの人に嫁に行け嫁に行けと言われパワハラ?って想ってしまいイライラするのですが。余計なお世話ですよね。

    婚活とか紹介とか、そういうの自分のタイミングだし人に動かされるものではないかと。周りのせいにしてはいけないけど、全て自己責任なんだから自分の人生に関係ない人が責任も持てないのに余計なこと言わないでほしい…と、ここ数年イライラしてます。ダメですね。まだまだ。

    男性から寄ってくるようになる、そこまでのスキルを身に付けたいですが、まずは色々と自分が楽しくやりたいことをしてその先になにかきっかけがあれば、そのときのちょっとしたチャンスを引き寄せる!?くらいの気持ちで。

    私は結婚ではなく恋愛がしたいです。

    • まりりんご
    • 2017年 12月 29日 18:54:22

    なぁんだ。
    「パパ活」なんてネーミングから、妊活の夫バージョンかと思いましたよ✨
    牡蠣を沢山食べましょう!みたいな。笑

    なんか愛人クラブみたいな感じですね。
    財力のある男性と援助して欲しい女性が集う、ちょっと不健全な大人の社交場って感じ?

    なんか怖いなあ。
    お金や食事と引き換えに、言う事を聞かされそう。初めから主従関係が出来上がってる(もちろん女性が従)もの。
    安全かどうかは相手次第、多分。
    夢の実現なんてそもそも自力でするもんだし。
    他人に援助してもらわないと叶えられない時点で、確かに依存気味ですね。。

    男性とのお食事は、援助とか打算の絡まないロマンチックなものであって欲しいです。

↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント