恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

本当にそれを知りたいと思っている人が真っ先にすること

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

12時間レッスン2017は3時限目です。実はもうあと2日しかありません。そしてまだ2日あります。じっくり取り組んでください。非常に面白いテーマだと思います。

12時間レッスン2017:3時限目 禁断のレス問題

 

同時進行している2013年版もどうぞ。こちらも非常に興味を惹きそうなテーマです。

12時間レッスン:3時限目 男性の思考

 

こんな記事を出しました(^^

私マニアにさせる方法

 

攻略余地という極めて重要なキーワードについて話をしています。

この感覚は、一度持ったら二度となくなりません。簡単に安売りすることもなくなるでしょう。

なぜ簡単に安売りすることがなくなるのか。

 

もったいないからですよね。

僕は愛情を出し惜しみしろと言っているわけではないところにも注目してください。この辺が一つ難しいところなのかもしれません。本来愛情というのは、無限に出していいものです。無理に抑制したり、小出しに切り取って与えたりする必要のないものです。

愛情は出していいんです。

問題なのは、出し過ぎなんです。この違いは、言葉で全部説明し尽くすのは難しいものがあります。

愛情はどれだけでも出していいのです。ちゃんと与えることによって起きる化学反応もありますからね。

もう一つ、与えることはマイナスにはならないということです。本当に愛情の深い人は、与えることによって自分が割を食っていると思うことはありません。むしろ増幅しているんですよね。与えることが喜びになっているんです。

出し過ぎと何が違うのかと言えば、心の余裕があるかないかです。心の余裕があるのなら、いくら出してもいいです。しかし心の余裕ができた頃には、与えるべきときとそうじゃないときまで分かるようになってきます。

 

出し過ぎな人は、ほとんど例外なく、無理して出し過ぎているんです。

与えすぎていることが既に自分の負担になっています。

・・・やっぱりちょっと難しいですね。これは何らかの体験がないと、確実に実感を伴って理解するにいたるのは大変かもしれません。

しかし意識することくらいはできると思います。自分の情報でも愛情でも何でもいいですが、過剰に与えていい結果になることはほとんどないと思ってください。

 

ここからがこの記事の本論です(^^;

攻略余地とかフルオープン女子の話をしたところ、こんな質問がいくつか来ました。

 

すでにフルオープンにしてしまった私はどうしたらいいんでしょうか?

すべてを知り尽くされてしまった後、どうしたらいいですか?

結婚して同居していてすべてが知られています。攻略余地がゼロの場合、何をしたらいいのでしょうか?

・・・。

あなたももしかしたらこれと似たような質問をしようと思っていたかもしれません。踏みとどまってください。

これ、本当に分かりませんか。

ちなみにこの3つはすべて同じ質問です。

 

僕はこれの具体的な打開策をいくつも知っています。が、教えません(笑)。

絶対教えませんよ、そんなものは。

ちゃんと考えてほしいんですよね。恋愛の勉強をやっていて、これが分からないことは絶対にありえないんです。何かしら案が出てくるはずです。

 

どうしたらいいですか?

この質問をしようと思ったとき、自分で何も考えようとしていないことに気づいてほしいんです。

実際には考えているのだと思います。僕も、何の考えもなしに質問してきているのだとは思っていません。

そして別に質問してくるなと思っているわけでもないのです。

 

ただ、今の自分の場合にどうしたらいいのかという疑問が出てきたときに、その答えを本当に知りたければ、他人に聞くという選択肢はまず外さないといけないんです。

今書いているこの記事の話は、人によってはかなり厳しい内容に見えると思います。

しかしあえて言い続けることにします。

 

どうしたらいいか教えてほしいと思っているうちは、実のところ本当にはそれを知りたいとは思っていないんです。

本当にその答えを知りたいと心の底から欲している人が取る行動は一つです。

聞くのではなく、考えるんです。

調べるのでもありません。

調べているうちはまだ甘いということです。

 

本を読めない人も、大抵はこれです。

何らかの具体的な答えだけを求めて本を読んでいるので、その具体的な方策(のように見える薄っぺらいもの)が載っている本だけを好んで読むようになり、結果的に何も身についていないという状態が続きます。

僕は恋愛の勉強をし続けているあなたが、これには該当することはないと思っているんです。

 

すでに相当に自分で考える力があるのに、自分で考えることを避けているだけだと思うんですよね。

もはや新しい情報を調べる必要性すらない状態かもしれません。素材はすでに、大量にその頭の中に入っているはずなんです。

あとは考えることによって、蓄積した知識を融合させて導き出すだけです。

絶対できると思うんです(^^

 

ケーススタディのような話は、読みやすいから欲しくなるんですよね。

しかしそういう勉強ばかりしていると、応用力がどんどん下がっていきます。

「彼に相手がいる場合はどうですか?」

「片想いの場合はどうですか?」

「遠距離恋愛の場合はどうですか?」

想定されたシチュエーションにしか対応できなくなり、未知のシチュエーションに対応するために、未知のシチュエーション用の例題が欲しくなるんです。

ついでなのでこれもセットで覚えておいてほしいんですが、あなたの恋愛と全く同じケースは世の中に存在しないんです。

はっきり言って、すべて未知のシチュエーションみたいなものです。

 

その未知のシチュエーションに対応できるようにするにはどうしたらいいんですか。

自分で考えることです(^^

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (13)

    • シンノ
    • 2017年 12月 24日 12:02:29

    連投すみません。本当に強く自分の望む世界を思い描くと、それに沿った出来事が起こるのは確かみたいです。これ私がつくった現実だと思います。

    私はギリギリのところで、退職も踏みとどまりましたが、一度社内での親しい人たちとの人間関係が崩壊してます。ちなみに彼はそのグループとは全く別で関係を築いてきた人です。

    そのグループは最初はそうでもなかったのが、今思うと不自然なほど、次第に愚痴や不満のネガティブな感情での結びつきが加速的に強くなって、他人の噂話が絶えなかったので(私が発端になったこともあります)、揉め事が起きて、信じられないことを耳にしたり、私も疲れて人間不信になって、自ら孤立を経験して、すったもんだで疎遠になったのですが、結果的にしがらみがきれいになくなりました。

    それで、一から人間関係を築く時には、そのグループにいた何人かの人も別人のようになって私の前に姿を現してくれました。負のオーラがないのです。愚痴も言ってこないし噂話もしません、しないのです(この言い回しKouさんぽい)

    わずかに疎遠なままの人もいましたが、そういう人は退職されました。

    過去のある時点で、私は自分を含めた将来の状況をハッキリと目に見えるようにすごく強く願ったのです。気付いたら叶ってる?叶ってるよね、夢じゃないよねって気持ちです。

    だから、未来の自分、手にしたい人間関係、他人からの扱われ方、恋人との在りかた、こうしたものを、既に今得ているようにビジョンとして思い描いたら良いと思います。

    そのオーダーに対して、現実は逆方向に悪いように一見思えることが起きていても、そこに向かってるのです。起きてることは全てその渦中は意味がわからなくても必要で良き事なんだと思います。

    私は私を愛してて、周りの人の事も愛してるから、自分の願いを深いところでは全て知ってる。

    だから良いことしか起きてない!という思いを自分の軸、必ず戻る場所にすることが、頭ではなくて体感でわかってきました(*^^*)

    • ゆいねこなっしー
    • 2017年 12月 24日 16:07:05

    少し不安になったとき
    過去の自分のコメントに励まされることがあります。
    無駄に前を向きまくりなやつとか( *´艸`)
    ちゃんと考える力はあるってことですね。

    私と彼の恋愛は唯一無二です。
    何か知りたいとき、いくら調べてもググっても具体的な答えなんてどこにもありません。
    Kouさんにきいてもきっと教えてくれません(具体的な答えは)。
    私が自分で考え抜くしかありません。

    だから、恋愛の勉強を続けて
    思考回路を沁み込ませまくります♡

    • ゆーゆー
    • 2017年 12月 24日 20:38:38

    私も結構オープンにしてしまっているのかもしれない、、気をつけようと思います。もし、すでにフルオープン女子になっていて全てを知り尽くされてしまっていたら、、、攻略余地はこれから新しく作ればいいと思います。そして今まで普通に垂れ流していた情報や普通に見せていた情報をセーブする、これだけでも状況は変わってくるのではないでしょうか?

    • リプトン
    • 2017年 12月 25日 13:47:57

    頭では分かっていますが、改めて記事で愛情はどれだけでも出していいと、こーさんに言われるとほっとします。
    ほっとしてるのもちょっとどうかなと思いますけど。

    短期的な愛情でなく、心から愛したいと本心から思ったらもちろん好きと言っていいし、愛情表現していい。
    彼の愛情行為にきゅんときたら、素直に私も愛を返しています。

    それをしたあとに、満たされない、後悔、満たされないからもっと欲しい!、幸せが続かないなら短期的。ということかな。。

    喜ぶだけじゃ満たされない感があります。
    何かあげたいわけじゃないし、尽くしたいわけでもなく、やっぱりもっと触れたいですかね(笑)

    迫っているわけじゃありませんが、私からだと彼超キョドります(笑)見たくないです(笑)「いい意味でのグレー」です。待ってあげなきゃ。

    やっぱり離れようと思います。迷ったら離れる、捨てる!

    デートで好きになりすぎて、翌日よく落ち込みます。
    片思いの超短期的欲求とは違って、大好きな彼が私を大好きでいてくれて満たされてはいます。
    やり場のない愛情。こんな事滅多にないのでどうしたらいいか分かりません(笑)
    他の事を意識してしてクールダウンしかありません(笑)

    私「愛情」を表現したいのかな。何でもそうですが、いつも自分の感情をどう表現しようかと思う。
    スポーツが好きな事を、テニスやダンスなどで表現したり、感動や喜びを言葉で表現する事に喜びを感じたと言うか、、なんだかよく分からない気持ちの悪いコメントになってきました(笑)

    短期じゃなく本心なら何でもしていい!^^

    • なのちい
    • 2017年 12月 26日 1:11:04

    想定されたケースに自分のケースが当てはまっていないだけで不安になってしまっていました(笑)
    ならもう想定されたケースこそ私にとって例外でいいや(笑)

    こうさんにどうしたらいいかって相談メール送ろうとしてしまっていた!!

    こうさんのブログは想定されたケースもなければゲームオーバーもないとハッキリ示してくれているのでどうしたらいいのか、打開策しか考えることができないようになってるから安心できます。

    ゲームオーバーはない!

    • 幸子幸
    • 2017年 12月 27日 14:29:17

    以前はそんな感じでした。
    聞きまくって調べまくって
    結局わからない(笑)

    今はこの記事よーくわかります。
    自分がお腹減ってるか何食べたいか
    他人に聞いてるようなものですよね。

    「私、お腹減ってるんでしょうか?
    どうしたらいいでしょうか?」

    「知らんがな」

    自分の事なんだ。
    自分の中に答えあるんだ。

    • みか
    • 2017年 12月 30日 15:30:27

    初めてコメントします。
    彼氏と距離をおいて一週間。半同棲をしていましたが解消しました。
    昨日、このブログをみつけました。それまでは、別れへのカウントダウンが始まったくらいに悲観していました。実際、色々なサイトをみるとそう書いているものが多くて、読めば読むほど落ち込みました(^^;
    いまは、彼をまたわたしに夢中にさせるためのチャンスなんだと少し思えるようになりました。
    一人での年越し、楽しみます。
    これから男心を勉強して、追われる恋愛にするための決意表明です!またコメントさせていただきます。

    • あうりんこ
    • 2018年 1月 04日 11:10:18

    血液型占いとかで、当たっている項目に納得しちゃうのに似てるのかな。
    不安でしょうがない時って、過去の事例ににたのがあるとすごく安心して縋ってしまってました。
    どんだけいろんなものに依存してるんだか。
    依存してる間は、本来の自分じゃないですよね。

    ラインは連絡ツールとしては優秀だけど、
    思いがねじ曲がって伝わって苦労したし、短文でないと読みづらいし、
    窓が小さすぎて推敲できないし。。
    kouさんがラインを使わないほうがいいって言うの、わたしもすごく共感したんです。

    が、使っちゃったものは仕方ないので活かします。
    過去の恋愛の仕方が、自分にとって一番の参考書なのかも。

    結果、こんなグズグズした女と、自分なら付き合いたくないわって
    思えるようになったのはこのブログのおかげです。
    ちょっとずつでいいから、いい女にならないとですね。
    コメント欄必読のブログって、初めて。笑
    kouさんはさりげなーく、コメント欄で皆さんの考え方とか
    ヒントにしたら?って言ってくださってるのかなって、
    ふと、思いました。

    もっと簡潔にわかりやすい文章を書けるようになるのも、課題かなー。

    • コスモ
    • 2018年 1月 04日 22:51:25

    >ただ、今の自分の場合にどうしたらいいのかという疑問が出てきたときに、その答えを本当に知りたければ、他人に聞くという選択肢はまず外さないといけないんです。

    >本当にその答えを知りたいと心の底から欲している人が取る行動は一つです。
    聞くのではなく、考えるんです。
    調べるのでもありません。

    最近驚いた記事のひとつです。
    手を伸ばせば教えてくれる環境にいると聞きグセがついてしまいます。
    しかも調べるのではなく、自分で考えろと。

    自分のコメントで「自分の恋愛だから答えは自分のなかにある、kouさんの答えより自分の考えを信じていい」みたいなこと書いた覚えがありました。
    その先になにがあっても大丈夫なんですよね。
    結局、正解はないし納得するのは自分でコントロールするのが自分だから。

    >すでに相当に自分で考える力があるのに、自分で考えることを避けているだけだと思うんですよね。

    そう、この視点!
    どうなっても責任を取るのは自分なんだと誇らしくも思います。
    やるからできるんですよね。おーし、がんばる!

    • 弁天
    • 2018年 1月 10日 23:54:02

    >何らかの具体的な答えだけを求めて本を読んでいるので、その具体的な方策(のように見える薄っぺらいもの)が載っている本だけを好んで読むようになり、結果的に何も身についていないという状態が続きます。

    本屋を通りがかると果てしない海の写真が目に飛び込み、思わず手にとってパラパラとめくってみたら、青い海の写真と一緒に沢山の著名人の名言が一緒に書かれてるものだった!

    【ゴッホ】
    美しい景色を探しにいくな。景色のなかに美しさを見つけろ。

    本日の収穫とした.゚+.(・∀・)゚+.゚

    景色のなかに美しさを見つける。

    庭にはえてくるキュウリグサというハコベほどの小さな小さな雑草の更に小さな花芯がほんのり黄色であることを発見するような感じだろうか♪

    • 悠ちゃん
    • 2018年 1月 11日 0:25:22

    気象予報士の知り合いに雑談のなかで、
    「有名なスポットとかに星や空見に行くの?」
    と聞いたとき、
    「それはぜったいしない、邪道。」
    と言われました(-_-;)
    身近なところで空を見て、自分なりの発見をするそうです。

    >ケーススタディのような話は、読みやすいから欲しくなるんですよね。

    >しかしそういう勉強ばかりしていると、応用力がどんどん下がっていきます。

    これやなぁ。
    仕事関係の人と話をしていて、
    「ひとつの例として、具体的な数字を出すとそこに捕らわれすぎて、どんな状況でもその数字にこだわる人がたくさんいる。それはとても危険なことだ。」
    確かに確かに。
    わかりやすい方に流れやすい( ´・_ゝ・)。

    人として深みを増すためにも、気を付けよー♪

    • まき
    • 2018年 2月 02日 18:54:17

    自分で考えることって、慣れないうちはとても辛くて苦しいことでした。なんでも答えをすぐに求めてしまいがちです。

    自分で考えたことって、答えが合ってるかどうかも分からなくて不安は拭えないし。おかしくなっても責任も誰も取ってくれない。

    だけど、清々しさはある。
    そして少しずつほんとに自信に繋がってくと思う。考えよっと

    • かほ
    • 2018年 4月 03日 23:47:59

    私、この記事の前半の感覚、わかるようになってきてるかも

↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント