恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

厳しい厳しい防御リテラシーの話

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

僕のブログで意外と人気があるテーマの一つが、防御リテラシーです。

あなたが女性でいることを否定する人の話を聞いてはいけない

Akikoさんより:

>犯罪に巻き込まれるのは、脇が甘いからです。

仮に、Kouさんのお母様や奥様、彼女さん、お姉さんや妹さん、など、
Kouさんが大切にされている身近な女性が性犯罪に巻き込まれたら、その方にも同じこと、言えますか?

はい、言えますね。

というか、期待に反していて残念ですが、僕はこの手のことを身内には散々言いまくっています(笑)。

性犯罪云々で言えば、かつて交際していた女性も散々な目に遭ったことがあります。

 

感情としては腹は立ちますし、同情もしますよ。

しかしはっきり言っておきますが、脇が甘いのは間違いないです。

事故とか犯罪というのは、確かに一方的にもらうケースもあります。

しかし、原因をちゃんと分析していくと、どう考えても不可避で突発的に流れ弾に当たったみたいな不幸な出来事に該当する確率はどんどん小さくなっていきます。

 

巻き込まれるというのは、被害者発想なんです。

事実として巻き込まれるということはあります。しかし、巻き込まれたのだから私は悪くない、巻き込んできたアイツが悪いというのでは、話が前に進まないんですよ。

どちらか一方が悪いのではなく、どちらにも何らかの原因があるのです。

 

なぜ僕のブログで防御リテラシーの記事がそれだけ人気でよく読まれているのかを考えてみると、本当はよく分かっている女性が多いということがよく分かります。

事故とか犯罪というのは、それに向き合うとき、まず予防から入らないといけないんです。

 

こと日本に欠けている意識はこれで、起きたら嘆かざるを得ないことが分かっているのだから、起きないようにするにはどうしたらいいのかを考えればいいんです。それが最も効率的で、かつ最も効果的です。

未然に防ぐ意識を持って対策をするだけで、実際に未然に防げてしまうことはかなり多いです。

 

実際にこの手の話をすると反感を買うことはあります。

気持ちもよく分かるんです。

ちなみに事故とか事件とはまた別ですが、男性から信じられない扱いを受ける女性の話についてもやはり同じことが言えます。

実際に恋愛相談で聞いたら、僕にとっては毎回はらわたが煮えくりかえるような感情になります。

でもその感情論だけで話していたら、何にもならないんです。

 

正直なところ、女性に「脇が甘いからです」なんて言いたくないんですよ。

少なからず傷つくであろうことは分かりますから。

僕も嫌なんです。

 

しかし実際に脇が甘いことによって巻き込まれるケースを誘発してしまっている事実を知らないと、何回でも同じことに巻き込まれて、巻き込まれた度に毎回涙を流すことになります。

人生で他人に巻き込まれたと思ったら、もう自分の人生のコントロールを他人に預けてしまったというくらいに思っておいた方がいいです。

 

相当厳しいことを言っていますが、何かやられた度に自分は被害者だとして他人を責めていては、他人に人生を操られたまま文句を言いながら一生を終わることになります。

防御リテラシーは、本当に真剣に勉強してください。

 

このことをちゃんと理解すると、世の中の女性がいかに危険に無頓着に町を歩いているのかがよく分かるようになります。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (18)

    • チューリップちゃん
    • 2017年 11月 12日 0:26:45

    夜道だけが危ないわけでは無いですね。
    昼間でも危険はたくさんありますものね。
    街を歩く時はいつも人の顔を見ます。
    本当に怪しげな人がいます。そこは必ず避けます。自分の感覚を信じます。

    なんか変、違和感、いつもと違うなどなど、そう感じた時は必ず確認するようにしてます。
    それでも変な人には遭遇する。
    変な人だと感じた時は、必ず距離を取る。
    電車で逃げられない場合は、変な人がいたらその人の顔をまじまじと凝視します。
    鞄で応戦します。
    何か罵声を浴びたとしても無反応で、ひたすらその人の顔を凝視して、かつ毅然とした態度をとります。
    私は悪いことは何一つしてないと。
    だって本当に悪いことしてないのだもの。

    そうすると大抵の男性は怯みます。

    見るからに怪しい人は、さっさと逃げます。
    例えば、清潔感がない、目が虚ろな人は基本何しでかすかわからないと考えてます。

    私が夜遅くなったらタクシーを使う理由は、お家の前が公園だからです。
    これが住宅街であればタクシーは深夜にならない限り使わないかもしれません。
    たまに怪しい人がウロついてるのを見ます。
    ダッシュで帰ったこともありました。
    やはり、タクシーの方が安心だと思って使ってます。
    が、しかし、お家がバレるのでタクシーもあまり使いたくない。とすると、極力夜は出歩かないようにはしています。
    朝活動するようにしてます。
    それでいいと思ってます。

    • おかめ納豆
    • 2017年 11月 12日 2:28:04

    「脇が甘い」件について今迄の経験を思い出すと、慣れない電車通学の4月のある日、痴漢に遭いました。混雑の電車の中で向かいの男から胸をモミモミされだけど、怖くて体が固まり声すら出ませんでした。あの頃は、初めての一人暮らしと大学生になりたての頃で、全てが新鮮過ぎて明らかにおどおどしてた私の様子が、その男にとっては絶好の機会だったのでしょう。

    父親に話した所、「弱そうに見えたんだろ、もっと堂々としなさい、何なら相手を睨む位に、下を向くな」とアドバイスされ、翌日も全く同じ車両に乗りました。すっごく目つきの悪い女の子になってた筈です。痴漢に遭った時は、確かに脇が甘かったと後から気づきました。

    学生時代はパンツスタイルばかりで、今の方が断然にスカートが多いですけど、あれから一度も痴漢に遭遇してないです。「私に触れたら痛い目に遭うぞ」オーラを出してるのか。。

    力では男性に負けるかもしれませんが、防御出来る部分は、私自身が自分で守りたいです。

    • ひらのいっちゃん
    • 2017年 11月 12日 6:51:39

    自信を持ってキラキラ、ニコニコしている女性って襲われないと思います。(見ず知らずの人に襲われる可能性)襲おうと思う男性は自分に自信がない男性が多いと思うので。
    しかし、上記なような女性も襲われる可能性は0ではありません。ずっと狙っている知人男性等もいると思います。けれど、そう行動させるきっかけを女性も発していることを、気付く方が防ぎ易いです。
    勿論、性癖によっては学生服っていうだけで襲う馬鹿も居ますが…。

    • 弁天
    • 2017年 11月 12日 17:15:17

    昔、住宅街を夜運転していて、狭い道に差し掛かったら、前方からヨロヨロと自転車のオッサンがやって来て、しかも何か叫んでる。

    『オーイ!オーーイッ!!ヨゥヨゥ!!オウ!』

    周りに誰もいないし、私の車しか無いわけです。明らかに私に向かってきてましたし。
    ヨロヨロの運転からして酔っぱらってます…
    自転車も飲酒運転はダメなんだけど、近所なのかな?
    私の車の横まで来て

    『オイ!どこ行くんだ!オイ!』

    こりゃ完全に酔ってるし、無視して行きたかったけど、自転車ですぐ横にいるから邪魔で…(-∀-`; )
    仕方なく、窓を開けて、
    『こんばんは~お父さん大丈夫?』
    と、声かけました(笑)
    『オウ!どこ行くんだ?帰るんか?アン?』

    『うん、そうそう!ここが家なんよ!!もう着いたから』←嘘

    『オウ!家はすぐか!気を付けていけよ!』

    『うん!大丈夫!!ついたから。お父さんのおかげで助かったよ~ありがとう♪』←凄い嘘

    『オホホ~オウ!オウ!気を付けてな!!ここら辺はよ~あぶねーからよ!!』

    『はーい♪ありがとうございます』

    で、オッサンはヨロヨロと過ぎ去っていった。
    一番あぶねーのはオッサンなんだけども。┐(´・c_・` ;)┌

    • ノドアメ
    • 2017年 11月 13日 0:25:12

    どちらにも非がある..という事は例えばいじめられる方にも、非がある、という考え方ですよね?
    …うーん。

    大小あるかもしれませんが、人を傷つける行為に関しては、100%自分に非がある、なんて思いません。

    「脇が甘いから」というのは理由でもなんでもないです。
    知らなかった、というのは非なのでしょうか?
    彼女はただ、そこに居ただけです。

    もし、被害にあった時、重要なのは自分は決して非がない、と自分に対して思う事ではないでしょうか?
    (自分から、文句を言ったとか、殴ったとかは別ですが)

    相手に対して思う事は人それぞれだとは思いますが…

    原因は、双方にあると思います。
    しかし、彼女に「非」は無いです。
    だからと言って、相手を憎み続けるとなると、確かに自分自身がその「被害者意識」に苦しんでしまう…でしょうね。

    「被害者意識」と、「自分に非がある」という事は別物だと思います。

    • 琉花
    • 2017年 11月 13日 2:48:23

    なんか、この話は
    今まさに真っ只中の
    年末調整や、

    確定申告の話にも繋がると思いました!

    国や会社に、おんぶに抱っこで依存の強い国民性。

    日本人に欠けている意識はまさに
    何から何まで他人任せな事だと思います。

    私も気をつけなければいけないと、年末調整の書類を作成しているときに感じました。

    あと、ふと思ったのですが

    kouさんはyyc(出会い系)で
    沢山男性と知り合ってメールなどやり取りする事をとても勧めていますが、

    実際に出会い系で知り合った人と
    会うことについてはどうお考えですか?

    私は出会い系でメールする分には、
    自分の写真や、裸の写真を送ったり

    自分の個人情報や身バレしそうな情報を
    教えなければ特に問題は無いと思っています。

    けれど、実際に出会い系で知り合った人と会うにはリスクがあると思います。

    そんな事を言っても、実際私はyycで知り合った人と今お付き合いしていますが…σ^_^;

    • Kou
    • 2017年 11月 15日 0:01:30

    >megumiさん
    リダイレクトメッセージってなんのこっちゃろと思って考えてみたら、httpを強制的にhttpsに飛ばしているだけでした。
    本当は全部httpsにしたいんですが、ガラケー対策でhttpを残しています。

    • 八月の向日葵
    • 2017年 11月 15日 13:13:24

    まだまだ落とし込めてないです。

    女性として
    自分の身は自分で
    守るためには大切なことなので。

    脇の閉め方
    学んでいきます。

    • s-m.k.
    • 2017年 11月 19日 1:13:54

    これはこうさんだけでなく、他の男性も、女性を襲う気のない男性はどんどん発信していくべきです。

    本来であれば、性犯罪の発生状況とその手口をどんどん報道発表するべきだと思ってます。
    今よりももっと詳細に。
    そうすることで、女性自身モノを考えて行動することができると思います。

    でも、被害者のプライバシー保護と、捜査へ支障をきたすおそれがあるため、ほとんど報道されません。
    発表するとしたら、同一犯による犯行が多発し、歯止めがきかなくなったときのみ。

    知れば、もっと気を付けて行動するようになるはずです。
    玄関の施錠忘れや、カーテンの閉め忘れ、自宅の鍵をデスクに放置する行為だって、それが原因で被害に遭ったということを知れば、もうしないでしょう。

    チャイム一つにしたって、空き巣の犯人の大半は先にチャイムを鳴らして不在確認をするってことを覚えておけば、いろいろなケースを想定できると思います。

    性犯罪の犯人は、女性を見て突然性的衝動にかられ、犯行に及ぶわけではないです。
    そんな人も少しはいるかもしれません。
    しかしそのほとんどは、最初から犯行を計画しています。
    家を出る時点で、やってやろうと思ってます。
    人目につかない場所で、万一の場合にはすぐ逃げられるような場所で。
    女の子を物色し、できそうならやる。
    だめなら別の日にやろうと、また家を出る。

    女性にとってはたまたま被害に遭った、でも、犯人側は獲物がやっときた、です。

    もっと発信することで防げることはたくさんあると思います。
    あー、心配性の彼氏とこうさんがなんかいってるけど、イマイチ現実的にとらえられないなー、じゃ、ダメです。

    • ちかげとかなと
    • 2017年 11月 21日 20:35:14

    そういえば私は一度も痴漢に遭ったことがありません。
    高校は電車通学でした。
    友達に言わせると、剣道部だったので隙がないんじゃないかと言われたのを思い出しました。

    • そらしろ
    • 2017年 11月 26日 23:42:58

    深夜に出歩く女性に対して、身近な男性はどういう風に見るんでしょう?
    以前、友だちから数人で飲みに行こうと誘われたのですが、行き先がちょっと遠めで、夕方出発→翌日の朝方帰ってくるというハードスケジュールでした。気になる彼もメンバーに入っていたので、ゆっくり話せる機会だと最初は楽しみにしてましたが、ふとそんな変な時間?に飲みに付きあう女性ってどうなんだろう…と。
    ノリはいいけれど言い換えれば脇が甘くて、男性からすると軽く扱っていい対象になってしまうんじゃないか?と思い、結局参加を断ってしまいました。
    やっぱり、日付が変わるまでに家に帰ってしっかり寝る女性の方が、自己管理できていて健康的で、きちんとした印象を与えるし、大げさかもしれませんが価値ある女性に見えるのかなあと…。
    考えすぎでしょうか;

    • asymptotic
    • 2017年 12月 06日 15:34:05

    「泣き寝入りするような人はまた同じような事件に巻き込まれます」

    これは違いますね。痴漢しない男って痴漢という行為を理解出来ていないです。こちらの顔さえ見えないような角度から触ってくる訳ですよ。立ち振る舞いとか脇が甘いとかの次元で話しをされるとちょっと呆れてしまいます。女を人間とも思ってないようなやり口ですから。
    当方強気な性格ですし、セクハラを許すような姿勢なんてこれっぽっちも見せていません。大人になってからは好きな人に振り回されたことだってないです。今まで痴漢やセクハラにあってきましたけど、泣き寝入りするどころか、ほとんどの場合思いっきり反発してました。結局彼らは本能で行動している訳であって、ターゲットを絞るほど器用にやっていないです。
    ストーカーはまた別ですね。そもそもストーカー行為と痴漢行為を一緒にしているところが間違ってると思います。
    でも考えてみれば男性の理解がズレてることって不思議ではないんですよね。日本人女性って痴漢について話そうとしないので。「痴漢」とググれば出てくるのは大人向け動画ばかり。自制がきかない男達が、女なら誰彼構わず客観化してしまうのも無理がないぐらい馬鹿げた現状ですよ。まず女性達がこのことを問題として意識して声を上げなくてはダメですね。

    • asymptotic
    • 2017年 12月 06日 16:00:04

    リテラシー1でおっしゃってた「人に頼るな」ってところは全く同感です。またハーヴェイワインスタインの例を挙げますが、あの種のくだらない男に対して女が大勢揃って手繋いで涙流しながら真剣にセクハラだのレイプだの警察に訴えている限り、女と男の力関係は変わらないだろうと思う。もちろん本来こういうのはあってはならないことだけど、芸能界なんて変態の溜まり場なので、女の方も手を出されそうになったその場で「おいおい」とつっこむか、笑って流すぐらいの度胸が必要です。
    ガールパワー!とかうたってる最近のフェミニストにこれを言うと必ず反対されるけど、女は何よりも服装や行動に気を使うべきです。例えばアメリカの大学では平均で85%もの女子生徒がキャンパス内でレイプされたことがある、みたいなとんでもない統計が出てますけど、こういうのも結局本人達のきわどい服装だったり、飲み過ぎが大きな原因でしょうね。好きな格好をして好きに遊ぶのは大いに結構だけど、自分の行動に責任を持つべきです。

    強くて賢い女というのは、男の野生的な面や肉体的な力を否定するのではなく、受け入れた上で上手く生きていく術を見出せる人。他人に頼って解決させよう、みたいな思考は同じ女として恥ずかしいですね。本格的なレイプはもちろん別問題ですけど。法律で罰するべき犯罪です。

    • Nica
    • 2017年 12月 12日 20:12:11

    声を掛けられたくない時は、気合を入れて歩きます。
    半径1メートルくらいにオーラをはるように。
    声を掛けられたら、睨む感じで見ます。
    喋り方も静かに滑らかに。

    別にどうでもいいときは、ダラけた顔で(多分、ニヤニヤしながら)歩いていると思います。
    オーラも何も気にしません。
    喋り方も、いつもの自分の鼻にかかった感じのゆっくり口調。

    とりあえず、方向としては、
    こんな風な意識の入れ方…でしょうか?

    • 月城
    • 2018年 2月 12日 9:43:24

    自分の中でものすごい気づきが最近あったので備忘録も込めて書いておきます。
    昔、何度か詐欺まがいのことにあって(危機察知能力が発揮されて未遂で終わっているのですが)、なんでそういう話が舞い込むのかなと思っていたんです。
    色々考えた結果、私は自分のことを話しすぎているのだと思い当たりました。
    金銭状況とか、現状の不満とか、今自分で頑張ろうとして取り組んでいることとか、そういうのを知り合って僅かの人にもペラペラ喋っていたんです。
    そりゃあ、ええカモになりますよね笑
    そういうのって他人に言うべき話でなくて、自分で抱えてればいい問題です。うっかり他人に話すから付け入る隙を与えてしまう。
    こういうのは本当に本当に信頼できる人にだけ話せばいいし、むしろ聞かれた時に(答えたい時だけ)適当に触りの部分だけ伝えるくらいの方が相手に踏み込ませずにすみます。

    …なんか恋愛の勉強で聞いたような話になってきましたが笑、「自分のことをペラペラ話さない」と最近は自戒も込めて意識しているところです。

    • おもち
    • 2018年 3月 01日 18:00:32

    ネットでは本性がでる、というやつと
    この防御の記事と
    LINE等には価値が低い話が
    私の中で引っかかって
    もしかしたらここからも都合のいい女に繋げられないかなぁって。そんなこともないか

    • 可憐ちゃん♡
    • 2018年 3月 01日 23:05:15

    おもちさん!
    いいとこついてると思います(^_^)
    わたしもその線で考えてました☆

    秩序がなくなり、無法地帯になったとき、
    それらは起こりますよね。
    でも、秩序を自分の周りだけでも
    保っていたとしたら。
    自分で自分を律することができる人なわけで、
    無法地帯にはなりませんよね。

    人間は環境や短期的欲求に
    左右されやすいのですから、
    そこを自分の意思で、
    理性を持って秩序を保つことと、
    都合のいい女にならないことは、
    共通する意識があると思っています(^_^)

    • たま
    • 2018年 5月 15日 1:24:50

    先日、街に出かけた際にとても露出度の高い服装をした女の子達を見かけました。女性の私でも目のやり場に困るくらい。あらーと思って見てたんです。
    たまたま彼女達の近くにいた男性がチラッと見たのを鋭く察知して「うわ!おっさん見てるで!きも!」と小声で言い合っているのです。
    いや…違うやろ!おじさんは悪くないやろ!見てまうやろ!と思いました。
    私は公共の場ではそのような格好をすれば見られるものだ、見せているのだ、という意識を持っています。
    彼女達の意識は「わたしたち」だけに向けられていて、そこにおじさんが入ってきたものだから「きも!」となったんでしょうけど、おじさんからしたら「え?見せてたんじゃないの?」って感じじゃないでしょうか?おじさん、本当に一瞬だったのに可哀想…とすら思えちゃいました。

    ちなみに私はその日、数年ぶりにミニスカートをはきました!スカートをはく特訓を始めてから数ヶ月…、知り合いの男性から「パンツよりスカート!ロングよりミニ!膝が出ていることが大事なんだ!」と聞かされ、試してみたかったのです(笑
    私はその日のために入念にお手入れをし、久しぶりに自分のひざ小僧と対面しました…。
    視線、感じましたよ。ビンビンに!怖いくらい。でも、私は見せてました。私の美脚で世の男性の目を喜ばしてあげよう!くらいに思ってました(笑

    女性として、自己防衛の意識は本当に大切なものですね。「見せてないし!見んといて!」と言いながら、見せているんですから困ったものです。娘にもちゃんと教えないと。

↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント