恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

失恋の大多数は本当の失恋じゃないということ

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

まずアナウンスです。

12時間レッスンの復習版は、11時限目です。正規版に間に合わなかった場合は、今からでも遅くはないので参加してください。

12時間レッスン2016:11時限目 見切り、見極める

 

それから、大人気の「特訓」も稼働中です。

元々は「女性の承認」の役目でもある、自分が女性であることを認められるようにするための特別企画です。

バカらしいと思う人もいるかもしれませんが、遊びでも何でも、乗っかればいいと思うんですよね。利用できるものは何でも利用するのがいいです。まだ進行中であるにもかかわらず、すでに変化を得ている人が多数います。

2017年 夏の早期特訓 女の心を喜ばせる 第1回

鼻血を出しまくってください。しかし、この1回目で鼻血を出しているようでは、2回目3回目は出血多量になりかねませんよ。

 

先日書いたこちらの記事から、メルマガは諦めないシリーズです(笑)。

見込みがないとは?

そういうのを狙っていたわけじゃないんですが、この諦めないという話は、本当に大事なんですよ。

しかし大事で何度も念押ししながら話し続けているからか、「諦めてはいけない」という点だけを見て読み間違えてしまう女性も一定数いるようです。

 

それでもあえて言います。

諦めてはいけません。諦める必要はないんですよ。

いつも簡単に、すぐやめるから、結果が出ないんです。

恋愛に限らずそうですが、恋愛は特にそうです。

 

諦めなくていいと言いますが、諦めないことによって次の機会を失うことになりませんか?

諦めるなという言説を信じて今の恋愛を粘り続けることで、婚期を逃す人もいますよね?

こういう反応が来るわけです・・・。

僕が言いたいのは、そういうことじゃないんですよね(^^;

 

一つの結果としては、今の恋愛をしぶとくやり続けることによって、次の機会が失われるということは当然あり得ます。

しかしそれは自分の状況を見て判断することなんですよね。いつも自分で考えて、置かれている状況を加味しながら、自分の人生や未来にとってプラスになる選択をしていかないといけないんです。

だからこそ重要なのが、ちょうど今復習版をやっている、11時限目のテーマですね。

12時間レッスン2016:11時限目 見切り、見極める

 

最も大切なことは、嘘の恋愛をし続けないことなんです。

僕が諦めるなと言い続けていることの最も大きな理由はこれです。

ちゃんと考えてみてほしいんですよね。

 

僕のところには、「失恋しました」という報告もたくさん来ます。

  • 「別れました・・・」
  • 「終わりました・・・」
  • 「詰みまみた・・・」

来るんですよ。

もしかしたらあなたも僕に送ってきたことがあるかもしれません。

でもね、本当によく考えてほしいんです。

 

失敗しました、失恋しましたと言うんですが、それって全力を出し切ったのに完膚なきまでに叩きのめされて完敗した言い切れるものになっているかというと、ほとんどそんなことはないんですよ。

特に失恋報告を何度もしてくる人はそうです。

なんと、最初から負けるつもりで恋愛している女性もかなりいます。

分かりますか、この恐ろしさが。

 

ようするに本気じゃないわけです。

本人はそのときは本気だと思っていても、実のところ本気じゃない恋愛をしていたということはものすごくよくあります。

身に覚えがある女性は、たっくさん出てくると思います(笑)。

 

野球でもバレーボールでも何でもいいですが、「どうせ私たちじゃ、試合やっても負けるよね〜」と言いながら、ろくに相手チームの分析もしなければ、真剣に練習に励むこともなく、呼ばれた試合にホイホイ出場してはボロ負けして帰ってきて、「ほらやっぱり負けちゃった」というパターンを考えてみると分かりやすいと思います。

このパターンでも、試合しているときは、そのときだけは本気なんです。本気で勝負を挑んでいるような気分になっているんです。ボロ負けでも全く歯が立たないという感じではなく、何かのラッキーや相手のミスで時々得点が入ることで、「あわよくば勝てるんじゃない?」と思うときがあっても、結局途中で状況が悪くなっていき、「やっぱりダメだよね」と言いかけた頃にはコールド負けを喫しているという感じです。

 

これを、諦めるという言葉で表現しています。

分かりますよね。

 

このパターンをやってしまう女性がどれだけ多いか、想像すればすぐに分かると思います。

あなたの周りにもいるはずです。

そしてこのコールド負けの試合を、4回も5回も繰り返しながら、負け癖だけを溜め込んでいきます。

 

負け癖を溜め込んででも、次の機会(次の試合)を優先する方がいいと思いますか。

このくだらない試合を、仮に一回でも徹底的にやったらどうなるか、ということなんです。

何かそれだけでも、変わりそうな気がしませんか。

 

まず負け癖をつけて「負けるのが当たり前」という思考から解放される必要があります。

そのためにも、負けじゃない試合を放棄してコールド負けにしないことがとにかく大事です。

 

だいたい、恋愛は野球の試合と違って長期戦なんです。

練習と相手の分析を交えつつしぶとく戦い続けていれば、いずれ勝てる可能性だって十分あるんですよね。

勝てる試合を、一時の状況不利という判断だけでさっさと撤退することが、実は自分にどれだけのダメージを与えているのかを考えた方がいいと思いますよ。

 

ということで、簡単に諦めないでください。

 

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (6)

    • みさくらか
    • 2017年 10月 02日 23:26:16

    私、ずっとこれだったかもしれません。
    私なりには頑張っていたつもりですが、今考えると何もしてなかったなぁって思います。
    自分の中だけで焦って色々考えてみたりしたけど、実際の行動は何もしないで諦めちゃってたなぁ…。
    kouさんのブログを読んで、諦める必要なかったなって思う人、思い出します。
    今ならもっと頑張れるはず、上手く出来るはず!!
    って思うのに、好きな人が全然できない(>_<)

    • ちゃいらて
    • 2017年 10月 03日 0:02:26

    うーん、どうだろう。自分ではやりきったつもりではあります。
    「完膚なきまでに叩きのめされて完敗した」わけではないですが・・
    今までで一番好きになった人で、だから続けることにこだわったと思います。

    そもそもそんなに好きになる人がいなくて、本気になる前に終わるかもしれない。
    だからこんなふうにボロボロになっても得たものはたくさんあると思います。

    恋愛の勉強をして、さらに本当の意味で好きになる人が果たして現れるのかなあ・・と思ってしまう。

    • 赤い林檎
    • 2017年 10月 13日 16:03:07

    どうせ元に戻れる
    って思うのは甘いですか?

    • ねずみくんのチョッキ
    • 2017年 10月 13日 17:12:33

    この記事の意味、ようやく分かりました。

    別の所でも同じことを書きましたが、私、本当に良い意味で諦めが悪くなりました。

    切り替えは元々早い方だと自覚していたんですが、切り替えが早いんじゃなくて、全力を出さずに自分の中でちょっと頑張って上手くいかなかったら自分から離れて行ってたんですよね。

    今は1、2回失敗したくらいだったら「まだ打ってない手があるかもしれない」「まだ知らない知識か育っていないスキルがあって突破出来てないかもしれない」って思うんです。

    次は違う手で試させて欲しいって思うんです。

    今回は持ち合わせてる情報を使ってすごく分析してます。笑

    あ、もうひとつ発見。今こんなに集中して基礎からやり直してる理由。

    相手を振り向かせたい、というのもありますがそれって割合少ないです。
    ここに来たばかりの時は相手を振り向かせたいが9割以上だった。

    今はそこに本当に変わりたいと思う先の自分がこの集中した先にイメージできるから、やれているのだと思います。

    結局、自分のことで、本当に心から欲しいと思うことは放っておいても自主的に頑張れるということですね。
    頑張ってる意識ないもんな、めっちゃ楽しんでるし。

    確かに、そりゃあ、そうなるか。笑

    • あくら
    • 2017年 10月 15日 21:02:34

    外野の意見を聞いてしまうと
    気持ちが揺らいでしまう時があります。
    盲目になってんのかなーって
    自分の気持ちがわからなくなったり。

    だけど、早期撤退できるような相手なら
    一年以上も試合続けてないです。
    そんな簡単に負けるわけにはいかないです。
    試合終了にはまだ早いです。

    この記事を読んでそう思いました。

    • コロネパンは美味しい!!
    • 2017年 10月 15日 23:17:49

    今は一時の不利状態…!
    たかが1アウト!
    れんあいは野球みたいにスリーアウト退場など
    女性にとっては存在しない
    勝ち戦なのだヾ(●´∇`●)ノ

    そう思うとちょっと楽~
    今まで負け癖だけを溜め込んで
    連敗ばっかの私は乗り越えるべき壁を
    見据えられてます。

    あーー勉強したくない。
    でも、こんな勉強もできないで本気で小論文など書けない!そう思い込んで頑張ります。

    諦めない精神を鍛えたい
    脆い心を柔らかく柔軟な心にしたい。
    かもの言葉も行動もぽわーーーんって跳ねちゃうような♡

↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント