恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

おばあちゃんの教えはいつも正しい

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

狙ったわけじゃないんですが、新たなオアシス的な場所ができあがってしまいました(^^

のろけよう、ノロケを探そう

ノロケを書いてくれという話をしたら、来るわ、来るわ(笑)。

めっちゃ来ます。

ついでに、メールでもめちゃめちゃ来ます(^^;

ごめんなさい、まだ全然読めていません・・・。

 

まあでもいいですね。こういうのは。

何でもっと早くこれをやってくれなかったんですか?

という、いつもの苦情も来ました(^^;;

 

最新の記事で、言葉遣いの話をしました。

そうすると・・・来ました。ついにこういうコメントが。

言葉に気を付けろ!

菜々子さんより:

言葉遣い、所作…

結局わたしたちが子どもの頃、おばあちゃまやママ、その他周りの年配の女性たちが口を酸っぱくして言い続けてくれてきたことは、正しい(^。^)

そうなんです。

実は子供の頃から、幼稚園や保育園、学校の先生とか、親戚、家族から、言葉遣いの注意はかなり受けているはずなんです。

もう忘れているんですよね。

 

言葉遣いが、「口の利き方」として教えられている場合もあるかもしれませんが、それでも教えは教えです。

特におばあちゃんの教えというのがオススメです。

ちょっと思い出してみると、かなり色々厳しく言われたりしているんじゃないでしょうか。

 

僕も祖母には相当色々言われました(笑)。

でもそういうのってやっぱり覚えているんですよね。本当はしっかり残っているんです。

 

あなたは子供の頃にどんなことを注意されましたか。

僕は女ではなかったので、女の子として、女性としてという感じで注意を受けたことは当然一度もないんですが、女性だからこそしつけられたこと、注意されたことはたくさんあると思います。

そして、残念ながら家庭の事情とか環境のために、そういう注意や教えに触れる機会に恵まれなかった女性もいるでしょう。

 

あなたがその記憶を今も持っているのであれば、ここに書いてみてもらえませんか。

言葉遣いに限りませんよ。

動き方、話し方、接し方、食事の仕方。男の人とどう向き合うのか。

女性としてどう生きるように言われたか。

 

かなりたくさんあると思うんですよね。

この視点は意外と大事かもしれません。僕はそういう話を今まで一度もしてこなかったので、ものすごく新しい勉強になると思います。

できれば、おばあちゃん、あるいは曾お婆ちゃん、お母さん、学校の先生など年の離れた女性からのしつけに相当するものがいいですね。

 

今、親は子供にこれを教えにくくなっています。これからもっとそういう傾向は高くなっていきそうです。

これは聞くのが楽しみです(^^

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (48)

    • ミロリロリ
    • 2017年 6月 28日 8:14:51

    見える、私にも見えまする

    汗が、汗が!!!
    久しぶりですねーーー(≧∀≦)

    ナイアガラの、あの娘が再び。ばばーん。

    (⌯¤̴̶̷̀ω¤̴̶̷́;;

    • ミロリロリ
    • 2017年 6月 28日 8:24:24

    祖母の教え

    かわいくても動物を飼うのはやめておきなさい
    動物ではなく、夫をしっかり見るんだよ。

    • ばななの唄
    • 2017年 6月 28日 10:36:14

    これと言った教えってない気がしますが、
    私の妹に対してボソッと何か言っています。
    何なのあの爪の色は。魔女みたい。
    いつも変な服着てるよね。流行りなの?
    汚い髪をどうにかして。明るすぎ、傷み過ぎ。
    化粧が下手。濃い。なんかへんてこなメイクだね。
    これが祖母の教えなんだと思います(笑)

    男性はどのように育てられてきたのでしょうか?
    いとこを思い出してみても、んー?
    男友達を思い出してみても、んー?
    男兄弟がいないのであまりよく分かりません。
    私の友達は息子に
    「そんなことしたら女の子に嫌われるよ!」とよく言っています。
    全然やんちゃな子とかじゃないんですけどね。

    • まままま魔
    • 2017年 6月 28日 12:50:02

    娘のしつけ、できてなかった!と反省。。。
    女の子らしくしなさい!というしつけ。ここに来てなかったら絶対にしようと思わなかった。
    危ない、危ない。まだ4歳なのでこれから頑張ります!
    ああ、それだけでもこのブログにたどり着けて良かったです!いや、他にもいっぱいお世話になっていますが。いつもありがとうございます。

    • みーらん
    • 2017年 6月 28日 13:05:53

    農家の叔母の家に泊まりにいくと、
    毎朝みんなが起きる前に広い家の中をほうきがけしていました。

    幼い私が起きてくると必ず笑顔で、ごめんね、ちょっと待ってね、と言う人でした。

    その姿が忘れられず、今は真似して毎朝モップがけをしています。

    • 里桜
    • 2017年 6月 28日 17:47:01

    子供の頃のことを思い出しても、私は母からも、誰からも、『女性としての生き方』について教えてもらった記憶はないですね。

    そういえば、兄は外泊OKだったのに、私は社会に出てからも外泊はさせてもらえませんでした。
    理由を聞くと、私は「女の子だから」だと言ってたっけ。
    そんな理不尽な理由に、ずーっと納得できなかった私なのでした。
    とにかく束縛がキツかったんですよ。

    でもこのブログでお勉強するようになってから、なぜ女性はお泊まりしてはいけないのか、やっと納得できました。
    やっぱり言葉で伝える事は大切ですよね。

    私はもう大人だけれど、今、Kouさんに再教育されています。

    • ありすがら
    • 2017年 6月 28日 18:19:21

    母から

    ひじをつかないで食事をしなさい
    お箸や鉛筆の持ち方は正しく持ちなさい
    綺麗に食べなさい、ご飯粒は残さないように

    当時よく分かりませんでした。
    苦労して覚えるよりも、楽で使いやすい方がいいのでは??と思っていて、かなりむくれながら覚えました(笑)
    しかし今となっては、食後の食器を見て誉められ、お箸の持ち方も綺麗ね、と周りの方に言われます。
    大大感謝です✨

    • ショナ・ミルク
    • 2017年 6月 28日 19:44:45

    私の祖母は明治生まれ。
    子供の頃一緒に暮らしていたのですが、明るくておしゃれで、着物を粋に着こなす人でした。
    そんな祖母によく叱られたのが、姉や私がブスッとした顔をしている時。
    祖母はいつもニコニコ、口角が上がっていて、そのせいかな、晩年まで頬はたるんでなかったです。

    そして祖母から母、母から私達に口を酸っぱくして言われていることは、「履物(靴)をちゃんとしなさい」ということです。
    綺麗な服を着ていても靴が汚ないとだらしなくみえる、でも服は新しくなくてもきれいな靴を履いていると清潔感があってちゃんとして見える。「靴で判断されるのよ。」とずっと言われてきました。
    なので私もたくさんは持っていないけれど必要最低限、靴は綺麗なものを揃えておくよう心がけています。

    • ありすがら
    • 2017年 6月 28日 20:25:42

    この記事の皆さんのコメントがすごい。

    女性性に関してのヒントがたくさんありそう!
    皆さんにこのような事を教えたおばあさまやお母様は、とても素敵な人なんだろうなあ
    何かしら自分の中で、信じているものがある。
    芯の強い美しい女性で。いくつになってもお化粧をしているだなんて、本当に素敵。

    勉強になります。

    • にゃきこ
    • 2017年 6月 28日 21:55:11

    おばあちゃんから、言われたこと。
    私のおばあちゃんは孫に甘々だったから、小言みたいな注意や言葉は貰わなかったけど。

    人の話は最後までよく聞くこと

    これはよく言われました。
    その当時は、ただそのままに聞いてましたが今思うと、これは役に立ってます。
    自分の意見と違うことや、腹立つこと言われるとつい、否定するために揚げ足取りにいったり言葉じりだけを拾ったりしてしまいますが、なぜ相手がそのことばを発したのかを考えてみる。
    そうすると、ほとんど腹立つことないんですよね。
    あっ、今この人は私をこうしたいだとか、こう思われたいんだろなとか考えてみる。これだけで、じぶんも傷つかないし相手を必要以上に攻撃することもなくなりました。
    自分がこうやって恋愛の勉強をしていて、自分と違う考えも意外とすんなりはいってくるのも、おばあちゃんのおかげです。

    • Riza
    • 2017年 6月 28日 22:13:46

    ごめんなさい、祖母ではなく父・母からの躾ですが。


    ◆女の子は笑顔が大事だよ。
    ◆女の子は清潔感が大事だよ。
    ◆お母さんのお手伝いをしっかりしなさい。
    ◆ちゃんと挨拶をしなさい。
    ◆お母さんの娘だから大丈夫だと思うけど、
     男の尻を追いかける様な女にだけはなるな。
    (高校卒業後、親元を離れる時に言われた言葉。
     当時は意味がわかりませんでした…)


    ◆姿勢を正しなさい(背中に定規を入れられました)。
    ◆歩く時・階段の昇り降り・スリッパで音を立てない、
     ドアを閉める時・物を置く時に音を立てない。
    ◆いい下着を着けなさい、本当のオシャレは下着からなのよ。
    ◆人に親切にしてあげなさい。自分のした事は巡り巡って返ってくるから。
    ◆遅刻は嘘つきの始まり、人を待たせるのは最低よ。
    ◆女の子らしい色味の洋服を着なさい。
    ◆同棲をするなら結婚しなさい。
    ◆おならはトイレでしなさい(小学校低学年の時)。

    女性だから、っていう事だけではないものもありますが、
    私が教わって良かったなって思う事の一部です。
    父は優しく厳しく、母は包み込んでくれる存在でしたが
    この様な事をよく言われていました。

    • 瑞華
    • 2017年 6月 29日 1:19:17

    祖母や祖父、両親から、言葉遣いは相当言われましたね。小さな頃から。

    身近な人ではないけれど、
    オードリーヘップバーンの言葉に
    綺麗な言葉を口にしなさい
    という名言があります。
    これは自分の中でひびきましたね。

    そして足を開くなと。

    • いつも笑顔で
    • 2017年 6月 29日 1:54:59

    いつも素敵な70近くになっても父とラブラブで愛されている母から

    お箸の持ち方、食事しながら肘をつかない、お茶碗の持ち方、指を揃える、
    背筋をピッと伸ばす、座るときは膝を揃える、
    歩くときは1本の線の上を歩くように、ヒールを履く、
    家の中でもちゃんとした格好をする/お化粧をする、
    言葉遣いを丁寧に、
    セックスの時はコンドームを必ずする、

    大好きな女性の小学校の先生から
    いつも笑顔で

    肌がツヤツヤで着物を綺麗に着こなす祖母から
    毎日野菜、果物を食べる、外泊禁止、

    もっとたくさん色々言ってくれている気はしますが、
    これら、今だから、今になって、すごく納得できる内容です。
    その当時は不自由な感じや、自分の方が正しい?気がして、全然納得できませんでした。

    女性で特に気になるのは、お茶碗の持ち方と電車などで座った時の足、
    残念な持ち方、膝が大きく開いている座り方だと、どんなに素敵そうな方でも一気に冷めてしまいます。。

    私たちはたくさんの愛に育てられて来たんだなぁと改めて思い出すことができました。

    • なるちゃん
    • 2017年 6月 29日 4:27:46

    大変参考になりました!
    私がおばあちゃんになった時も、孫に何か残せる存在でありたいものです。

    祖母によく言われていたことは、お腹冷やしちゃダメよ!ということでした。女性は出産するから冷えは大敵とのことで、防寒グッズをやたら与えてくれました 笑 おばあちゃんあるあるですね!

    田舎のおばあちゃんという感じで、容姿の面では小綺麗とは言い難い人ですが、毎日朝早く起き、一人暮らしでもきちんと料理は作り、畑の作物を大切に食べているところなど、素敵だな!と思います。

    変に頑固なところが無く、人から指摘されたことを案外すんなり受け入れるところも、うちの祖母のいいところです。ある日誰かに言われたのか、家の備品が大幅に減っていて驚きました 笑

    • きのぴぃ
    • 2017年 6月 29日 4:59:20

    皆さんのコメントを読んでいたら、
    心が温かくなって…
    私も、伝えてもらっていた教えを思い出しながら
    なんだか泣きそうになりました。

    祖母から
    あぐらはやめなさい
    好き嫌いなく食べなさい
    猫背になってるよ(背中をポンと叩かれてました)
    口が開いてるわよ(笑)
    ちゃんと正座をして食べなさい
    食べ終わりは綺麗にしなさい
    食べ終わったらちゃんと食器を片付けなさい
    寝転ぶならスカートはやめなさい
    (実家に)帰って来たらお仏壇に挨拶しなさい
    お供えしてから食べるから待っていなさい
    食べ物に感謝をしながら食べなさい
    添加物の多く入ったお菓子はやめなさい

    母から
    きのぴぃちゃんは笑顔がすごく可愛いんだから、
    ぶすっとしない方がいいよ
    お手伝いをしなさい
    言葉ではありませんが…高校入る頃までよく、可愛いなぁ〜とほっぺにちゅうをされました(笑)
    当時は恥ずかしかったのですが、愛情を感じて嬉しかったのは覚えています。

    • 琉花
    • 2017年 6月 29日 10:04:39

    何かあったかなぁ?

    おばあちゃんから言われたこと

    ・料理を勉強しなさい
    ・簿記とかも勉強しなさい
    ・穴の空いたズボンはダメ
    ・明るい色の服を着るのは、若くないと恥ずかしい
    ・1番にならなくて良い。すごくならなくて良い。
    ・体を冷やすな
    ・沢山野菜を食べろ
    ・字を綺麗に書け

    お父さんから言われたこと

    ・若い男に騙されるな
    ・すぐ好きになるな
    ・字を綺麗に書け
    ・おしとやかにしろ

    お母さんから言われたこと

    ・股を広げて座らない
    ・ご飯を食べる時はだらしない格好をするな
    ・自分が好きだと思って服を着ると似合うようになる

    • ゆかちん
    • 2017年 6月 29日 12:29:11

    Kouさん。こんにちは。

    男が女に「愛想を尽かす」時、
    あー、こいつにもう愛想尽きたわ!と一気に愛情がなくなる時は、どういう時なのでしょうか??(;_;)

    • こなこなゆき
    • 2017年 6月 29日 12:50:38

    亡くなったおばあちゃんから、私が一度結婚した時に「病気さえもらってこなかったら、浮気は見て見ぬ振り」と笑って言われた事を覚えてます。
    私はおばあちゃんの強さを感じました。

    • ほたる
    • 2017年 6月 29日 13:15:54

    《今、親は子供にこれを教えにくくなっています。これからもっとそういう傾向は高くなっていきそうです。》

    そうですね。

    核家族化が進み、祖父母の存在もない、
    親も忙しい。
    親も成長できてなく、
    子供との境界線も曖昧になり、
    子供が厳しく言われる事が
    少なくなっているように思います。

    恋愛に関しても、子供と親の関係に関しても
    昔の状況がやはりいいのかな、と思いますね。

    でも、昔には戻れないので
    ここで勉強して
    現代にいながら、
    少しでも昔の状況に近づける事が
    大事なのかな、と思います。
    そして、身近にいる年配の方の話を
    意識して聞く事も大事ですね。

    • 空野 花子
    • 2017年 6月 29日 14:12:07

    母からの躾

    字は丁寧に書く。
    人前で髪の毛をいじらない。
    箸は正しく持って使う。
    料理を残さずきれいに食べる。
    音を立てて食べない。

    いつもハンカチ、はなかみを持ち歩く。
    足を揃えて立つ、座る。

    時間、お金…いつも少し余裕を持っておく。

    今はどれも習慣づいて無意識にしていますが、おかげで今までたくさんの方々に可愛がってもらいました。

    • 鹿子
    • 2017年 6月 29日 14:22:51

    皆さんコメントを見ていると素敵なお話が多くて、女性としての品格、あり方を改めて学んでいます。
    歳を重ねた人の言葉は自身の経験から得たものなので、重みがあってすごく響きますね。
    失礼な言い方ですけど、だてに歳をとってない。笑

    私の母からは、礼儀や女性としての作法を教えられた記憶はほとんどありません。
    ただ、他の人の家にお邪魔するときは必ず手土産を持って行きなさい、ということはよく言われました。
    あと、母は専業主婦でしたが毎日化粧をしたり、家の中でも身だしなみに気をつかっており、ゴロゴロぐーたらするところも見たことがなく、普段の振る舞いから女性としてのありかたを学んだところはあります。

    祖母からはしつけではないですけど、鹿子ちゃんは可愛い、偉いとよく褒めてくれました。
    普段親からはあまり褒められなかったので、その時は違和感しか感じなかったのですが、今思うとその祖母の可愛がり方は、私にはとっても重要だったと思います。

    もし私に娘ができたら…皆さんのコメントのように、女性として必要なことを教えていきたいな~
    kouさんこの記事、コメント欄がすごく好きです、ありがとうございます!

    • mimoza
    • 2017年 6月 29日 18:26:59

    言葉ではないけれど。

    「出されたお茶には、飲んだときと、帰るときに2度お礼を」
    「銘菓の名前を覚える」
    「和室にはストッキングであがらずに、白い靴下を持参」
    「床の間のお軸は座って拝見する」
    「挨拶、お辞儀は立ち止まってする」
    「どんな立場の人にも丁寧語で話す」
    「どんな立場の人にも媚びない」
    「普段の生活を支えてくれる人を大事にする」
    「焦らない」
    「急かさない」
    「相手の自由を許す」
    「断り方を、どこまでも柔らかく」
    「心からの笑顔になる」
    「男性に勝たない」
    「好奇心は隠さない」
    「拍手する手は胸より高く」
    「姿勢を美しく」
    「口を尖らさない」
    「人前で酔わない」
    「自分から名刺を出さない」
    「美しいペンを持ち歩く」
    「お礼状はその日に書く」
    「主役よりもアクセサリーは少なく」
    「相手よりも早く、ごめんなさいと謝罪する」
    「断ることを恐れない」
    「男性が女性を連れていても、紹介されない限り、それが誰か聞かない。噂しない」
    「人前では嬉し泣きだけ」
    「挨拶は、美しい笑顔で」
    「2度目の誘いに遠慮をしない」
    「親子でも丁寧語で会話する」
    「洗面所を使ったら周りを拭く」

    まだまだごく一部だけれど、あるご婦人たちから学んだこと。

    • ピンクのチーク
    • 2017年 6月 29日 19:24:56

    90歳すぎてるおばあちゃんのリハビリやってます。このおばあちゃんとしゃべってておしえてもらったこと。「何歳からでも、やればできる」と言われました。実際、このおばあちゃん、リハビリやればやるほど、運動機能が上がってて、始めは歩けなかったのに、歩けるようになっちゃうし、感心します。こういうおばあちゃんのそばにいると、本当に私の方が励まされます。
    そして、今の私に一番必要な言葉でした。

    今の仕事、私に合ってない。もうずっと我慢しているけど、そろそろ何とかしなきゃって思ってます。すぐに辞めれる状態ではないので、少しずつ仕事を減らして新しいことを始めます。たぶん、時間はかかるけど、体に負担はかからないし、好きなことをやるから大丈夫だと思ってます。リハビリの仕事って、給料上がらないし、体の負担が大きすぎるし、スタッフが難しい人が上司だと私は苦しいです。

    • ちょこぱん
    • 2017年 6月 29日 21:45:06

    結構色々言われた気がします…厳しい祖母に育てられた母から。

    子供時代
    ・足を開いて座ってはいけない
    ・あぐらをかいてはいけない
    ・背中やおなかを出さない
    ・クチャクチャ食べない
    ・いつもハンカチ、ティッシュは持ち歩くこと
    ・汚い言葉(お前、うるせーな等)を使うと「何なのその言葉遣いは!」
    ・人の家にいくときはお菓子を持っていくこと
    ・人の家で何か出されてもバクバク食べない

    あと、「女なんだから…」
    ・(女友達の家でも)泊まりに行ってはいけない
    ・遠くに遊びに行ってはいけない
    ・暗くなったら帰ってきなさい(高校時代も)
    ・自分のお弁当は自分で作りなさい(高校時代)
    ・自分は食べなくても家族のごはん作りなさい
    ・掃除しなさい
    ・洗濯しなさい
    (結局のところ、家事全般をしろということ)

    母はよく「男なんだから」「女なんだから」と言いますが、私は「何で兄弟には言わないのに私にだけ言うの?(兄弟は何もしなくていいのに私だけしなきゃいけないの?)」と思ってました(^^;
    周りの人に話すと「そのお陰でお料理できるからお母さんの教えがよかったんだねー」と言われます。

    • Pooh
    • 2017年 6月 30日 1:03:09

    私は、祖母から言われたことやしつけられたことを思い返してみても、納得ができません。

    使ったあとのスプーンは、流しにおかずにすぐに洗いなさい。って。

    桶につけて汚れを浮かしたり、まとめて洗った方が合理的ではないでしょうか。

    そのように思うことが多くて、一緒に住んでいた祖母には反発ばかりしていました。

    いまも、祖母の言うことが正しいとは思いません。

    皆さんのコメントを読んでいても、女性らしさにつながるものもあれば、偏見によるこだわりもあるように思います。

    どれを吸収すればよいか、混乱です。

    • みらくるん
    • 2017年 6月 30日 14:54:15

    大好きなおばあちゃん。
    大工さんの妻として切り盛りしてた、結構負けず嫌いの毒舌でした。私は毒舌受け継いでるなぁ。

    小さい頃から躾られてたこと。

    女は愛想良くしろ。
    頭は死んでからは使えないだから頭を使え。
    一つの物を持って来るにしても、他に何が必要か気をまわせ。
    機転をきかせろ。

    結構厳しかった気がするけど体に染み付いたから今役にたってるなぁとおもいます。

    • mimoza
    • 2017年 7月 01日 9:46:27

    もう私に孫ができてもおかしくない年齢に、子供が育ちました。
    スタッフの子供にも、オバアチャンの気持ちで可愛がっています。

    子供に伝えてきたこと。

    ・敬語を正しく使えるようになること
    ・すぐにお礼状を書くこと
    ・清潔でいること
    ・タバコは吸わないこと
    ・ドレスコードを覚えること
    ・ナイフ・フォークを使った食事のマナーは覚えること
    ・自分から男性に電話やメールをして誘わないこと
    ・育ちの悪い男性とは距離を置くこと
    ・育ちの悪い女性とも距離を置くこと
    ・不倫する人とも距離を置くこと
    ・社会人になるまでは、子供ができるような無責任な行動をしないこと
    ・真剣に愛しあえる人とだけセックスすること
    ・女性を売りにした仕事はしないこと
    ・お酒を飲まなければいけない仕事はしないこと
    ・人前で酔っ払わないこと
    ・ビジネスと専門分野、両方を勉強し続けること

    子供はいま、海外投資家の息子と長く付き合っている。
    気品ある、育ちの良さがにじみ出た男性。
    家族ぐるみのお付き合いができる、安心した関係になっている。

    同レベルの人間しか付き合えない法則は確実にあると思うので、子供をどういう風に育てるかは、どういう男性と付き合える女性になるかということに、けっこうリンクすると感じる。
    もちろん、どんな親であっても、大人になってから自分で自分を育てることはできる。

    • mimoza
    • 2017年 7月 01日 10:55:53

    ああ、あと人生の大師匠から、

    「人には3度は謝れ」

    と教わりました。

    一度では足りない。
    二度では普通。
    三度めで、ようやく反省したことが、どんな相手にも伝わると。

    私もなるべく、三度謝ります。
    その方が、後に大きなトラブルに発展しません。

    相手をそこまで怒らせていないと自分が思っていても、相手は、自分の想像以上に怨恨を持っていたりすることもあるので。
    「1回謝ったんだから、いいでしょう」という態度は、相手が怒っていればいるほど、見透かされます。
    確実に。

    謝って、避けられるトラブルがあるのなら、謝るのが賢い生き方のように感じます。

    「女性の承認」とは、まったく反対の教えですが(笑)。

    • トリプルパンケーキ
    • 2017年 7月 01日 14:14:53

    祖母には怒られたことないな。
    母には毎日怒られてた。
    特に両親は食事のマナーには厳しかったかも。
    箸の持ち方が変な人は恋愛対象にはなりません。
    それぐらい重要です。
    それに礼法教育の学校に通っていたので、社会に出た時に敬語は特に難しく感じなかったんですよね。
    言葉遣いには今でも気を遣ってますし、文字も読みやすいと褒められます。
    笑ってたら可愛いんだから!が母の口癖でした。

    • mimoza
    • 2017年 7月 01日 15:11:56

    そうそう、浴衣も、若いときは若いときにしか着ることのできない、年相応のものを選ぶことは、周りの女性たちから口うるさく言われた。

    その年相応の男の子を魅了するには、その若い年齢を強調する浴衣いい。
    かわいい柄とか、明るい色とか。

    地味な柄を着て、早くから老成感を出すと、あまりよくない男性が寄ってくる。

    不倫する女性に近寄るなという教えは、これに関係する。
    若いうちに、諦めや抑制を強く感じ続けると、不倫臭というか、いつでもどこか重たい空気が漂ってくる女性になる。

    そういう人を、なんとかしようと近寄っていると、どうしても環境に染まってしまう(という記事もある)。
    年齢相応の若々しさや、明るい空気が弱くなる。

    まあ、恋愛は好き好きなので、個人が自由にやればいいんだけれど、私の子供には、その年齢に相応しい、明るい未来を望める恋愛をしてほしい。

    親なので、いろんなことを子供に言いたくなる。
    孫にも、いろいろ言うのだろうな。
    聞いてくれるかは、また別だろうけど。

    • 海音 笑顔週間14週目中(^-^)/
    • 2017年 7月 01日 23:02:48

    ●未来の方が今よりもはるかによくなっている●

    メルマガであった、
    嫌われることは無いということ。

    嫌われることは無いけれど
    好かれないこと。
    彼の1番では無いこと…

    彼にはウサギに過ぎなかったんだって
    選ばれなかったこととして
    ショックを受けてる。

    女性が選ぶ立場なのに。

    だけど彼にはウサギに見え続けてるから
    選んでもらえない。

    • 草月
    • 2017年 7月 02日 22:57:08

    あまりよく覚えていませんが・・・。
    箸の持ち方やご飯の食べ方などはよく注意されていた気がします。
    私は幼い頃から、髪が長かったので、髪の結び方などは教えてもらいました。
    今でも、三つ編み、編み込みとかはちゃんとできます。意外と周りにはできない人もいるみたいなので、これは教えてもらえてよかったと思ってます。まぁ、できない、って泣いていた時期もありましたが・・・。
    後は、本当に幼い頃はよく足を広げていたので、注意されていました(笑)胡坐とかもダメでしたね。
    男性との向き合い方、などは覚えていないです・・・。

    • Lisa
    • 2017年 7月 03日 10:26:04

    私は子供の頃の家庭環境から、そういう教育や教えは一切教えてらったことはありませんでした。

    でも、kouさんがこのブログで教えてくださっている男性にコストを掛けたくなるような女性になることや、自分から連絡をしないことや男性を追いかけさせるという感覚は20歳前までに身に付けていたので恋愛で不自由することは無く、ほぼ記憶にもありません。

    周りの女性よりモテたり、大切にされ長く愛されるコツを自分なりに感覚として身に付けていました。

    でも辛いことがあったり弱っている時、身に付いて分かっていたはずのことがうまく出来ず失敗したりもしました。
    そういう時、kouさんのブログに出逢って、「私の女性としての感覚は正しかったんだ」と再確認することができました。

    このブログは、忘れかけていた私の感覚の答え合わせになっています!!(以前も書いた気がしますが^^;)

    答え合わせができないと、またいつか忘れて同じ失敗をしそうなので、kouさんが具体的に書いて下さっていることで、とても自信と励みになっています。

    本当に私にとって、kouさんとこのブログは人生そのもののバイブルであり、もうただ本当に感謝するばかりです。
    kouさん、いつも本当にありがとうございます。

    • 白桃仔猫ちゃん
    • 2017年 7月 06日 13:25:44

    >という、いつもの苦情も来ました(^^;;←汗大量重要
    >(^^;;
    (((*≧艸≦)ププッ びーひさKou様の汗大量ktkr!
    いぱーい汗かいとるジャマイカ!汗重要すぐるっ( Ŏ艸Ŏ)(Ŏ艸Ŏ )

    • りとる
    • 2017年 7月 09日 23:29:01

    祖母からの教え、、

    若い頃の苦労は買ってでもしなさい。
    足を閉じて座りなさい。
    大声で笑わないこと。
    いつも笑顔でいなさい。
    素直で可愛く。
    愚痴や文句は言わないこと。
    人には親切にしなさい。
    結婚するなら家族を頼ろうと思わないこと。

    思い出せばまだまだありそうです。

    • ぱりのばら
    • 2017年 7月 10日 9:50:36

    わたしがおばあちゃんからよく言われてたこと。

    野菜を食べると肌が綺麗になるのよ。
    女の子だから、服にほこりをつけたり、ほつれたままじゃ格好悪いわよ。
    健康が一番よ。
    女の子が、なんて格好してるの!笑

    なんでだろう、おばあちゃんの言うこと、今はしっくりくるなぁ。
    ちなみに大学時代、遊び歩いて鉄砲玉みたいになってたわたしは、お母さんからは口を酸っぱくして、外泊は禁止!って言われてます。
    最初は、はいはいって聞き流してたけど、今思うととても大事なことですね。

    • ずんだ
    • 2017年 7月 11日 17:33:36

    いつもと雰囲気変えるって大切ですよね!
    私もイメチェンしたいけど、まずは痩せないとです(*”▽”)
    友達がダイエットしたらすぐに彼氏できたし、やっぱり見た目ってホント大事✨
    でもそんな簡単にダイエットなんてできないーー!!って思って友達に相談したら

    モデルさんとかが内緒で使ってた
    『ドレスハ゜ッツ』っていうのが効果ハンパないらしい✨

    私も先週から買って試してみてるんだけど、脱いだ時のスッキリ感がちょーいい◎
    これだったら誰にもバレずに簡単にお腹と太もものダイエットができちゃうかもね(*^_^*)

    • 匿名希望
    • 2017年 7月 15日 3:39:10

    おばあちゃんとの会話、思い出してみたらほとんど覚えてませんでした!笑
    一緒に住んでたのに…
    でも、ひとつだけ口を酸っぱくして言われてたのは、
    わりぃことしたらバチがあたる、です。
    これは今もよーく刷り込まれています。
    こ、こわいΣ(・ω・;|||

    • あえか
    • 2017年 7月 15日 13:01:17

    祖母には怒られた記憶がないです。

    大好きでした。

    言ってたことで一番覚えてるのは、人に親切にしたら自分に返ってくるということかな。

    それも見返りを求めてという感じではなかったです。
    自分がしたことは自分に返ってくるということなのだと思います。

    自由で大らかで世話好きで知らない人にも優しい祖母でした。

    • あきりん
    • 2017年 7月 15日 13:15:33

    初めてコメントします。
    最近見つけたので過去の内容も少しずつ読み進めながらとても為になるお勉強楽しくしております。

    私は父が和食の料理人だったせいもあり食事のマナーにはとても厳しかった記憶があります。

    わざとフレンチや料亭に子供の私を連れて行き、マナーを教えられました。
    特に箸の持ち方、食器の扱い方。
    社会人になった今、上司との飲み会や接待などで褒められることが多く、感謝しています。

    その方達がおっしゃるには、すごく綺麗な女性を食事に誘えてテンション上がり、いいお店を予約したのに、箸の持ち方が汚いとがっかりしてしまうそうです。

    kouさんの言われてる女性らしさ、こういう所で見られています。

    お店を出る際にお店の方にご馳走様といえるなんて所も少し上の年代の方にはとても気になる所だそうですよ。
    お会計の時に男性を立てて気持ちよく奢ってもらう気遣いなんていうのも大切ですよね。

    お店を出てから、「ご馳走様です!美味しかった〜。〇〇なんて初めて食べました。」なんて言えば、「次は〇〇食べに行こう!、他にも〇〇が美味しいお店もあるし…」
    「〇〇さん詳しいですね〜、すご〜い。」
    なんて(笑)
    次々ご馳走して頂けます♪

    食欲を気持ちよく満たしてあげるってとても男性にとって大きなことなんだと実感してます。

    食欲、性欲、睡眠欲やっぱり基本はこれですね。

    • 2017年 7月 16日 11:29:58

    おばあちゃんから教わったこと
    「男の人は外で働いてナンボ」です。
    つながっています。

    ありがとうございますU^ェ^U

    • めぐっちょ
    • 2017年 7月 19日 3:49:15

    ばあちゃんの教え

    男は最初、猫被ってる。表の顔に騙されちゃいけない。

    • リプトン
    • 2017年 7月 27日 11:14:01

    ここ最近、祖母が好きです♡
    厳しくて、他の同居人は合わないようにさえしていたけれど、最近好き。
    教えてもらった事といえば、世の世知辛さとか、世の厳しさかしら(笑)
    実家からでで一人暮らしして、祖母の家に居候させてもらってから、私は本当にしっかりなんでもできるようになりました。

    高齢の方の気持ちが分からなかったけれど、一つ分かれば、びっくりするくらい円満になりました^^
    祖母の私に向けるお顔も変わりました!柔らかくなって。
    素直に甘えられるようにも、野菜を持ってルンルン会いに行く事もできるようになりました。

    結婚式には呼ばないと思っていたけど、今は来てほしい。

    80半ばで、あれだけ若々しく元気に趣味を楽しんでいる祖母みたいになりたいです。
    未亡人でずっと頑張ってきた人なので、本当しっかりした精神を持ってます。気持ち次第でもありますよね。

    派生して、会社でザ姑なパートさんが居ますが、少しだけ前より仲良くなれた気がします。

    高齢の方との接し方は、彼から教わりました。
    やっぱり九州の方は、ご老人を大切にされているんですね。温かい方が多い。素晴らしいなあと思いました。
    彼のおばあ様に気に入って頂ければいいのだけれど。
    彼もご老人と仲良くしているのはとても嬉しいらしいから。

    教えてもらったことは、女性らしさじゃないけど笑、接し方が理解できるようになりましたのお話(笑)

    • ものさし
    • 2017年 8月 18日 10:40:48

     周囲の大人に何を言われたかということではなく、周囲の大人がどのような行動をしていたかということに影響力があるのではないかと、私は考えています。
     両親が放任主義な方で、私はこれといって教えられたことがないと思っていました。母親から、厳しく注意された記憶もあまりないような気がします。
     ただし、母親の言動にはいつも女性らしさがありました。汚い言葉遣いを聞かずに育ち、立ち振る舞いを見習って気を配りました。もしかしたら、母親は無自覚だったのかもしれませんが、無言の教えは確実に伝わっています。それもあってか、行動の伴わない言葉というのは信用なりません。

    • 百合の花
    • 2017年 8月 25日 19:39:58

    祖母から言われたわけではありませんが祖母は必ず止まって挨拶をしたり頭を下げます。
    それが子供ながらになぜか誇らしくてそれを子供の頃からマネしています。
    その行動だけはよく褒められます。

    • ちゃめりん
    • 2017年 9月 29日 16:42:35

    「ちゃめりんちゃん、いい人できた?
    あのね、あなたに1つだけアドバイスするわね。
    尊敬できる人を選びなさいね。
    あなたの事を本気で考えて、あなたが間違った事をしたら叱って正してくれる。
    そんな人を探しなさいね」

    今年で91才になった叔母の言葉です。(°▽°)

    なっとくd(⌒ー⌒)!!!!

    叔母は軽い認知症なので、最近の記憶は曖昧ですが
    とーい昔の記憶は鮮明です。

    10年前に亡くなった叔父の事を今でも
    「私、とっても大切にしてもらったわよ~
    世の中にこんなに優しくて強い人がいるのかと
    思うくらいに守ってもらったわね。
    大好きだったわ♥」

    と、可愛い笑顔で話します♪

    叔母は私が一人っ子なのをとても心配しています。
    親がいなくなったら、兄弟姉妹のいない私は一人ぼっちで生きていく事になる。
    そうなる前に心から信頼できて、尊敬できる人を見つけて欲しいとホームに面会にいくたびに言ってくれます。(°▽°)(°▽°)

    ありがたいです、本当に(о´∀`о)

    本題からずれてしまいましたが、叔母がいっている事はkouさんも言っていましたね♪

    「尊敬できる人」

    大好きなカレはどんぴしゃり!
    補欠くんは、これから尊敬できる部分があるか、
    探していきます☆⌒(*^∇゜)v

    補欠くん、どんどん追ってくれてます!
    初めて会う日を3週間後に設定したら
    早く会いたい!早く会いたいってうるさかったけど、
    「もう、予定入ってるし無理なの。」って
    はっきり伝えたら「会える日まで楽しみに待つよ!」って(笑)

    毎日、「おはよー」「ただいまー」「星が綺麗だ」
    って女子かよ!と思うラインがきますが、
    これ、本当に返事に困りますね(笑)

    男の人の気持ちがわかりました(^^;

    来週、会いますが良い部分を探したいと思います★

    • さくやひめ
    • 2017年 10月 16日 23:32:28

    天国のおばあちゃん

    もしおばあちゃんに話したら(相談したら)

    どんな答えが返ってくるのかな。

    死人に口なしと言われそう笑

    でもおばあちゃんが
    なんと言うかわかるんです。

    赤ちゃんの頃から18歳まで一緒に暮らしたので。

    私の中におばあちゃんが生きている証拠です。

    あぁ。おばあちゃんのこと思い出すとウルっときます( ´^`° )

    とりあえず、心に浮かんだおばあちゃんが言いそうな
    言葉に従おう。

    やるべきことが済んだら
    ノコノコのことを考えてしまった。

    ノコノコのことよく思い出します。

    • 月城
    • 2017年 10月 16日 23:46:33

    私、小さい頃は男の子になりたくてわざと粗暴な態度をとっていました笑
    多分妹に愛情を向けている両親への反抗心からだったのでしょう。。。
    おかげで女性らしさが今でもなかなか身についてないなと実感します。

    皆様のコメントを読みながらお勉強します。

↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント