恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

自分でもできるけどお願い!

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

12時間レッスンは現在復習期間中です。8時限目の回答期限は今日です。

12時間レッスン2016:8時限目 臨機応変

まだの人はお早めに(^^

 

今日こんな記事を書きました。

普通に生きていたら・・・

紫のゆかりさんより:

> 現代における女性が言う「普通に生きる」というのは、何でも自分でやってしまったり、男の役目を取ってしまったり、女性が女性らしさを半分否定して生きることです

出来ることも出来ないフリをする、ってことでしょうか。
本当に出来ないと思って、見下げた態度をしてきますが、
モテるには、そこをジッと我慢して、相手を優位に立たせる。
こちらに心の余裕がないと出来ませんね。行き着くところ、全て余裕がキーワード。
でも、こっちが普通にしてても、丸っと受け止めてくれる、器の大きい男性っていないんですかね。
器が大きいフリしてて、本当はおチョコぐらいの人、多すぎです。

これは同じように考えている女性も多そうです(^^;

 

できることをできないと言って、できないフリをする必要があるのかということですが、結論から言うとそんなことはしなくていいです。

これができる女性は上手だとは思いますけどね。

できることをできないと言ってしまうことに引け目を感じたり、何か負けた感じを味わってしまうのが嫌だと思う人はいそうです。

 

できないと言って優位に立たせるのは一つの戦術としてはアリです。

「しょうがないなー」を引き出す方法でもありますしね。

 

でも、もっとおだてたり、自分を下げたりする必要はほとんどないんですよ。

本当に必要なのは、彼に動くきっかけを与えるだけです。

 

自分でもできることを、男性の仕事だと言ってやってもらうことに意味があります。

よくペットボトルのキャップの話が例に出てきますよね。

今時ペットボトルのキャップを開けられない女性はいません。

固くてもその気になればできるでしょう。

 

通販で届いた荷物を玄関から奥の部屋に運ぶのだって、普通は自分でできるわけです。

なぜなら自分で注文している商品なんですから(笑)。

一人暮らしなら、全部自分でやります。

 

極端な話で言えば、ドアだって自分で開けられますよね。

やろうと思えばいつでも何でも自分でできる。

それが女性です。

 

でも、あえて頼む。

 

それも女性ですよね(^^

なぜ頼むのか。

 

それは、単純に嬉しいからです。

自分で開けられるはずの店のドアを、男性が開けてくれたら嬉しいわけです。大した理由はないんです。

彼らが動く理由は一つだけです。

女性が喜ぶからという理由です。

 

過去の記事でも色々話しているかもしれませんが、やらせとけばいいんですよ。

彼らはそれをしたいと思っているんですから。

したいと思っている人に仕事は任せるべきです。それが姫の仕事です。

自分で彼らの仕事を奪ってはいけないのです。

 

この記事を男性が見たら、「何ふざけたこと言ってやがる」と思う人もいるかもしれませんが、実際のところ、心の奥底では、自分がしたことで女性が喜ぶと嬉しいことは知っているんですよ。

本当はそれを味わいたいと思っているんです。

 

心の余裕は必要だと思います。

心の余裕と一緒に、自分でやってしまおうとする気持ちを抑えてみることも考えてみるといいですね。

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

    • みみみ
    • 2018年 9月 05日 21:43:35

    昔、とてもスマートに椅子を引いてもらったことを思い出しました。
    慣れていなかったのでたいそう慌ててしまいましたが、もっと素直ににこにこ笑って「ありがとう」って言えば良かったな。。。
    この間もドアを開けてもらった時に申し訳ない気持ちになってしまったのですけれど、これからは気にせずどんどんやってもらおうと思います。笑

↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント