恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

掃いて捨てるほどいる女とはどんな人か

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

なんと今月、ブログの記事を1つしか書いていないらしく、急遽書くことになりました(^^;

あと2時間ありまっせ!

という応援が来たので、それに応えることにします。

 

先ほどのメルマガで、女に困っていないという男は「掃いて捨てるほどいる特徴のない女に興味がないだけ」という話を書いたところ、こんな質問をメールでもらいました。

掃いて捨てるほどいる特徴のない女って具体的などんな女性のことを指すんですか?

なんかこういう質問が来るような気はしていました。

そして、こういう質問をしてくる女性は、自分がそれに該当するに違いないと心のどこかで確認にも似たものを持っていて、それを確かめようとしているんです。

 

特別にこれについて説明することにします。

これは一発で分かります。

一発です。

 

見た目とかじゃないんですよね。

もっと簡単なことです。

それは、自分の価値を低く見積り、男性に追いすがる女性です。

いつまでも過去の亡霊に取り憑かれ続けている女性も全く同じですよ。早く目を覚まさないと。

 

男性から見て、自分に寄ってくる女性はほぼ例外なくこれです。

このブログでずっと言い続けていることですよね。

男性にとっては、女性というのはいつも追いかける対象なんです。言い方は悪いですが、獲物みたいなものです。

それが自分から寄ってくるような獲物は、必死になって狙うべき獲物でもなければ、大事に育てるべきものでもないんです。

ちょっと考えたら分かることです。

 

とりわけ大事なのが、自分の価値を低く見積もっているというところです。

実はこの自分の価値の見積もり方というのが、女性を悩ます多くの問題の一番大きな原因になっています。

自分はこんなもんじゃないはずだと思っている女性は、現状の扱いに不満があるわけです。

そういう女性は、世の中に多くいる「特徴のない女」の群れに同化してしまっていることにいち早く気づくはずで、さっさとそこから脱しないといけないと感じられるようになります。

その結果、群れから抜けて特徴のある魅力的な人に生まれ変わるんですよね。

 

女に困っていない男というのは、メルマガにも書いた通りで、特徴のない女に困っていないというだけです。

女性そのものに興味がないわけじゃないんです。

彼らこそ、実は本物を探しているんですよね。しかし本物というのがなかなか見つからないわけです。

だから半ば諦めかけていて、手頃なウサギで遊んでいるという感じです。

 

ちなみに僕は、これまでもウサギとかアジとかの表現をしていますが、すべて価値がある女性だと思っています。

だからこそこのブログをずっと書き続けています。

問題なのは、ウサギは自らウサギに甘んじてしまっている結果だということです。

 

自分が価値ある女性であるということは、恋愛の勉強をし始めたのであれば、自分でもそれを知覚しないと始まらないんですよ。

少しでもいいからそれを知覚して、「もしかしたら私はウサギじゃないのかもしれない」と思わないといけないわけです。

世の中の大半の女性は、ウサギでいい存在ではありません。

自分で本気でウサギに成り下がっていたいという奇特な女性もいるので、そういう人たちにはウサギでいてもらったらいいと思います。

それが彼女たちにとっての幸せなので。

 

でも大多数の女性はそうじゃないんです。

だったらまず気づかないと。

まず、自分で知覚しようと試みることです。そのために必要なものが、恋愛の勉強にすべて揃っているでしょ(^^

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (22)

    • mimoza
    • 2017年 5月 17日 18:42:19

    女同士の戦いがあって、追い出されたような形になったある会へ、別格の待遇で行けることになりました。

    >自分はこんなもんじゃないはずだと思っている女性は、現状の扱いに不満があるわけです。

    芯を持って、見た目を綺麗にしていると、いいことありました。
    あとは色っぽさも。

    • mimoza
    • 2017年 5月 17日 20:24:09

    それはそれで、また戦争勃発なのですよね(笑)。
    まあ、ゆるゆるいきましょう。

    そういう場所では、名刺を忘れていきます。
    「あら、うっかりしていました」って。

    敵を作らない。
    あの人を通してしか連絡できないようにする。
    そのために。

    賢い女性、出すぎた女性は嫌われるので、極力黙っていなきゃ。
    聞かなくていい話には、ぜったいに首を突っ込まない。
    流行の言葉、難しい言葉は使わない。
    揚げ足をとらない。
    反論しない。
    質問しない。
    柔らかい言葉の肯定文だけで、話を楽しく続かせる。
    質問していいのは、相手が質問してほしいことだけ。
    質問されたときは、相手のほしい答えを、適切な長さと内容で答えること。

    日本一怖い場所らしい。
    そう感じる。
    寵愛されるのもなかなか一苦労。

    • ほたる
    • 2017年 5月 19日 9:39:15

    私、うさぎだった?かも!

    昨日、他の可愛い女の子に
    優しくしていたのを見て、
    私にしてたような同じ態度やん!
    ってめっちゃ悔しい思いをした。
    これと同じ事されて
    喜んでた自分に腹がたつ!!

    帰る時も私にはそっけなかった。
    挨拶くらいちゃんとして

    私にヤキモチ焼かせようと、
    ワザと見せつけてるのかなーって事に
    しときます。

    その間、私はここで黙々と勉強をし、
    カモの前では平然とした態度で
    「ニコニコ」って笑顔で居てやります。
    モデル?の卵の若い子になんて
    負けません。

    私の価値を考えて、
    私が想うのに相応しい相手なのか、を
    もう一度、じーーっくりと、考えます。

    • ほたる
    • 2017年 5月 19日 11:39:31

    《群れから抜けて特徴のある魅力的な人に生まれ変わるんですよね。》

    そうでした。
    群れから出て、勉強して輝こう!

    カモは結婚しても
    「ずっと恋愛したいっ」って言ってた。
    恋愛中毒⁈

    手頃な特徴のない女性を
    囲っておきたいって事か。

    私はその中の1人になるのは嫌。

    自分の事に集中するんだった。
    でも、会うとダメ。考えてしまう。
    どこに惹かれてるんだろ。
    考えるなら、好きになった理由をもっと考えよう。

    • 翡翠
    • 2017年 5月 21日 17:58:55

    私は価値のある女。

    もっと深く実感するためには、思考回路の定着を図らねば。

    • mimoza
    • 2017年 5月 26日 1:19:02

    ナンパ男子のブログを読むと、ウサギちゃんから本命へ移行するときの、男性の気持ちや行動パターンがよく分かる。

    みんな美人が好き。
    スト高と呼ぶらしい。
    美人でスタイルがいいのが最高。
    美人で、本命にできそうな女性を見つけると、あとの女性は、どうでもよくなるらしい。

    相手するのもメンドくせーって感じ。
    何度も連絡してくんなよ、彼女だと思ったのに、またお前かよーって感じ。

    本命の彼女から返信がくると、ベッドの上で飛び跳ねるらしい。
    きたーーーー!!!って叫ぶらしい。

    番外編として、ナンパな自分を上から目線で説教してくれる女性も、本命になりえる。
    これは母を求めるパターンと見た。

    • 翡翠
    • 2017年 5月 27日 7:51:07

    もしかしたら、というか、私はそもそもうさぎなんかじゃない。私はトラよw

    • 華子ちゃん
    • 2017年 5月 28日 14:50:37

    私の叔母が独身のまま去年亡くなりました
    独身でも幸せな人生もあるかもしれません
    でも私は、好きな男性な大事にされて
    ほしいと思われて、一緒に寄り添ってほしいと思う
    叔母もそうだったのではないかと思うのです
    片付けをしててそう思いました

    叔母とは仲が良かったのですが
    彼女は自分を大事にしすぎだった気がします
    大事、というかkouさんのいう攻略余地を見せていないというか、
    臆病というか…
    高嶺の花になってしまっていたと思う

    なので、迷うのです
    男性に対し、このお誘いは
    ウサギに該当する扱いなのか、
    女性としては物足りない扱いと思っていいのか(大事にできているという意味で正しい判断なのか)、
    求めすぎなのか、
    わからなくなる時があります

    なので、結局かなり直感で、
    そしてたまに適当にyesだったり、noだったりの回答をしてしまってます

    こんなんで平気なのかしら

    • かほ
    • 2017年 5月 28日 18:34:43

    うだうだしてる人ってたくさんいる。
    私含めて。てか、うだうだしてたんだけどねさっき、電車のなかでね。
    そういう時って、隙だらけなんだろうな。

    自分の幸せは彼次第、自分で決めたようでいて彼次第、彼に追ってほしい、自分は何もしたくない

    私は、女性はなにもしなくていい=受け身でいればいいものじゃない、と思いました。だけど、気がついたらそうなってた不思議(過去の話)。

    やっぱり、自分のことを充実させることがまず全てと言い切ってしまっていいんだろうなって、自分の経験やここでたくさん読んだ記事、コメントから思いました。

    やっぱり重いですよ。思い出したんです。魅力的な恋愛をしたかったら、魅力的な自分にならないとダメです。いつの間にかその資格を失います。最初はよくても。
    恋愛じゃなくても。最近思うことがあったんです。あとねー、何年も前の体験思い出したなー。今もたまに思い出すんですけどね。同じサークルの同期の女の子。自分の足で立つ気がなくて、常に誰かに寄りかかりたい人は、支えたくても支えきれないよ。やっぱり、皆話聞かなくなって腫れ物触るみたいになってた。腫れ物だったらいいけど……もはや苦手になってた。それだからますますこっち来る。男も渡り歩いてた。そこはちゃっかりしてる。よりによってサークル同期の元カレたちピンポイントで。いちいち元カレの悪口広めちゃダメだって。お宅そりゃあ味方いなくなるよ。

    元カレ(上の話とは関係ない人です)と付き合ってた頃の私みたいにうだうだ迷う全ての女に対していつも思う。願ってしまう。
    自分で決めたなら、迷わないで最後まで行っちゃいなよ。後悔なんてしても仕方ないんだよ。だって、どっちかを選んだらどっちかは捨てるに決まってるんだから。それよりも選んだ方を本物にするって考えた方が早いって。それは、別れるにしろ続行するにしろしばらく一人で考えるにしろさ。決めちゃったことなんだから。

    選んだことへの後悔に身を浸してるうちは、自分の決断に責任持ってないから。その決断をしたら、相手がどう出るかってのを、まだまだ気にしてる証拠なんだよ。

    本当は自分のためではなく、まだどこかで「決断」を相手を動かす手段として扱ってる。
    まあ、それも恋愛テクとして考えてるうちはアリなんだろうけど、そう思ってやってるうちは思うように運ばないと思う。
    これが他人主体ってやつなんだろうな。

    ↑↑……って、その子に言えればよかったのにね。寄り添ったことしか言えなかった。
    まあ、その子は結局その後…………って感じでした。私の中でますます株落ちることがありまして。もう本当に無理ってなりました。向こうはどう思ってるかは知らない。申し訳ないがもう二度と会う気がしないし会ってない。

    そういう感じだから、もしかしたら私は友達なんていないのかも?だけど、それでもいいのかも。私ってなんでこんな愚かなんだろう。でも、昔の愚かさと今の愚かさは、種類が違うと思う。

    とにかく、今は迷いを持ってない人だけを見て進もう。

    • かほ
    • 2017年 5月 28日 23:54:31

    そういえば、このコメントを書いて見て思い出しました。前にお世話になってた恋愛カウンセラーは、駆け引きはすべきだといいながらも、最後に心をつかむのは小悪魔より天使だと思うと言っていました。

    今思えば、その人が言う天使も、無償の愛も、自分を満たせていて主体性のある女性がするから意味があるし、自然にできるようになるのだろうと思いました。

    • 海音 笑顔週間9週目中(^-^)/
    • 2017年 5月 29日 3:55:52

    ●彼なりの愛情に気づき
    ゆったり構えて、接してみる(^-^)☆●

    >群れから抜けて特徴のある魅力的な人に生まれ変わるんですよね。

    抜け出すぎたヲタクパワーが、
    そんな効果を…(笑)

    今日はすごくストレスでした。

    だからこそ、ゆったり構え、
    自分のペースを守ろうと思いました。

    そういうのも。

    以前に親しくなった女性が
    私が彼を好きなのを知っていながら、
    彼にベタベタしているんです…

    自分は他の女性が同じ事された時に
    「人としてありえへん!」と言いながら、
    …してる。

    他にも言われたことのないような
    暴言を言われたりした。
    そんな人は私の周りにはいない。

    だから今は、層が違うんだって
    あまり交流しなくなりました。

    その女性は先輩が好きなのです。

    先輩は最近、なぜかいつも傍に来ます。
    何も話しかけてこないけど
    傍には寄ってきて、まるで彼のようです。

    話さないので話しかけてみると
    うれしそうで、
    彼みたいな最近の先輩です。

    最近にずーっと先輩が見てくるので
    暇なんやなーって放っておいたんです。

    少ししたら、
    私をその子が見てきていて…

    それ以来、何をしていてもその子は
    ずっと見てくるんです。

    やり返し、なのかな。

    そんなことでストレスを感じて
    他は楽しかったのに、

    楽しくなくなったから
    周りは見ずに、
    彼と向き合って恋愛します!!!

    • あえか
    • 2017年 5月 29日 15:38:37

    自分から味見させたくせに後から料金請求するような狡いことしたら女が廃ります。

    そんなのほんの一部ですから。

    • 琉架
    • 2017年 6月 06日 4:06:09

    ウサギ関連かと思いましたのでこちらに。

    別の記事に書かせて頂いたコメントで、恋愛関係にはない友人と縁を切った話をしました。
    そのコメントを書いている時にふと、私はウサギ扱いというか、チヤホヤ要員のようなものだったのかしら?と感じました。
    この記事に書かれている特徴のない女性と同じというか。
    友人の彼にとって、たくさんいる女性の友達の一人だろうという感覚は以前からあったのですよね。
    彼の特別になりたいという思いでは全くなかったのですが、友人であっても私はウサギ扱いされるのが嫌だったのだと思います。
    ちょくちょく彼の私に対する扱いが不満であり、反発していたのですが、結局は許していたのでウサギと変わらなかったのでしょう。
    今日一日彼の様子を見ていましたが、私が居ないなら居ないで他のウサギ候補の女性何人かと楽しく過ごしていたようなので、友人と思っていたのは私だけなんだなぁとがっかりしました。
    それとも男性にとって女性の友人というものは、ウサギに近いものになってしまうんでしょうか。
    この辺りの感覚が私にはまだ分かりません。

    少なくとも彼のウサギの中から抜け出せた事は、良かったと思います。
    度々彼の言動に違和感を感じ、ストレスがありましたので。
    恐らくウサギ扱いされていることを内心感じていて、私が価値ある扱いをされていない事が嫌だったんですよね。
    その関係を今まで続けていたことは反省するところかもしれませんし、もっと早く私が女性としての自覚や、私自身を大切にすることを気づいていればもう少し距離感のある、違った関係を築けていたのかもしれません。
    ただちゃんと、ウサギ扱いは嫌だなと感じていたことに気付けた事は、良かったと思います。
    私女性としての価値は、忘れてなかったなぁって。

    もしかしたら既に記事があるのかもしれませんが、Kouさんに男女の友情はあるのか、その場合はどういった関係になるのか、お聞きしてみたいです。
    私今まで女性としての自覚が薄かったせいか、どちらかといえば男性の友達が多くて、恐らく男性側から見ると男同士の友人と似たような扱いをされていると思うんですよね。
    私自身がこれまでは望んできた関係です。不具合が出てない間はそれでも構わないのですが。
    女性として私が自覚していく上では、影響があるというか問題だらけな気がしていて、どうしたものかなぁと。
    彼らとの気楽な関係は楽しいんです。ですが女性として扱ってくれる男性とも出会いたいです。
    一度女性の枠から外れてしまうと、その方々に女性の扱いを受けるというのは難しいんでしょうか。うーん。

    • しろいるか
    • 2017年 6月 08日 12:20:34

    私は以前はウサギだったかもしれないね。
    でももうウサギじゃないんだよ。

    あなたの手の中にはいないんだよ(^.^)
    あっかんべーーーだ(๑˃̵ᴗ˂̵)

    • ぽんこたいちょう
    • 2017年 6月 12日 5:34:48

    私、掃いて捨てるような女でした。知ったからには、勉強していくからには、変わっていけるのだと思います。

    • Ellena
    • 2017年 6月 16日 12:29:37

    私はうさぎじゃない!

    • 美琴
    • 2017年 6月 16日 22:19:29

    >>それは、自分の価値を低く見積り、男性に追いすがる女性です。

    ドンピシャで私のことです。
    見つけようにも自分の価値なんか出てこない

    追いすがるに決まってるじゃない
    少しでも愛情をもらえる可能性があるなら追いすがりますよ
    そうでもしなきゃ誰も愛情をくれないんだから

    そういう人は他人の愛情を無視してるって言われたって、どれだけもらっても足りない
    ずっとずっと足りない

    • 海音 笑顔週間12週目中(^-^)/
    • 2017年 6月 17日 1:05:24

    ●女性だと感じる相手と恋愛する●

    最近に先輩に声をかけられて
    一緒にお仕事しました。

    その時にその先輩を好きな子が
    こっちへ来てたので

    先輩と話すのをやめ、
    気づいてないふりして仕事してたら

    その子は先輩に少し話しかけて
    通って行きました。

    それを見た時、先輩がその子に
    気持ちが無いのが分かったし

    まるで、彼に一生懸命だった私に見えた。

    一言でも話したい。挨拶でもいい。

    会話が出来ればうれしいし、
    一歩進んでると思ってた…後退してるのに。

    女性と話していてヤキモチから一言、
    自分から声をかけるアクションは
    『男性のお仕事』、ですね。

    ウサギの行動、ですね。

    • 海音 笑顔週間12週目中(^-^)/
    • 2017年 6月 21日 1:29:59

    ●女性だと感じる相手と恋愛する●

    お仕事してた間、ずっと睨まれてました…
    先輩を好きな女の子に。
    心当たりは先輩と挨拶したぐらいです。

    それに気づいたのは以前、仕事していたら
    先輩がずっと見てきてたのですが

    私にとってはいつものことだったけど
    彼女は初めて知ったようで…。

    それ以来、当てつけのように
    仕事してるアピールを毎日してくるのです。

    先輩が私を見る前は、
    いつも話してばかりで仕事してなかったのに。

    先輩が何か言ったか、
    何で先輩は見てるか聞いたのかな。

    最近はその上、
    彼と話ながらこっちをわざと見てくる。

    正直しんどいです。

    だけどあんな睨んだ顔を
    私はしたくないなと思うのです。

    ウサギに成り下がること。
    だから考えるのは、終わり!

    • 9595
    • 2017年 6月 25日 11:57:03

    元カレ語録
    ・お前はきれいな恋愛はできないな(寝違えたが(寝違えた事は話したが時間は変わらず)約束の時間が迫っていたためシップを貼ったまま会った日)
    ・俺以外好きになるやつなんていない
    ・出会い?無理無理お前なんか誰も選ばないよ(出会い酒場(?)の前を通りかかっただけ)
    ・(学生の頃遠距離のため夜行バスを使い会いに行った時)夜行バスでくるなんて女子力ないなー
    ・化粧はするな→(化粧をあまりぜず会う)→女子力ないな→(化粧をする)→化粧するな→エンドレス

    以上の言葉を真に受けて、ある意味洗脳されて、わたしはこの人にしか好きになってもらえない…でも女子力ないのか…何やってもけなされるしどうすれば
    しかしこの人はわたしを好きと言ってくれたからもっと頑張らなきゃ!!
    と思っておりました。

    基本デブス(デブ+ブス)とも言われてもいたので化粧も服装もやる気を失いつつあったが 洗脳されているので 頑張る。デブだけでも脱出しようと10kg減量しました。

    さて反応はどうかというと 喜びはしたようですがすぐさま 髪型なんとかならないの 攻撃

    完全なるうさぎは疲れはて爆発。本元カレはうさぎが怒るとは思わなかったんでしょうね。そのまま別れ話。

    長々と自分語り失礼しました。
    ただこの記事を見て、色々とおもいだしてしまったんです。
    わたしは男性に追いすがるつまらない人間であったことがよく分かりました。ただ減量をして新たな自分を見つけたことがうさぎ脱却のきっかけに繋がったのだと確信しました。

    良くも悪くもわたしを変えてくれた点では元カレに感謝しなくてはなりませんね。
    人をいつまでも見下そうとする人とは正直もう関わりたくないですけど…

    努力の方向が人のためになっていたとも気づかされたので 今度は自分のための努力をしたい。
    そして 自分だけという価値を見いだしたいです。価値とは 何か 考え続けねばなりませんね。

    • mimoza
    • 2017年 6月 27日 15:11:45

    私はリアルな世界では、ひどいことをやらかしても、ほとんどのことを周りから許される。
    結構な人脈を持っていたり、力を持っていたりするから。

    私を履いて捨てるよりも、私の欠点に目をつぶり、交流を続ける方が、結局は利益が大きい。
    それが理解できる人が集まり、さらに結構な人脈が広がり、力も増していく。

    その人たちのせいにはしないけれど、私は随分とワガママだ。
    何かが去っても、すぐに代わりはやってくる。
    無理に我慢しなくても、何も困ったことにならない。
    我慢をしない。
    壊れたものに興味もない。
    私が人を履いて捨てている。

    それをなんとかしようとするKouさんは、どうかしているかもしれない。
    そんな人は、これまでいなかった。
    いま側にいる人たちでも、そのままの君でいいとしか言わない。
    理由は「だって何も困っていないでしょう?」だ。
    そう、困っていない。
    これからも困る気配はない。
    手にしたものをキープする力を持っているし、磨き続けている。
    でも私は、そのままの私に安住しない感じがしてきている。

    たまたまここに来て、このブログの仕掛けの、あまりにハイレベルなことに驚愕し、こんな凄い仕掛けを作る人は一体何者だろうと、Kouさんを知ることになった。
    いまでも、ここ以上に綿密に仕掛けを作っているブログは知らない。
    私には、ただのデザインの凝り方はどうでもいい。
    学ぶ機能としての、ブログへの手のかけ方は、ダントツの1位だろう。

    たまたまは、時に人生を変える。

    • yummy
    • 2017年 6月 28日 20:40:55

    Kouさん、ようやく目が覚めました(*^^*)
    ここまで長かったです。
    連絡がきたらまたぶれるかもしれません。
    でも、私の価値がわかってきたからきっと大丈夫。

↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント