恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

掃いて捨てるほどいる女とはどんな人か

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

なんと今月、ブログの記事を1つしか書いていないらしく、急遽書くことになりました(^^;

あと2時間ありまっせ!

という応援が来たので、それに応えることにします。

 

先ほどのメルマガで、女に困っていないという男は「掃いて捨てるほどいる特徴のない女に興味がないだけ」という話を書いたところ、こんな質問をメールでもらいました。

掃いて捨てるほどいる特徴のない女って具体的などんな女性のことを指すんですか?

なんかこういう質問が来るような気はしていました。

そして、こういう質問をしてくる女性は、自分がそれに該当するに違いないと心のどこかで確認にも似たものを持っていて、それを確かめようとしているんです。

 

特別にこれについて説明することにします。

これは一発で分かります。

一発です。

 

見た目とかじゃないんですよね。

もっと簡単なことです。

それは、自分の価値を低く見積り、男性に追いすがる女性です。

いつまでも過去の亡霊に取り憑かれ続けている女性も全く同じですよ。早く目を覚まさないと。

 

男性から見て、自分に寄ってくる女性はほぼ例外なくこれです。

このブログでずっと言い続けていることですよね。

男性にとっては、女性というのはいつも追いかける対象なんです。言い方は悪いですが、獲物みたいなものです。

それが自分から寄ってくるような獲物は、必死になって狙うべき獲物でもなければ、大事に育てるべきものでもないんです。

ちょっと考えたら分かることです。

 

とりわけ大事なのが、自分の価値を低く見積もっているというところです。

実はこの自分の価値の見積もり方というのが、女性を悩ます多くの問題の一番大きな原因になっています。

自分はこんなもんじゃないはずだと思っている女性は、現状の扱いに不満があるわけです。

そういう女性は、世の中に多くいる「特徴のない女」の群れに同化してしまっていることにいち早く気づくはずで、さっさとそこから脱しないといけないと感じられるようになります。

その結果、群れから抜けて特徴のある魅力的な人に生まれ変わるんですよね。

 

女に困っていない男というのは、メルマガにも書いた通りで、特徴のない女に困っていないというだけです。

女性そのものに興味がないわけじゃないんです。

彼らこそ、実は本物を探しているんですよね。しかし本物というのがなかなか見つからないわけです。

だから半ば諦めかけていて、手頃なウサギで遊んでいるという感じです。

 

ちなみに僕は、これまでもウサギとかアジとかの表現をしていますが、すべて価値がある女性だと思っています。

だからこそこのブログをずっと書き続けています。

問題なのは、ウサギは自らウサギに甘んじてしまっている結果だということです。

 

自分が価値ある女性であるということは、恋愛の勉強をし始めたのであれば、自分でもそれを知覚しないと始まらないんですよ。

少しでもいいからそれを知覚して、「もしかしたら私はウサギじゃないのかもしれない」と思わないといけないわけです。

世の中の大半の女性は、ウサギでいい存在ではありません。

自分で本気でウサギに成り下がっていたいという奇特な女性もいるので、そういう人たちにはウサギでいてもらったらいいと思います。

それが彼女たちにとっての幸せなので。

 

でも大多数の女性はそうじゃないんです。

だったらまず気づかないと。

まず、自分で知覚しようと試みることです。そのために必要なものが、恋愛の勉強にすべて揃っているでしょ(^^

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (5)

    • mimoza
    • 2017年 5月 17日 18:42:19

    女同士の戦いがあって、追い出されたような形になったある会へ、別格の待遇で行けることになりました。

    >自分はこんなもんじゃないはずだと思っている女性は、現状の扱いに不満があるわけです。

    芯を持って、見た目を綺麗にしていると、いいことありました。
    あとは色っぽさも。

    • mimoza
    • 2017年 5月 17日 20:24:09

    それはそれで、また戦争勃発なのですよね(笑)。
    まあ、ゆるゆるいきましょう。

    そういう場所では、名刺を忘れていきます。
    「あら、うっかりしていました」って。

    敵を作らない。
    あの人を通してしか連絡できないようにする。
    そのために。

    賢い女性、出すぎた女性は嫌われるので、極力黙っていなきゃ。
    聞かなくていい話には、ぜったいに首を突っ込まない。
    流行の言葉、難しい言葉は使わない。
    揚げ足をとらない。
    反論しない。
    質問しない。
    柔らかい言葉の肯定文だけで、話を楽しく続かせる。
    質問していいのは、相手が質問してほしいことだけ。
    質問されたときは、相手のほしい答えを、適切な長さと内容で答えること。

    日本一怖い場所らしい。
    そう感じる。
    寵愛されるのもなかなか一苦労。

    • ほたる
    • 2017年 5月 19日 9:39:15

    私、うさぎだった?かも!

    昨日、他の可愛い女の子に
    優しくしていたのを見て、
    私にしてたような同じ態度やん!
    ってめっちゃ悔しい思いをした。
    これと同じ事されて
    喜んでた自分に腹がたつ!!

    帰る時も私にはそっけなかった。
    挨拶くらいちゃんとして

    私にヤキモチ焼かせようと、
    ワザと見せつけてるのかなーって事に
    しときます。

    その間、私はここで黙々と勉強をし、
    カモの前では平然とした態度で
    「ニコニコ」って笑顔で居てやります。
    モデル?の卵の若い子になんて
    負けません。

    私の価値を考えて、
    私が想うのに相応しい相手なのか、を
    もう一度、じーーっくりと、考えます。

    • ほたる
    • 2017年 5月 19日 11:39:31

    《群れから抜けて特徴のある魅力的な人に生まれ変わるんですよね。》

    そうでした。
    群れから出て、勉強して輝こう!

    カモは結婚しても
    「ずっと恋愛したいっ」って言ってた。
    恋愛中毒⁈

    手頃な特徴のない女性を
    囲っておきたいって事か。

    私はその中の1人になるのは嫌。

    自分の事に集中するんだった。
    でも、会うとダメ。考えてしまう。
    どこに惹かれてるんだろ。
    考えるなら、好きになった理由をもっと考えよう。

    • 翡翠
    • 2017年 5月 21日 17:58:55

    私は価値のある女。

    もっと深く実感するためには、思考回路の定着を図らねば。

↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント