恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

愛情を受け取る人

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

少し時間が経ってしまいましたが、そろそろこの解答をしようと思います(^^

愛情を受け取らない人

ちゃんと回答コメントを書きましたか。

これを書いている時点で、770件近いコメントが付いています。

 

かなりぐるぐる考えたと思います。

コメント欄を見ていても、それがよく伝わります。

いいんですよ。考えることに意味があります。

 

問題はヴァイオリン職人の話でした。

A:頂ける機会ならと喜んで教えを受ける

B:本来求めている方法ではないので遠慮する

このどちらを選びますかというのが問いですね。

 

ここで僕が正解として伝えたいのは、「A」です。

単純に考えると、分かりやすかったと思います。

いろんな条件を混ぜて考えた人ほど、難しい方向に行っている気がしました。

 

今回の設問で問いたかったのは、愛情の受け取りやすさについてです。

体質のことですね。

必ずしも、夢や目標を実現することがポイントではないということです。

 

「B」を選んだから即間違いということではないのですが、Bを選んだ人はほとんどがかなり難しく考えてしまっています。

ヴァイオリン職人として大成することを最終目標として考えたとき、もしかすると一人黙々と研鑽を積みつつ、伝説の職人の懐に入るチャンスをうかがっている方がいいこともあるかもしれません。

 

しかし問いたいのはそこではないんです。

愛情の受け取りやすさです。

つまり、愛されやすさですね。

 

誰しも、愛されたいと思っています。

より愛される体質になりたいと願っているわけです。

でも、心の中では愛されたいと願い続けながら、なぜか愛されにくい方の行動を取ってしまっているんですよね。

 

「A」と答えた人の中には、実際にその行動が取れるわけではなく、普段は「B」の拒否がデフォルトになっていて、「本当はAがいいに違いない」と思っていた人もかなりいるはずです。

愛情というのは、受け取る人にしか与えられないんです。

 

このことをよく知ってください。

あなたは理解できるはずなんです。

 

気持ちよく受け取らない人に、新たな愛情を与えたいとはなかなか思えないものです。

ちょっと想像してみるとすぐに分かることで、人の優しさよりも自分の我やこだわりを優先し続けることによって、「愛情を与えなくてもいい人」として認識されていくようになります。

 

自分が与える側になると、このことはより鮮明に実感できるようになっていきます。

同じ愛情を注ぐのであれば、それを気持ちよく受け取ってくれる人に与えたくなるものなんです。

 

女性だったら、料理が分かりやすいと思います。

あなたが作った料理を何でも喜んで食べてくれる男性と、自分の強いこだわりに一致しない料理は頑なに拒否するような男性と、一体どちらに料理を作ってあげたいか。

考えなくてもすぐに決まりそうです(^^;

 

ヴァイオリン職人の話と料理ではレベルが違いすぎると思うかもしれませんが、問いの内容は同じなんです。

教えてももいいと言ってきた先生の愛情を素直に受け取れる人は、その他の人からの愛情も受け取りやすくなります。

 

それから、恋愛に置き換える必要はないという補足もしました。

恋愛に置き換えると、問いとは関係のない全く違うテーマが出てくるからです。

それが、

嫌いな男性からのアプローチを受けないといけないのか?

というものです。

 

当たり前ですが、受ける必要なんかありません。

同じ問題じゃないので。

ただし、好意は好意としてもらっておくのは問題ないですね。

 

この辺が意味が分からないと言われそうです(^^;

相手からの好意を受け取るのと、応じるのは全く別だということです。

好きな男性以外からの好意を、まともに受け取れない女性がいるんですよね。

 

「その好意は要らないです」

と言うのと、

「好意はすごく嬉しいです。でもお誘いには応えられません。」

と言うのとでは、180度違います。

少なくとも愛情を受け取っているか、受け取っていないかという意味では、正反対の態度になるわけです。

 

ヴァイオリン職人の例で言えば、僕はとにかくまずは受けられる教えはありがたく受けた方がいいと思います。

授けてもらえるものは、何でも吸収したらいいんですよね。

受け取ってみて判断してもいいんですから。

それから、最近のメルマガで「取引」の話をしました。これにも通じることですが、先生の立場を想像してみるとさらに面白くなります。

先生はなぜ教えてくれるんでしょうね。

なぜ労力を割いてまで、面倒を見ようとしてくれるんでしょうか。

 

何でも素直に飲み込み吸収してくれるような人は、当然それが力になって表れます。

それを見て、さらにすごいものを託してもいいと考えるようになります。

何でもそうだと思うんですが、奥義に相当するような大事なものを譲り渡す相手は、人を選ぶんです。

育てる価値があると思われているからこそ、教えてもらえるわけです。

 

恋愛の場合は、とりあえずもらっとくというようなことをし続けていると、主に女性の方にリスクが来るので、同種の具体例としては適切ではないんですよね。

 

奥義に相当するようなレベルの愛情を得たいと思いませんか。

それを得るためには、そもそもまず愛されやすい体質になっていないと始まらないのです。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (30)

    • mimoza
    • 2017年 5月 04日 21:39:04

    寵愛してくれている先生は、どう思うのかなって考える。
    短期的な利益は無いよりはあった方がいいって言うのかな?って考えてみたけど、いや、そんな先生じゃない。

    私は魂から、その先生に惚れている。
    その先生以外、ついていく人は考えられ無い。

    そんな先生が、短期的な利益を取れと言うはずがない。

    私が信じる道を行こう。
    それが、先生と同じ道を行くことになるはずだから。

    先生には、何も言わない。
    私の作り上げていく道が、きっと見えているはずだから。
    それくらい、信じてる。

    なんか、いろんなことがシンクロして、今日は忙しい。

    • りほみ
    • 2017年 5月 05日 9:09:20

    なぜ労力を割いてまで、面倒を見ようとしてくれるのか。
    何でも素直に飲み込み吸収し、それが力になった姿を見たから。
    さらにすごいものを託してもいいと考えるようになる。
    奥義に相当するような大事なものを譲り渡す相手は、育てる価値があると思う人。

    つまり、相手からの好意を素直に受け取って(感謝する、喜ぶ)、それをちゃんと生かすことができると(結果を出す、身に付ける)、いつか大事なものを渡したくなるのかな(奥義、未来)。

    • linolea
    • 2017年 5月 05日 13:53:22

    A、教えて貰います。
    ついでに その先生の人間性など独自の素晴らしい点も学ばせて頂きます。
    育ったのが嬉しければ先生に報告します。先生側の立場であれば、育て甲斐があるのは嬉しいし育つのは喜びですよね?こんなに成長するなんて先生=自分、イケテルってひっそりと自画自賛しませんか 笑。
    世の中って、知らなかったり気づかなかったりするだけで、素敵な事や美しい事 素晴らしい事が沢山あるのだと思います。それに気づいて、沢山心を揺さぶられる事は、人生を豊かにしてくれますね。

    昨日から、目についたブログにコメントしようとする度に、書きたい内容が同じな気がしています。これは、kouさんがおっしゃる 書いている事は一貫して同じ だからでしょうか?
    好意はありがたくいただきます。同時に、距離感、扱われ方、関係性、理想は、自分が納得いくところを目指します。環境・人間関係・仕事・自分自身、主体性をもって生きるという事でしょうか。自分が望んでいるのは何か、自分の本心は何か、自分の心に素直になります。

    忘れちゃいそうです。思考回路の根底に埋め込みたいです。

    • Mon chaton
    • 2017年 5月 05日 20:34:17

    愛されるのが大好きです。
    名前にも、愛が入ってますしね( ˙˘˙ )

    そして、私、彼とキスするのがすごく好きです。
    kouさんのいう、唇の価値の話、すごくよく分かるんですが、私はキスしたい時にキスしたいです。

    私がキスしたいと思った時、キスしたいです。
    なので、気分次第なのです。

    キス=心を奪われる

    かあ。。
    ちょっと、納得いきません。。

    私は、恥ずかしながら
    元彼と別れるギリギリまでキスしましたが、
    心は奪われませんでしたし、
    何も感じませんでした。

    私はキスで心を奪われないと勝手に自分で思っているのですが、どうでしょうか?

    • ピンキーリング
    • 2017年 5月 06日 17:08:53

    謎解き、わかったかも。
    はい、かもですよ。笑
    でも。。。今時間なくて考えを整理することも、コメント書くこともできません(>_<)
    あーモヤモヤする!!

    • ぶどう
    • 2017年 5月 06日 17:14:54

    彼と会わないGWの間、少し冷静に、彼との関係がこじれた(優しくされなくなった)のは何故かを考えることができました。
    水希さんという元ホステスで心理カウンセラーの方の著書を読んだのですが、Kouさんが女性に化けて書いたのかしら?と思うくらい、同じようなアドバイスがあったのも、心の整理を助けてくれました。
    私は彼が好きだから、彼のことを受け入れているし彼に対しては優しい、それは溢れでるものだから、彼にも伝わっているはずとの思いがありました。(餌やりも怠りませんでしたし。。)
    それなのに、冗談でも怖いと言われたり、餌もスルー、彼からは話し掛けてくれないしうまくいかない。
    でも今改めて彼とのやり取りを思い出してみると、彼が私に小さな好意(人間関係上の)を示してくれた時、それを素直に受け取らずに突っぱねる様な言葉で返したり、態度だったり、いくつもしていた事に思い当たりました。
    今思えば、愛され慣れていない事からくる、愛情に対する居心地の悪さみたいなものでした。Kouさんが”そんな人居るかと思うでしょうがホントに居るんですよ” という、自分から愛されない様な行動を取ってぶち壊してしまう様なことですね。
    私は全く無意識でしたし、単に照れくさかった、彼に恋愛感情がないのが不満だった、などと自分では分析していたくらい、気づかないままに彼が萎えるような態度をとってきたんですね。
    (例えば仕事中、彼が何真面目に仕事してる振りしてるの!とからかってきた時に酔ってるの?とか、ぶどうさんを以前見かけていたら忘れるはずないとの軽口にそういう事言って欲しい訳じゃないよ、とか。一方でせっせと餌やり&好きアピール。破綻してますよね 笑)
    彼にしてみれば、私には意地悪言ったほうが私の対応が滑らかだから(それを私が彼の好意の裏返しといい風に解釈しようとしていた事も手伝って)、そんな関係性が1年掛けて出来上がってしまいました。
    お休みが明けたら、彼がまた小さな好意を示してくれるかはわからないけれど、素直に喜んで受け取るよう自分の気持ちをコントロールできる様に心掛けよう。
    これまで決してうまくいってはいないけれど、それでも私を気にしてるかな?と彼に対して感じることは
    ありますし、彼の気まずい認定はこれからでも変えていけるはず。。
    ちはなさんがいちごいちごさんとのやり取りで印象的なコメントをされていて、それも私を力づけてくれます。
    彼を好きな気持ち、彼を大切だと思う気持ちを大切に、そして、失敗したなーと思うことがあるかもしれない、そんな時はまた新しく始めればいいのよ、と。

    • mimoza
    • 2017年 5月 07日 1:36:28

    古典の師匠に、個人的に教わったのは、
    「間違った人、人格の劣った人を、決して口で責めてはいけない。あなたはいつも通りに過ごし、変わらずに優しく接して、いつかはその人が『こんな自分は恥ずかしい』と気づく手伝いをしなさい」
    ということでした。

    最初は、とても難しく感じました。
    「どうしてそんなことをしたの?」と一切聞かないで、今まで通りに接することが難しく感じました。

    でも次第に、いちいち口で「あなたは間違っている」と教えるよりも、確かに、生き方で示す方が、より多くの人のためになるのだと気がつきました。
    何よりも、自分のためになると分かりました。
    気づくのにも、その人なりのタイミングがあって、因果応報と同じく、そのときは良くても、いつかは帳尻が合うのだとも。

    「恥ずかしい」という感覚は、自己正当化することに慣れてしまったり、周りがルーズになると、次第に薄れてきます。
    でも「恥」の文化は、私は忘れてはいけないものだと感じます。

    師匠から、非常に重要な愛情を受けました。
    その恩返しは「見ていてください」と、日々頑張ることだと言われました。
    優秀なお弟子さんが全国に数多くいらっしゃるのですが、私も負けないよう、日々精進したいと願っています。

    • 由ゆこ
    • 2017年 5月 07日 14:03:58

    最近、友人からの愛情をうまく受け取れていませんでした。
    それ、要らないです。と言いそうになってました…。

    でも正直、連絡をもらったり誘われたりするのが辛いときがあります。
    どうしてだろう?
    相手が、自分の価値を低く見積もって追いすがっているように見えるからだろうか。

    あんまり白黒つけようとしすぎない方がいいかな。なんでも時期があるのだと思うようにしているところです。

    • ピンキーリング
    • 2017年 5月 07日 20:22:44

    Kouさん、的外れかもしれませんが。。。
    ものすごーーーく時間をかけて考えたので読んでください(^^)

    いただいたヒントを元に考えました。

    「取引」も「人間関係」も、常に「相手の優位に立つ」ことを考える。
    相手が何を望んでいるかがわかれば、相手をリードすることができる。
    相手の気持ちを的確に理解し、意のままに相手を
    リードする。
    そのためには、人間を「見る」のではなく「観る」。
    単に表面だけを「見る」のではなく、五感をフルに使い「観る」。
    女性は男性よりも五感が優れている。(だから勘が鋭いのでしょうね)

    つまり、女性は相手を観て、何を望んでいるかを理解し、リードするのが得意ってことです。
    (あ、この話は餌撒きにもつながりますね)

    優位に立つことを考えるとなると、打算的に思う人もいるでしょうが、多かれ少なかれ誰しも感覚的に持っているものなんじゃないかな?と私は思いました。
    有利な立場と不利な立場、どちらか選ぶ(選べる)としたら、不利な立場を選びたい人っているだろうか?ということです。
    いや、女性はそんなこと考えなくても、元から有利な立場を選ぶ感覚が備わっているんですよね。
    だから不利な立場になった場合、気づくはずなんです。

    • ピンキーリング
    • 2017年 5月 07日 20:23:57

    それと、先生の立場で考えてみました。

    先生は育てる価値があると思ったから、教えるんですよね。
    でも、さらにすごいものを託したり、奥義を譲り渡すとなると、相手をしっかり「観て」判断します。
    託したり、奥義を譲り渡してもよい相手なのか?
    そして、それを素直に受け取ってくれる相手なのか?

    これは男性が女性に投資するときの心理にもつながるなぁと思いました。

    以上です。
    あとは、解答をおとなしく待ちます☆

    • かすみ
    • 2017年 5月 09日 18:23:30

    先ほど別の記事にコメントさせてもらいましたが、
    投資云々同情云々で考えず、まずは相手からの「心配してます」っていう気持ちをそのまま受け取ってみようと思います。
    理解していないまま投資行動に繋げようと思っても無理ですね!
    まだわかってないんですもん!(笑)

    なんだかんだちょこちょこ連絡が取れるうちは良しとして、正解を送ろうとする思考をなんとかしないといけないかも…と思いました。

    追記
    素直に「まあまあ頑張ってます(^ ^)」と送ったら即返信来ました!
    ひねくれていちゃダメですね。
    自分主体で前向きに。を自分に刷り込まないと!
    元彼さんへの返信はまた後日送ります!

    • mimoza
    • 2017年 5月 10日 20:58:21

    愛情は多方面から降ってくる。

    面白いなあって思うのは、夫婦円満の専業主婦の女性も、仕事が上手くいっていて多くの人に愛される女性に嫉妬したりする。
    嫉妬までいかなくても、モヤモヤしたり。
    仕事が上手くいっていて、多くの人に愛されてる女性でも、ただ一人の男性に愛される専業主婦に嫉妬したりする。
    自分が何か欠けていると思いこんだり。

    無い物ねだりというか、見えないものへの過大評価は、誰にだってあるなあと思う。

    私は両方経験したけれど、どちらが幸せって言い切れない。
    ほんとに。
    結局は離婚したけれど、この延々と続く仲良しな同居状態を考えると、離婚しなくても、ちょとばかり単身赴任的な別居をして、新鮮な気持ちに戻る機会でもあれば、離婚しないで、そのまま結婚していたかもって思う。

    パートタイム的にしか働いていない専業主婦のときも「いいなー愛されて」って言われたし、今も「いいなー寵愛されて」って言われるけれど、不足感ってものは、誰からどれほど愛されるかってことよりも、自分自身の問題だったりする。

    年齢がいって、経験を積んでいくとそういうことが見えてきて、「この状態が絶対的に幸せ」「これを味わうことのない人生は不幸」なんてことはないんだと気がついてくる。

    愛されることに、そこまで神経質になる必要ないよって、コツコツと、恋人も作らず、師にもつかないで、ひとりで積み上げている子を見て思う。
    そのまま傑出していって、いつか、私の経験したことがない、未知の愛情を受け取るのかもしれないなあと、ちょっと羨ましく思ったりもする。

    • ねずみくんのチョッキ
    • 2017年 5月 11日 8:51:04

    自分から腐らなければ変わるタイミングが来るもんだ!

    自分から何もしていないけど、気にかかることを遠ざけてくれる出来事が起きた。。

    感謝してありがたく受けとります(^人^)

    • りんか凛
    • 2017年 5月 12日 20:13:46

    「奥義に相当するようなレベルの愛情を得たいと思いませんか。」

    これは、「男性からの」奥義に相当するようなレベルの愛情、ですか?

    • りんか凛
    • 2017年 5月 12日 20:15:13

    先生はなぜ教えてくれるんでしょうね。

    なぜ労力を割いてまで、面倒を見ようとしてくれるんでしょうか。
    **

    与えるものを、喜んで受け取ってくれるから。

    **
    何でもそうだと思うんですが、奥義に相当するような大事なものを譲り渡す相手は、人を選ぶんです。

    育てる価値があると思われているからこそ、教えてもらえるわけです。
    **
    これは秘密のメッセージの無償の愛と同じですか?

    「無償の愛は、注ぐべき相手を見極めています。
    どうでもいい相手じゃないからこそ、無償の愛を注げているということに注目してください。」
     
    男性にとって、労力をさいてでも愛情を与える価値のあるどうでもいい相手じゃない、女性になればいい、ということでしょうか。

    • とらにゃんこ
    • 2017年 5月 12日 20:36:10

    別れ話をグレーにしたまま放流中の彼に
    仕事の用事でメールしたついでに
    出張先にお財布を忘れたって書いたらすぐに
    無一文じゃ困るやろって
    明日中に着かなあかんやろって
    時間的に間に合わんかもって
    メールで怒りながら
    その足でお金を私に送る手配をしにいってくれた

    待つこと10分
    いぇーい 間に合った

    ってメールがきた

    すごい!がんばってくれてありがとう
    ってよろこんで愛情を受け取った

    こんなに優しくて
    私は忘れたって書いただけで
    こんなことしてくれるのに

    なんで私と別れたいんだろ?

    私サッパリわからない

    • りんか凛
    • 2017年 5月 12日 21:12:52

    もっと単純に考えればいいのかな。

    育てる価値があると思われているからこそ、教えてもらえるわけです。

    弟子が育つ=女性が幸せになる

    師にとっては、弟子が成長していく様を実感するのが、メリット。

    愛情を注いだ分、その女性が幸せになるのを実感することが男性にとってのメリット。

    その女性が、男性の愛情をうれしく受け取って、どんどん幸せになっていくと、大事な愛情をさらに注ぎたくなる。とか。

    男性が会いに来た時に、嬉しそうにしなかったら、男性の気持ちが下がる理由はこれなんですね。きっと。

    • mimoza(とらにゃんこさん)
    • 2017年 5月 13日 0:50:40

    それはたぶん、男性に「なぜだと思う?」と聞いたら「人として普通でしょう」と答えると思います。
    女性に聞けば「とらにゃんこさんのこと、まだ気持ちが残っているからだよ」と答えると思います。

    少しでもヒントになれば。
    同期のおせっかいでした。

    • mimoza
    • 2017年 5月 13日 0:52:55

    公平になんて、していない。
    私、才能のある子を依怙贔屓するの大好き。

    その分、私も必死でがんばる。
    「この人に依怙贔屓されたい」と思われるために。

    あー明日はメール三昧!!!
    「言葉を制するものが仕事を制す」って思う。
    言語力を磨き続けよう。

    • mimoza
    • 2017年 5月 13日 1:53:31

    はあーもーいろんな愛情で、ぬくぬく。
    幸せー。

    • とらにゃんこ (mimozaさん)
    • 2017年 5月 13日 10:17:25

    mimozaさん

    お手紙ありがとうございます。
    ヒント、とても役にたちました。

    彼にとっては人助けなんだろうなぁと心の端では思いつつ
    気持ちがあるからだと思いたかった

    ここにたどり着けました。
    ホント私 未練だらけ。

    でもね、mimozaさん
    私ね ちゃんと受け取れました。
    あの時間 移動中に
    私の事を心配してすぐ行動してくれたこと

    悪いからいいよ
    って断らないで、ありがたく受け取れました。

    自分の成長を少しだけ感じました。

    やっぱり彼が好きだなぁと再認識もしちゃったから、見きりをつける日がまた遠くなっちゃったけど、まいっか。自分の心に素直にいようと思います。

    mimozaさん
    ホントにありがとうです☆
    あ!そういえば
    カラスミのパスタ食べましたか?笑

    • mimoza(とらにゃんこさん)
    • 2017年 5月 13日 15:45:46

    いいですね。
    愛情は、異性愛であろうが、師弟愛であろうが、なんでも受け取っていいと思います。

    男性の投資については、この記事が分かりやすい気がしました。
    「男性の投資の大きさは、経過時間とは関係がない」
    https://blog.novelin.net/2202
    「ハードルを越えさせる」
    https://blog.novelin.net/181

    バイブル編へのお返事も合わせて…

    彼は、とらにゃんこさんを嫌いになったので別れたのではないと思います。
    バイブル編を読めば「ああ!」と分かる気がします。

    あと、男性は外圧に弱いですよね。
    「意外な人が最強の味方かもしれません」
    https://blog.novelin.net/3859

    長くなってしまいますが、参考になる話かもしれませんので、私に起きたことを書いておきますね。

    私が、不倫略奪婚が非常に難しいと読んで、既婚者からさっさと身を引くのは、外圧系や親の気持ちの記事をよく読めば、逆のパターンの場合、男性がどういう心理になるか見えてくるからです。

    とらにゃんこさんは、母子家庭さんでいらっしゃるのですね。
    私も離婚直後、母子家庭の時期がありました。
    今はもう子供は成人しています。

    そういう経験からも、親御さんが、息子が母子家庭の女性と付き合っていると知ったら、諸手を上げて賛成すると想像するのは、少し難しいです。

    私の仕事場でも、たまにですが、職場恋愛があるのです。
    そこで「母親は息子の恋愛に大きな影響を与える」という出来事に遭遇したりもします。

    あるとき、少し難しい条件の女性(未婚)と、これまた未婚で、きちんとした家庭で育った男性がお付き合いしていました。

    職場恋愛は、ちょっと観察力があると見ていてすぐ分かりますし、周りもやりにくいのです。
    私は社内恋愛は大反対(関係が破綻すると大抵女性がやめるので)なのです。

    ただ、反対しても影でコソコソやるだろうと思い、「真面目に、結婚を前提の気持ちくらいでお付き合いするのなら認める」という条件を出しました。

    しばらくして、彼の親御さんから私宛に、手紙が送ってきました。
    「なんてことをしてくれるんだ」と。
    そんな得体の知れない女性と、大事なうちの息子を、オーナーも認めて賛成するとは、どういうことだ、腹が立って仕方ないという、抗議の手紙でした。
    男性は、もういい年齢です。

    私にとって、その女性は本当にきちんとした、真面目で優秀な女性で、手紙を読んだときは驚きしかありませんでしたが、母親というものは、難しい条件が付くだけで、そう見えてしまうのだなと、第3者視点でものを見る大切さを知りました。
    息子さんが可愛くて仕方ないのだろうと。

    男性は、付き合いが長くなり、結婚というイメージが見えてしまうと、やはり色々考えるようです。
    特に親の介護を考えている男性は、お嫁さんと親との相性を考えるようで、すぐに結論が出ないようです。

    結局は、男性も女性も、やめていきました。
    職場恋愛のリスクは大きいと感じます。

    私がとらにゃんこさんの立場なら、普通の友達感覚で接して、男性に頼ります。
    きっと、お金のエピソードから拝察して、同情心の強い人だと思うので。

    そして、「モテモテの母子家庭のお母さん」になりきます。
    ちゃんと他の男性にも釣り糸を垂らして、デートもして。

    「モテモテの母子家庭のお母さん。子供が大好きで、毎日幸せ!男性なんて、本当は相手している時間ももったいないけれど、モテて仕方ないし、かわいそうだから相手してあげてもよくってよー。でも子供の次にしか愛してあげないけどね。私たちの楽しい母子家庭ライフを邪魔すんなよ!」

    こういう女性って、はぐれメタルな存在じゃないですか?

    お見合いしていたときに、いろんな男性が口にしたのが、「養ってもらいたいと透けて見える女性は魅力がない」ということでした。
    男性は中学生なので、ずーっとピュアに恋愛していたんですよね。

    結婚を匂わせないで、「はい、もう状況的に、私と結婚するしかないでしょ?!」なタイミングまで待てる余裕を維持できるかどうかだと思います。

    彼が未婚者なら、あきらめることは、まったくないと思います。
    既婚者であれば、またぜんぜん別問題ですが。
    (書かなくていいですよ)
    今は長期戦覚悟で、しっかりと男性心理を知り尽くす時期のような気がします。

    長くなりました。
    おせっかいしすぎーって、Kou師匠に怒られそうですが、とらにゃんこさんを応援したいので。
    ここは女性のお花畑、いや私には、土を耕し、実りを待つ野菜畑です。

    • みろりいぬ
    • 2017年 5月 13日 15:54:13

    前までなら、申し訳ないな、悪いなと思ってしまっていたであろうことを
    ありがとうございます!!と喜べるようになりました。

    数ヶ月だけ徒歩では厳しい距離の場所まで通うことになりました。
    電車でもいいのですがアクセスが微妙で所要時間が徒歩と変わらないような距離。。。
    自転車の購入を検討していました。
    通い先の方との事前相談で、自転車置き場はありますか?と聞きました。
    まだ購入していないのですが自転車で通うことを検討していて…、と。

    そうしたら、自転車置き場あるよ!自転車持っていないの?家の自転車貸してあげるよ!と。
    えぇぇ!嬉しい!!い、いいんですか!?Σ(・□・;)と言ってしまいました笑

    そして定時後に自転車をお借りしにお家に伺う予定だった日。
    自転車持ってきたから、帰りは乗って帰るといいよ、と。
    その方も普段は自転車通勤のようなのでどのようにして運んでくださったのかはわかりませんが…
    本当にありがたかったです(≧∇≦)

    前まではきっと、お手数おかけして本当に申し訳ありません…が先行したと思います。
    もしかしたら、自転車を貸してくださるというご提案も、
    申し訳ないからと断っていたかもしれません。
    今は、わぁぁ!本当ですか!?ありがとうございます!!!が先にすっと出ました(*´ω`*)

    良い調子。しっかりしっかり頑張ろう!

    • mimoza
    • 2017年 5月 13日 16:24:49

    そういえば…自分でケーキをここ20年以上、ほぼ買ったことがない。
    でもいっぱい食べた。
    ケーキにはかなり詳しい。
    ぜんぶ差し入れ。

    食べ物も、もれなく受け取ります!
    めざせ!スマートなまま、ケーキ食べまくり人生!

    • とらにゃんこ (mimozaさんへ)
    • 2017年 5月 15日 0:41:46

    心のこもったお手紙をありがとうございます。応援したいとのお言葉、本当に本当に嬉しいです。mimozaさんからの愛情、しっかり受け取りました!

    給湯室(笑)にお手紙書きました ₍˄·͈༝·͈˄₎ฅ˒˒

    • マダムしろねこ♡
    • 2017年 5月 16日 10:55:17

    わたしは、
    愛情とゆうものは
    受け取るひとにも受け取らない人にも
    平等にたくさん降り注いでいると思います。

    ただ
    受け取る姿勢が身についていないときには
    その愛情に気がつかないことはあるかもしれませんね。

    みんなにある。
    みんな愛情に包まれている。

    喜んで受け取っても

    受取拒否をしても

    どちらでも
    愛情は存在し続ける。

    そう思っています。

    • やち
    • 2017年 5月 16日 21:39:21

    今日はお隣の工場の班長さんが
    お昼過ぎにウチの職場に来た時に

    胸ポケットからひょいっと
    チョコ棒を出して
    私にくれました(*´∀`)

    『わぁ〜♪(*✪▽✪*)
    ありがとうございますっ♪』

    って遠慮せずに
    喜んで貰ったら

    なんかとても
    ニコニコな笑顔で
    お仕事に戻られました(๑´ㅂ`๑)

    • ぶんぶんまる
    • 2017年 5月 17日 0:13:24

    もらえるもんはもらっとくわ!さんきゅー!
    プレゼントでしょ?おかえし強要しないよね?
    されてもこまるよ★ってことでいいんですよね笑

    あと本命がそんな自分を知ったら軽薄だと思うかも……って前なら思ってたかもしれないけど
    そんなことすら嫌ならおまえが独り占めできるようにがんばれよ…ってはなしなのか…笑

    • りら
    • 2017年 5月 19日 10:16:33

    好意を好意として
    上手に受けられない女性は、
    もしかしたら白黒つけたがる
    女性の性分が強くて
    「好意を受ける=応じる」とか
    「応じられないなら、受けちゃダメ」って
    思ってしまうのかもしれないですね。

    • あえか
    • 2017年 5月 24日 2:24:25

    週末に、いつものお店でお祝いして頂きました。
    お誕生日を覚えていてくださって、プレゼントとケーキもちゃんと名前入りで用意していてくださって、とっても嬉しかったです。

    小さめのホールケーキだったのですけど、今カレに一口だけあげて、あとは私が全部残さず頂きました❤(๑´ڡ`๑)ウマウマシー

    今年は今カレにも催促せずにおこうと思っていたのですが、数日前に新しく出来たお店の話をしている時に、ちゃんと「じゃあ、あえかさんの誕生日に行く?」って覚えていてくれました。

    当日は私のリクエストで違うお店でしたけど、好きな物ばかり食べて、いっぱい楽しく話して、プレゼントも貰って、すごくすごく幸せなお誕生日でした〜(*´∀`*)

    弟や友人からもメールが来ました。

    与えられた愛情の一つ一つを、今の幸せを、大切にしようと思いました。

1 3 4 5
↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント