恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

本質を読み取る能力

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

そろそろ寝ようかと思っていたのですが、コメントを見ていたら、来ました(^^

想定したようなコメントが来ました。

日付が変わる頃に出したメルマガの内容そっくりです。

 

また後で話をしてもいいかとも思いましたが、忘れそうなので今のうちに書きます。

あなたの時間を1秒たりとも無駄にしないためのヒント

おやゆび姫さんより:

お久しぶりです。
しばらくブログを離れていましたが、さいきんどうなったかなーと思いちょこちょこみにきていました。

メルマガ再登録しよっかな、とも思ってました。
でも、この記事をみてまた違和感を感じました。

仰りたいことはわかります。が、紹介された本の「アホ」というワード。
これは他人を下に見るときに使う言葉ですよね。
これでは、いつまでたってもコミュニティが良くならないと思います。

書評も読みましたが、あまりいい本だとは感じませんでした。
この本にkouさんが共感されていることにも、危機感を感じます。

下に見るということは、上に見て崇めてしまうこともあるということだと思います。
この視点で参加されちゃった方はkouさんに委ねすぎです。すみません。

そしてkouさんは心の問題に取り組もうと思ったら、きちんと勉強なさった方がいいと思います。
いろんな経験や知識があるようなそぶりだったので、勉強はされてきたのだろうと思います。
ですが、この本を勧められたという点で表面的なことしか理解されてないんじゃないかと感じました。

少し厳しい意見かもしれませんが、この場が好きだったので。いまのままでは寂しいなと思って本音を書かせていただきました。

がんばれkouさん╰(*´︶`*)╯♡

実はこういう反応が多少は来るだろうなと思っていました(^^;

2時間ほど前に送ったメルマガ「レビューはアテにならない」のメルマガでもかなり近いことを書いています。

 

おやゆび姫さんの気持ちも分かりますし、おそらくこれと同じように感じた女性もいると思います。

タイトルがそもそも奇抜ですからね。

 

ただし。

意見はまずちゃんと読んでからにしてください。

自分で読んでみて、著者が何を伝えたいのかを汲み取れたら、僕がわざわざここに推薦する意図も理解できるようになると思います。

 

紹介している本は、残念ながら他人を馬鹿にするような本じゃないんですよ。

書評にどう書いてあるのか知りませんが、それこそ上っ面を読んだ人が書いたどうしようもない評価記事なんだろうなと思います。

レビューとか書評とか、他人の主観に基づいた意見を先に読むと、どんどん視野が狭くなります。

 

さらに、「アホ」というキーワードが入っていることによって、タイトルを見ただけで拒絶反応を起こし、もう内容を素直に読めなくなる人もいます。

そういう人は、総じて損をしますよね。

このブログだってそうだと思うんです。

常識的に考えたら、タイトルはかなり抵抗がありそうです(笑)。実際にそういう意見はあります。

でもここに書いてある内容は、他の恋愛系ブログや指南本とは全く次元の違うレベルになっています。

 

タイトルで毛嫌いして読み進めなかったら、それで終わりなんです。

 

いや、Kouさん、私は遠慮します。あんまりいい本じゃなさそうなんで。

という人は、本当にそれでもいいんですよ。読む読まないは自由ですから。

でも、世の中には、そういうものが多いんですよ。

一見すると全然大したことがない、なんともくだらないように見えるものが、食わず嫌いを突破してちゃんと自分の目で見つめると、その真価を取り出せたりするんです。

食事で言えば、牡蠣は見た目がグロテスクだから食べない、結果、味覚の一つを封じてしまっているというのと大して変わらないと思うんです。

 

以前の記事でスコトーマの話をしましたよね。

上とか下とか、そんな話は出てきません。

イメージ先行で物事を評価したり、信頼できない他人の評価をもって自分の選択基準にするのは馬鹿げていると思いませんか。

自分の評価軸を持っていないということですから。何も考えていないということにもなってしまいそうです。

 

ちなみに書評というのは、一部のものを除いて、ほとんどまともに読んで評価していません。

書評を書くために読んでいるので、著者の意図を正確に汲み取れていない場合もかなりあります。

これは古典の解釈がいい例ですね。

 

どうしても書評を頼りにしたいのなら、心から信頼する人物や、自分とかなり近い価値基準を持った人が読んで書いたものを使うのがいいと思います。

いずれにしても、他人の解釈を通して知れる情報量には限界があります。

そして、必ず解釈した人の意図が付加されてしまうので、本来の価値が正確に伝わらなくなることは十分考えられます。

 

この本を勧められたという点で表面的なことしか理解されてないんじゃないかと感じました。

逆ですね。

僕がこの本や心理のことを表面的にしか理解していなかったら、適当に読んで捨てるだけで、ブログで紹介なんか一切しませんよ。だって批判されますから(笑)。

 

この手の話は、ブログでも何度かしているんですよ。

ぜひ、ニュートラルに読んでください。

そしてそこから真意を正確に読み取れるようになってください。

 

この能力は恋愛にも大いに関係があります。

彼の言葉から何を読み取るか。

彼の真価をどう理解するか。

ぱっと見ただけでは分からないことがたくさんありますよね。

 

全然関係ない他人の評価一つで、彼の印象をねじ曲げて受け入れてしまう女性はかなり多くいます。

自分の目を信じるという意思を持つだけで、簡単には惑わされなくなり、確実に変わります。

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (20)

    • ちる
    • 2017年 6月 15日 9:25:57

    こういう奇抜なタイトルの本たくさんありますよね

    私は読書が趣味の一つなのですが
    こういうタイトルの本は大好きですよ ´͈ ᵕ `͈
    奇抜なタイトルとは逆に内容はとても丁寧に書かれてる本が多いし

    やっぱりより多くの人から手に取ってもらえるようにわざとそうしてるんですよね
    人の意地悪?な感情や好奇心を利用してるというか
    こういう心理学のテクを使ってるだけなんだと思う

    世の中には本が数え切れないほどあって
    それを全て読むのは不可能…だからこそあまり深く考えずにそれこそ自分の感覚を信じてまずは読んでみたらいいんじゃないかなって

    私は自分の感覚を信じてkouさんのブログを読んでるけど、大当たりでした

    今日帰りに本屋さんへ行くので探してみようかな♪

    • megumi
    • 2017年 6月 15日 13:35:52

    タイトルは著者が決めるものではないんです。担当編集者が出版社の社内会議でインパクトがあって奇抜なものを選出してます。もちろん著者のアイディアや希望もとりいれられますが、、、。

    アホというキーワードを使ってるのは戦略です。わざとキャッチーにしてるんです。

    著者はアホというキーワードがタイトルに入ることを嫌がった可能性はじゅうぶんにあります。

    内容とタイトルが噛み合わない本なんて、たくさんあります。

    著者はネタと原稿を出版社に提出してますが、それを売れる本にするためにプロの手によってマーケティングされて商品化されます。

    だからタイトル、帯、装丁などで、本の内容や著者の思い、伝えようとしていることを評価するのは、表面しか見てないといって過言ではないです。それは著者が手掛けてるものではないから。

    商品化された書籍を手に取り、ぜんぜん自分の意向に沿ってないと著者自身がブー垂れることも少なくはないのです。それほどカバー(表面)と著者の思い(本質)はいろんな人の思惑が介入されることで剥離されるのです。

    自分の思うような本をつくれるのは自費出版だけでしょう。そうなるとあまり流通しませんが。。。著者マーケティングできないから。

    自分の思い通りの本をつくるれる人は、そうとう力のある大御所じゃないかしら?

    出版社が絡んで商品化されている以上は、いかに人目をひくか?どうやって興味を持たせるか?という部分に注力されるから、著者の言いたいことは本を読み込まなきゃ理解はできません。

    あと、レビューの類も操作がはいってます。

    いいレビューもしかり、ネガティヴレビューもしかり。

    ネガキャンなんて、あたりまえの世の中。叩かれてナンボで、むしろニュースなどで落とされてる人みると、この人は恐れられてるのかしら?ネガキャンされるほど実力あるんだな〜と逆読みします。

    どうでもいい人には無関心なのだから。

    まだ私は読んでませんが、しっかり読み込まないで、物事の評価はできないです。

    話は脱線しますが、有名ブロガーは記事を書くことで収益を得てますが、叩かれている人ほど、その収益は多いのです。やり手だとわざと叩かれるような爆弾投下してると思う。叩かれてる本人はしめしめとしか思ってない。

    • 峰不二子になりたい☆
    • 2017年 6月 26日 9:42:41

    この記事、私もおやゆび姫さんと同様違和感を感じました!
    kouさんは、おやゆび姫さんが言ってることを理解できなかったんだろうなぁ…。

    おやゆび姫さんは、タイトルの『アホ』だけに違和感を感じたのではないですよ。
    返金騒動が起こっていて、kouさんに対して不信感がつのる読者が多いときに、このタイミングでkouさんが本を選んだことに感覚的な違和感を覚えたんでしょう。

    それはそれでバイアスかもしれませんが^_^

    「僕がわざわざここに推薦する意図も理解できるようにのる」
    つまり、批判する読者への本音とおやゆび姫さんはとらえたんでしょう。
    もしくは、「kouさんは不信感をつのらせる読者に、ヘビーユーザーの気持ちが引きずられないようにしたかったのでは?」という疑惑をおやゆび姫さんは感じとったんだな、っておもいますよ。

    本質って本当にだいじですね(^○^)
    私も、本質を見たいなぁっておもいます。

    • 峰不二子になりたい☆
    • 2017年 6月 26日 9:49:03

    私も、正直同じことをおもったなぁ。
    当時は「え‼︎このタイミングでこういうことを言ってしまう?批判意見と隔離しようとしてるだけでは?」って!

    本当に良い本だとおもってるのかは、本人のみぞ知るですね(笑)
    ネガキャンとかキャッチーなタイトルだから、などは関係ないし、このケースだと本質からずれている意見だとおもいました。
    鵜呑みにはしてはいけないと思いました、おやゆび姫さん、貴重な気づきをありがとう。

    • 峰不二子になりたい☆
    • 2017年 6月 26日 9:58:45

    あっちゃー(笑)

    kouさん、この本の紹介記事で「どうでもいい相手と戦うのは、人生の中で最も無駄な時間だということです。(略)この本に出てくる「アホ」というのは、真剣に物事に取り組んでいるあなたに対して何かしら嫌がらせを仕掛けてくる人たちの総称です。」
    って書いてたんですね!!おおお(笑)この時期って騒動が起きてた時期ですよねー?
    それなら、批判する人への本音って捉える人がでてもおかしくないですよ……

    不備があったのは事実っぽいし、そのタイミングでこの本の紹介と、加えてこの記事は違和感覚えるでしょうね。

    私が勘違いしてたら教えてほしいぐらいですねえ。
    基本的に面白い場所とはおもっていたのですが( ´ ▽ ` )ノ

    付け足し。
    「真剣に物事に取り組んでいるあなたに対して何かしら嫌がらせを仕掛けてくる人たちの総称」=騒動時の本音?
    う〜ん、恋愛の勉強への批判を嫌がらせと捉えているように見えるなぁ〜。ちがうのかしら?

    真剣に物事にとりくんでいても、物事によっては本当に邪魔をするべきことってありませんか?ないのかな?
    その人がいいならもちろん私も黙って見守りますが、どうしても大事な人間なら私の気持ちを話すことも、やっぱりあります。
    私の杞憂だって証明してくれるぐらい幸せそうなら、そうしてはじめて「人はそれぞれでいい」ってなるし。

    黙ってそのまま見守ることだってある。
    嫌がらせって遮断しないようにしたいな。

    • なつみんと
    • 2017年 6月 28日 8:51:11

    目の前に見えているものだけで、目の前の言葉だけで、判断しないこと。

    本でも、人間関係でも同じ。

    裏読みしたり疑ってみた方が良いってことじゃなくて、その裏にある本質的な部分に共感しているなら、目に見えるものはあまり重要ではないということ。

    表面的なものだけで、判断したり見切ったりしようとするのは、判断を見誤るし、損をすると思う。

    Kouさんが言ってること、すごくよく分かる。

    私は、自分の目を信じるという意思を持って、前に進んでいきます。

    • 峰不二子になりたい☆
    • 2017年 7月 01日 9:37:23

    本質を理解できました!!

    やっぱり、、だめだ!(笑)
    お世話になりました〜☆

    • mimoza
    • 2017年 7月 02日 16:57:57

    他人の独り言を、自分に言われているように感じる自意識過剰ぶりは、暇だから?

    というのも、他人はそこまで、人を見ていないというのを、商売を通して感じるので。

    私は誰かの独り言を、「あ、自分のことを言っている!」と感じるほど、自分が有名人とも思わないし、利害関係がない場合は、なおさらそうだろう。
    でもそう感じる人は、ただ自分が存在するだけで、人から感心を払ってもらっていると思い込んでいるんだろうなあ。

    ある意味羨ましい、自信っぷりだわ。
    自己肯定感がすごいんだろうな。

    お店でそういう子がいたら、「いやいや、あの人はお店を出たら、何を言ったかすっかり忘れてしまうと思うよ」と注意する。
    でもその子は延々と頭の中で、「私に言われた」と考えてしまうのだろうけど。

    なんだろうなあ…。
    人間関係における経験不足なんだろうなあ…。

    発信者が自分がファンの有名人でもない限り、人は、自分に対してほぼ関係ない人の話を、ほとんど聞いていないし、聞いても覚えてもいないので、商売では、どうやって意識してもらうのかに腐心中。

    私の話を聞いてー!って感じ。

    「自分は誰かに注目されている」という文化は、私の若いころには、そこまでなかった気がする。
    いや、違う形であったのかな。
    SNSの影響かな?

    自分が発信する情報を、誰かが深刻に受け止めてくれると思ってしまうから?
    この辺は、スタッフに聞いてみよう。

    って、書いていてふと思ったのだけれど、「彼氏にあんなことを言ってしまった」「こんなことを言われた」と気にしすぎる恋愛は、こういうことの影響?
    日常会話のなかで、ポロッと言ったことなんで、ほぼ忘れてるってば、と思うのだけれど。

    まあ、やっぱり、それだけ暇なのかなあ。
    暇になれる平和な日本って、素晴らしい。

    国力をどう維持するとか、誰々の誰々が英雄色を好むだとか、そんな話をしてきたので、「独り言が自分のことを言っているのかどうか」って話題は、なんか平和でいい。

    • mimoza
    • 2017年 7月 02日 17:11:58

    そういえば…いつからか、脇汗も、ものすごく忌み嫌われる社会になった。

    私の若いころは、脇汗をアナウンサーがかいていたことが、これほど大騒ぎになるとは、予想もつかなかった。
    いいじゃないの、たまに脇汗かくくらい。
    体調が悪かったのかもしれないし、とにかく一生懸命仕事をしているんだから。

    人に対する神経の細さは、ちょっと気になる。

    どうでもいいことを気にしてしまうのは、本質を見れていないからじゃないのかな。

    • ナウシカ
    • 2017年 7月 14日 12:29:00

    >彼の言葉から何を読み取るか。彼の真価をどう理解するか。
    ぱっと見ただけでは分からないことがたくさんありますよね。

    自分は全然ダメダメでした。

    彼の言葉を好きだからといって全部鵜呑みにしてしまっていた(笑)

    最初から信じられない人だったと思う。

    だって私は彼の1番じゃなかったから。

    素直なのが自慢だけど素直すぎるのは無知でもあるのかな(^▽^;)?

    相手を疑うなんてしもしなかった。疑いすぎもダメだよね。

    さじ加減が難しいなぁ~。

    ちゃんと男性心理の勉強をしないといけないと思った。

    • やち
    • 2017年 7月 31日 7:55:22

    『評価をしてやろう』と
    思って読むのと

    『どんな小さな事でも良いから
    自分の糧になるものを得よう』と思って読むのとでは

    やっぱり感じ取れるものは
    変わって来ちゃいますね。

    自分の気持ちの持ち方で
    同じものでも
    違う捉え方をしてしまう。

    私は
    自分の糧になるものを得たい。

    今の特訓で読んでるマンガの本も
    その気持ちを持ちながら
    改めて作品1つ1つを
    読み返しています( ^ω^ )

    • goodgirl
    • 2017年 8月 01日 21:57:48

    周りに左右されず自分で考えて意見を述べられるようになりたいですね。
    当たり前なんだけど、意外と難しかったりする。

    最近は意識しています。
    自分ていう人間のこと。

    • コロネパンは美味しい!!
    • 2017年 8月 23日 22:41:03

    友達にこのブログをよんでいるのを見られて
    馬鹿にされました(笑)どんだけ男にモテたいのって。

    子供だなぁ(*´ー`*)と思い、だって幸せになりたいんだよね~と
    伝えると、苦労してきてるもんな。と言ってくれたので
    素直が一番だと思いますし、本もいろいろそうですけど
    表面だけ見てしまうと勿体ないです。
    よくしてしまうのは、相手の本意でない言葉を間に受けて
    深く傷付くことです。心に染み込むんですよねそういう言葉ほど

    今は何言われても考え すぎ ない事にしてます。
    軽く考えます。

    1度恋愛から離れて旅行に行きたいなぁ
    自然の綺麗なところに携帯と財布とイヤホンだけ持っていく
    1人きりでぶらぶらしたい。カモのこと勉強も忘れてしまいたいなぁ。

    明日は久々に学校があるので、
    プレゼンの準備だけしなきゃ

    • みやび
    • 2017年 9月 11日 16:16:31

    「表現の自由」「言論の自由」を真っ先に思い出しました(苦笑)

    言葉って難しいですよね。

    同じ言葉でも受け手の価値観や感情や視点で見方は変わりますから。

    「アホ」はね、元彼がよく言っていました。
    あれは悪意ではないのだと後になって知りました。
    軽い冗談とか、そのようなノリなのだそうです。
    関西人は「アホ」よく使うようですね。

    昔、読書感想文を書いて入賞した事があります。
    1冊の本を読み込み、その本に何が書かれ、それに対しどのように感じたかを書くあれです。
    書評は数分で書けるものです。
    目次とパラパラと軽く読むだけで書けますから。
    しかし読書感想文は数分では書けない。
    本質を読み取らなければ書けませんから。

    タイトルを奇抜にすると、目を引くから手に取られやすい面はありますね。

    「孫子の兵法」という本を以前買いました。
    まぁ、タイトルの通りで内容もまさに孫子の兵法なのですが、それを単に孫子の兵法として読むのではなく、あらゆるシチュエーションに合わせどのように応用が出来るのかという視点で読むと、とても奥深く読むのに時間がかかります。
    まだ読みきれていないくらいです。

    「アホ」という本はまだ読んでいませんが、著者がその言葉をタイトルにした理由がきっと本編の中にあるのだろうなと思います。

    • SATSUKI
    • 2017年 9月 26日 22:25:04

    恋愛とは関係無い話になってしまいますが、今日BBQに行ってきました。
    ヘルプで勤務している部署のBBQでしたが、声を掛けてくれたので行くことにしました。
    来ていたメンバーは、私を快く思っていない(であろう)人ばかり。
    少しの不安はありましたが、一緒に食べたり、飲んだり、話したりすれば、少しは仲良くなれるかな?と思っていました。
    しかし、到着してすぐ 一度席を外したら、私の座るスペースはなくされ、ここに入ってくるな!と言わんばかりの配置に変更されていました。
    もしかしたら、本当は みんなの輪に入れるように(クーラーBOXに私が座れるように)配置を変更したのかもしれませんが、その時の私はそう思えませんでした(^_^;)

    私は別の所へ移動し、あまり話す事もなく、ボーッと時間をやり過ごしていました。

    BBQが終わり、自宅へ戻ると何だか涙が出てきました。
    楽しくなかったなって。
    いや、自分が楽しむ努力が足りなかったんじゃないかと。
    でも、自分の席を無くされたと思った時点で、楽しむ心は折れてしまっていました。
    その中でも、私を気遣って みんなの仲間に入れる様に声をかけてくれたり、話し掛けてくれる人もいました。
    その人達も、あまり話した事がない人でしたし、仲が良いわけではありません。

    そんな小さい事ですが、その人達の本質が見えた気がしたのです。
    いつもはぶっきらぼうに振る舞っていても、細かい所まで見て声掛けも忘れない優しい人だったり、私が思っていた通りの人だったり(笑)
    優しそうにみえて、いじめ(じゃないけど)を見て見ぬフリするタイプの人だったり、些細な所で本質は現れてくるものですね。

    そして、私も、すぐ帰っても良かったのに帰らなかったのは、きっと負けたくなかったから(笑)
    私の本質の一つ。
    『負けず嫌い』が改めて分かった日でもありました!( •̀∀•́ )✧
    いつまでも、泣いたりしないぜ!

    きっと、彼女達の目に私はキラキラして眩しいのでしょう!だから、何か気にくわない。嫌な態度を取っても、ニコニコしてる私が余計頭にくるんでしょうね。
    私と彼女達の層は違うんですから!
    負けないぜ!!

    • ちゃいらて
    • 2017年 9月 27日 1:08:26

    古典の解釈がいい例

    解釈のための読解、ということでしょうか。自分に都合のいい結論を導くための理由付け。

    このブログでは、批判したいときに人が使う言葉遣いや文章の流れも見えてくるので、とても勉強になります。自分が批判的な気持ちのときにはなかなか見えてこないし、相手の挑発に負けそうなときはやっぱり見えてこないから、冷静に見る目って大事だなぁと感じます。

    • キウイ似
    • 2017年 10月 03日 0:29:26

    あ~あんまりこの記事と関係ないかもだけど、
    書評やレビューを読んで、「お、よみたいかも」って思った本よりも、
    表紙やあらすじを見てピンときた本の方が、全然速く読めるし、ワクワクが違うんだよね。はやく先先!よみたい!って気持ちで読むから。

    化粧品もおなじ。

    アマゾンレビュー、アットコスメレビューを買う前に読んじゃうクセあったけど、あえて読まない時も大事やなぁって思う。

    • まいまい10
    • 2017年 11月 04日 22:57:06

    最初から疑ってかかってしまったら、見えるはずのものも見えなくなりますね。

    そして、最近のメルマガでもあった
    「攻略本を攻略しよう」

    食わず嫌い、苦手、を取っ払って、やってみる。

    私も前は、牡蠣食わず嫌いでした。
    三十路すぎて食べられるようになりましたよ(笑)
    まだまだありますがね(笑)

    そして「疑う」このフィルターって、なかなか外せないんです(^o^;)
    それしか見えなくなっちゃう。
    ドツボにハマっていく。結果、苦しくなるんです。

    • 2017年 11月 04日 23:23:00

    ブロックされてる事だけを
    見ちゃいけないって事?

    でも男性は単純なんだし。
    意味はなく、そのままなんじゃ…?

    • とよん!
    • 2017年 11月 05日 1:42:51

    本質をみる…これをここ、数日、忘れてました。

    男性は単純なんです…じゃあ、彼の反応に深い意味なんてない。私の行動を読んだとか、深読みして告白しようとしたと勘違いしたとか……そんな、深い理由はない。彼にそんなこと思い付くはずがない。

    話をはぐらかしたのは単純に、あの時、私が見つめたため。それが恥ずかしくて、緊張して、逃げちゃっただけですね。

    疑うだけ、損です。

    変なことに悩んでて、私、バカでした。

    そのあとで、私との人間関係を必死になって、守ろうとした彼の姿が答えです。

    彼にとっては私に疑われて嫌われることの方が、私の弱みのことよりもずっと重大だったんです。

↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント