恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

あなたの時間を1秒たりとも無駄にしないためのヒント

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

メルマガで「紹介したい本があります」と何度か話していて、「いつですか?」と言われ続けていました(^^;

遅くなりましたが、今回その本を紹介します。

先に言っておくと、恋愛の本ではありません。

 

・・・と、ここまで、前回のこの記事と全く同じ書き出しになりました(笑)。

悩むのが大好きな人へ

 

今回の本も非常に面白いです。昨年僕が話していたことがそっくり書いてあります。

当たり前ですが、本の著者は僕ではありません。

それでも、読んでいるとあまりにも話の内容が似通っていて、読むだけで結構笑えると思います。

内容すべてが素晴らしいという感じではないですが、とにかく非常に大事なことが書いてあります。

 

本のタイトルは、「頭に来てもアホとは戦うな!」です。

なかなかインパクトのあるタイトルです。

このタイトルを見ただけで、僕がどういう意図でこの本を紹介するかまですぐに分かった人もいると思います。

 

書評をするつもりはないので、詳しい内容はここには書きません。

興味があれば調べてみるといいですね。

 

 

内容を通して一貫して説かれているのが、どうでもいい相手と戦うのは、人生の中で最も無駄な時間だということです。

どうですか(^^

何かこれだけでも面白くないですか。

 

この本に出てくる「アホ」というのは、真剣に物事に取り組んでいるあなたに対して何かしら嫌がらせを仕掛けてくる人たちの総称です。

 

もうこのブログでも散々話したことでもあり、あなたも見覚えがあると思います。

突き抜けるまでは、邪魔が入ってくるんですよ。どんなことでもそうです。

とにかく足を引っ張ってきたり、変な難癖を付けてきたりと、妨害工作を仕掛けてくる人は無数にいるんです。

そういう人たちがやってくるたびにいちいち真に受けて相手をしていたら、それこそ相手の思うツボということです。

 

目に見えて攻撃してくる人だけじゃありません。

よかれと思って茶々を入れてくる人もいるんですよね。

最近話題になったドリームキラーの話に出てくるような人もそうです。

または、勝手にあなたがライバル視しているような人もそうです。

 

長いトータルの人生レベルで考えると、本当にどうでもいい連中だったするんですよね。

短期的な視点になって間近でそれらを見てしまうから、邪魔で邪魔でしょうがないという感じになるんです。

また、降りかかる火の粉は払わないといけないと思いがちです。

 

やられたらやり返すとか、理の通らない攻撃に対しては徹底的に抗戦する必要があると考えたくなる人はかなり多いです。

しかし、それすらも不要なんです。

もう、相手するだけこちらの損が増えるんです。

 

やらせとけばいいんですよ。

ヒマ人はヒマ人なりの行動原理があります。

ヒマ人から見ると、足を引っ張りたいあなたも自分と同じくヒマに違いないと思っているわけです。

構って欲しいだけです。

 

こと日本人は、他人と張り合うことに、とにかく時間を取られがちなんです。

自分が目指す相手や、能力レベルがかなり近いライバルと張り合うのならまだいいですが、人生レベルでいえば本当にどうでもいい人を相手にする時間は限界まで削っていく必要があります。

なぜなら、これ以上に無駄な時間はないからです。

 

この本にもかなり過激な表現で書いてあるんですが、相手をすることによってこちらは損しかしないんですよね(笑)。

1円も得をしません。

まともに相手して戦って叩きのめすことによって、一時的に気分は晴れるかもしれませんが、それにかかった費用や時間は全部こちら持ちなんです。

何の得にもならないことに時間をかけるということは、自分の人生を粗末にしていることに等しいのです。

 

 

頭に来てもアホとは戦うな!(今すぐチェックする)

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

    • なもも
    • 2017年 10月 13日 16:30:18

    こんにちは。

    >構って欲しいだけです。

    そうなのだろうなあ。笑

    普段あまり攻撃されないけれど、今日はちょびっとやられました。
    うん、大したことない。

    嫌だ嫌だとおもっちゃうひとに対してこそ、コミュニケーションを取っておく。
    昔からやっていました。
    うまく味方につけたこともあります。
    だから、大丈夫。
    でも、あんまり時間を割きたい相手ではないのは、間違いない。笑

↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント