恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

お茶くみなら私に任せなさい

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

12時間レッスン2016はどんどん進行していて、すでに6時限目です。

12時間レッスン2016:6時限目 していいこと

早いですね。

どのコマも、回答は2,000コメントを突破しています。

 

毎週土曜日が楽しみで仕方ありません

と言ってくれる女性が続出しています。

このことからも分かるとおりで、勉強というのは楽しいんです。

本気でやったらここまでできるということが、リアルに分かる現場にもなっています。

 

このブログにいるとマヒしがちなんですが、これだけの女性が同じことに取り組んで必死に回答コメントを紡ぎ出していくという様子は、他ではまず見られません。

誰かに強制されているわけでもなければ、何らかの報酬が発生するわけでもありません。

何のためにレッスンに参加して毎週考えているのか。

自分のためですよね。

 

分かるかなー、この凄さ、美しさが。

自分の未来のために、真剣にやっているわけです。

 

流れには、乗れるなら乗った方がいいと思いますよ。

人は2つにしか分かれていません。

一つは、本当に自分にとって大事なことは何なのかを見極めて、乗れるものに乗っかり、ちゃんと利益を取っていく人。

もう一つは、その利益を取っていく人の様子を指をくわえて眺めるだけの人、あるいは、斜に構えて頑張っている人たちをただ馬鹿にする人です。

当たり前ですが、後者は何の得にもならない行動をずっと繰り返し、気がついたら何も残っていないという人生を送ります。

 

別に恋愛の勉強じゃなくてもいいんですが、本当に自分にとって大事なものに時間を費やしているのかという問いかけは、ちゃんとやった方がいいですよ。

やり始めると、最初はカッコ悪く見えると思います。

レッスンでも、「なんで私はこんなことをしているんだろう・・・」と思う人もいるでしょう。

でも回を重ねるごとに、少しずつ何かを感じ取れているはずです。

 

「女性の承認」について知りたいこと(3)

りょくちゃさんより:

今の会社では社員女性には声がかかりませんが、
何故か契約外のはずのお茶くみを良く頼まれます。
立場上頼みやすいだけかもしれませんが、
女性の自分がお茶を出すと喜んでくれると思って楽しもうと思います。
新入りの頃はお茶くみを毛嫌いしていたけど、今では何ともなくなって、
自分が入れたからって喜んでくれるんだったら、嬉しいですね。

この発想の転換がすばらしい(^^

すごくいいです。

このコメントには、実はいろんなヒントが隠されています。

りょくちゃさん自身も気づいていないかもしれません。

 

最初は「新入りの頃はお茶くみを毛嫌いしていた」わけですよね。

ところが今はそれが違う。

 

最初は嫌だったというのは、別の視点でも書き換えられます。

お茶くみじゃなくてもいいんですよ。

コメントにもたくさん登場しますが、今職場で任されている仕事が気に入らないとか、やって何になるんだろうと思っている仕事に対して愚痴をこぼす人はいますよね。

これも、全部「新入りのときのお茶くみ」と同じと捉えることができます。

 

そして大事なのは、ここです。

「女性の自分がお茶を出すと喜んでくれると思って楽しもうと思います。」

 

嫌な仕事はやらされ仕事だったんです。

それを、自分が能動的にやる仕事だと捉えた瞬間に変わります。

 

この一見誰がやっても同じに見える仕事が、実は違ったりしますしね。

僕はオフィスでもコーヒーやお茶は自分で入れざるを得ないのですが、これを女性がよろこんでやってくれたら嬉しいと思うでしょうね。

味が変わりそうです(笑)。

 

私が入れたらもっと喜んでもらえるだろうと思ったら、どこまでも仕事の質を追求できます。

女性だと、男性ではとても思いつかないような配慮を織り交ぜたりしてくるので、それも単純に強みになりますよね。

多くの人がナメている仕事にこそ勝機があったりもします。

 

多くの人がナメているということは、それを本気でやっている人がほとんどいないということですからね。

これにも、最初に書いた2つの分岐が出てきます。

ナメてかかる人と、そうじゃない人です。

 

ナメている人は、お茶くみが得意な人を見て、「それしかできない」とか、「お茶くみだけできても仕方がない」と考えるんです。

しかし、ナメていない人は違います。

誰でもできるはずのお茶くみがここまでできるから基準が上がるんです。

さらに言えば、それを見ている人は確実に見ています。

 

誰でもできるはずのお茶くみをここまでできる人なら、他の仕事を任せてもそれと同じレベルで高度にできるに違いないと連想するようになります。

ちなみにこれは、時給の仕事をしている人が、リスクを冒して独立や転職したりせずに成功する最も確率の高い方法でもあります。

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (49)

    • Lisa
    • 2017年 1月 18日 17:32:47

    すぐ、小林一三の名言を思い出しました。

    「下足番を命じられたら、日本一の下足番になってみろ。そうしたら、誰も君を下足番にしておかぬ。」

    まさにご名答ですね(*^^*)

    • Peach姫
    • 2017年 1月 18日 18:26:00

    どの理論もほどほどが良いと思いますね。
    追わせる、
    遊び人の男と関わる時とか
    つまらないタイプには効くかもです。
    本当に自信がある人間味を重視する良い男性には通じないかなと。
    ハテナ?信用出来ない、常識あるのか?と
    疑われかねない
    有利に進めるために
    男性心理が学べるのは良いと思います。
    でもやっぱり人がやってる事だから
    完璧な人はいないしね。

    • やち
    • 2017年 1月 19日 8:21:49

    この記事の内容から
    色んな記事に繋がった(*´∀`)

    あれとかあれとかあれとか←

    (笑)

    (´ー`*)ウンウン

    1つの記事の内容を
    幾つもの記事と併せながら
    考えられると
    また違った

    キラ――( ☆ω☆)――ン

    があったりしますね♪

    • アッシュ
    • 2017年 1月 19日 12:35:08

    この記事読んだ時、お茶くみって言えば
    ずーっと昔に見た石田ひかりさん主演の
    「悪女(わる)」ってドラマを、
    真っ先に思い出しました。
    あれ、けっこう面白かったよな・・・。

    • あえか
    • 2017年 1月 19日 15:22:09

    ちょっと違うかもですけど

    「憧れの○○さんが僕の為にお茶を入れてくれるなんて!もったいなくて飲めないっ!!いやいや一滴残らず飲み干してこの湯飲みは家宝に~ああ~僕の○○さん~!」

    ………とか変態的なこと考えてしまいました(笑)

    • nagachan
    • 2017年 1月 19日 20:06:53

    nagachan vs お茶汲み 第2戦

    初回から敗戦しまして、リベンジマッチ!
    頼んでもないのに、なんなんだ!笑 しかも失敗しやがってと言われても構わないと思い
    準備してたら、

    前みたいにまたコーヒー入れてー。って
    言われ、もう準備しました!と答えられて、
    とりあえずよかった。

    今回はとにかくそつがないように!
    意識!

    KOUさんから、香りの魔力のメルマガきてたのを、朝家を出る寸前に読んで、香水を手にとって家を出たわたし!

    コーヒー出すときにふわっと香るように、
    手首にほんの少し。効果あったかは不明。

    会議終わって部屋出てくのが見えたので
    後片付けしてたら、
    ありがとう!って言いにきてくれたので、
    一安心。よかった!!!

    • 浮舟
    • 2017年 1月 20日 23:43:46

    久々に、トレーニング以外の記事にコメントします。

    12時間レッスンは、明日ギリギリ駆け込みますわ、すんまそ(笑)

    今、早朝の清掃アルバイトをしています。
    やっと慣れてきて、大分手早くこなせるようになってきました。
    この記事を読んで、私も、今のバイトに意味をもって向かい合うことで得るものがあるかも知れないと思いました。

    受け取ろうとすること。
    はい、とても大事だと思います。
    いつのまにか、身をおける世界が変わってしまいます。

    • 浮舟
    • 2017年 1月 20日 23:49:58

    ナメている人ほどできてないです。

    今のアルバイトのお話です。
    早朝の、ごく短時間の勤務なので、色々な事情を抱えた、あらゆる年代の人々が働いています。

    入って一月ほどたったころ、
    「もう慣れたでしょ?覚えることそんなにないし大丈夫だよ」
    みたいにいってきた男性は、どうやら色々取りこぼしているらしいな……と気づきはじめました。

    そして今日、それがハッキリしました。
    使用者はちゃんと見てるんですよね。
    もちろん、バイトですし、直接厳しい指導なんてしません。ただ、裏で
    「◯◯さんは~だからな~」
    とリーダーに言われ、他のバイトたちでカバーするだけ。

    他にもそういう人がいました。
    気をつけようと思いました。仕事が遅いかも……と焦っていましたが、丁寧さを忘れてないという事で、確実に慣れていけばいいのだと思いました。

    清掃を、ただの清掃ととらえないのだとしたら何があるんでしょう。
    まだ私には難しいみたいです。

    • しろいるか
    • 2017年 1月 21日 12:08:17

    苦手だから、向いてないからというのは言い訳だし、自分の可能性をせばめている。
    苦手なら苦手なりに、ベストをつくさなくちゃいけない。あきらめていたらそこで成長がとまってしまう。
    私は、それができない人間じゃない。
    より良いところは伸ばしていく、攻めの姿勢で。
    苦手なところはそれを補い、守りの姿勢で、ミスをしないこと。

    ちゃんとやりきるってこと、続けるってことが大事だ。

    • おもち
    • 2017年 1月 21日 16:59:00

    >嫌な仕事はやらされ仕事だったんです。

    >それを、自分が能動的にやる仕事だと捉えた瞬間に変わります。

    やらされてる感がある、自分で選んでないから嫌だと感じる?けど、発想の転換で、自分がこの仕事を選んでこの仕事をやりたい、と思えば、周りから見て「誰でも出来るでしょ」と思われることも私がやることに意味があるんだって楽しく仕事ができるんですね?

    私は、「子供の癖に斜に構えてる」と言われた事があります。
    意味がわからなかったから調べたら、ひねくれてるって事なんですね。

    やっぱり素直さが表には出ていないこと、感じます。

    そんで、自分で選んだり、自分だからできるんだと思える発想を育てます。
    ひねくれて、誰でも出来るし私がしなくてもいいんじゃない?と思わず、前向きに取り組む

    • キリキリマイ
    • 2017年 1月 21日 19:04:32

    仕事記事なので、こちらへ書きます(ㆁᴗㆁ✿)

    私の周りには、事務をしている友達が沢山います。
    社会人経験がなく、自営業しかしたことがない私は、その友達たちの話を聞くと「自分には事務は向いていないな~。時間労働も向いてないな~。私には絶対無理だな~」と以前こう思っていました。

    でもでも、今回この「お茶くみ」に関連した、「段階の話」「雑用から考えるの思考の深さ」メルマガも合わせて、改めて考えてみました。

    自分には向いていないと思っていたことも、この思考と考え方を持っていたら、不向きを向いているに変えることができるんじゃないかって。

    過去の「女性の承認」で、Kouさんが「極めて特殊な専門技能や、芸術系の仕事でもない限り、僕は向き不向きというのは存在しないと思っています。」とおっしゃいました。

    またひとつ気持ちが楽になったなと思います。
    生活のためではなく、自分のために仕事はずっとしたいです。
    どんなところでも、どんな仕事でも、私らしくできそうな予感がします(転職するわけではないですよ(笑))

    • チューリップちゃん
    • 2017年 1月 21日 21:47:19

    どんな仕事も、どんな雑用も手を抜かないこと。
    無駄な仕事なんて何一つない。

    丁寧に、正確にやること。
    心を大事にして仕事をすること。

    そんな事を学びました。

    私、ここ最近心が乱れてます。
    社会、企業に対しての不合理さ。
    それに対してどうすることもできない自分の無力さ。
    誰も救うことができないのではないかという悔しさ。
    そして、そういった不合理さに自分も潰されてしまうかもしれないと言う恐怖感。

    一つ一つの仕事を丁寧にやりたいと思う反面、企業にいいように使われるのではないかという不安が時折よぎります。
    私がまだ弱いせい。
    余裕を持って、自信を持って、自分の価値を付けようと思っていたけど、本当にできているのか不安で仕方ない。

    何度も考えて考えてでも、考えた先に正解があるのかすらわからない、正解を自分で出せるのかもわからない。

    悔しくて涙が出るときはどうしたらいいのでしょうか?
    泣けばいいのですか?
    でも、泣いて解決するなんて思わない。
    泣いてる暇なんてないことはわかってる。

    それでも、なんとかしたいと思う私は考えが甘いかもしれません。
    私の考えの甘さから引き起こしたこと。

    でも、後悔はしてない。
    私には私自身を守る権利がある。

    もっと考えないと。

    • あえか
    • 2017年 1月 21日 21:52:11

    実は誰でも出来るというわけではないのです。

    誰がやっても一緒でもないのです。

    恋愛も「私だから」なんだなぁ。

    自分で意識するって大事。

    • チューリップちゃん
    • 2017年 1月 21日 22:00:12

    私は大バカものです。

    何一つ分かってない。
    ただの甘ちゃんです。

    会社のことも、上司のことも、周りの同僚のことも。

    何一つ理解してない、お子ちゃまです。

    もっと視野を広く持たないと行けない。

    失敗を糧にして。

    恐らく、私は大きな失敗をしました。
    人を裏切る行為をしたかもしれません。

    でも、誰も私を責めませんでした。

    それは、私の替えはいくらでもいると言われたかのようでした。

    そうなんだと思った瞬間、脇が甘いと思いました。

    脇が甘いんだ私は。
    職場は戦場です。

    ちょっとの油断が、大きなミスを起こす。

    油断してたのでしょう。
    私の能力を過信してたのでしょう。

    周りの人たちは敵になってしまったのでしょう。

    悔しくて仕方ない。
    全て私が引き起こしたこと。

    ここから這い上がる。

    • 翡翠
    • 2017年 1月 21日 22:48:09

    お茶汲みの話は至極当然のように感じますよ。
    実家が自営業してるからかもしれませんね。

    • 翡翠
    • 2017年 1月 21日 22:50:14

    りょくちゃさんすごいな。

    劣等感をポジティブな思考に変えてしまうんだもん。

    • ポトス
    • 2017年 1月 21日 23:51:14

    kouさんはいつもわたしの中に
    新しい風を通すのね
    知らないうちに違う理解を運んで置いてくの

    一見意味のないことに感じること
    例えば何かしら

    好きな人を信じること
    それは目にも見えないわ
    あってないようなもの
    でも
    信じることで
    言葉や行動は変わっていく
    それは彼に伝わらないかもしれないけど
    確実に続けることで自分のものになってゆく
    そうなったら
    どんどんみえてくる
    その心に付随してくるものが

    そして いつか
    それを彼が感じた時
    きっと感動するわ

    だって
    すごく美味しいお茶なのよ
    ただのお茶なのに
    あなたがいれたことに意味があるの

    ありがとうkouさん❤️

    • ポトス
    • 2017年 1月 22日 7:55:10

    あぁ、すごいわ

    世の中の見方が変わってきたわ
    わかってはいたのよ
    目に見えないものの大切さや
    ちっぽけだったり無駄なことのような価値のこと

    そうね
    周りと同じように
    わたしもその本当の価値にきづかなかった
    価値を与えよとしてなかったの
    目に見える大きさや世間の価値を
    基準に考えてたのよ

    私たちが普通に価値を感じているものは
    世の中のごく一部にすぎないのよね
    実際すでに知ってたりやったりはしていることでも
    まだその価値を知らないものが手元にも外にも
    たくさんあって
    世の中はそのものたちで構築されてる
    それを感じれるようになったら
    ちょっと驚異的になりそう 笑
    でも できちゃうわね きっと
    なぜなら 気づいたからよ
    kouさんが導いてくれたの
    とてもうれしいわ❤️

    まずは自分次第で
    何事にも価値が与えられることに気づき
    その物事にちゃんと向き合って
    自分で考え感じることね
    そして それを継続して
    自分の価値へと取り込んでゆく

    kouさん
    私の世界が本当に変わっていくわ

    • 悠ちゃん
    • 2017年 1月 22日 19:45:24

    うちの職場の課で、入社すると数日ひたすらコミュニケーションを取る期間があります。

    経験者の転職も、新卒もスタートが同じです。

    これに関して、新卒はすんなりその業務につき、それなりに、日々気付きを得ています。
    経験者の方は、その大切さをわかっている方もたくさんみえますが、「私は、経験者だから即戦力です。早く実務につかせてください」という人もいます。

    やはり、そういう方には真髄になるところの盲点があります。

    誤解して、バカにされていると、早々やめられる方もみえます。

    私も気を付けなければ…(゜-゜)(。_。)

    • リリーマルシェ
    • 2017年 1月 22日 21:09:24

    会社のトイレ掃除をした時のことを思い出しました。
    誰かに褒められたい、評価されたいと思ってトイレ掃除をしたときは、気持ちが続きませんでした。
    ただ誰かが気づいてくれたり、褒めてくれると嬉しかったです。
    それって相手の反応次第で私の気持ちも一喜一憂するってことで。

    でも、自分が気持ちよくいたいからと思ってトイレ掃除をした時は、評価されることにあまり関心がいきませんでした。
    そりゃ気づいてもらったら嬉しいですが(笑)、それ以上に自分自身の満足感だったり、
    どうしたらもっとキレイになるかなーって考えることをとにかく考えてるんですよね。

    これは本当にすべてのことにつながる「意識」の話なんだなぁと思いました。

    これをしたらこういう結果が得られるからやる
    というのと、
    これをどう工夫したらもっと喜んでもらえるのか、
    そしてどうしたら何より私自身が楽しめるのか。
    そもそもなんでそれをするのか、
    という視点でやるのでは、もう意識に雲泥の差があります。

    私自身が楽しんでやる時、
    結果は関係ありませんでした。
    とにかく自分が気持ちいい状態にしたい、
    そのために工夫する。
    そして、気持ちよく感じる状態に私自身が満足する。
    「あぁー気持ちいい♪」

    でも面白いことにその意識の時は、結果として周りの人たちから評価されたり、喜ばれたりする。
    ただ、そういう結果が得られなくても特に気にならないんです。
    だって自分が楽しんでやってるから。

    人のためというよりも、
    自分が心地よくいたいから、どうしようかと考えたときに、
    この面白い現象がやってきました。

    私にできること、私が求められていること
    そして何より私が楽しめること、
    楽しめるように工夫してみること、
    それをただただやってみます。

    • ぽちみ
    • 2017年 1月 25日 4:43:15

    うちの職場で
    お茶くみ的な仕事ってなんぞや?
    とかんがえると
    休憩室の片付けかなぁ
    とこの記事読んだときおもってて。
    おもってただけで
    着手はしてなかったんやけど。
    この前
    わたしのすごく尊敬する先輩が
    帰りぎわ休憩室のポットのお湯の量が
    少なくなってるの見つけて
    「あ~こんなん見たら帰られへんわぁ!」
    と言ってポットにお水を足しだした。
    あ、これお茶汲みのやつや
    とおもって、
    すかざずまねして
    袋いりの飴ちゃんを
    飴ちゃんポットに移しかえる
    という意味のあるのかないのか
    よくわからない片付けをしてみた。
    先輩には
    「あんたそれなにしてんの笑」
    とバッチリつっこまれた。

    変化があった。
    超末端の雑務に目をやるようになったことで
    中枢の仕事をより丁寧にやるようになった
    中枢の仕事の中の、末端が見えるようになった
    という感じ。
    中枢の仕事の中の要素を取り出して
    一個一個丁寧にやったら
    仕事全体のクオリティがあがる
    モチベーションもあがる。
    最近仕事がたのしい。

    • あーみ
    • 2017年 1月 26日 4:41:46

    こないだ雑誌で、この野菜はこんな切り方でこんな料理、この野菜はこんな調理法が美味しいですよ~みたいなのを見掛けて。

    私、地場農家さんのお野菜を頼みだしてから、すごく美味しくて、以前よりも野菜大好きになったんです。
    なのに、野菜によっての切り方とか、調理法とかまであんまり考えず、ほぼ我流でやってたことに気付きました。笑

    それを知ったら、もっと野菜ごとの美味しい調理法とか食べ方とか知りたくなって、料理するのわくわく~してます(^^)♪

    なんか、こだわりってこういう感じで生まれてくるのかなって思いました。

    まずはもっと深く知ろうとすること。

    表面的に出来てても、もっとよく考えて見てみたら、もっとこうできるな、とか気付きが生まれて、じゃあもっとこうしてみようってこだわりになっていく。

    そうやって突き詰めて考えていけたら、またそれが楽しめることにも繋がってくる気がします。

    表面的に知ってるだけで、できてる気にならないこと。

    たかがそんなこと、と言ってバカにする人は、表面的にしか見えてないし、考えられてないんだろうと思います。

    ただ知識があることと、経験があることは別もの。

    知ってる=出来るではない。

    それがわかってないと、自分の成長もとめてしまうし、出来るつもりで人を評価するだけの人になってしまいそうです。

    今はネットで表面的な知識だけは溢れてるので、そういう人も増えてますよね。

    私も気を付けたいと思います。
    まだまだ深くこだわりをもって出来ること、身の回りにもたくさんあるんでしょうね。

    • 由ゆこ
    • 2017年 2月 13日 22:57:10

    やらされ仕事ではなく、私が能動的にやるべき仕事だと捉える。

    …ちょっと想像してみただけでも、楽しそうだなって思えます。
    まだ今の仕事についてはそんなにうまく想像できないけど。

    そういえば、相手の方でもできる作業を毎回私に会ってその場で会話しながら進める人もいたなぁ。
    あれも、女性だからそうする価値があったのかな。

    • ゆきを
    • 2017年 2月 15日 17:24:27

    事務員でいるため、お茶くみも、もちろんですが、
    もともとの担当の子が辞めてしまい、
    ひょんなことから備品担当も請け負うことになりました。
    正直、嫌です。
    毎日在庫チェックをして、誰にも見られることなく、ちまちま確認して、届けばストックをして。
    『どうしてわたしがこんなこと』って思っしまいました。
    倉庫は狭いため、しまい方を工夫しなければうまく入りません。
    なおかつ、新しい備品がどんどん増えるし、
    誰にでも取りやすく、
    分かりやすい場所になければならない、

    やらされてる。感を脱したくて、
    どうにか、楽しみながら、出来ないものかと、考えています。
    自分で考えて、自らやりに行かないと、この作業がストレスになってしまうから。
    みなさん、お茶くみ以外でコメントを書かれているので参考になりますね✿
    自分のものに落とし込んでみます。

    • やち
    • 2017年 2月 22日 20:05:29

    今週の月曜日に思いました。

    今、手を掛けてる仕事内容は
    私にしか出来ないなぁって(*´∀`)

    誰でも出来る
    簡単な仕事だけど
    仕上がってる
    内容を見たら

    私の部署の人には
    絶対にできないと
    断言出来ます(๑•̀ㅂ•́)و✧

    • nagachan
    • 2017年 3月 01日 19:43:00

    また今度、お茶汲みお願いされたのですが、
    私の会社は、来客用のティーカップがなく、
    秘密経路で入手した、ビルに入っているカフェの無料券もなくなってしまったし、
    どうしようかと思いましたが、
    グループ会社の知り合いにお願いしたら
    貸してくれることになりました!
    よかった〜♡♡

    • nagachan
    • 2017年 3月 01日 19:47:43

    いつも手伝いをしている上司に、
    郵便を渡す際、今までは何でもそのまま渡していましたが、全部調べて、その会社は、何をつくっていて、どういうものが特徴なのか、把握した上で、必ず何か質問をするようにしたんです。
    意外にも、最近新しく設立された会社で上司も知らなかったり、その人との思い出話をしてくださり、よく見てるねと言われました。

    • 由ゆこ
    • 2017年 3月 15日 23:11:14

    自分が能動的にやる仕事だと捉える。
    自分が能動的にやる仕事だと捉える。
    自分が能動的にやる仕事だと捉える。

    3回唱えました(笑)

    私がそれをしたらもっと喜んでくれるだろうと思う。
    も大事!

    「棚卸」で、自分が挙げたスキルが大したものじゃない…と思っていたけれど、
    それも「ナメていた」のかもしれません。
    そういうものを磨いてこそ…なのでしょうか。

    • はねのきおく
    • 2017年 3月 22日 22:55:03

    今のお仕事の中でお茶くみが1番好きかも。
    だって、人に喜んで貰える仕事だから。
    どんな仕事でも丁寧に自分らしく、
    やり方を追求していきたい。

    恋愛の勉強もだけど、仕事の勉強も
    限界ってないと思う。
    今はどんどん吸収して磨きをかけたい。
    いつまでも未完成でありたい。
    正直完璧なんてつまらないと思うし
    伸びしろがあるから頑張れる。
    君はそのままで充分って言われるのは
    嬉しいけど、少し悲しい。
    だから、完璧な人より少し
    不完全な人の方が魅力的に感じる。

    • 青色
    • 2017年 3月 30日 23:24:59

    女性がいれてくれるお茶っておいしいんですよね。
    女性ってすごいですね。お茶の味まで変化する!
    お茶に何かが上乗せされるのかしら。。

    • つきのあかり
    • 2017年 5月 04日 22:28:45

    こういう記事をきっかけに、私の仕事での技術は花開きました。

    今、受け身じゃないから全部が楽しい。
    この楽しさが分からない人が可哀想って思うくらい。

    私は精一杯今の仕事を全うしたい。
    技術を身につけるのに、少なくともあと2年は修行したい。いつかは結婚したいけど、それまでは仕事を取ると決めてる。

    揺らぐこともあるけど、結婚が私の幸せ、、、
    ゴールじゃないんだ。
    1人でも幸せで、2人だとまた幸せ。
    1人の時間も輝ける私になるため。

    今は不安でも1人でいる、修行の時なんだ。

    • こひつじメアリ
    • 2017年 5月 05日 3:12:06

    お茶くみ、わたしはダメでした。
    ある日は濃いと言われて捨てられ、
    言われた通りの濃さで入れたら、
    薄いと言われて捨てられる………

    いやいや、飲むのあなたじゃ無いやん。
    そして味見もせずに濃さ、わかるの?
    わかる割には、入れ直したお茶の色、
    わたしが入れたのと同じなんですけど。

    他者を認められないのは不幸ですね。
    承認欲求が満たされていない事から来てるのかなーなんて思います。

    愚痴ですねえ。
    もう辞めるからいいのに、、
    悔しさが成仏してないのかな。
    (。•́ωก̀。)

    • こひつじメアリ
    • 2017年 5月 05日 3:31:32

    一番悔しかったのは、「頑張ってない」事にされる事。
    努力が嫌いな人たちにとっては、努力なんてするものじゃなくて、しないのが当たり前で。
    努力して改善に取り組むなんて、結果はどうでもよくて、ただ邪魔でしかなくて。
    ううん、邪魔なんて意識すらないんだ。
    ただ「決まった通りにするのを頑張らなかった、仕事が出来ない人」ってことになっちゃう。

    わたしとは空気が合わない人たちの集まりなんだと思う。
    合わないんだから、しょうがない。
    正しい場所に行かなきゃいけない。
    間違った場所にいるのは、わたしなんだ。

    • しんたん
    • 2017年 5月 09日 3:25:12

    本当に自分にとって大事なものに時間を費やしているか。
    これも短期的欲求と切り離して根本を考えないと。
    短期的にみればもちろん大事。
    長期的にみるなら、目標がいるかな。
    最終的になりたい自分。
    仕事で名前を残す。
    自分を美人と思い続ける。
    可愛いと言われ続ける。
    私が好きな人に好きでいてもらう。
    今通っているエステには70代80代の方も通われてるそう。
    そしてそういう方ほど、ターバンも自前のリボン付を持参したり、可愛いことにこだわっているとオーナーに教えて頂いた。
    私はずっと女性でいることのモチベーションを維持できるかしら。
    今から毎日頑張って女性らしくいれば、いつか女性らしいのが当然になるだろうか。
    男っぽくガリガリ働くのが好き。
    これをガリガリからそよそよに変えてみる。
    そよ風のほうに爽やかに、でも風としての仕事はちゃんとする。
    まあでも、イライラはしちゃうな。
    こっそりと(笑)

    • しろいるか
    • 2017年 5月 10日 23:59:29

    仕事で失敗がおおい。
    なぜだ?

    こんなにダメだったか私?
    どうやったら失敗しないんだろう?

    今日ねむれるかな。でも寝なきゃ、
    おやすみなさい。

    • ねずみくんのチョッキ
    • 2017年 5月 30日 21:30:21

    私の場合はお酒の席に行くことでした。

    若い頃は不毛な時間に思えて仕方なくて、どんなに空気が読めないと言われようと行かないことを貫いてました。
    そんなところに行くくらいなら映画の一本でも本でも読んでた方がマシ、って。笑

    30代以降、お酒の席も不毛なものばかりじゃあないんだな、とやっと分かるようになりました。ビジネスが進んだり、思いがけないご縁が繋がったりする。殿方の本音も出やすい。知らなくて良かったゴシップを聞いてしまったりすることもあるけれど。笑

    大勢で飲む会のお開き後に「今日はチョッキさんとゆっくりお話できなかったなぁ。」と言って頂けるようになった。若い頃は参加しても言ってもらえなかった言葉。酔っ払っていたとは言え嬉しかったですね。

    今まで思った事もなかったけれど、お酒の席で男性が横に座らせたくなるような女性の研究をしたいと思いました。きっとすごく勉強になる。

    連れて行って頂かない限り中々見られないのでイメージすることしか出来ませんが、要人さんをお相手するような高級クラブの女性は美しくて知的でお話も上手くて男性の心をくすぐるプロですもんね。

    嫌いだと思ってたことも見えなかった視点が見えた時に面白さが分かります。

    そしてもっと研究したくなる。笑

    • ねずみくんのチョッキ
    • 2017年 5月 30日 21:34:02

    ていうか、めっちゃ酔っ払った。
    普段あんまり飲まないからすーぐ回る。

    お酒強くなりたいわー

    酔っ払うのも悪くないね。笑

    • 広島のみきゃんちゃん
    • 2017年 6月 03日 16:02:02

    kouさん、私は、バーの店長をしているのですが…恋愛が上手くいくと、必ず、売り上げが下がります。
    もう、何度もこういう場面を見るので、仕事運と恋愛運が反比例しているようにしか思えず、とても、苦しいです。
    恋愛で仕事が疎かになるわけではなく…むしろ熱が入るタイプです。
    何か、良い打開策はないでしょうか??

    • かほ
    • 2017年 6月 17日 21:16:07

    >一つは、本当に自分にとって大事なことは何なのかを見極めて、乗れるものに乗っかり、ちゃんと利益を取っていく人。
    もう一つは、その利益を取っていく人の様子を指をくわえて眺めるだけの人、あるいは、斜に構えて頑張っている人たちをただ馬鹿にする人です。
    当たり前ですが、後者は何の得にもならない行動をずっと繰り返し、気がついたら何も残っていないという人生を送ります。

    この記事久しぶりに読みました。
    そしてここを抜き出しました。
    ずっと前、他の記事で
    「自分が世界で一番劣等な存在に見えるときはあります。どうしても当たりが悪い時期はあります。」と書いてあったのを覚えています。

    6月に入ってから、しばらくの間それを感じて腐っていました。そして切り替え半分、引きずり半分までここまで来ました。だから、6月上旬にあった試験はけっこう私の中で大事なものだったんですが……滑ったか、それとも滑り込めたか。

    ちょっと、受けた私もわかりません。あえて自己採点してないし。次に響いたら怖いからねっ。
    ですが、お陰で切り替えられたというのがあります。
    次の試験も、私にとって勝負をかけたい大事なものです。ですが、楽な気持ちで臨めそうです。なんとか日頃の成果を出して、拾うべき問題をきっちり拾いたいですね。今週は発展は一切やらず、基礎の叩き直しに終始しました。冒険はしません。

    そういえば、kouさんは以前「練習」について話していたこともありましたね。
    練習が本番に活きるのは、練習をしまくって上達したから成功するのではなく、練習をしまくったという事実の裏付けが自信となって成功に繋がると。私は練習しまくったと大声で言えるほどの自信はありません。お菓子食べてごろごろした日もあったし。マンガ読んでたガハガハしてた日もあったので。ですが、5月に多目に受けておいて、今となってはよかったと思います。受かるかどうかはともかく、本番の練習になりました。あざっす。

    前者になりきれてなくても、後者にはなってない自信はあります。

    • 月城
    • 2017年 7月 06日 13:15:28

    会社はおじさまばかりなので基本的に女性は可愛がられます。
    その中でも面倒くさがられる女性と寵愛される女性は分かれます。

    私は割と目をかけてもらってる方ですが、なかなか仕事の幅が広がらず悩むこともあります。また、今の仕事は別の本来やっていきたい文章のことがうまく進まずくさくさすることも。でも見てくれている人はきちんと見てくれています。倦まず驕らず、目の前のことをきちんとこなしていきたいと思います。

    • goodgirl
    • 2017年 7月 28日 0:00:25

    あ、これ、今やってるメルマガの答えだ。

    誰でもできる仕事を高い完成度をもって行える人であることは他の仕事も場も同様にやっていけると見込まれる。

    つまらないことや目立たないことや何でもないことなどをどうやってきているかが大切なことなんですね。

    自分を振り返り…出来てますといえないなぁ。改めよう。

    • ななみなな
    • 2017年 8月 11日 22:40:39

    私は接客の仕事をしていますが、どうせやるならお客様に笑顔になって帰っていただこうと決めてから、私も笑顔と真心いっぱいの接客ができるようになりました。

    そうするとお客様だけでなく周囲の反応も変わり、見ている人は見ているを実感しています。

    見ている人は見ている、私の好きな言葉です。

    見ていない人のことを気にしても仕方ない、自分とは住む世界が違うと思うことにしています。

    • 由ゆこ
    • 2017年 8月 27日 21:34:56

    久しぶりにこの記事を読みました。
    以前に比べて、やらされ仕事ではなく「やりたい」と思って仕事を楽しめています!
    ちょっと時間的に大変でも、「やりたいから、やります!!」って言ったり。
    それと同時に、やりたくない仕事はどんどん他の人に任せるようになりました。笑

    でも、やりたくないけどやることになった仕事に関しては、この記事のこと忘れてて嫌々やってしまってました^ ^;
    やりたくないことを避けるために、「転職するしかないのか…」とか深刻に考えたり。笑
    投げ出すのはまだ早いです。

    • 月城
    • 2017年 9月 05日 17:48:54

    今日、すごく仕事で惨めな気分になりました。
    違う部署の仕事に携わっているのですが、本当に自分は何も知らないなと不甲斐なく思いました。
    やったことない分野だから知らないのは当たり前なんです。でも知らない自分にイライラしっぱなしでした。専門用語を満足に知らない自分も、英語をまともに読めない自分にも。
    そして、自分の本来の仕事もまともにできてないような気がしてしまいました。

    知らなければ、学べばいい。と常日頃から思っていますが、これからのことを考えて追いつけるか少し不安になってしまいました。

    • ♡arico♡
    • 2017年 11月 12日 20:41:55

    『さらに言えば、それを見ている人は確実に見ています。』

    何ともないと思ってやってることも、誰かは見ているものなのですよね。
    しかも、そこを褒められると結構嬉しかったりするし。
    誰も見てないからと言って気を抜いてはいけないな。

    • てんとうむし
    • 2018年 4月 20日 10:50:48

    もう、つらいです。
    他人の尻拭いのような仕事ばかりで
    つらい。

    誰も当事者だと思ってない。
    私がやってるから、それでいいと思っている。

    みんながそうじゃないけど
    大多数の人はそう思ってる。
    だって、私が雑用や尻拭いをしてても
    私にかける言葉が、そう思ってなきゃ出ない
    言葉たちだったから。

    もう、いやだ。
    やらなきゃいけないことだし
    やってないと困るのは自分も同じだから
    やっているけど
    誰でもできるのに、どうして誰もやろうとしないんだろ。

    まだそれやってたの?って
    どうしてそんな事が言えるの?
    あなたがやらなかったから、私が最後までやってるんじゃない。

    私、たぶん今正気じゃないです。
    だから職場のトイレから
    このコメントを打って、冷静になろうとしてます。

    私が細かすぎるだけなのでしょうか?
    最後までちゃんと仕事をしたいだけなんです。
    そして、他の人も自分がやっていることを
    最後までちゃんとやってほしいだけなんです。
    その上で、お互い助け合って仕事をしたいんです。

    私だって四六時中こんな風に思ってるわけじゃないんです。
    でも、誰かの言葉や行動でこんな風にイライラさせられていることに
    自分で自分自身にがっかりしています。

    どうして私は他の人に上手く
    頼れないのでしょう。
    どうして私は他の人が何かをしてくれても
    感謝できないのでしょう。
    いつもいつも、こういうわけじゃないけど
    イライラしているときは、こうなっています。

    あー、たくさん書いたら落ち着いてきました。

    こういう時こそ切り替えが大切ですね。
    とりあえず、周りは置いてくることにします。
    私だけ仕事をキッチリ仕上げて、どんどん先にすすむ事にしました!
    誰かの尻拭いも雑用も、みんなが出来ない事なんだから
    出来る私がやらなきゃしょうがないと思う事にします!
    そして、悪いけど私はどんどん先にすすんで、上がっていくので失礼いたします
    と、華麗に言い放ってやる意気込みで
    今日1日を乗り切ります!

    最後は明るめに終われてよかった笑笑

    • まき
    • 2018年 5月 24日 21:29:50

    誰にでもできる仕事。。。
    わたしもよく頼まれます。

    ふと、そんなことしかやらなくて良いの?と思ってしまってました。そんなんでお給料もらってていいの?って。周りでは人員整理もされてるみたいなのに、暇な私は残ってます。

    でも、やっぱり誰にでもできる仕事でもきちんとやろうとはいつも思ってます。

    こないだも仕事に直接関係なさそうな、幹事運営でとても誉められて。でも、そればかりやってて良いのかな?とも思ったり。

    よく、癒し系と言われるけど、みんなを笑顔にすることも、大切な仕事だったりするのかもしれないですね。

    今日はあまり元気ないけど、そう思い込むことにします\(^_^)/

    • リカ
    • 2018年 6月 01日 22:42:20

    最近昇進したいと強く思うようになりました。
    どんなに些細な仕事でも真面目にやるし、手が空いたら他の人の仕事までもらってやるようにしてます。
    だけど、まだまだ自分には専門スキルがあまりない。。
    だから評価されづらいのかな、、

    • べ〜たん
    • 2018年 11月 04日 13:23:52

    この記事を読んでいたら、昔の上司が飲み会で言っていた事を、ふと思い出しました。
    「自分の仕事は誰がやっても同じ。」と言っていた私たちに、
    「誰がやっても同じ仕事なんて一つもない。確かに仕事は同じかもしれないけど、その仕事を通して必ずその人らしさが表れる。」というような会話でした。
    その時も何か引っかかるような、分かりそうで、でも分かりきれないモヤっとしたのですが、この記事を読んでハッキリしました。

    ただ、この上司のように見る人は見ている、というのは分かるのですが、残念ながらとても少ないように思います。
    私の今の職場では、美味しいところ取り(裏方仕事、汚れ仕事は他人にやらせ、目立つ仕事だけ最後に持っていく)人が評価されています。
    私は被害者ではありませんが、裏で頑張っている人たちを知っているので、周りの見る目のない人たちを見ると、がっかりしてしまいます。

    まだまだ自分に集中できていない証拠ですかね(~_~;)

↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント