恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

続・もっと、シンプルに現実を見よう

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

昨日の記事の続きです。

すでに100を越えるコメントがついています。

もっと、シンプルに現実を見よう

 

僕はサロンのその会話を否定しているわけではありませんよ。

宗教云々で言えば、僕は無神論者でも無宗教でもないですしね。

 

sioさんより:

【もっと、シンプルに現実を見よう】

なんとなく、わたしには、凄く大事な記事な気がして。
まだ、読んでいます。

基本的な事項に立ち返って、このKouさんのブログのタイトルを見ています。

男性であるKouさんが言う「モテる女」はどんな女性なのか。
このブログはその説明ですね。

確かに、愛される女性って。
次元があまりに高いような思考法をしているとは思えない。

好きなひとと恋愛をしていて、
心が震える程嬉しかったことを想い出してみると。
誰に話したとしても、明白なエピソードやセリフとして
表現できるようなことばかりです。

ちはなさんや、スミレさん、NIKAさんに、maikaさん。
彼女たちがコメントで繰り広げる体験談。
仔猫ちゃんが時折差し込んでくれていたエピソードも。

ノンフィクションだから価値があるんだろうな、と。
何かに置き換えたりする話し方もされていませんし、
○○されて嬉しかったです、と、とてもシンプルです。

捉え方次第、とはよく言いますが、
このノンフィクションは、
どんな女性が体験しても幸せとジャッジするしかないだろう、という。
女性としての真理なんだろうと思います。

高等・特殊な技術が要る思考法がないと受け容れられない、というものではないんだろうな、と。

これなんです。

見事にこのコメントに集約されています。

 

「一体ここに何をしに来ているのか」シリーズになってしまいそうな話なんです。

自分との対話は大事なことです。

 

僕の言っていることと、サロンのその会話が本質的には同じという人がいますが、全く違いますよ。

勘弁してください。

全く違います。

僕は常に現実の話をしています。

現実世界に生きている人間が、どうしたら目の前の問題を解決できるのかをずっと話し続けています。

そこにスピリチュアルなんとかは、一切入ってきません。

 

繰り返し言いますが僕は無神論者ではないので、その手のことはむしろ信じている方です。

それでも、寄りかかるべきものではなく、自分の後ろ盾とするものです。

 

sioさんのコメントを見て分かることは、コメントに名前が出ている人たちは、サロンにいながらもほとんどこの手の話にタッチしていません。

なぜだか分かりますか。

自分で判断する能力が身についているからです。

ものの分別がついているとでも言えばいいかもしれませんね。

 

人間は、弱っているとき、特にこの手のことに心酔しやすいんです。

今、数年ぶりに復活してくれている「まりこさん」などは、聞けばこのことを応えてくれるんじゃないでしょうかね。

宗教がなぜ流行るのかといえば、不安があるからです。

人が不安に苛まれて弱っているときほど、宗教が流行ります。

 

僕もそれに思いっきりハマろうとしたことはありますよ。

やはりそれも、自分が最悪な時期でした。武道か宗教か、とにかく心の拠り所が欲しかったんです。

そういう追い詰められている状況にあって、何かの素晴らしい教えを聞けば感銘を受けるし、それを体現するような具体的な体験をしてしまうと、一発で心酔して、それがすべてになり始めます。

もっと、あなたの本当の感覚を信じた方がいいと思うんですよね。

この「心酔して人生のすべてにしている人」に相当する人が、実は見えているんじゃないですか。

 

人間というのは、弱いんです。

弱いからこそ、何かにすがりたくなる。

何かに気づいて新しい世界に踏み出すこと自体は、悪いことではないと思います。

ただ、それをするのは今なのか。

そして、その話をするのは、サロンが適当なのかどうか。

 

同じ次元の違う話なら、僕は「異次元会話」の方が、このブログで恋愛の勉強をしている女性にとっては、はるかに高い効果があると思いますけどね。

ここで、何をしますか。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (7)

    • megumi
    • 2017年 5月 09日 13:19:55

    日本では、酒の席では「宗教、政治、戦争」の話題は三大タブーとされていますね。

    他の国々では大いに議論されているテーマですが、触らぬ神に祟りなし精神が基盤にあり、イザコザを良しとしない風潮が強い日本では避けたほうがいい話題であるのは確かです。

    そもそも日本人はディベートが苦手で、人に同調することが多く、違う意見を排除してしまいがちだからこの手の話題は難しくなるんだと思います。

    アメリカなどを筆頭に人種のルツボでは、人の考えやバックグランドは違うのが当たり前であるという前提で会話が出来るので、文化的なものもあるのでしょう。

    日本人は宗教という言葉には敏感で毛嫌いする人もいますが、海外から見るとじつは信仰深い民族なのです。お正月、祭ごと、七五三。あたりまえになってるから気がつかないだけで身についてることがある。神社では手を合わせます。アミニズム。八百万のkami。自然のなかにも昔からスピリットを見出してきた、そういった文化が背景にある。

    宗教というと人を先導するtoolにされてきた一面も歴史的にあるので、一括りには出来ない、言葉を選びがちにならざる得ないテーマではあります。空気を読みながら探り探りと、、、。

    私もスピ寄りです。波動などのエネルギーの持ちかたには気をまわすし、ストーンも大好き。つきつめていくとグレートサムシングな存在を否定できなくなってきます。ゴッドというより、仏陀の教えとか、悟りのほうにいまは興味があって、内観のほうかな。

    他者の意見を否定しないとならないような思想は自分には合いませんが、指針は自分のなかにありますので、ブレは少ないほうかと思います。

    • mimoza
    • 2017年 5月 09日 20:42:15

    宗教って話題で、Kouさんにご紹介いただいた『カエルの楽園』を思い出しました。
    あれも宗教関係の話ともとれますね。

    • mimoza
    • 2017年 5月 09日 21:08:07

    私は不平等肯定派なので、多くの人が、SNSやライン中毒で勉強しなくなり、恋愛でカモ中毒になり、無駄な時間をカモへの妄想へ費やし、もっと頭が悪くなって、私達みたいな考える人間から搾取されても、ぜんぜん良いと思っている。

    宗教は簡単に作れるし、教祖になりたい人から、宗教団体を買ったから、幹部になってほしいと頼まれたこともある。
    教義を丸暗記してくれたらいいからって。
    とりあえず、なんとなく雰囲気良さそうな、美人な幹部がいればいいらしい。

    末端の、善良な人ほど扱いやすい。
    これは恋愛も同じかも。
    飢餓状態だから、ちょっとしたことで満足するし、信じてくれる。
    宗教団体に入るなら、幹部になったほうがいい。
    いろんなことが分かるから。

    • ♡arico♡
    • 2017年 7月 18日 21:57:40

    私はここで、前を向いて、地に足をしっかりつけながら、恋愛の勉強をして、幸せになります!

    まだまだ弱い自分は出てきてしまいますが、自分で判断できるようになります。

    • かほ
    • 2017年 8月 13日 4:12:36

    《人間は、弱っているとき、特にこの手のことに心酔しやすいんです。》

    そうですね。
    特に、そうだな~と思ったのは、kouさんが、そういうものは寄りかかるべきものではなく、自分の後ろ盾とするものだと言いきった部分です。

    私の中の霧が晴れました。そうだ、そうだったなと。私はそれを求めていました。本当はすがりたくなんてない。

    そして、後ろ楯にすることは、虎の威を借ることと同義ではないはずだと。たとえ間違ったとしても、自分で考えてみることだ。そしてチャレンジを重ねること。
    間違えたことに関して何か言われたとする。バカにされたとする。だけど、それはチャレンジしなければ進めなかった道だと。そんなこともわかって進んだ道。

    それが、自分の選択に責任を持つことであり、依存しないということ。つまり、恋愛も人生も不確実だと言うことを謙虚に理解し、総合力を高める努力をすることに繋がるんだと思う。

    • 匿名 お願い
    • 2017年 9月 11日 19:20:47

    アフロディーテさんが書かれた《赦しの祈り》を見たいのですが
    アフロディーテさんのコメントは
    削除されているようなので探すことが出来ません。

    なんとか見つけたものは短縮版で…
    それではないものを見たいです。

    どなたか、知ってる方おられましたら、
    コピーして載せていただけませんでしょうか。

    Kouさんはこれが好きではないみたいなのでここに書くのは躊躇しましたが
    Kouさんどうこうとか関係なく、
    ただ知りたいので思いきってお願いしてみました。

    匿名で記入しましたが
    エリカと申します。

    どうかエリカ宛てに
    お願いします。

    もしKouさんが
    アフロディーテさんのコメントを残していて
    知っているのならば
    わたし宛てにメールして頂けませんか…?

    どうしても知りたくて。
    お願いします。

    • みうごろう
    • 2017年 9月 19日 21:46:53

    異次元会話ってなんですか⁈

    んー、後ろ盾のスピリチュアル、大好きです。
    でも現実は否応なく襲ってきますから、
    現実の世界で強くしなやかに生きていける女性になりたくてここに来ているわけですよね。
    現実から目を背けてひとっ飛びして上の空想世界の異次元に行く。
    まぁ、心持ちは楽になるかもしれませんが、
    現実は伴って来ません。
    周りも付いて来ません。

    事実を味わい尽くして飽きたらやればいい、
    なんだか瀬戸内寂照さんを思い出しました。
    あんまり知りませんけど。笑
    あ、あと美輪明宏さんとか。
    男と女のなんたるかを知り尽くしているというか。
    そこまでは行けませんけど、その一歩手前くらいまでは行って、人生終わりたいなぁ。

↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント