恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

九州の震災サポート用記事

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

九州で発生している地震災害について、専用のページを用意することにしました。

メルマガサポート記事と同じ要領で、今回の地震に関する話は、このページを使ってもらいたいと思います。

僕のところにも度々メールが来たり、サロンや他のコメント欄にも地震のことについての相談が入ってきていますが、他の話と混じってしまったり、そもそもどこに書いたらいいか分からないとか、不安に駆られている人も多くいます。

基本的にサロンに書いてもらえればいいんですが、サロンは流れが速すぎる問題もあり、かつメルマガ読者じゃないと書き込みができません。

 

熊本ばかりがフォーカスされていますが、おそらく九州全域で相当なショックがあります。

このレベルの地震だと、今後かなり長い期間この不安に耐えることになるので、その不安を和らげる方法の一つになればと思います。

すでにサロンやブログのコメントでも実証済みで、文字ベースであっても、誰かと話をし続けることによって確実に精神的な支えになります。

また、被災地にある人はその状況を書いてもらうことで、遠くにいる人もより正確な状況を知れるようになります。

テレビのニュースはもちろんですが、Twitterなどのネットの情報も、ウソが多いので状況を正確に把握することができません。

 

このブログには、僕も含めて九州地方の出身者も数多くいますね。

知ることによってできるようになることもあります。

 

基本的に交流の場として提供しますが、何らかの作戦会議の場として使ってもらっても構いません。

要望があれば、できるだけ対応を考えたいと思います。

 

ブログやメルマガは平常運転し続けます。

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (31)

    • かおり かすみ草さん
    • 2016年 8月 31日 20:48:28

    それはよかったです(>人<;)

    台風で東北とか北海道とかも大変みたいなので、熊本の皆さまと合わせて無事をお祈りします>_<

    • コスモ
    • 2016年 9月 01日 21:53:50

    9/1 防災の日でしたね。

    防災グッズ
    http://www.fdma.go.jp/html/life/sack.html

    施設設備と危機管理は別物、と聞きました。

    テレビのニュースでうろ覚えですが、、施設設備は過去の災害から防壁の高さはこのくらいでいいだろうなどと決めてあり、無駄に公共事業費を使うとクレームも出るし、十分に備えるのは予算的にムリなんだとか。

    北海道や東北は台風はあまり通らないと思われており、今回の台風は「想定外」だが、施設設備は不十分でも危機管理があれば想定外の台風でも近くの川が氾濫するかも、氾濫したら防壁が決壊するかも、この雨量だと地面が弛んで、、、などと考えられ、最悪な結果は出さなくて済んだかも知れません。

    想定外であっても起こったら嫌なことから身を守る。備える。
    それは不安や心配を遠ざけるためでもあります。
    備えがあれば経験していなくても、気持ちを強く持っていられると思います。
    どうしても避けられないことはあります。
    でも原因を外に探さず、自分の中で解決しようとする人は考えています。
    「しょうがない」と言う人は逃げて甘えているだけで、本気で解決しようとはしていないのでしょう。

    わからないから考えて行動して解決しようとするんでしょう。
    本気でやれば結果は出ます。
    それを信じないのは自分を信じられない、未来を描けない人。

    • 悠ちゃん
    • 2016年 9月 28日 10:25:49

    昨日災害対策の勉強をしたので、
    ここに書いてみました。

    トリアージ…
    助かる命から優先順位をつけて助ける、
    ということですが、
    まずは自分、
    自分が助かる余裕があるとき、
    助かりそうな命を助けるということ。

    そして、
    災害に巻き込まれてしまった後は、
    レジリエンス(竹のようなしなやかな心)
    によってその後の人生が大きく左右されること。

    いろいろ繋がりました(゜-゜)(。_。)

    P.S.Kouさんは、九州出身だったとですか…( ; ゜Д゜)

    • 浮舟
    • 2016年 10月 15日 17:59:46

    最近新聞チェックをしていると、九州の震災関連の記事が増えてきた気がします。

    今日の見出しも、『傷癒えぬ熊本 地震から半年』。仮設住宅の問題や、あと無視できないのはちゃんと見えていない関連死など……

    同時に、東日本大震災についても、帰宅困難地域への帰還が始まったと言うことで記事が増えてきた気がします。私が見てるから増えたと思っているだけかもしれません。

    • みき
    • 2016年 10月 21日 15:08:10

    鳥取の地震、皆さま大丈夫でしょうか?
    どうぞご無事で

    • あえか
    • 2016年 10月 21日 15:16:21

    鳥取の皆様、大丈夫でしょうか?

    大阪でも結構揺れました。

    一人の時に来たら心細くなりますね…

    • つきのあかり
    • 2016年 10月 22日 0:21:20

    地震と聞いてハッとしました。
    親しい友人がいるもので、、、
    それと同時に、このページの存在を思い出しました。思いを言葉にできる場を、改めてありがとうございます。
    鳥取の方々に安らぎを願います。
    何か、できること探そうと思います。

    • るり@ふるさと納税による被災地支援
    • 2016年 11月 10日 15:52:36

    ふるさと納税のシステムを使って、お歳暮の手配をしていたところ、
    (あまおう詰め合わせ、ふぐ鍋、花咲蟹、十勝ブラウン
    スイス牛ステーキ 他)<災害支援でチョイス>という項目がポータルサイトに
    ありましたので、まとめてご紹介致します。

    鳥取地震代理受付治体に寄附
    鳥取地震被災自治体に寄附
    台風被災代理受付自治体に寄附
    台風被災自治体に寄附
    熊本地震代理受付自治体に寄附
    熊本地震被災自治体に寄附
    その他被災自治体に寄附

    http://www.furusato-tax.jp/alert_list.html

    • 悠ちゃん
    • 2016年 11月 11日 17:33:39

    災害が起こったとき、
    私たちは救助にまわる側だが
    トリアージについては
    かなり勉強させられている。

    実際、震災が原因で帰らぬ人になる人も
    いるが、二次災害により帰らぬ人になる人も
    かなり多い。

    エコノミー症候群、持病の悪化、精神的苦痛なども含め。

    また、この期に及んで
    わざわざその地に出向き
    家宅侵入、窃盗など
    実際に被害例が多数あるという。

    不安を煽る情報を流すなども一例。

    ただ災害に対する備えをする事
    だけが重要でなく、
    普段からレジリエンスを
    鍛えることも必要だと思った。

    • セドナの月 pinoさん
    • 2016年 11月 12日 3:11:31

    Pinoさん
    こんばんは。
    あの時の会話を覚えていらっしゃいますか?
    随分経ってしまったので
    何のこっちゃ?!かもしれませんね。
    Pinoさんへのお手紙を
    来年1.17にここへ投函する予定
    でした。

    こんな事はないと思っていますが
    伝えられなくなってしまうと
    心残りなので今伝えています。

    私はあの時、炊き出しの人の笑顔に
    救われた1人です。
    救われた、なんてものじゃないレベル
    ですが、他にいい言葉も見つかりません。
    私はあの時の事を具体的に
    言葉にしようとすると
    体に異変が出るため避けていました。
    しかし、pinoさんが炊き出しに来られていた
    との文章を目にして
    私、このプログを通じて
    あの時来て下さった方のお1人と
    ここで繋がれた事に驚きました。
    いつかきちんと書いて
    感謝の気持ちを述べたいと思いました。

    あの時、炊き出し来て下さった方々に
    心の底から感謝しています。
    あの温かさ、匂い、味、具材(!)
    笑顔
    全部五感で覚えています。
    みんな頑張れました。本当です。
    温かい食べ物を口にした時の気持ち
    忘れていません。
    死ぬ時に、一番美味しかった食べ物と
    聞かれたらあの時以外有り得ない。

    どうぞお仲間の方々にも
    よろしくお伝え下さいm(__)m
    この場をお借りしてpinoさんと
    Pinoさんを通じて
    見ず知らずの来て下さった方々に…
    ありがとうございました。

    • 浮舟
    • 2016年 11月 22日 6:05:17

    久々に、ハッキリとした揺れを感じました。
    ドアをあけてたら、電柱もかなり揺れていました。

    改めて備えねば……と思っています。

    • 浮舟
    • 2016年 11月 22日 6:08:53

    日々、確実に迫ってきている実感があります。
    冷静に行動できるように、今のうちに勉強したいです。

    • チューリップちゃん
    • 2017年 1月 07日 1:52:39

    災害はいつどこで起きるかわからないです。

    明日起きるかもしれない。

    起きた時に、その人がどんな状況でどんな判断をし、行動するのかが重要だと思います。

    いざという時に自分で考えて行動する癖がある人は、的確な判断ができる人だと思います。
    その点においては、恋愛の勉強を通して災害時の対応についても応用できると思います。

    恋愛の勉強も継続しつつ、災害に遭った時の勉強もしようと思います。

    つい先日、心肺蘇生の研修に行きました。
    私は胸骨圧迫がとても苦手です。
    ここで半日みっちりトレーニングしたら、見違えるほど上手になりました。
    苦手意識をあまり持たないようにやることが大事で、これも自分で考えることが大事だと思いました。
    なぜできないのか?どうしたら上手くなるのか?

    忘れないようにしなくちゃ。

    • pino♡セドナの月さま
    • 2017年 1月 18日 7:18:49

    セドナの月さま

    コメントしておりませんが生きております(笑)

    私の中で日の区切りを決めていたのですが
    自分の時間を大切に自分主体でありたいと
    他人のコメントを読まない、検索しないに
    以前より切り替えております。
    おせっかい(笑)や手紙のやり取りをしていたようで
    元々交流を主体や目的としないというスタンスでありましたので
    基本に立ち返ってみただけですが

    生きています(笑)

    ブログがざわついたのはその後に知りましたが
    それとは全く関係なく既にシフトを変えていた次第です。

    そんな中、ブログ記事を見た時に
    リアルタイムの最新コメント欄に
    私宛のお手紙を見つけたので おぉって感じで開いたら(笑)
    セドナの月さんからのとっても大切なお手紙で
    必然的偶然としか思えませんでした。

    その時から1・17に書くことに決めておりました。

    以前にセドナの月さんが私にお礼が言いたいと
    一文を寄せて下さっていたのは
    私が震災時の炊き出しの1人だったことに対してだったと知り
    月日が経ってこうやって繋がれたことに私も嬉しく感じています。
    炊き出しが目に止まりがちですが
    義兄は震災の当日、車は難しいであろうということから
    バイクで物資を運ぶバイク隊を組み何時間もかけ
    神戸に向かった1人でした。
    道中 悲しい状況をたくさん見たと話してくれました。

    あれからもう22年なのですよね。

    今年の10月 感動したニュースがありました。
    セドナの月さんもご存知かもしれませんが
    神戸市 の震災の復興債の完済です。

    タイトルを読んだ瞬間「すごい…」と思わず声に出してしまいました。

    http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201610/sp/0009554314.shtml

    一見 数字の話かもしれません。

    至るまでに色々な思いや日々がそれぞれにあっただろうことを思うと
    一区切りとなるものが成し遂げられたという気がしたのです。
    22年前の何もかも壊されて呆然としたあの風景を見た限り
    今の街の美しさ、そしてそれを支えた復興債を完済するなんてこと
    炊き出しでお話をした地元の方の言葉と同じく想像すら出来なくて
    いつになるのかわからないと思わせるものでしたから。

    でも、お話したおじさんの「ぜったいやったるで!見ててや!」魂は
    被災された方1人1人の思いであり
    それが復興を加速させたに違いないと感じたのです。

    復興と言っても景色やお金が形になったとは言え
    直接被災していない私でさえ数年は
    震災の話題を見たり話そうとすると涙が溢れそうでしたから
    今日のNHKスペシャルでも
    女性の震災における精神的健康的ダメージを検証していましたが
    セドナの月さんをはじめ被災された方の痛みは
    完全に癒えるとの意味での復興はやさしいことではないとは思います。

    それでも私達は

    決意に似た気持ちで「生きていきたい」ですね。

    「生きなければいけない」ですよね。

    顔を上げて

    前を向いて

    そして笑顔で。

    でも、

    肩肘を張らず

    軽やかにしなやかに。

    女性が女性らしくいることに通じますよね。

    女性が周りを明るく幸せにしていく。

    本当の復興はそんな日常の中で
    心豊かな生活を
    街が 人が 実感できた時だと思います。

    セドナの月さん

    お互い生き切ってやりましょう!

    感謝を込めて。

    1月17日 pino

    • pino♡セドナの月さま
    • 2017年 1月 18日 7:54:28

    さっきの手紙
    読み返すと
    「今年の10月」ってなってました(笑)
    まだ来てませんね
    「未来志向」ということで(笑)

    改行もバラバラです(笑)
    遅くに思いのままに書いてた気持ちを残す意味で
    そのままにしておきます

    • 匿名
    • 2017年 3月 11日 14:43:27

    3.11検索は応援になる。

    • かほ
    • 2017年 3月 11日 17:23:38

    匿名さんのコメントに続いて……

    九州の話じゃないけど、もう6年も経ってしまったんだなと思いました。私は何か実害があったわけではないけど(強いて言えば大学の入学式が無くなりました。友達には、卒業式も入学式も無かった人も)、あれから明確に意識が変わりました。それまでは、地震大国日本に住んでいながら、小学生の時から毎年防災訓練を受けていながら、地震体験する車(←名前を知らない)にも乗っていながらも、全く私の意識には根づいていませんでした。

    その時と比べたら、雲泥の差です。
    阪神淡路を目の当たりにした人はこういう気持ちだったのか?と想像したりします。首都直下型が来れば、私の住む場所もその時に近い光景になるのだと思います。

    九州の時は、車中泊の方が多くて体調を崩されたりしたと思うのですが、首都直下型が来たときも似た光景になると思いました。避難所を設置する機関そのものが麻痺しそうな。だからこそ、このコメント欄でも過去にお話しされてたように、自分の身を自分で守る意識を持たないといけないと思いました。

    • goodgirl
    • 2017年 4月 30日 23:15:41

    地震のとき、自分のことでいっぱいいっぱいでした。とても恥ずかしいけど。

    これからはそんなことにならないように、自分のことは自分でコントロールできて、他の人や出来事にも気を配れるようなゆとりを持てるようにしたいです。

    • りんこ姫
    • 2017年 7月 07日 14:05:55

    九州北部豪雨災害で、被害に遭われた方
    心よりお見舞い申し上げます。
    雨が落ち着き、安心して眠れますように。。。

    • あえか
    • 2017年 7月 09日 0:52:12

    九州の方は大丈夫でしょうか。

    Kouさんのお身内の方も大丈夫でしょうか。

    • 弁天
    • 2018年 3月 11日 15:20:48

    九州ではないけれど、今年は黙祷の瞬間に参加できました。
    匿名様のコメントコピー

    >3.11検索は応援になる。

    この日だけではなく、一年の中で何度か思い出されることがあります。

    防災についてももう少しちゃんとしなければ!

    停電になると、玄関カードキーが作動せず外にいれば閉め出されます(゚ω゚;)
    手動の方法、忘れちゃったなぁ…
    確認しておかなければ!
    散歩やウォーキングに行くとき、カードキーだけ持って出て、万が一停電なったら…
    今度から車のキーも持ち歩こう!
    ちょっと出るだけの時も車のキーを持つこと。
    これがあればなんとでもなる!!

    • 可憐ちゃん♡
    • 2018年 3月 11日 15:37:17

    yahoo!で3.11検索すると、
    10円寄付してくれますね。
    わたしも検索いたしました。

    過去を振り返り、
    その時は永遠ではないことを知り、
    いまこのときを自分の足で、
    前を向いて生きることの大切さを、
    この日にいつも心に抱きます。

    • あえか
    • 2018年 3月 11日 16:09:36

    ある方が、3.11に震災のことに触れずにいたら「もう忘れてしまったのですね」と言われたというお話を思い出しました。

    その方は、震災ではなくて、過去その日に娘さんを亡くされています。
    忘れるはずはないのです。

    大切にしなくちゃね。

    明日も平穏とは限らないのだから。

    • 響子
    • 2018年 3月 11日 18:52:08

    3・11日

    明日も平穏な今日の続きとは限らないと、思される日ですね。

    目先の発展だけでなく、発展した先にどういう事があるのか?

    人は自分の賢さの上をいく化学力を持ってしまったように思います。
    だからこそ、時々これで本当に良いか、時代の流れを考える事が必要なように思います。

    • ユイ
    • 2018年 6月 18日 8:02:24

    大丈夫かな。
    結構怖かったです(´•ω•`)

    • 里桜
    • 2018年 6月 18日 8:32:05

    怖くて足も震えてた((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
    阪神大震災の記憶が甦っちゃって。。。

    いざとなるとダメですね。
    日頃お勉強をしている冷静さの大切さを、改めて実感。

    • 弁天
    • 2018年 6月 18日 9:08:59

    地震があった地域の皆さん大丈夫でしょうか(;ω;`*)

    • ラベンダーアールグレイティー
    • 2018年 6月 19日 16:38:30

    関西にお住いの方
    みなさんご無事でしょうか。

    自宅にテレビが無くて
    ツイッターで情報を得る
    なんとも遅れているわたしですが

    自分の経験とかさね合わせて
    今回のことをみてしまいます。

    脈絡なくコメントを書いて
    不安な気持ちもストレスも
    吐き出してくれて良いと思います。

    不安を煽る情報ばかり
    ツイッターで目にするのが悲しいです。

    あの東日本大震災の時は
    8時間後に当時の婚約者と再会できました。

    事前に無事だとわかっていても
    会えて抱きしめてくれて家に帰れた時は
    しくしく泣いてしまいました。

    その人とは今はもうご縁がないですが
    やっぱり無意識でも辛かったんだと
    いまは解釈しています。

    • @九州仔猫ちゃん
    • 2018年 6月 19日 21:45:29

    自分が地震にあった時も
    今回も言葉が見つからないです。

    余震がとても怖くて・・・何も発する事が出来ずにこのページを見て
    書き込んでくださってる事や書き込んでくれてる方がいらっしゃる事が
    嬉しかった記憶があるので何度も迷いましたが・・・
    来ました。

    被害が拡大しない事を願っています。

    そして・・・もう連絡はとれませんが大阪に住む私の大好きなお友達様
          元気でいてくれてるといいなってずっと思っています。

    • ユイ
    • 2018年 6月 19日 23:25:48

    仔猫ちゃん、発見(*´ω`*)

    • りら
    • 2018年 7月 08日 11:58:23

    大雨での被害が大きい地域の方々大丈夫でしょうか…。
    ご無事をお祈りしています。

1 6 7 8
↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント