恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

自分で責任をとるという意味(まじょらむさんの記録記事)

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

メルマガで書いていたんですが、ブログの方がいいと思って、あえてブログで書き直すことにしました。

今日、「他人のせいにしたら楽です」というメルマガを書きました。

これについて、僕は自分の人生の責任を自分でとるという話をしました。

この「責任」について、どうも読み違いをしている人がいるようなので、改めて説明することにします。

「自分のせい」とか、「他人のせい」という表現を絡めたからなんでしょうね(^^;

 

自分のことに自分で責任をとるというのは、「うまくいかなかったことを自分が悪いと断罪する」ことじゃありません。

全部私のせい、私が悪かったんでしょ、ということじゃないんですよ。

 

責任をとるというのは、そういうことじゃないんです。

日本では責任をとるというとき、謝るとか、辞職するとか、断罪されるとか、マイナスのことを考えがちです。

できなかったら死んでお詫びします

の延長みたいです(^^;
僕が言っている責任をとるというのは、そういうことじゃないんです。

自分で責任をとるというのは、自分で面倒を見るということです。最後まで。

 

全部自分のせい、自分が悪いと考えると、実は相当に辛い人生になります。

他人のせいにしていくことよりはマシかもしれませんが、何でもかんでも「私が悪い」で生きるのはかなりしんどいですね。

雨が降った。雨女の私が悪いんだ。

お母さんが不機嫌だ。私がいい子じゃないからだ。

こんな発想で生きていると、当たり前ですが、どんどん暗い子になっていきます。

 

それは、このブログを読んで、恋愛の勉強をしている女性が目指す女性像とは随分違うものだと思います。

そうじゃなくて、うまくいかなかったら笑い飛ばせばいいと思うのです。

そして自分でフォローする腹づもりでいればいいのです。

 

「雨が降った。しょうがないね。じゃあ雨用の用意をしよう。」

「お母さんが不機嫌だ。でも私は釣られずに明るくいよう。」

これだけなんです。こんな発想ができたら、かなり楽だと思いませんか。

 

自分を責め立ててくださいと言っているのではなく、自分で楽にコントロールできるようにする方向に持っていってくださいということなんです。

それは、自分に起きたことを、自分で面倒を見る覚悟を持つのが一番簡単なんです。

この話でも、結構いろんなことにつながると思います。

 

何か特殊な事情があるからできないというふうに、他人のせいにしないこと。

他人のせいにせず自分のせいにするという意味で、自分を責め立てる必要はないんです。

そんなことをしても何もいいことはありません。

特殊な事情は特殊な事情です。

それはそれで事実として受け入れた上で、自分でどうフォローしていくかを決めればいいんです。誰かのせいにして投げてしまうことが責任放棄であって、実は一番ダメージが大きいんです。

 

他人のせいにしていくのは、一見楽です。

でも楽なのはそのときだけです。実はその裏では相変わらずダメージを受け続けていて、やればやるほど疲弊していきます。

恋愛でも、彼が悪い、親が悪い、環境が悪い、自分の育ちが悪いという理由で、勝手にさじを投げようとする女性のなんと多いことか。

 

今年の5月、ある人から突然メールが来ました。

「女性の承認」の解除に関するメールでした。

購読者が亡くなりましたので解除してください

というものでした。

僕は驚きました。彼女の妹にあたる人からの連絡でした。了解を頂いたので、この女性のことをブログで紹介したいと思います。

 

この女性は、まじょらむさんという人で、「女性の承認」が2014年3月に始まった初日の登録してくれた一人でした。

なんとガン闘病中でした。

コメントを検索したら出てくるので、興味があればぜひ覗いてみてください。コメントは積極的に書く方ではなく、12時間レッスンのみに参加しているような感じですが、僕はまじょらむさんとは随分やり合いました(笑)。

「闘病中のまじょらむです」という書き出しがなければ、なかなか闘病中だとは分からないくらいに元気な文面が多いんです。

そして一番驚いたのは、全部に自分で向き合い続けていたことです。

 

結構な数のメールをもらいましたが、弱気なメールはあるものの、病気のせいでうまく行かないというような話はただの一度も書いてありませんでした。

彼女自身、自分ですべて納得しながら行動していたんだと思います。

恋愛の勉強も、自分で納得して進めていました。恋愛もそうです。実際には相当に恐怖があったはずです。

そういう話も聞きましたが、それでも今の状況でできることを常に考えているような感じでした。

 

これを、自分で責任をとるというのだと思うのです。

この知らせを受けたのはもう半年か1年くらい前のような気がしますが、実際には数ヶ月しか経っていません。僕の中では、まだ実感がないからかもしれません。

特殊な事情というのなら、彼女は間違いなく特殊な事情を背負っていました。

 

たとえ苦しい状況にあっても、あなたと全く同じ時代に生きていて、同じ時期に、同じ場所で、同じブログの記事を読んで、恋愛の勉強を楽しんでやっていた女性がいるのです。

どうか、そういう女性がいたということだけでも記憶に置いてください。

僕はこの記事を、まじょらむさんへの記録記事にします。

残念ながらコメントで会話をしたことのある人がいないようですが、まじょらむさんのコメントを読んで知っているという人はいるかもしれませんね。

 

僕は自分で自分を責め立てることは一切望んでいません。

そんなことはしないでください。

考えてほしいのは、自分のことを自分で最後までフォローし続けることです。

自分の人生がうまくいくかどうかを、自分で決めることです。自分で納得して進めようと思う気持ちをもってもらうことです。

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • 可憐ちゃん♡
    • 2019年 2月 09日 19:11:07

    ちなみに肥大化したカオナシは、
    自分自身をコントロール、
    拘束しようとします。
    本来の自分の気持ちや意見、
    こうしたいと思うことを否定してきます。

    なぜなら、彼らの目的は、
    肥大化のひとつぶの種をなくすこと。
    わたしの場合では
    「完璧に他人と重なり合えないこと」
    をなくすために、
    「完璧に他人と重なり合える自分」
    を求めるからです。

    そのために自分を拘束、
    コントロールするのです。
    したいことをしてたら、
    「完璧に他人と重なり合える自分」
    にはなり得ないからです。

    でも本来の自分も残り続ける。
    ゆえに自己の意見の対立が起こるわけです。

    と、いうのがかつてのわたしの中で
    起こっていたことでした。

    カオナシたちは
    「完璧に他人と重なり合える自分」
    になることで、
    「完璧に他人と重なり合えないこと」
    で生じる不安がなくなると思っていたのです。

    一見、それは理想のわたしであり、
    目標に向かって行動している風ではありますが、
    それは本来のわたしの向かいたい先ではなく、
    自分を曲げて無理して背伸びをしていた、
    ということでした。

    本来は、我が道を行きたいし、
    要所要所で他人と重なり合う
    機会があればよいのです。笑
    その要所要所が素晴らしいんです。
    それがわたしの理想なのに、

    ・独創的、個性的で周りとなじめない
    ・気まぐれで、継続的に人に寄り添えない

    と、自分を否定しまくり、

    ・独創的を抑えて、周りに合わせる
    ・気まぐれを抑えて、継続的に人に寄り添う

    と、肥大化カオナシのコントロールに
    イエス!としてたんですね。
    ほんと、とことん
    「完璧に他人と重なり合える自分」
    を目指してたなぁ。
    いやいや、無理だってば。笑
    とてつもないわ。

    いまは、
    「要所要所で他人と重なり合える自分」
    要所以外は我が道をゆく。笑

    こんな人によっては当たり前のことを(笑)、
    ようやくそれでいいんだと思えたことに
    ものすごい安心感を得ています。

    カオナシも完璧を求めていたけれど、
    それが人間なんだな、
    とようやく安堵している感じです。

    わたしの心の中の解説、
    長編にて失礼いたしました!笑

    • あえか
    • 2019年 3月 12日 18:37:59

    T橋さんに最後にお会いしたのは、
    昨年の桜の頃でした。

    地震の後にメールしてたんですよ。
    「顔が見られるうちに」って。
    「落ち着いたらお待ちしてます」って。

    普段は忘れているんですよね。
    人生は有限だってこと。

1 5 6 7
↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント