恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

彼と交際していながら男性と連絡を取ること

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

女性は一途が大好き、みたいです。

そういう女性にとっては、このブログで散々僕が言い続けていることのいくつかは、どうしてもしっくりこないようです。

 

いいんですよ。

無理に僕の言っていることを受け入れろとは言いません。

ただ、その一途でありたいというのは、多分かなり言葉をはき違えているんじゃないかなと思います。

少なくとも僕が見る限り、かなり誤解して捉えている人が多いです。

 

一途というのは、自分の意思で能動的に、その特定の彼を恋愛の相手と見定めて行動することです。

 

えっ、何が違うんですか?!誤解なんかしていませんよ。

と想っているあなたは、おそらく誤解しています。

 

一途に相手を想うというのは、楽しいことです。

これは片想いが想像以上に楽しいのと同じです。

ところが、いつしか「一途でないといけない」という思い込みから、自分の意思ではないにもかかわらず、そうしないといけないから彼以外の男性を一切見ないことが良いことだと思い込んでいくのです。

 

どうですか。

当てはまりそうだと少しでも感じたら、要注意です。

一途というのは、自分でそれを選択するからこそ美しいのです。そして、なにをしたら一途なのか、一途に想うために、なにをしてはいけないのかということははっきり決まっていないということも知らないといけません。

 

僕は、ある特定の彼との恋愛に強く深く満足していながら、別の男性とも普通に交流している女性を何人も知っています。

そういう女性は、総じて魅力的です。

自分を制限していないからですね。

 

結婚していたら、他の男性と交流を持ってはいけないのでしょうか。

そんなことはありません。

考えすぎなのです。

 

あなたの彼がそれを求めてくるのだとしたら、彼はあなたの行動を縛りたいだけです。自分の自信のなさを補うために。

僕は、不特定多数と自由恋愛をしてくださいと言っているわけではありません。

交際がスタートしたら、必要以上に他の男性との接触を切ったりする必要はないということを言っています。

 

そうは言っても、なんか後ろめたさを感じるんです・・・

という女性はたくさんいます。

これがちょっとエスカレートすると、

他の男性とメールをするのも悪いことだと思ってしまいます。

というようなことを言ってくる人が出てきたりするのです。

 

いやいやいやいや。

おかしいでしょ(笑)。

おかしすぎます。

 

あのですね(^^;

こういうことを言いながら、あなたは僕に平気でメールを送ってきますよね。

あなたは僕のメルマガをこれでもかというくらいに読んでいますよね。

僕は男性ですよ。何か忘れていませんか(^^;

 

まあコメントもメールも送ってこない女性もたくさんいますけど、僕に思いっきりメールを送ってくる女性の中にも、「彼に黙って男性と連絡を取るのは気が引けます・・・」など言うわけの分からない話をしてくる人がいるのです。

彼に黙って男性と連絡を取るのは気が引けます・・・」というメールを、心配そうに男である僕に送ってくるわけです。

ちゃんちゃらおかしいですよね(^^;

気にしすぎなんです。

 

いいですか。

女性は自由です。彼があなたと交際関係にあったとしても、彼にあなたの自由を制限する権利はありません。

どこまでやっていいかなど、いちいち考える必要はないと思うのです。

そんなものは、考えなくても分かるはずです。

本当にある特定の男性にだけ恋愛感情を持ち続けたいと思っているのであれば、別の男性とどう接触するのかは自ずと分かります。というより、他の男性とどんな行動を取ろうと、あなたの気持ちに偽りがなければ、それでいいと思うのです。

 

ちなみにこれは何回も言っていますが、結婚しているわけでもなく、ただ交際しているだけの状態なら、あなたはもっと自由ですよね。

束縛に応じてはいけませんが、取られたくないのなら束縛してでも捕まえておけと言わないといけないのです。

はっきり言います。

あなたが彼の愛情にはっきりと満足していない限り、その彼に一途であることに何の意味もありませんし、またそれは求められるべきものでもありません。

 

シンプルでしょ。

連絡なんか、好きなだけ取ればいいんです。

どうしても一途でいなければいけない、彼以外の男性とコンタクトを取るのは無理だ・・・と思ってしまうのなら、僕に対してもメールを送ってきてはダメです。

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • ぱみこりん
    • 2018年 7月 14日 1:28:29

    前までは、他の男性にアプローチをされようが、ただコミュニケーションをとるだけでしたが、
    最近、知り合いの方に、
    「もうねぇ、あなたはね、二股かけちゃってもいい!」と言われました。

    「ふっ、二股?!」
    となりました(笑)

    だけど、そう周りから言ってもらえただけで、心はとても軽ーくなりましたね(*^^*)

    「もう1人気になる人が現れても、あなたが幸せになることが1番だから、どちらも応援する」と言っていただけました。

    ほんとに若っ干、、いいなぁと思う人が現れてきたんですが、どうなりたいとかは考えていないので、
    投資してくれるものに対して、ありがたく受け取ることにします。

    一緒になると、他に誰かがいても、わたしを家まで送りたそうにしているので、こんど喜んでお願いしよー♪

    • センシィ
    • 2018年 7月 14日 2:47:11

    こちらのブログには久々に来ました。自分の過去のニックネーム、忘れました。

    kouさんのメルマガは、たまに読んでます。いつも納得する内容で、確かにそうだよね、と、思いながら読んでます。

    ここに来るときは、たいてい、何かしら人間関係で悩んでるときです。もう恋愛は、当面する予定がありませんので、恋愛の悩みではありませんが、仕事絡みで男性の嫉妬に困ってます。

    とある年配のオジサンの経験値を私は一目置いていて、そのオジサンに仕事を依頼したいのですが、、、同年代の仲間的存在の人たちが、そのオジサンのことをボロクソ文句言ってきます。

    変わってんなぁ、あの人(オジサン)は君からお金を取ろうとしてるよ、騙されるなよ、、、絶対に仕事を一緒にしたくないタイプ、、などなど、才能と経験あるオジサンのことをボロクソに、私の仲間は言います。

    私からしたら経験値あるオジサンの一言が、とある案件の問題を解決する糸口になったので、尊敬してます。そのことを伝えれば伝えるほど、仲間の男子はオジサンにイラつく。

    同年代の、その仲間は、私のために利益度外視でも動くと言い張ってくるけど、私はオジサンに彼らの言い値の4倍以上で仕事を依頼しようとしてる。それがどうしても気に食わないらしい。

    利益度外視でボランティアで私のために自分らは動こうとして必死になってるのに、ボッタクリの見積もりを提出してくるオジサンの言うことを間に受ける私のことが許せないらしいです。

    私のことを、騙されやすい、見る目ない、などと、彼らは言ってきますが、それは嫉妬だと思う。

    申し訳ないけど、オジサンのほうが経験値ある。いろんな面倒くさい行政のハードルを越えるには、オジサンの経験値が必要なのです。オジサンのズル賢い知恵を。お金を払ってでも私は必要としてる。

    情熱があっても経験値が足りない仲間。だったら仲間の成長を待つべきですか?

    仲間連中は自分たちの情熱で、立ちはだかる問題を乗り越えられると言い張る。

    いやー、まだ経験値が足りない。そんなに世の中は簡単ではない。手練手管が必要だ。

    ということで、私がオジサンの肩を持つと、同年代の仲間は、物凄いイラつきますね。そこまで喧嘩腰にならなくてもいいのに、と、思う。

    オジサンが持っていった書類を取り返すために数時間も電車に乗っていったらしいです。

    そこまでやるメリットは何なの?と聞きました。

    私の信用力が欲しいらしいです。でも、そんなに今の私に信用力があるのか?と、思う。未来想像力はありますが。

    とにかく現在は、恋愛はしてません。

    元彼など、それらの男子からのメッセージは、ことごとく無視してます。返事する気が起きないから仕方ない。

    いろんな意味で男性に嫉妬されてます。恋愛には悪影響ですね。恋愛は諦めてますから、する気もないですけど。

    分かりますよ、何が正しいのかくらい。世論には目を通しますけど、流されません。

    身近な仲間がオジサンのことをコキおろそうが、それは嫉妬でしかない。

    オジサンに情はありません。ただの客観的事実を見てるだけ。

1 8 9 10
↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント