恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

相手に不動の1位がいるとしたら・・・

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

メルマガで出すつもりでしたが、予想外に長くなったので、急遽ブログの記事に変更することにしました。

怒られそうですが、今書かないと書けなくなるので、今のうちに書いてしまいます。

今回の内容は、かなり厳しいです。

非常に厳しいです。

心して読んでください。

覚悟がない場合は、チャイティーラテを飲めるタイミングになってから読んでください。

そのくらい落ち着いた状態で読んでください。

では、いきます。

 

もう、毎回こういう意見が出てくるんです。

何回も説明しています。

 

これはお肉さんのコメントを見つけたから書いているんですが、彼女だけに言っているわけではありません。

同じように考えている人がたくさんいます。

そろそろ、真面目に考えた方がいいですよ。

 

メルマガサポート用記事(2015年6月)

お肉。oOさんより:

何だかすっきりしないのでこっちにも書き込み
片思いの相手に告白玉砕した時、「ぶっちゃけ好きな人がいる」って言われたことについて

メルマガには男性にとって1位の女性がいたら、他の女性はどんな良い女性でもその他大勢とありました
ということは、私がいくら頑張って自分を変えたり改めたり、女性の価値を発揮して輝けたとしても、片思いの人が言う好きな人が本当にいたら、私は絶対勝てないということになります

男性の恋愛感情を舐めるなという記事がありましたが、それは男性に好きな人がいない場合や、既に対象の男性と付き合っている女性に対する記事であり、私のような片思いで、尚且つ相手の男性の言う事が事実なら男性に好きな人がいるというケースには、まったく当てはまらない記事なのでは?

例え私のこの1年の変化を見ていてくれたとしても、「お肉さん何か変わった気がする」とまああり得るか分からないけど奇跡的に思った瞬間「はいでもあの子はやっぱり最高!」と即座に1位の人に切り替わる、そんな感じで
それに、女性の価値を認めてからここの恋愛技法を学ぶにしても、1位の人がいては技法も小手先のものになりそう

 

相手の男性にとって、1位の女性が既にいたら、絶対に勝てないということになります。

そうです。

その通りです。

 

当たり前です。

これはブログの中でも何回も言っています。

 

あなたが、誰か特定の女性に夢中になっている男性を相手にしているのだとしたら、勝ち目はありません。

そういうものです。

 

男性は複数の女性を同時に見ることができます。

ところが、本当に夢中になってしまったら、その他の女性は見えなくなります。

ここを目指すのが、恋愛技法です。

 

これまでもこの手の意見は非常に多く出ました。

彼が奥さんに夢中です

こんな男性を相手に恋愛をしようということ自体が、そもそも間違っているのです。

 

いや、否定するわけじゃありません。

可能性はゼロではありませんし、やりようによってはまだどうにでもなります。

ただし、そこにいたるまでの労力はとんでもなく厳しいものになるはずです。

それを理解した上で進めないといけないのです。

 

ブログに書いている恋愛技法が唯一通用しないのは、相手の彼が別の女性に完全に夢中になっているケースです。

逆に言えばそれ以外ならどうにでもなります。

 

男性の恋愛感情を舐めるなという記事がありましたが、それは男性に好きな人がいない場合や、既に対象の男性と付き合っている女性に対する記事であり、私のような片思いで、尚且つ相手の男性の言う事が事実なら男性に好きな人がいるというケースには、まったく当てはまらない記事なのでは?

 

それはそうです。その通りです。

当てはまるわけがありません。

この手の解釈は、自分のシチュエーションに置き換えて適切に判断する柔軟性を身につけてほしいのです。

 

男性の恋愛感情の強さを説く記事が、グレーな関係の男性に当てはまるかもしれないと本気で思うのでしょうか。

そうじゃないですよね。

 

今そうなっていないのだとしたら、最終的にそうなるように今から頑張ればいいだけなのです。

僕はこの手の記事では、図らずも片想いのままになっているような女性には、いずれ手に入るであろう未来の幸せな恋愛の話をしているのです。

 

お肉さんのコメントを踏まえた上で話をしていますが、自分にも当てはまると思っている人全員に対して話をしています。

彼に夢中になるような女性がいる場合、残念ながらあなたの恋愛は相当にハードです。

これは疑いようもありません。

 

ただし!

よく考えてください。

僕が知る限り、あるいは僕のブログのコメントに見る限り、男性が特定の女性に夢中になっているというケースはものすごく多いわけではありません。

 

仮にあなたの相手の彼に「1位の女性」がいるとして、その1位は本当に1位なのかどうか、確証を持っている人はほとんどいません。

自分でそう思い込んでいるだけです。

 

僕のところには既婚者の恋愛相談も多く来ますが、まあ多いです。

彼が奥さんに夢中みたいです

ウソや妄想の類はいい加減にしてください、と言いたくなります。

 

あのですね(^^;

奥さんに夢中な男が、他の女性に手を出すんですか。

出すわけないでしょ。

しっかりしないといけません。

 

彼に彼女がいる場合も同じです。全く同じです。

彼は、やっぱり彼女以外考えられないみたいです

と、真顔で言ってくる女性もいます。

そんなはずはないのです。これは彼女が勝手にそう思い込んでいるだけなのです。

 

もし彼がその女性しか目に入っていないのだとしたら、残念ながらあなたを恋愛の網にすら入れてくれなくなります。

本気で女性に夢中になった男性は、もうその人だけに集中したくなるのです。

他の女性は、(自分の意志を惑わすという意味で)邪魔でしかありません。

 

気持ちのやりようがなくて書いたのでしょうが、あえてこれについても言っておくことにします。

あともう一つごめんなさい
正直、男性ってホント面倒臭い、1位がいるなら勝てるわけないじゃん
恋愛なんかするんじゃなかったって思います

その程度の覚悟なのであれば、恋愛なんかしない方がいいです。

彼に「好きな人がいる」と言われたくらいで、即座にゲームオーバーを決め込むくらいのメンタルしかないのなら、やめた方がいいです。

 

何度も言いますが、お肉さん個人に言っているわけじゃありません。

同じように感じているかもしれないあなたに対しても言っているのです。

 

僕のブログを見つけてきて、さらにメルマガにまで登録して、何のために恋愛の勉強をしようと思ったのでしょうか。

僕のブログをわざわざ見つけ出したということは、何か特別な理由があったはずです。

 

女性の恋愛は楽しいものです。

本来楽しいものです。

 

これを一つも味わうことなく人生を終えたら、大変な損をします。

そのくらいに楽しいものです。

 

その楽しいはずの恋愛を手に入れるために恋愛の勉強をしているのだと思うのです。

 

ちゃんと考えてください。

男は面倒くさいです。恋愛の相手としては、まあ面倒くさいです。

ところが、歯車がちゃんと回るようになったら、男というのはこれ以上にないくらい面白い恋愛の相手なのです。

 

好きになったという男性に、別の女性が出てきたくらいで萎えるのなら、それは恋愛感情ではないのです。

好きになったという男性には、別に好きな女性がいた。でもそれだけを受けて、「夢中になっている=ゲームオーバー」と考えるのは決めつけが過ぎるのです。

 

夢中になっていたら、そもそもあなたは相手にもされないのです。

もっと自分の恋愛感情に自信を持ってください。

自分の恋愛感情に自信を持てない恋愛は、しない方がいいです。

 

僕はこの記事を夜中に書いています。さっきまでメルマガとして書いていましたが、書き始めてから軽く1時間以上経ってしまっています。

夜中にここまでめちゃくちゃ厳しいことを言いまくりました。

こういうのは久しぶりです。

 

本当は、分かっていると思うんです。

ブログのコメントは、一時的になら気持ちのはけ口にしてもいいです。

それによって整理できることもあります。

 

サロンもそのためにあるようなものです。

 

このブログの中では、いくら失敗してもいいです。

 

ただし、自分から不利になるようなマネだけはしないでください。

あなたの恋愛を自分でゲームオーバーになるように仕向けないでください。

 

ブログはあなたのために書いています。

恋愛の勉強は、できる限り続けてほしいと思っています。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (7)

    • テラリウム
    • 2018年 6月 18日 16:38:28

    ただ漠然と
    男性って同時進行出来るものなの?
    との会話から、
    ≫奥さんや彼女に夢中な男が、他の女性に手を出すんですか。
    出すわけないでしょ。もし彼がその女性しか目に入っていないのだとしたら残念ながらあなたを恋愛の網にすら入れてくれなくなります。
    別記事
    ≫もうちょっと男性の恋愛感情を信じてみてもいいと思いませんか。
    彼は、あなたを好きになったのです。
    あなたが相手だから、食らいついてきたのです。
    と、まんま聞いてみた事あります。
    合ってる??
    って聞いたら、
    合ってるよ。
    薄々分かってたでしょ?って。

    いやいや、いろな男性がいるし、分からないから悩む女性が多いんだよ〜と教えてあげました。私だって勉強して初めて知った事だもの。
    否定しなかった。
    やっぱり合ってるんだ〜!!
    と衝撃を受けた記憶があります^_^

    • ぴっぴちゃん
    • 2018年 8月 07日 19:07:31

    kouさんの言ってる事で、なんとなく恋愛に対しての考え方が分かるようになってきました。今好きな人と結ばれたいと思いこのブログで勉強させてもらってます。でも、彼に対する気持ちが上がったり下がったり、自分の気持ちが不安定になることがあったりでした。本気で好きで、手放したくないと思って勉強するうちに、本当は彼は私の事なんて普通ぐらいしか思ってないのかもと、すごく落胆した時、じゃあ私の恋愛の勉強はどうなるの?彼をモノにできないのに何やってるんだろうと思ったりした時もありました。でも、彼が振り向いてくれなくても、このまま恋愛の勉強はしていくべきだと思いました。kouさんの言っている事がやっとわかった気がしました。もし、今の好きな人が駄目でも、勉強してきた事は無駄にはならないんだと思ったのと、女性として意識をするだけで、今よりももっといい人に出会える気がしてきたからです。いつも、応援してくれてありがとうございます。私、いい女になります。

    • わたことり
    • 2018年 8月 11日 8:28:13

    つきあっている彼がいます。
    でも、最近、他に好きな人ができたかもしれません。しかも本気かも。同じ職場なので行動でわかります。
    毎日顔は合わせるけど、私のことは見もしません。もう3週間も会えてなくて、その間の連絡もほとんどありません。

    今日から帰省する彼に、昨日「気を付けて」と連絡したけれど、スルーされてます。

    そんな状態でも、私が諦めなければ、不動の1位に返り咲くことはできますか?
    今のネガティブな私では難しそうだけど、私が成長すれば、希望はありますか?
    でも、どう成長すればいいのでしょう?

    • 凪と薔薇
    • 2018年 9月 21日 8:53:01

    おはようございます。
    きっと、もう私のコトを
    不動の一位で
    好きだと思います。
    だから。
    私は、自分軸に生きて、
    いつ、凪さんがいなくなっても
    たじろがないように
    凛と生きたいです。

    • おおば かなこ
    • 2018年 9月 30日 17:42:25

    相手に本当に好きな相手ががいるかもしれない

    そう思ってしまったけど、私と遊んでるってことは大した相手ではないのかな…
    脇目もふらずに私だけ見て欲しいって思うけど、いつかそうなるといいなー

    やっぱり諦めようかな、他の人にしようかなって一日一回は考えてしまう。私も本当に彼が好きなわけじゃないのかもしれない…よく考えないと。

    やらなきゃいけない事は沢山あるから、そっちに集中してる間に連絡くるといいなー。
    まずは恋愛の勉強、必死に頑張ろう^_^

    • まいまい
    • 2018年 11月 14日 20:17:35

    あぁ。kouさん。この記事、読んできた中で一番好きかも。(私はこのブログに出会ってからまだ日が浅く、すべての記事を読めていません)

    相手の男性にとって、1位の女性が既にいたら、絶対に勝てない…

    彼にとって、不動の1位になる。
    これが私の目標。目標??
    んー、絶対にそうならないと。

    そうなりたいから、ここでの勉強も楽しい。気持ちが不安定になることが多いけど、絶対に彼を幸せにしたい。幸せになりたい。

    • Mari
    • 2018年 11月 14日 20:46:54

    不動の一位…
    こないだまでうまくいっていた感じなのに
    その不動の一位っぽいのが
    なにやら行動起こしたのか
    うまくいってたなんて気のせいだったのか…
    いい感じがなくなってしまいました…
    頻繁に来ていた連絡がパッタリこなくなった。
    あからさまに出会わないようにされている
    こんな状態でも逆転できるのかな…
    まだチャンスはあるのかな
    まだまだ全然大好きやのに
    このまま何も言わないで去ってくなんて
    辛すぎる悲しすぎる
    せめて終わりを告げてくれないと
    終わらない…

1 11 12 13
↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント