恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

彼を信じた結果、裏切られる理由

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

僕はこのブログで、不要な詮索はしないこと、彼を信じることの重要性について何度も話しています。

しかし、いまだにその意味がよく分かっていないようです。

これは説明がまだまだ足りない証拠でもありますね。

 

幸せな恋愛をするのに経験値は要らない

teddyさんより:

彼の好きを信じる、、、それを間に受けて信じていたら、ただの都合のいい女になりませんか?

2年間、国際遠距離をしています。
彼からは好きだ、好きだと言われますし、毎日メールは届きます。

でもバレンタインにはカードも花の1つも届きませんでした。
(海外では、バレンタインには男性が女性にロマンチックな贈り物をします)
誕生日のプレゼントは2週間遅れでした。。

そして彼は一度も会いに来てくれた事がありません。
その事で既に2、3度喧嘩もしています。

でも彼から届く好きという言葉を信じれば幸せな道があるのですか

ちょうどいい材料を出してくれたので、teddyさんのこのコメントを使って説明することにします。

まず、信じることについて。

僕は彼を信じてくださいとよく話していますよね。

この「信じる」を誤解している人がかなりいます。

信じるというのは、一方的に期待することとは全く違います。

 

信じれば裏切られる可能性があります。信じなければ裏切られることもない。だから私は信じないんです

こういう、あまりにも短絡的で幼稚なことを言ってくる人がいるんですが、こんな発想をしているうちは、裏切られて当たり前なのです。

誰かを信じるというのは、責任を自分で取るということなのです。

誰かを信じて、相手に責任を押しつけようとしている人は、いつか裏切られます。そして、裏切られたことについて、信じるという決断を自分でしておきながら、自分の責任を問おうとはしないのです。

 

裏切られるかもしれないから信じない。

この発想が本当に抜けない人は、そのまま生きてください。

ただし、これを抱えたまま死ぬまで過ごすのは相当しんどいということだけは伝えておくことにします。

相当にしんどいです。

 

「信じる」というキーワードが出てきたら、瞬間的に思い出せるようになってください。

信じるというのは、主体的な行動なのです。自分で相手を信じると決めたのです。

そこに大きな意味があります。

 

「自分の意思」で相手を信じることができない人は、いつまで経ってもまともな恋愛はできないと思った方がいいです。

男性に限らず、人はバカではないので、相手に信じてもらえているかどうかくらいは勘づきます。

 

そして、信じることについてのもう一つの誤解は、「彼を信じる」というのを、彼に期待することを勝手に願うことだと思っている人が多いことです。

信じるというのは、そうかどうか分からないもの、「そうだろう」と思い込むことではありません。

 

分かりますか。

あやふやなものを、「きっとそうに違いない」と思うこととは違うのです。

teddyさんのコメントをよく読んでください。teddyさんのコメントは例ですが、これと同じようなパターンで苦しんでいる女性を僕は大量に知っています。大量にです(^^;

めちゃくちゃたくさんいます。

 

僕が言っている「彼を信じること」は、あなたが彼に勝手に求めている淡い期待とはまるで違うと言うことです。

僕が言っている信じるというのは、「そうに違いない」と素直に思えることです。

疑いがないところに自分から疑いの要素を作り出さないということです。

 

不必要に疑いをあぶり出さないことが大事なのです。

現時点で明らかに不誠実だと感じていることに目を背けて、願うことばかりを信じていてもそれは期待する結果にはならないでしょう。

 

あなたの心の声をちゃんと聞いてください。

信じようとすることに強い抵抗感があるのは、胸に何らかの引っかかりがあるからです。その引っかかりは、実は器官を詰まらせるような腫れ物の場合もあれば、ちょっと確認してみるとただのアジの小骨でしかない場合もあります。

 

本当にしてほしいことは、彼に対して主張するべきです。

誕生日もバレンタインも、彼はそこまで大きな意味を見出していないのかもしれません。でも、女性にとっては重要だったんです。それを思い知らせる必要はありますよね。

単に気づいていないだけだったのかもしれない・・・

でも、一度も会いに来た例のない男性が言う「好きだ」という言葉を、あなたは本気で信じようと思えますか。

心のどこにも引っかかりは感じませんか。

 

女性のあなたが求める態度を取ってくれない彼を、僕は無理に信じろと言ったことはないと思います。

彼を信じようというのは、そういう意味ではないのです。

 

信じるというのは極めて主体的な行動であり、その責任を自分で持つことが大事だということ。

そして、その目の前の相手は、あなたが本当に信じるに足る人物なのかをちゃんと判断してください。

 

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (39)

    • れんげ草
    • 2017年 10月 26日 9:38:37

    本当にこれができなくて、私は信じてたのにばっかりいっていました…
    信じるって言葉の重み軽視して、言えばいいと思ってたところがあったと思います。
    見極める時点でだいたいわかってるはずなのに目をつぶっていいほうへ誤魔化してただけでした。

    • あえか
    • 2017年 10月 26日 10:08:28

    裏切りって、何なのでしょう。

    だって、別の人間なんですもの。

    私以外の人は、私とは違う思考で生きています。
    判断基準も同じではありません。

    自分の意に沿わないことを裏切りと言ってしまったら、信じられるものなんて何もないですよね。

    相手も相手なりに何かしら考えているでしょう。
    相手から私はどの様に見えているでしょうか。

    • キウイ似
    • 2017年 10月 26日 12:28:17

    相手を信じる自分を信じる
    決める!

    • Aya
    • 2017年 10月 27日 15:05:17

    引っかかり、なくなった。

    • まゆきち
    • 2017年 10月 27日 20:22:09

    私にも他人を信じない時期がありました。
    すごく孤独でしたが、どうすれば良いのか分かりませんでした。

    今の上司が他人を信用しない人です。
    この上司と出会ってから「頑張っても仕方ない」と思いやる気が削られます。

    逆の立場に立ち信じられないことはがどれだけ人の心に影響を与えているのか実感しています。

    信用してもらえないことは本当にすごくすごく辛いです。。。
    信じないことは自分にとってものすごくマイナスで日に日に孤独に向かっていきますね。

    • セレンディピティ子
    • 2017年 10月 31日 1:00:29

    信じる、

    この記事に瞬殺されました。

    メルマガにも出た見極めと信念もそうですよね。

    自分に嘘は付かないようにしたい。

    信じるのが怖いときもあるし、

    はっきり確証が持てなくて躊躇してしまう弱いところもある。

    あー(/≧◇≦\)

    信じる力を育てたい~!

    あー!

    • かほ
    • 2017年 11月 10日 11:16:01

    これを読んで気づいてしまいました。
    ていうか、なんで気づかなかったのって感じでたぶん大したことはないんですけど……(^_^;)

    最近の私は、彼を信じられない自分がいけないのかとか、見極めがとかぐるぐる考えたんですけど、それはなぜかと思ったんですね。

    それは、彼の私への態度を見て判断してたんですよね。最近の彼は態度が一貫していないのでわかりづらいんです。

    ということは、彼から見ても同じなわけですよね。私の態度を見て無意識のうちに信用されてるかを判断する。
    最近の気持ち悪さの原因は、私がそんな彼に合わせにいってたからなんですね。彼は小悪魔な駆け引きをしてるんじゃなくて、こちらの様子見をしてるだけだったんです。話しかけてもいいのかと、近づいても怒られないかを試しているようです。

    ですので、そのまま考えさせておきます。

    • かほ
    • 2017年 11月 10日 11:19:21

    結論:信用を取り戻しに来ないといけないのはそっちなんだよねという当たり前の話であった。(´ー`)σ

    • 藤ッ子
    • 2017年 11月 28日 8:06:44

    これ何度も読みたいです。すごい。

    私自身が彼を信じる、不要な詮索はしないって決めたのに、勝手に色々想像して不安になってました。

    ちょっと落ち着きます。
    自分の価値を思い出します。

    • みえみえ
    • 2017年 11月 28日 15:50:48

    難しいですね(*_*)
    信じることってそんなに責任の重い
    難しいことだったんですね。
    信じると決めたのは自分だから
    裏切られても自分の責任。

    ということは、責任がとれないなら
    信じたらいけないと言われているように
    感じてしまいます。責任も取れないのに
    簡単に信じるなって。

    何かあっても自分が責任とる
    背負い込むくらいじゃないと
    信じたらいけないのかなって。

    それなら、裏切られるなんていうものが
    そもそも概念としてなくて
    裏切られたんじゃなくて
    信じた自分が間違ってたって
    受け入れないといけないということですよね。

    例えば、だれかを信じて悩みを話したとして
    口止めしてても、それをバラされても
    その人が悪いんじゃなくて
    信じた自分が悪いから、その人を責められない。
    責めるのは信じた自分だってこと。

    そしたら、その人が信じられない人
    おしゃべりな人なのではなくて
    自分が簡単に信じたバカな人間
    ってことなんですかね?
    そしたら、そのバラした人とは
    どのように付き合っていけばいいのでしょう。
    恋愛のはなしではなく、一般的な話として
    なのですが…。

    どのように気持ちを整理して
    建て直していけばいいか
    わからないです。

    • ひろ
    • 2017年 12月 18日 21:17:24

    彼ならこうしてくれるはず、
    許してくれるはず、って信じてました。
    間違っていました。

    勝手に期待して、勝手にぷんすかしてました。
    彼には、呆れられてしまいました。
    でも、彼は、わたしのぷんすかに
    いっぱい付き合ってくれました。
    今も、側にいてくれます。
    彼は、信じるに足るひとです。

    信じます。

    彼のそばにいるわたしを♡

    • dysev
    • 2018年 1月 31日 1:15:08

    今日、彼のスタッフが私にナメた真似をするので、
    あくまでも冷静にその納得がゆかない事の
    説明をメールで求めました。
    お金が絡むからです。

    彼に嫌な思いをされるかもしれませんが、
    むしろ私がここでナメられたままだと
    私は彼の力になる事が出来ません。

    これが恋人同士なら無言で受け入れると思いますが
    今の状況では私は許しません。

    彼がスタッフより私を理解してくれると信じて
    ある種のカケに出ました。
    ここで仕事が切れるならそこまでですね。

    覚悟はしています。

    • まるこめ。
    • 2018年 2月 15日 10:40:40

    ふむむ。
    彼は信じる相手じゃなかった。
    引っかかりはいつも感じていて、小骨だからと気にしないフリをして、結局は取り返しのつかないすごく大きい骨でした。
    私はいつも信じる相手を間違えているのに、信じてしまいます。
    結果痛い思いをするんです。
    見る目がないのは自分の責任です。

    • かほ
    • 2018年 2月 20日 23:16:08

    私の心の声を書きます。

    まず、私は彼を信じたいです。表面上は。
    ずっとそう言ってきました。しかしできていないんです。それはなぜか。

    私の場合、やはり外部を気にする気持ちが抜けないせいがあると思います。どこかで身を守りたいんですねきっと。
    客観的事実を書けば、「お前それ、終わってるよ」なんです。
    そして、私自身それを感じたことがないかといえば、あるんです。

    いやいやいやいやwwww

    このタイトルだけ見たらいかにも怪しそうなブログにわざわざ足を運んできて、こうやってコメント書き込んでいる時点で、そんなこと言ってみてもしょうもないんですよね。
    もはや入り口ですらない前段階の所でアンタ、いつまで足踏みしてんの??って感じなんですよね。

    だって、客観的事実を見て納得していれば、そもそもここにきてるわけないし、来たところでここまでとどまってねーよな。ちょっとそろそろ往生際悪すぎるのかも。ここまできといて。お前まだ怖がってんの????て感じと言いますか。

    本当にいい加減にしないといけないんですよね。
    いい加減現実見ろよ私。
    中途半端なことやってんじゃねーーーーーーーーーーーーーーーよ、て感じですね。

    やるの、やらないの。どっち????て感じですね。

    そろそろ感覚覚えたほうがいいですよ、どうぞって感じ。
    今回のこと、今度こそ忘れんな。
    いまだかつてなかった気持ちを忘れんな。
    自分の態度次第で、目の前の相手の態度は実は変わるんだって、わずかな、でも確かに感じてしまったあの日のこと、二度と忘れんな。忘れたらお前はホントに終わる。

    • かほ
    • 2018年 2月 20日 23:32:07

    いつまでもこっちが覚悟決めないから、相手も覚悟が決まらないんだよ。
    もちろん、あれですよ、交際を申し込ませるとか、結婚を申し込ませるとか、そういう大きな話をしてるんじゃないんです。

    もっとずっと手前の基礎中の基礎みたいな部分です。
    彼には彼の事情があります、それはわかります。
    でも、逆を言えば私にも私の事情があるんですよね。

    そんなこと言い出したら人間誰でも、その時々に様々な事情を抱えているわけで、そんなものを抱えながら人間関係やってるんですよね。私だって、その時それぞれに思いを抱えながらも彼の方を向こうとしてきたわけで。

    だったらそれって彼も同じはずなんですよね。
    もちろん、その時々の温度差はあると思いますが、そんなもんを気にしてたらもうまともな人間関係なんて作れない気がしてきた。
    そういうその時々に起こる表面の出来事ばっか見てきていたから今まで何も残らないで来たのかなって思いました。いやわかんないけど。いやちがうんだよね本当はこんなこと書きたいんじゃないんだけど。

    書きながら思い出したんですけど。
    彼と会ってみて、本当はすごくシンプルなのかもと思う部分があって。
    彼の安定感に驚いたんです。
    彼がとても人間らしく見えて、表情も生き生きとしていて、あれ?こんな自然に話せる間柄だったっけ?って途中から逆に不審な気持ち…いや、なってないけど。
    もしかしたら、相手にも迷いがあって(←私と付き合うかとか、そういう迷いじゃないですよ)、目の前の私の対応が彼の方向を定めているのかなって。今回は私が安定していたから、彼も安心して出方を決められたのかなって。

    書いてみたら当たり前の話なんですけど。
    でも、こんな当たり前のことに私は気づいていなかったわけで。
    なぜ気づかなかったかといえば、それは私が彼の表面の態度を見て(無意識ながらも)出方を変えていたからであって。そうしたら、それを見た彼も同じように私の表面の態度を見ながら、その都度出方を変えるのであって。

    いたちごっこなんですよね。

    • かほ
    • 2018年 2月 20日 23:46:55

    ここまできて、ようやく読み続けてきた承認の内容がつながってきたというか、実感に近づいてきたといいますか、そんな感じです。

    深い人間関係を築くことをおそれている、という話です。
    私はできる方の人になりたいと思いつつも、まだまだ覚悟が足りなかったのかもしれません。

    今までその都度態度を変えてしまったり、表面しか見ないいたちごっこを続けてしまったのも、元をたどっていけば「怖れ」にたどり着くといえます。
    踏み込む怖さ、踏み込んだことで引き返せなくなる恐怖、本当に欲しいものを求めてそれを失うリスクなど。うーんやっぱり一番しっくりくるのは、踏み込むことで失敗する恐怖、ですかね。
    他にもいろいろなものに対して、私の思考の癖はあるのでしょうが、彼に対してはものすごくわかりやすく出てるんですよね。

    そして、なかなか思う結果にたどり着かなくてイライラしたり、ジタバタしたり、そういうのをひっくるめてkouさんは、「思うような結果を得られないのは、あなたの希望が弱いからです。本当にそうなりたいと心から思っていないんです。足りないんです」的な感じにどっかの記事でおっしゃってた気がするんだけど、私はこれかもしれません。これが全てではないんだろうけど、そんなこと言ってたら何も始まらないので。

    • かほ
    • 2018年 2月 20日 23:50:23

    あーあ、やっぱりこんな風にコメントを書きながらも、心のどこかで
    「いやもういいよこういうの…だってたかがコメント2、3個書いただけじゃん…それより結果出してぇ…」
    とか一発逆転狙い始めちゃう自分もいます。これがダメなの。

    ですが、確かに気づいていることをひとつひとつ確実に積み上げていきたいです。

    • なつみんと
    • 2018年 2月 28日 0:03:08

    「「自分の意思」で相手を信じることができない人は、いつまで経ってもまともな恋愛はできないと思った方がいいです。

    男性に限らず、人はバカではないので、相手に信じてもらえているかどうかくらいは勘づきます。」

    「僕が言っている信じるというのは、「そうに違いない」と素直に思えることです。

    疑いがないところに自分から疑いの要素を作り出さないということです。」

    ☆☆☆
    初めの頃よりはだいぶマシになったけど、時々彼の気持ちを疑ってみたりする自分がいる。

    彼の過去の恋愛の話を、片鱗だけでも聞けば、本当は私よりその人と一緒に幸せになる未来を望んでたんじゃないかって、寂しくなったり。

    「結婚したい」ってゆうのは、年齢的に結婚がしたいだけなんじゃないか?とか。

    私は私で、本当に彼でいいのか?とか。好きだけで結婚するものじゃないし。一度経験してるから、恋愛から”現実”や”生活”になるのは怖いって、躊躇する気持ちもある。

    まだまだ見せてない私の短所や嫌な部分、知ったら幻滅されないかな?とか。

    だけど、こういうの挙げだしたらキリない。

    自分の意思だけで相手を信じる、かぁ。
    早くそんな風にできる強い自分になりたい、

    • りんごリンゴ
    • 2018年 2月 28日 18:03:02

    遠距離、彼を信じてきたのですが、
    限界MAX!
    別れを考えてます。
    つい先ほどの話↓
    わたしが「インフルエンザだったー泣、
    ダーリンも気をつけてね」
    って伝えたら
    「○○県にもインフルエンザって
    あるんだ〜」だって。怒
    なぜそういう返答になる?
    あー見る目なかったなぁー。

    • いしゆか
    • 2018年 3月 22日 1:01:12

    どうしても彼を信じられないのは、
    ひっかかりがあるから。
    言葉にできないモヤモヤが常にある。
    モヤモヤしてても、女々しい彼の機嫌を損ねるくらいなら、水に流そうと不本意なのに悲しいのにやってしまってた。
    不安や不満をぶつけても仕方ないの言葉で片付けられるし。
    彼主導の恋愛になってしまってる。

    • カンパネラ
    • 2018年 3月 22日 1:34:14

    信じるって私が決めた!!

    • かほ
    • 2018年 3月 27日 1:05:32

    《僕が言っている信じるというのは、「そうに違いない」と素直に思えることです。
    疑いがないところに自分から疑いの要素を作り出さないということです。》

    何度も読んだ記事ですが、今はその時と違う感情で読んでいます。
    たぶん、ですが、彼は私を失いたくないと思っているはずです。それがどういう気持ちからくるものか、どの程度の思いなのかはさておき、失ったら困る存在ではあると思います。

    いや、そんな低い見積もり方じゃ足りないか。
    もっとこう、勘違いするくらいじゃないと。笑

    勘違い上等精神でいけば、彼は間違いなく私に気があって、下手なこといって嫌われちゃったりしたら困るので、彼が私をわざわざ悲しませるような裏切りをしてくることはないです。
    (※もし裏切りと感じるときは大抵、なにも考えてないか、そもそも女心わかってないかのどっちかです。今まで結局このパターンだった。)

    と、何度も振り出しと現状を往復していて確信が持てなかった私が、そう素直に信じられるくらいのところまでやって来ました。

    安住するのは違うが、だからといってわざわざいちいち騒いで、モヤモヤして、こちらが男性みたいな動きと言いますか、心配をする必要はなくなってきた、そんな感じです。

    • かほ
    • 2018年 3月 27日 1:25:10

    以前のお手紙で

    「その彼との間にしかない感じ~、ていうのをこれからもっと知っていくことになるんだと思う」

    と言ってもらったことがあり、印象に残っていました。そして今、その通りになっています。
    投資は期間だけがすべてではないと言いつつも、時間をかけさせることもまた投資である、ということが理解できつつあります。

    たぶん、ここまで時間をかけないと気づくことはできなかったと思います。もっと短期間に強引に詰め寄ってみたり、あるいは私がもう彼を鬱陶しくなってしまってやめたりしたら、気づけなかった感覚があります。

    彼とのことは、彼の行動のせいで打ち止めになったことがありましたが、それのおかげで慎重に仕切り直せたのかもしれないと、今なら思います。

    もしかしたらこういうのも、Kouさんが承認で言っていたように、後から語る強引な理由付けで、でもちゃんとそこに意味を見いだせているからOK、てやつなのかもしれません。

    時と共にお互いの状況や環境は変わっていきます。時間をかけることで、そういうものを超越したものが得られるのかもしれないと気づきました。
    改めて、現在に至るまでを思い出してみると、その時その時は重大事、もう私と彼との間では無くならない厚い壁とか思っていたことが、実は些末な問題でしかなかったということに気づきます。驚きました。

    時間が経つと、積み重ねるだけではなく、色んなものが少しずつ剥げ落ちていきます。
    当時辛かった記憶、喜びの記憶、怒りの記憶など。まるで壁画が風化していくように、ポロポロと細かい部分が剥がれ落ち、大事な骨格だけが残るのです。

    そこにあるのは、古今東西変わることのない、普遍的なものです。
    喜び、悲しみ、怒り、愛情、そして原点にある相手を思い気持ちです。
    それこそが本物なのだと思いました。

    彼との間でしか得られない気持ち、というものが間違いなくありました。それはこれからも感じていくのだと思います。

    • よーろ
    • 2018年 4月 28日 14:50:15

    ぬぁー!!
    わかりそうなのに、まだ落としこめてないです…
    今彼を信じられるのかどうかの渦中にいるので、すごいモヤモヤします。
    もう少し考え方のヒントがほしいです…
    今何がひっかかっているのかというと、
    約束を簡単に破るから。約束を破るのは嫌だと言っても、悪いのはわかるけど、僕はそんなに変われないよ。と言われるから。変わる気ないの?って思っちゃう。
    でも嫌われてる感じはしないんです。
    ただ私と会う価値を彼に見出せていなくて、私は焦ってる。私の問題なのはわかるんだけどなぁ…
    全てのピースがはまりそうではまらない。あとちょっと。もう少し読み込んでみます!!

    • リプトン
    • 2018年 5月 03日 22:20:44

    何にも考えてない彼の言動から、疑いが出てきて勝手に不安になります。
    多分私からの負のオーラを感じ取って、何もなかったように振舞う彼です。

    女性は辛抱強く聴き続けてくれないと更に怒るって事を理解してほしいなとは思いますし、「自分で巻いた種なのに、何か分からない芽が出たら放置なの?」って怒りも出てきました。

    でも、実際私の取り越し苦労だったら?毎週負のオーラでもくもくしてる私は魅力的でなく、彼にとって臭いものだと思いました。。

    彼の言動でいちいちヤキモキするのって、疲れたなあと思い、彼の見えない部分はほかっておこうかなって。
    いちいち今日何した〜を報告してくれますが、どうでもいいです。

    キャバクラを公認にはしたくないです。
    でも、仕事でも絶対行くと分かってます。
    黙認的に、でも嫌だと伝えて、それでいいのかなって。。
    行くのはキャバクラ程度だと思います。嫌だけど半分黙認。

    仕事や街中のお洒落な人とかに目を奪われるのは、あまり気になりません。ナンパなんて出来ないし、仕事は仕事の境界線があるからです。
    気にならないと言ってもゼロではないし、目の前でガン見された時はショックでしたが、悔しくて結果的に更にいい変化がありました。

    よそ見もキャバも、ダメだと言えば言うほど、隠します。意識します。それじゃあ逆効果です。
    悲しんでも、付き合いだからと行きます。空気読めないような人間になりたくないと。それに先輩にしてもらったように後輩にもしてあげなきゃいけないと。

    悲しみ続けるのは意味が私なりにあります。罪悪感を植え付ける。私は嫌なんだと分からせる為です。
    周りがあまりに公認で、前妻さんも無関心?だったので。

    私が彼と同じことをしたら、戻ってこないし、今他の男性と〜なんて気分でもない。ご飯行くくらいなら出来ますけど。

    柔軟に、嫌だと伝えつつ黙認かなあって。
    少し慣れて?いけば、私のとっても苦手な「信じる」も見えて来るのかなあって思います(予想)。
    現状や男性心理を受け入れた先に、主体的に信じるが少しずつ見えて来るのかなあって。分かりませんが。。
    あとは、私の自信かなあ。女性らしさや自分らしさへの自信とか自負とか。

    全てぶち壊して、破壊的願望に負けそうになりますけど、考え続けて疲れたら、次のステップ踏めるのかなって思いました。

    • ちょろこ
    • 2018年 5月 10日 11:21:25

    「信じるというのは極めて主体的な行動であり、その責任を自分で持つことが大事だということ。

    そして、その目の前の相手は、あなたが本当に信じるに足る人物なのかをちゃんと判断してください。」

    これ、忘れないようにしよう。
    同時に自分も彼にとって信じるに足る人でありたい。

    • すいれん
    • 2018年 5月 10日 16:11:26

    復習です。
    今も好意をもってる人に裏切られたと感じています。

    信じるの定義の確認しました。
    信じるに値する人物かどうか判断しないといけないなぁ。一回捨てようと思う。

    あの人を信じるって思ってたのに、音信不通が再び続き疎遠になって、またブレブレです。
    付き合いたいのに、好きと言ってくれたことをいつまでも
    消せなくて。行き違いでぐだぐだになって、その後解決したいのに、基本連絡が通じなくて。(でも私から告白してないから未練はあって・)
    傷つくのが怖くて恐ろしくて動けなくてあの人から連絡がほしい・・

    気合入れ直します。

    • sakuya
    • 2018年 5月 31日 6:16:10

    心に刻みこみたい記事。

    • ラベンダーアールグレイティー
    • 2018年 5月 31日 8:12:50

    『信じる』はきらいな言葉でした。

    地元の旧友がクリスチャンで
    (特定の宗教を批判しているわけではありません。)
    信じるはとても大切な教えだから
    からだの関係のある男性を
    ちゃんと信じていれば
    彼女と別れて自分のところに来ると
    伝えてきたことがありました。

    そうして16歳の時に
    信じるは盲目という意味をつけました。

    今は
    信じるは自己責任という意味です。

    なんで信じているの?と聞かれたら
    きっと
    理由なんてない、と答えます。

    わたしだから
    相手があなただから
    疑う余地がないだけです。

    • つる
    • 2018年 5月 31日 13:43:07

    超ネガティブな波が来てる〜〜
    信じることに失敗して、自分の責任感じる繰り返し、いつのまにかズタズタです。

    淡い期待なんてしちゃダメなんですよね〜〜信じるなら、それなりの核心とかないと、こうなる。私には、期待の反動に応えられるメンタルもなかったからひどい有様です。
    信じる核心を見つけられないから勝手な予想とか、期待して、メンタル保って、またダメージ受けてるんです。ひゃーー

    うまくいく期待を持たないと、うまくいくわけないけど、期待してもうまくいくと限らん。。まさに自己責任です。

    こんなこと書いててふと、恋する時はみんな「不確実な期待」から始まるんじゃないかと、気づきました。
    「好きかもしれない」ってポジティブから始まって、いつか「好きじゃないかも(好きでいてほしい)」と不安になる。
    私の場合、後者が強敵すぎた……

    好きのはじまり、ポジティブな期待を信じていられるよう、ちゃんと動きたいです。だから、もっと勉強します☺︎

    • ☆ナスカ☆
    • 2018年 7月 09日 0:21:23

    一回断られたとき、信じられてなかったんです。

    それでこの前ちょっとだけ、私からも詮索しちゃったんです。

    でも、彼の言葉通りだったので

    すごくすごく恥ずかしくなりました。

    本当かどうか確かめられるかも、そっちのほうが確実だけど

    彼が私に向けた言葉だけ、信じていきたいって思いました。

    もう決めます。

    社交辞令かな?って思ったけど

    言葉通り彼は会いに来てくれたし、一緒に走りに行ってくれた。

    また行こうって言ってくれたから

    それを信じます。

    ちゃんと言ったらやってくれる人なんです。本当にすごい。

    それでもなにか、淡い期待を抱いてしまって

    そうじゃない現実に落胆しそうになったら

    ちゃんと主張してみようと思います。

    信じるって清々しいのね。

    • こりす
    • 2018年 7月 09日 12:43:13

    そういえば、学生時代に好きだった人にひどいことを言われたり、されたりした時って、相手のことを酷い、最低!と言うだけだったなあ…。
    簡単に好きになって、勝手に美化して、勝手に自分の期待する姿を作り上げていたようです。

    今好きな人は、信じるに足る人物だと思っています。
    彼が「裏切る」なんてことをするとも思えず、ましてや彼が私を裏切るなんて想像ができないのです。

    私は今、たしかに彼に淡い期待をしているかもしれません。でもそれは、私の勝手な期待だということを分かっています。それが叶えられなかったとしても、(今の状況では)裏切りだとは思いません。

    こういう人に出会えたことがまず幸せだなあと思います。
    それを自ら壊すようなことはしたくないし、彼からの信用にも足る自分でありたいと思います。

    • スイカ
    • 2018年 7月 21日 21:48:52

    ブレブレで全然ダメです。
    やっぱり自分がないから、自分に自信がないから、表面的なところしか見えてないのかもしれません。

    彼はどんなに大変な状況でも、時間とお金を使って会いに来てくれます。

    それだけで十分証明されてるのに。

    毎回反省。

    全然前進してない。

    いや、してるはず。

    ここで勉強してるし、少しは変わってるはず。

    そしていつもやらかしてる私なのに彼はついてきてくれて、勉強させてくれる。

    毎回後手なだけ(笑)

    只今絶賛喧嘩中だけど、彼は信用できる人。

    • Rena♡*
    • 2018年 8月 07日 23:41:12

    私これは分かる(*^^*)
    人を信じる事は得意かも♪
    人間性を信じるって感じですよね。

    私は彼の事をまだよく知りません。
    まだ3回しか会ったことがないから。
    でも、私は彼の事を信じています。

    メールは返ってきてないし、彼のテンションも既に下がり気味な事には気付いていますが、彼は愛のある優しい人だって初日に気付いたので。

    メールが返って来ないのは、返す必要のないメールだと感じているのだろうし、彼のテンションが下がり気味なのは完全に私の反応不足…(´・ω・`)

    人間性は信じられる人だと直感でも判断出来ているので、このまま1,2ヶ月連絡なくても大丈夫❤️
    さすがに2ヶ月連絡来なかったら、こちらから連絡したいけれども…(>_<)

    • dysev
    • 2018年 8月 08日 14:17:44

    この記事は本当になんども読みたい内容です。

    憧れの気持ちはあるものの
    昔から色々と胸にひっかかるところのある相手だったんです。
    そんなものだから当然若い頃は「この人はナイ」判定だった。

    それがひとつひとつ、年を重ねてこの人の人間性が見えてきて
    それらを積み重ねたら今までの「ナイ」がひっくり返った。

    「この人を信じないで誰を信じる事ができるのか」って思うほどまでに
    胸に引っかかるものより、信じたい心が上回ったんです。

    胸に引っかかるものは今もあります。
    けど小さくなってあまり目立たなくなった。

    驚くほど自分の父親に似てるところがあって(そんな人は初めて会った)
    ひどい父親なのでそれも絶対に「ナイ」って思ってたし・・

    でも最近は「だから理解できる事もあるのかもしれない」って思えて

    ここまでくるのに長い年月、お互いに別々の道を歩んできました。

    今はこの人を信じられる自分が嬉しいんです。
    ただそれだけでいいと思えます。
    こう思えるのは大人になったからかもしれません。

    当然自分の未来の責任は自分で覚悟してます。

    • れいさ
    • 2018年 8月 15日 23:29:20

    kouさん 難しいよ(´・_・`)

    • れいさ
    • 2018年 8月 16日 0:04:00

    彼は私の前の旦那との間の子供ですが良く遊んでくれ 美味しいご飯もご馳走してくれ おもちゃも服も買ってくれて。 私と付き合ってる以上 当たり前の事だ、と。私は子供たちが彼を好きになるのは嬉しいのですが もう 別れるという悲しい経験をさせたくありません。なので 子供と仲良くすることは私達に覚悟が必要だ、と話しました。すると 俺はもう覚悟が出来てるから 後はお前次第では?と言われました。
    私の覚悟。私が彼を信じる覚悟。

    なぜ信じれないのか。

    彼を紹介してもらうときに 彼は女にだらしない人だと、女好きだと 噂で聞きました。
    現に? わたしにも手を出すのが早かった。
    kouさん のブログを知る前だったのが悔しい(´・_・`)
    最初は遊びかなと思ったけど日を追うごとに以外にまじめで潔癖で愛がある人だなと思いました。

    他の人の話しですが 聞いたことが頭から離れません。彼の話してくれることや行動は確かなものですが たとえば 早く寝ると言われたら 他の女と会ってるのでは?と勘ぐってしまいます。

    噂は信じちゃダメですよね?女好きは男性みんなですもね?(笑)

    ここの境目がわからないですーーー

    信じても良い人なの?!

    • コロネパンは美味しい!!
    • 2018年 8月 25日 21:30:54

    小骨、めっちゃ引っかかってるかもしれません。
    でもその骨、自分で引っかかりに行った気もします。

    最近思うんです。
    自分で作り上げた「-かも」に惑わされてるだけなんだろうなって。

    彼のこと疑うかもしれないなんて
    日本にいたときには本当に考えてもみませんでした。

    でも離れると、不安にはなりますね。
    そのせいか私の大嫌いな行動をしてしまいました、、、

    彼のこと友達にね言ってしまったの。
    「彼の行動が複雑なの。でも信じたいの。」って。

    信じたいって、もうその時点で疑ってますね~
    でも、疑ってるとか思われたくなくて
    彼にはあまり言えないのが現実。

    うーん、難しく考えすぎですね。

    主張の仕方はある程度わかるんです。
    彼の性格も把握してます、どんな風に言えば良いのか
    彼に主張を飲んでもらえるのか。
    それはわかるんです。

    でも、別に先輩と飲みに行ってほしくないわけでも
    飲み会を控えてほしいわけでもなく

    ただ、この気持ちをわかってもらいたいだけ。

    私の知ってる先輩であってもね
    女性である以上は、二人きりだとすこしやきもちやいちゃうなぁ、
    ってだけなんですよ。。。

    彼ってめっちゃ鈍感さんで
    女性の気持ちに疎いし
    私以外の女性とキス、ましてや触れ合うことなんて無理

    っていうピュアさんなんです。

    でも、酔ってその場に親しい女性がいると
    ボディタッチしちゃうんですよね。
    だから、なんか、ねっ、モヤモヤはある。。。。

    ここで言ってても仕方ないんだけど。
    彼に言って信じてないのかなって思われたくない(笑)

    はぁ~付き合うとこういう悩みもできるんですね。
    どういう主張の仕方をすれば、彼は疑ってると思われないかな?

    もぉ~、二人きりだとヤキモチ焼いちゃうわぁ~(笑)!

    くらいのスタンス??

     

    • まいみんつ
    • 2018年 9月 09日 7:19:24

    〉本当にしてほしいことは、彼に対して主張するべきです。

    信じることと、相手に勝手に期待することは違う。
    相手に望むものがあるのなら、それは主張するべき。
    これが主体性の発揮なんでしょうか。信じて待ってる、、とうじうじ黙って待っているのは信じているのとは違いますね。
    勝手に裏切られた気になって傷ついていたら世話ないです。

1 10 11 12
↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント