恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

彼を信じた結果、裏切られる理由

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

僕はこのブログで、不要な詮索はしないこと、彼を信じることの重要性について何度も話しています。

しかし、いまだにその意味がよく分かっていないようです。

これは説明がまだまだ足りない証拠でもありますね。

 

幸せな恋愛をするのに経験値は要らない

teddyさんより:

彼の好きを信じる、、、それを間に受けて信じていたら、ただの都合のいい女になりませんか?

2年間、国際遠距離をしています。
彼からは好きだ、好きだと言われますし、毎日メールは届きます。

でもバレンタインにはカードも花の1つも届きませんでした。
(海外では、バレンタインには男性が女性にロマンチックな贈り物をします)
誕生日のプレゼントは2週間遅れでした。。

そして彼は一度も会いに来てくれた事がありません。
その事で既に2、3度喧嘩もしています。

でも彼から届く好きという言葉を信じれば幸せな道があるのですか

ちょうどいい材料を出してくれたので、teddyさんのこのコメントを使って説明することにします。

まず、信じることについて。

僕は彼を信じてくださいとよく話していますよね。

この「信じる」を誤解している人がかなりいます。

信じるというのは、一方的に期待することとは全く違います。

 

信じれば裏切られる可能性があります。信じなければ裏切られることもない。だから私は信じないんです

こういう、あまりにも短絡的で幼稚なことを言ってくる人がいるんですが、こんな発想をしているうちは、裏切られて当たり前なのです。

誰かを信じるというのは、責任を自分で取るということなのです。

誰かを信じて、相手に責任を押しつけようとしている人は、いつか裏切られます。そして、裏切られたことについて、信じるという決断を自分でしておきながら、自分の責任を問おうとはしないのです。

 

裏切られるかもしれないから信じない。

この発想が本当に抜けない人は、そのまま生きてください。

ただし、これを抱えたまま死ぬまで過ごすのは相当しんどいということだけは伝えておくことにします。

相当にしんどいです。

 

「信じる」というキーワードが出てきたら、瞬間的に思い出せるようになってください。

信じるというのは、主体的な行動なのです。自分で相手を信じると決めたのです。

そこに大きな意味があります。

 

「自分の意思」で相手を信じることができない人は、いつまで経ってもまともな恋愛はできないと思った方がいいです。

男性に限らず、人はバカではないので、相手に信じてもらえているかどうかくらいは勘づきます。

 

そして、信じることについてのもう一つの誤解は、「彼を信じる」というのを、彼に期待することを勝手に願うことだと思っている人が多いことです。

信じるというのは、そうかどうか分からないもの、「そうだろう」と思い込むことではありません。

 

分かりますか。

あやふやなものを、「きっとそうに違いない」と思うこととは違うのです。

teddyさんのコメントをよく読んでください。teddyさんのコメントは例ですが、これと同じようなパターンで苦しんでいる女性を僕は大量に知っています。大量にです(^^;

めちゃくちゃたくさんいます。

 

僕が言っている「彼を信じること」は、あなたが彼に勝手に求めている淡い期待とはまるで違うと言うことです。

僕が言っている信じるというのは、「そうに違いない」と素直に思えることです。

疑いがないところに自分から疑いの要素を作り出さないということです。

 

不必要に疑いをあぶり出さないことが大事なのです。

現時点で明らかに不誠実だと感じていることに目を背けて、願うことばかりを信じていてもそれは期待する結果にはならないでしょう。

 

あなたの心の声をちゃんと聞いてください。

信じようとすることに強い抵抗感があるのは、胸に何らかの引っかかりがあるからです。その引っかかりは、実は器官を詰まらせるような腫れ物の場合もあれば、ちょっと確認してみるとただのアジの小骨でしかない場合もあります。

 

本当にしてほしいことは、彼に対して主張するべきです。

誕生日もバレンタインも、彼はそこまで大きな意味を見出していないのかもしれません。でも、女性にとっては重要だったんです。それを思い知らせる必要はありますよね。

単に気づいていないだけだったのかもしれない・・・

でも、一度も会いに来た例のない男性が言う「好きだ」という言葉を、あなたは本気で信じようと思えますか。

心のどこにも引っかかりは感じませんか。

 

女性のあなたが求める態度を取ってくれない彼を、僕は無理に信じろと言ったことはないと思います。

彼を信じようというのは、そういう意味ではないのです。

 

信じるというのは極めて主体的な行動であり、その責任を自分で持つことが大事だということ。

そして、その目の前の相手は、あなたが本当に信じるに足る人物なのかをちゃんと判断してください。

 

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (14)

    • さこさこさこ(^-^*)
    • 2017年 10月 25日 23:56:38

    一年前に、このブログ読みました。あの頃とは、私は、違います。見ない振り出来ない所まで、来たから、ちゃんと決断しました。

    • ♡arico♡
    • 2017年 10月 26日 0:30:45

    信じるに足りる人なのかを見極めるにはある程度時間が必要なのに、今までの恋愛はそんなの考える時間もほとんどないまま始まって、付き合ってたな。
    今思うと、あそこは引っかかりのポイントだったのに、時間をかけないから、気がつかなかったんだろうな。
    一方引いて、落ち着いて考えるって大事。

    • 夕顔の君
    • 2017年 10月 26日 1:48:26

    『信じる』というのは

    彼の気持ちや行動に

    淡い期待とか
    強い願望を抱くのではなく

    彼を好きだと思える
    『自分の在り方』を信じること。

    私の選んだ人だから
    信じるも何も
    彼は一番私を大切にしてくれる人。

    私はいつもそう思って恋愛しています。

    • ぽんぽん
    • 2017年 10月 26日 9:15:15

    信じる事が出来ていたのか今となっては自信がないです。
    公けに出来る2人ではないから多くを望んではいませんでした。私としては…

    今までも、一歩踏み込むと彼が離れ私が傷つき、そしてまた彼から近づいて私が踏み込む。
    今度こそ彼から発せられる言葉や行動を信じて行こうと決めていたのに…
    『やっぱりまたか』
    今回彼からの会うのは止めようの言葉にそう思ってしまいました。

    私が信じきれていなかったから、彼も私を信じきれていなかったのだと思います。
    多くを望んではいないと思いながら、きっと彼には不信感が伝わったのかと。
    そう思わせその言葉を言わせたのは私なのでしょう。

    もっと次元の高い位置で彼の事を信じていけるように、そしてそれに相応しい相手なのか
    もう一度、いえ何度でも自分自身に問いかけ彼を見つめて行こうと思います。
    彼の心の真ん中にある優しさをもう一度信じたいから!

    • れんげ草
    • 2017年 10月 26日 9:38:37

    本当にこれができなくて、私は信じてたのにばっかりいっていました…
    信じるって言葉の重み軽視して、言えばいいと思ってたところがあったと思います。
    見極める時点でだいたいわかってるはずなのに目をつぶっていいほうへ誤魔化してただけでした。

    • あえか
    • 2017年 10月 26日 10:08:28

    裏切りって、何なのでしょう。

    だって、別の人間なんですもの。

    私以外の人は、私とは違う思考で生きています。
    判断基準も同じではありません。

    自分の意に沿わないことを裏切りと言ってしまったら、信じられるものなんて何もないですよね。

    相手も相手なりに何かしら考えているでしょう。
    相手から私はどの様に見えているでしょうか。

    • キウイ似
    • 2017年 10月 26日 12:28:17

    相手を信じる自分を信じる
    決める!

    • Aya
    • 2017年 10月 27日 15:05:17

    引っかかり、なくなった。

    • まゆきち
    • 2017年 10月 27日 20:22:09

    私にも他人を信じない時期がありました。
    すごく孤独でしたが、どうすれば良いのか分かりませんでした。

    今の上司が他人を信用しない人です。
    この上司と出会ってから「頑張っても仕方ない」と思いやる気が削られます。

    逆の立場に立ち信じられないことはがどれだけ人の心に影響を与えているのか実感しています。

    信用してもらえないことは本当にすごくすごく辛いです。。。
    信じないことは自分にとってものすごくマイナスで日に日に孤独に向かっていきますね。

    • セレンディピティ子
    • 2017年 10月 31日 1:00:29

    信じる、

    この記事に瞬殺されました。

    メルマガにも出た見極めと信念もそうですよね。

    自分に嘘は付かないようにしたい。

    信じるのが怖いときもあるし、

    はっきり確証が持てなくて躊躇してしまう弱いところもある。

    あー(/≧◇≦\)

    信じる力を育てたい~!

    あー!

    • かほ
    • 2017年 11月 10日 11:16:01

    これを読んで気づいてしまいました。
    ていうか、なんで気づかなかったのって感じでたぶん大したことはないんですけど……(^_^;)

    最近の私は、彼を信じられない自分がいけないのかとか、見極めがとかぐるぐる考えたんですけど、それはなぜかと思ったんですね。

    それは、彼の私への態度を見て判断してたんですよね。最近の彼は態度が一貫していないのでわかりづらいんです。

    ということは、彼から見ても同じなわけですよね。私の態度を見て無意識のうちに信用されてるかを判断する。
    最近の気持ち悪さの原因は、私がそんな彼に合わせにいってたからなんですね。彼は小悪魔な駆け引きをしてるんじゃなくて、こちらの様子見をしてるだけだったんです。話しかけてもいいのかと、近づいても怒られないかを試しているようです。

    ですので、そのまま考えさせておきます。

    • かほ
    • 2017年 11月 10日 11:19:21

    結論:信用を取り戻しに来ないといけないのはそっちなんだよねという当たり前の話であった。(´ー`)σ

    • 藤ッ子
    • 2017年 11月 28日 8:06:44

    これ何度も読みたいです。すごい。

    私自身が彼を信じる、不要な詮索はしないって決めたのに、勝手に色々想像して不安になってました。

    ちょっと落ち着きます。
    自分の価値を思い出します。

    • みえみえ
    • 2017年 11月 28日 15:50:48

    難しいですね(*_*)
    信じることってそんなに責任の重い
    難しいことだったんですね。
    信じると決めたのは自分だから
    裏切られても自分の責任。

    ということは、責任がとれないなら
    信じたらいけないと言われているように
    感じてしまいます。責任も取れないのに
    簡単に信じるなって。

    何かあっても自分が責任とる
    背負い込むくらいじゃないと
    信じたらいけないのかなって。

    それなら、裏切られるなんていうものが
    そもそも概念としてなくて
    裏切られたんじゃなくて
    信じた自分が間違ってたって
    受け入れないといけないということですよね。

    例えば、だれかを信じて悩みを話したとして
    口止めしてても、それをバラされても
    その人が悪いんじゃなくて
    信じた自分が悪いから、その人を責められない。
    責めるのは信じた自分だってこと。

    そしたら、その人が信じられない人
    おしゃべりな人なのではなくて
    自分が簡単に信じたバカな人間
    ってことなんですかね?
    そしたら、そのバラした人とは
    どのように付き合っていけばいいのでしょう。
    恋愛のはなしではなく、一般的な話として
    なのですが…。

    どのように気持ちを整理して
    建て直していけばいいか
    わからないです。

1 10 11 12
↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント