恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

それ、本当にあなたが自分で言いたいことですか

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

僕のところには、色んな恋愛相談が来ます。

その中で、意外にもこういう内容が多くあります。

彼に好きと言ってしまいたいです

分が悪いから、気持ちだけでも伝えてスッキリしたいです

彼が気持ちを聞いてくるので、いつも私が答えてしまいます

か・な・り、多いです。

びっくりするくらい多いです。

男の僕からすると、信じられないくらいに多いです。

 

しかしどれだけ多くても、そのそれぞれは、紐解いてみると大抵自分の意思に反した行動になっていたりします。

告白は別にしたかったらしてもいいんですよ。

したからといって、それですべてが終わりになるわけじゃありません。

軽く告白しておいて、翌日知らん顔するのが女性の技です(^^;

 

よく考えてほしいんですよね。

好きと相手に伝えること。それは、素晴らしいことです。ぜひ伝えたらいいと思います。

 

彼からの愛情をふんだんに受けた後で。

 

あのですね。

「気持ちを伝えたいんです」という女性の大半は、ウソをついているんです。

彼に気持ちを伝えたい。ウソです。おそらくウソですね。

本心からそんなことは考えていません。

 

では、なぜそう思うのか。

伝えたら何とかなると思っているからです。

彼に気持ちを伝えたら、答えてくれると思っているからです。気持ちを汲んでもらえると思っているからです。

どうですか、もう分かりましたよね。

自分の気持ちじゃないんです。

 

本当によく考えてください。

実は、この話はある話のパロディでもあります。

勘のいい人は、少し前から勘づいていると思いますよ。

 

何だと思いますか(^^

 

問題にするとややこしくなるので、答えを書いてしまいます。

これです。

 

デートは誘われたい、メールはもらいたい。何が悪い!

どうですか。これが本心なんじゃないですか(^^

もっと正直になってください。自分に対して正直になってほしいんです。多くの女性は、自分の本心、「女性の本心」に反した行動をとっているんです。

 

彼は、私が彼を好きかどうどうかいつも聞いてきます

女性のあなたが、そんなくだらない質問にいちいち答えていてはいけないんです。

あなたは、彼に本当に「好き」だと言いたいですか。

どうですか。

本当は、彼に言われたいんじゃないですか。

 

なんで自分から言う選択をしてしまうんでしょうか。

もっとしっかりしてください。

そんなことを聞いてくる男は願い下げなんです。・・・多分。

 

「デートに誘いたいんです」という女性も同じですよ。

本当は、「デートに誘われたい」はずなんです。

以前もブログだったかメルマガだったか忘れましたが、この手の話をしました。

「誘ってくれたら行くよ」などと言われて、浮かれて日程を考えていてはダメなんです。それは、本当にそうしたいことではないんですから。

誘ってもらうことにこだわらないといけないわけです。

 

同じ法則性が、気持ちを伝えるという話でも全く同じように当てはまります。

なぜ女性のあなたが彼の要請に応じて気持ちを伝えないといけないのか。

そんな理由はどこにもありません。

 

男:「俺のこと好き?

女:「私、そういうことを女に平気で聞ける男は嫌かも・・・」

このくらい言ってもらいたいんです。

これでも相当セーブしています。本当はもっと直接的な表現で言ってやってもいいくらいです。

男:「俺のこと好き?

女:「そんなの言いたくない。女にそれ聞くの、カッコ悪いよ。」

人によっては、これでもまだ手ぬるいと思うかもしませんね。

会話調が分かりやすいらしいので、無理矢理会話調にしてみましたが、これは交際中の場合だと思ってください。グレーでもいいですが、今日知り合ったとかいうシチュエーションの例ではありません。

 

女性のあなたがどうしても「好き」と言いたいのなら、まず彼に言わせればいいんです。その後、返しでいくらでも言えばいい。

簡単にあなたの言葉をあげてしまってはいけないんです。

聞いたらいつでもすぐにもらえるような言葉は、安いんです。

あなたのその言葉はそうじゃないはずです。

 

・・・

来ましたか。

えっ、何がですか!?

と思ったあなたは、まだまだです(^^;

来ていませんか、キラーンですよ(笑)。

ここ、つながるところです。

 

「(彼にとって)聞いたらいつでもすぐにもらえるような言葉は、安いんです。」

つまり、彼にとって、そう簡単には引き出せない言葉だと認識させることが必要なのです。そう簡単には引き出せない言葉は、投資によってのみ引き出せます。

あなたの言葉は価値があるんです。あなたのメールは価値があるんです。価値があると思わせないといけないんです。

僕はこれと全く同じような話を、1年前にしています。

私のメールが欲しいんなら、まずお前からメールしてこい

「彼はわたしからメール欲しいって言うんです。一日一通は欲しいって。

 

こういう男には、思い知らさないといけません。

明らかに勘違いをしています。

「私から一日一通はメール欲しい?それなら、まず私に一日一通以上メール送ってきて。そしたら返信もらえるでしょ?

くらい言わないとダメです。

 

どうですか(^^

同じでしょ。つながるでしょ。

 

もう一度言いますよ。

好きだと相手に伝えるよりも、彼から好きだという言葉を聞きたいですよね。しかも何回も。

言っておきますが、結婚している場合も同じですよ。

あなたは、彼から、ご主人から、これからずっと、彼の気持ちの言葉を何回も引き出さないといけないのです。

 

お、おっと・・・

永遠に愛され続ける秘訣をまぜてしまいました(^^;

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

    • なもも
    • 2018年 11月 08日 10:41:52

    >男:「俺のこと好き?」
    >女:「そんなの言いたくない。女にそれ聞くの、カッコ悪いよ。」

    あ、これ先日やりました。笑
    「女にそういうこと言わせようとするのはヤダ」って。
    そうしたら、「はい、、」と言って、手を握ってきました。
    愛いやつ。

    >あなたは、彼から、ご主人から、これからずっと、彼の気持ちの言葉を何回も引き出さないといけないのです。

    何年も、何度も甘ったるい言葉を掛けてくれるので、「何度も口説いてくれるんだね。」と言いました。
    彼は、「あ、、俺、口説いてる?そうだね。何回も何回も口説いてる。」
    って笑ってた。

    飽きないのかな、不思議。

1 4 5 6
↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント