恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

遠距離じゃなかったら、遠距離になればいい

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

久しぶりにカフェでブログを書いています。

雨宿りなのです。

 

幸せな恋愛を求める前にしておくべきこと

タンタカタンさんより:

私も今までは同じ職場で嫌でも毎日会っていました。
毎日会うので、どうしても彼の事を考えてしまい、気になっていました。
それが、遠距離になってから心がすぅーと軽くなり、とても楽になって
彼の発言も変わってきました。
遠距離なので、行動はすぐには伴わないけれど確実に私の意のままになってきている感があります。
遠距離ってスゴイ。

非常にいいコメントです。

簡潔ですしね。

 

僕は、遠距離恋愛が最強の恋愛形態だということをずっと言っています。

これに勝る恋愛形態は他にありません。

 

遠距離恋愛関連の記事もいくつか書きました。その中でも特に人気なのかこちら。

遠距離恋愛が最強である理由

 

彼と遠距離になりました、もうダメです

こういうことを言ってくる人は多いです。

遠距離になったから、なかなか会えず、彼との関係性もどんどん薄くなって破綻すると思い込んでいるわけです。

 

冗談も休み休み言わないといけません。

 

僕に言わせれば、「遠距離恋愛になったら、もうこっちのモン」なのです。

男性にとって、遠距離恋愛ほど恐ろしい恋愛形態はありません。何しろ、彼女が遠くで何をしているのか把握しようがないのですから。

しっかり把握したかったら、会いにいくしかありません。

 

思い出してください。

あなたは彼に会いに来てほしいんですよね。

彼に会いに来てほしかったら、彼に「自分から能動的に会いにいかないとどうしようもない」と思わせるのが一番です。

「能動的に会いにいかないとどうしようもない」と思わせるのに最も都合がいいのが、遠距離恋愛です。

物理的に距離が離れていれば、どうしたって様子は掴みにくくなります。

 

女性の恋愛は楽しいものです。

何回でも言い続けます。もう、いい加減覚えないといけませんよ(笑)。

なぜ女性の恋愛は本来楽しいのか。その一つの答えは、女性の恋愛は、女性が「主」だからです。

常に自分が中心にいるわけです。他人を中心に回っている恋愛は、女性の恋愛じゃありません。

 

「遠距離恋愛になった、最悪だ」と考えている女性は、例外なく恋愛の主体が自分ではありません。

  • なかなか会えない:(距離が遠くなったから、彼はなかなか私の都合には合わせてくれないだろうな)
  • 関係性が薄くなる:(距離が遠くなったから、彼は私に興味を持たなくなるんだろうな。近くの子に目が移りそう)

彼がどうするかじゃありません。

いつもあなたが主役なのです。彼がどう感じるかなど想像する必要はないのです。

心配しなくても、これらは全部女性の思い込みでしかなく、実際にはこの真逆のことが起こります。

 

距離が近くて、都合を合わせてくれなくなるパターンをいくつも見ているはずです。ブログのコメントを見ていても、これはすぐに見つかります。

近くにいればいるほど、簡単に会いやすい関係であればあるほど、後回しにされます。

 

男は、常に希少性を求める生き物です。

あなたは、希少性の高い、そう簡単には会えない女性にならないといけないのです。そういう女性を追いかけたがるようになるのです。

簡単に会えなくなったら、むしろ喜ばないといけないのです。

 

そして、簡単に会えない女性、簡単に捕まらない女性に対して男性がどういう策を取ってくるか。

分かりますか(^^

ほら、またつながるでしょ。

 

ここで「キラーン」が来なかったとしても、後で読み返したら多分来ます。

 

男性は別にリスクを冒したいわけじゃないんです。彼らも本当は安定したいんです。

誰も好き好んで不安定な恋愛をし続けたいとは思いません。どうにかして、安定的な状態を作りたいんです。

でもあなたはそれを許さない。だとしたら、男性はどうするのか。

 

ここまで持っていったら、あとはすぐですよ。

 

私は遠距離恋愛じゃありません。どうしたらいいんですか?

という人もいます。

 

今から引っ越してください。

 

とは言いません(^^;

わざわざ遠方に住む必要はありません。もしあなたが彼と近い場所に住んでいるとか、職場が同じとか、とにかく頻繁に状況の分かる関係なのであれば、物理的には近距離のまま、遠距離になればいいのです。

これはある意味もっと強力です。

 

近くにいながらにして、状況が分からないような生活をするわけです。

接触する時間と接触しない時間をはっきり分けること。そして、彼とは全く関係のない世界を作ることです。

これは攻略余地にもなります。

 

どうですか。つながるでしょ、色々(^^

全部無駄にはならないんです。

一つずつ何かとつながっていて、今すぐには役に立たなくても、後で必ず有機的に結びついていきいます。

 

擬似遠距離恋愛でも何でもいいので、簡単に捕まらない女性になってください。

これは結婚している場合でも同じです。

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

    • まーさん
    • 2018年 9月 13日 22:23:09

    『心配しなくても、これらは全部女性の思い込みでしかなく、実際にはこの真逆のことが起こります。』
    を信じたいと思います。

    またよりを戻したみたいです。同じ職場の方と
    でも、私とは自然に会うことはない。

    私が甘んじて接してたから、またこの結果。
    ここを信じるしかもう道がない。
    ダメになってから気づくのですね。
    どうしょうもない、私。
    でも、そんなこと言ってられない。
    もう一度追ってきてもらいたい。
    あの時みたいに愛されたい。
    だから、がんばりたい。
    がんばらせてください。

1 7 8 9
↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント