恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

女性のための防御リテラシー講座(1)

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

まず、最初に言っておきます。

恋愛技法はすべてつながっています。

本当に「すべて」がつながっています。面白いくらいによく繋がっています。

最初はわけが分からないかもしれません。でもあなたの中の「蓄積」が増えていくことによって、あるときから新しく記事を読んだ瞬間に、その記事とは別の話とつながるようになります。

 

もっと進むと、僕の話以外からでも、何かの本を読んだとか、雑誌の記事を見たとか、マンガ、電車の中吊り広告、テレビ番組、果ては人のブログや友達のメールの文章からも学べるようになります。

その一つ一つが、あなたの中に蓄積されている「恋愛技法」のどれかとつながるんです。

 

今日は、久々にその一端を話したいと思います(^^

 

先日こんな記事を書きました。

あなたが女性でいることを否定する人の話を聞いてはいけない

 

僕はその記事の中で、こういうことを言いました。

「犯罪に巻き込まれるのは、脇が甘いからです。」

 

実はこの記事を読んで、すでに「あれとつながってる!」と気づいた人はかなりたくさんいるはずです。

つながっているんです(^^

 

あなたがどう扱われることを望むか、ですよね。

簡単に浮気されるのは、脇が甘いからです。

簡単に暴言を吐かれるのは、脇が甘いからです。

いい加減な扱いを受けるのは、脇が甘いからです。

 

全部一緒なのです。

犯罪を犯す人が悪いに決まっていますよね。それを、被害者のせいにするんですか?!

という意見もありました。

そう思ってしまうのも仕方がないとは思っています。だってそういう風に教育されてきたのだから。

 

どっちが悪いかで言えば、それはもちろんする方が悪いに決まっています。

そんなことは分かり切っているのです。

物事を何でも善悪の基準で考えるのはやめたほうがいいです。

 

犯罪や事故が起きたとき、どっちが悪いという発想をするのは、行き先を他人任せにしようとすることの表れでもあります。

外国はどうだか知りませんが、小学校の教室でケンカが起きたら、先生が助けてくれます。先生が仲裁に入ってくれるわけです。そしてそれをあてにしています。

あなたの学校生活の記憶にもありませんでしたか。

 

男子にスカートめくりをされたら、泣きながら先生に言いつける。(先生に叱ってもらう

友達が掃除をサボったら、その友達を探すことなく、まず先生に言いつける。(先生に友達を見つけて叱ってもらう

 

どうですか。心当たりがありませんか。

全部この発想なのです。

お上が何とかしてくれると思っているから、そのお上の判断がこちらを向くように、善悪で考えてしまうのです。

犯罪は引き起こす方が悪いに決まっています。

でも、その「お上」がいなかったらどうするのでしょうか。

 

日本に警察機構がなかったら、裁判所がなかったらどうするのでしょうか。

それでも犯罪を犯す人が悪いと嘆きながら、神様にでも断罪を頼むのでしょうか。

 

一番いい例が、隣の国の動きと、それに対する日本の対応の仕方ですよね。

日本から見れば、隣の国の動きは明らかに目に余るわけです。しかし、一向に状況は良くならないばかりか、むしろエスカレートしているような印象があるくらいですね。なぜそうなっているのかと言えば、善悪の判断で考えているからです。

これは残念ながら、日本の態度が隣の国をそうさせてしまっている面が少なからずあります。

隣の国から何かをされたら「けしからん」と言いながら、隣の国の行動は間違っているから何とかしてくれということを、隣の国には言いませんし、隣の国がこれまでのように簡単には行動できないようにする対策を講じることもしていないのです。

 

僕はこの手の話を、善悪の判断では話していません。

あなたにとって、どうすることが一番いいのかをずっと話し続けています。

 

犯罪を起こす方が悪い」と言うのは簡単です。誰でもできます。

しかしそれを言うだけ言っておいて、泣き寝入りしているだけでは話にならないのです。

泣き寝入りする人は、また同じような事件に巻き込まれます。

 

僕はそれを防ぎたいから、あなたにこの話をしつこくしているのです。

女性にとって苦しい恋愛のケースも、全く同じことが当てはまります。

苦しい恋愛の経験をした女性は、大抵はこう考えます。

最悪の彼だった。あいつが悪い。次はもっといい相手を見つけて頑張る。

ところがそうはいかないんですね、これが(^^;

もう本当に、面白いくらいに同じような男性を捕まえてきて、同じように蹂躙されて、同じように苦しい恋愛を経てボロボロになるのです。

ちゃんと意識していないと、常に同じことを繰り返します。

 

ちゃんと考えないといけないのです。

人間が引き起こす犯罪の大部分は抑止できます。ゼロにはなりませんが、少し意識して行動するだけでかなりの可能性を減らすことができます。

犯罪は犯罪を犯す人がランダムで相手を狙って引き起こしていると思っている人もいますが、そうじゃありません。

極端に言えば通り魔ですら、完全なランダムではありません。

さすがに自爆テロなどになると話は変わってきますが、一般的な犯罪の大部分はある程度計画性があります。

 

引き起こす人も人間であり、何も考えずに感情のままに暴れているわけじゃありませんよね。

リスクを冒してまで行動しようとするくらいなので、より成功率の高い方法、シチュエーションを常に考えているのです。

 

成功率を上げる最も手っ取り早い方法は、引っかかりやすい人を見つけることです。

詐欺系の犯罪でもそうですよね。

あれは、脇の甘い人、危機意識が低い人ほど狙い撃ちにされやすいものです。何しろ苦労しなくてもすぐに引っかかってくれるのですから、わざわざ仕掛けるのが難しい相手を選ばずにそちらを狙い撃ちにしそうだということはすぐに想像がつきます。

 

痴漢もそうです。

性的興奮を煽る格好をしているからと、反射的に痴漢をしてしまう男性はいません。

痴漢をする人は成り行きで突然思い立ってそれに及ぶのではなく、日ごろから狙っているのです。どうやれば安全にかつ確実に実行できるか、ポイントや対象まで考えているのです。

 

僕はつい先日、インターネットのセキュリティ対策のセミナーに興味本位で参加しました。

7割くらいは知っている内容だったのですが、実際に聞くと意識は変わります。そして、内容を聞きながら、このブログで話していることにも結構通じるところがあると思いました。

たとえばインターネット上にあるコンピューターウィルスや攻撃に対しては、意識的に対策をし続けるしかありません。

これを見て、「ウィルスを作ったり攻撃をする人が悪いんでしょ。」で済むと思っている人はいないはずです。

どうですか、何かつながっていそうでしょ(^^

 

ちなみに僕は犯罪を防ぐ最も威力のある方法は、「道徳の浸透」だと思っています。

ただしこれを実現するのは相当に困難であり、現代ではまずは犯罪を起こしにくくする環境作りをやるほうが効果があるのだと思います。

 

今日は、「女性のためのセキュリティ講座」という題目で記事を書くつもりでしたが、あまりにも前置きが長くなってしまったので、仕切り直して何回かに分けて話をしようかと思います。

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (42)

    • 悠ちゃん(あえかさん)
    • 2016年 8月 24日 0:57:42

    確かに…。

    女性では計り知れない、男性心理です。

    私もここで、男性心理お勉強中の身なのですが。(笑)

    表だって、やきもちやかない人ほど、内に秘めてたりすると思います。

    ただ、いろんな人に心配されるということは、あえかさんがそれだけ男性に魅力的に写っていることであり、喜ばしいことで…(o^-^o)

    でも、男性にアドバイスされたように自分で気をつけていかないといけないところはあるかもしれませんね。女性ならではの、感覚で。

    隙だらけっていうのとは違う感じがしました。
    まとまりないかな…w

    追伸;まりはっち あえかっちのあえかさんかな⁉
    なら、私もあえかちゃんで(笑)

    • コノハ
    • 2016年 8月 25日 5:02:49

    先日一人でお店のお掃除をしていたら、
    空気入れ替えのために開けたドアから
    何度かお店にきたことのあるお客様が、
    遠慮する気配も無くズカズカと入ってきました。
    開口一番、
    「コノハさんお久しぶりです、今日は開いていますか?ノンアルコールビール一緒に飲みましょう」
    距離が近い近い。後ずさりしました。
    今日は定休日であること、手を止めずに告げると
    「わかりましたまた今度」とすぐ帰って行きました。
    10分後、なぜか飲み物とタバコ片手に戻ってきました。
    入り口を背に座り込んでいる私の隣に、
    急にお客様が並んでしゃがみ、
    びっくりした私に向かって
    「コノハさん、いつデートしてくれるの?おれ、いま昼は営業マンしてて、夜は○○ビルの女の子たちの送迎屋やってるんです。店に立つこともあるから結構お姉さん方に話しかけられるんだけど、おれはコノハさん一筋だから、コノハさんがデートしてくれるの待ってるんですけど、やっぱ競争率高いですか?」
    ばーっと喋ってきました。
    この人、いつも会話が成り立たない人だなと思っていたんですが、
    いよいよやばいことになったと確信しました。
    独身の47歳です。目がマジでした。
    月曜の真昼間にここにいること、 急に距離詰められたこと、
    デートするつもりでいたこと、 聞いてもいない情報を語られたこと、
    いろんなことが衝撃的すぎて、結局わたしは
    「競争率高いですよー、それにわたし彼氏いるし。すいませーん」
    と引きつった顔で固まるしかできませんでした。
    「そうなんだーそっかぁ残念だなぁ…何番目でもいいよおれ…まっ、とりあえず今度また飲みにきますね。じゃあまた今度」
    といって、すぐ立ち去ったんですが、
    怖いという気持ちよりも、またか、という感情が大きくて、
    情けないです。

    私はこういう変な男性によく好かれます。
    脇、ガラガラゆるゆるなんだと思います。
    最近は収まりつつあると思っていたのに、
    やられてしまいました。 情けないです。

    風の噂では、 わたしにつきまといのような事をした外人が
    今週末この街へ帰ってくるそうです。

    オーナーに、しばらく一緒にお店にいてもらうようお願いしました。
    今日は、最近からくるようになったお客様から
    「今度食事に行こう」と誘われました。
    前回、狙っていると直球で言われて、いい感じにバッサリ切ったつもりだったのに。
    丁重にお断りしましたが、本当に情けなくなりました。

    わたし、このままではダメだとずっと思っていたのに、
    思っているだけで少しも変わってないみたいです。
    なんとなくのらりくらりしていました。
    わたし今のままじゃいつか本当に大変な事になります。
    恥ずかしいです。コメント残したくありません。
    でも、これを機に変わらなければ
    変な人は姿を変え手段をかえて寄ってきます。
    今の所運良く助けてくれる人がいましたが、
    誰かに頼って助けてもらうばかりでした。
    そうである限り、一生怖い思いする羽目になるのでしょうね。
    そんなの嫌です。 真剣に勉強します。
    脇を締めます宣言、ですね。

    • まゆたま
    • 2016年 8月 30日 0:27:16

    ちょいと前にストーカーになりかけた職場の男性がおりまして・・・

    のらりくらりかわしてたんですが、ついに待ち伏せされたので

    「うざい!迷惑なんだよ!!」

    って怒ったら

    「め、迷惑なら最初から言えばいいじゃないか!」

    ってまさかの私のせいにしてきたので

    「人のせいにしてんじゃねええええ(裏声)よ!!!!(°ㅂ° ╬)」

    って思わずガチギレしたらしっぽ巻いて逃げていきました(笑)

    のらりくらりかわしててもダメですね。
    脇が甘かったです(`-ω-´)フンヌッ‼

    それ以来私にビビって目すら合わせてこなくなりました・・・(笑)

    (・ω・  ⊃  )⊃≡すぃー.☆.。.:*・°

    • なもも
    • 2016年 8月 31日 23:03:46

    雨の日のデート中に、傘を盗る人の話になりました。
    彼は、傘を盗る人が悪い、の一点張りでした。
    わたしは、「傘を盗る人が悪いのは当然だけど、そういう人がいる前提で対策するべき。盗られたくないなら目立つ何かを付けたり、ビニール傘をやめたりすればいいだけ。悪い人を非難するのではなくて、それらから守る方法を身につけなきゃ。防御リテラシーだよ」
    などと、無意識に宣っていました笑

    形は違えど、彼に恋愛技法を披露する日がくるとは!笑

    そんなわたしはこの間、職場で靴を盗まれました笑
    腹が立ちましたが、それよりも自分の脇が甘かったなあと反省です。

    • れいは
    • 2016年 9月 03日 10:48:00

    脇が甘いかぁ。またまた耳の痛いお話です。
    恋愛の勉強はやることが沢山だから、まずは自分が本当に嫌だと思うことは主張することから始めます。

    • SATSUKI
    • 2016年 9月 05日 21:54:24

    セクハラではないけど、会社でおじさんに肩を触られた。
    その時は、嫌だったけど文句言わなかった。
    この前は、驚かすために両肩を触られた。
    昨日、また肩を触られた。
    初めの時に文句言わなかったから触ってくるんだな。

    今日は奴が近くにきたら触られないよう距離を取り、話し掛けられても相手をしないように頑張った。
    もう触られたくない!
    私の部署が忙しい時はヘルプにきてもらう奴だし、完全無視とはいかないので、どこまでやるか考え中。
    そして、自分の脇の甘さを反省中。

    • 八月の向日葵
    • 2016年 9月 07日 17:00:04

    住まいの外壁の
    改装工事を只今してます

    ベランダに人が
    うろうろ

    カーテンを開けない
    日々が続いてます

    日曜日だけ お休みなので
    カーテンオープン

    出掛けるときも
    家にいるときも
    鍵は厳重に二重ロック

    あと半月

    早く終わってほしいな

    • 悠ちゃん
    • 2016年 9月 26日 23:28:24

    >ちなみに僕は犯罪を防ぐ最も威力のある方法は、「道徳の浸透」だと思っています。

    先日、夜に堤防道路を車で走っていたとき、
    後続車がハイビームで煽ってきた。

    おちょくっていたのだろう。
    対向車が来ると、戻すのである。
    全くこういうアホはおる。

    落ち着いて、運転していたが、
    追い越しをかけてきた後、
    こんなに危ないんだよって、
    ハイビームし返したら、
    突然停車した。

    ヤバい(;゜∇゜)かな、と思ったけど、
    後続車がいなかったので私も停車してみた。

    降りてくると思ったのか…?
    自分のしたことがどんなに危険なことか、
    わかったのか?
    かえって威嚇になったのかもしれない。

    しばらくして、
    おとなしく走っていった。
    私は、危険回避で、
    回り道した…(-_-;)

    ふと見かける店長の運転、
    コンビニでの車の停め方を見て、
    ほんとに車好きな人間やなぁ~、
    かっこいい~と思う(゜-゜)(。_。)

    コンビニって急にバックしてきたり、
    突然突っ込んできたりで、
    意外と接触事故あるからなぁ。
    相手が悪くても、
    愛車傷つけられるのいやだからね。

    • 小夜子
    • 2016年 10月 07日 15:37:01

    今日はバイクに乗った不審者に声をかけられ、
    「メルアドとか交換しませんか?」といわれた。

    気分がよろしくない時にこういうことされると
    ほんとキモい。

    それとも気分が落ち込んでいる時だから脇が
    甘くなってしまっているのでしょうか。

    めちゃめちゃ嫌な顔して
    「しないしない」と応えた。

    私は気持ちの悪さを引きずっているけれど
    ヤツはダメージもなくへらへらとまた別の人に声をかけるのでしょう。

    その対象が子どもだったらほんと許せない。

    • 小夜子
    • 2016年 10月 07日 15:46:53

    コメントを読んでいると、
    見た目が目立つ美人の人は美人なりの悩みがあるのですね。

    私は違うし、結構男前なので(笑)自分の身は守れるけれど
    心配なのは目立って美少女な娘のこと。

    かわいい子には本当に人が寄ってきてしまう。
    そんな現実自分にはなかったため、

    これはかなり切実な悩みで、これから行動範囲の広がる
    小学生になって学童に行くようになったらどうしようかと思う。

    • 芹佳
    • 2016年 10月 10日 2:36:47

    高校1年の頃に痴漢に遭った事を思い出しました。スクールバスを降りて家まで歩いてる途中で、しかもあと数メートルで家に着くってところですれ違った男の人にいきなり左胸を掴まれました。もう外は暗かったですが、私は制服姿だったのですぐ女だと分かったのでしょうね。
    突然過ぎる出来事だったので叫ぶでもなくポカーンとしてしまいました。帰宅してから両親に数分前の出来事を淡々と話し、両親の通報で警察の方が家に来て事情聴取されましたが、再現確認をされてウケました(笑)
    私が人生で初めて胸を揉まれたのはこの痴漢です(笑)何とも残念な過去です(笑)

    • さゆみん
    • 2016年 10月 11日 16:16:06

    突発的に合ってしまう残酷な事件は確かにありますが、女性が主体性を持つことで変えていけることは沢山ありそうですね。
    私にとっては女性が学ぶことで変わっていけることがある方が希望が持てます。

    • 弁天 Kouさん
    • 2016年 10月 31日 2:32:37

    私の住んでいる地域は田舎なので専ら車です。

    なので、買い物に行った帰り、マニアックな道を通るとき、

    なんか、同じ道をずっとついてくる車がいると…

    家の前を通りすぎて、もう一周してきます(笑)

    まいて、まいて、到着♪

    という話を妹にしたら、

    なんと!!妹の旦那さんも同じだと知りました!!(`ロ´;)
    ワザワザ電話して、もう一周してから帰ると言うらしい…
    ( ゚∀゚)人(゚∀゚ )ナカーマ

    • アナベル (弁天さん)
    • 2016年 10月 31日 6:58:28

    弁天ちゃん、おはよう♪

    わあ!
    こうゆう意識、全然なかったです
    私のところも、住人しか通らない道です。
    無頓着だったなー。

    弁天ちゃんは、ちゃんと周りを見ているよね。
    以前、本屋で触られて、いつもなら気をつけているのに悔しいと言っていたでしょう?
    私、あの時もコメント見かけて感心したのです。

    防犯のために脇を締めるを、具体的にどうしたらいいかあまりわかってなくて。
    自分が女性であると意識するところから、始まりますね。
    そうしたら、簡単に第三者にお家知られたくないし、気を抜き着すぎたりはできないなって思い至りました。

    弁天ちゃんの何気ないコメントにも、いつもいろんなヒントをもらってます(^-^)/

    • 弁天 アナベルさん
    • 2016年 10月 31日 20:21:57

    アナベルっちー(о´∀`о)オヒサシ

    あ、アナベルっちの近所もなのね。

    車って、一見安全かと思われるかもしれないけど…
    実は、割りと嫌なめにあってるのよ…(´・ω・`; )

    私の車、明らかに女性が乗っているって分かる外装内装なのでね。

    広いスーパーの駐車場で、
    わざと隣に止めた車の中で、下半身露出してナニやら~お一人で…な男や、
    エロ画像をモニターにガンガンに流して、見せつけてくるヤツ…
    立ちション見せつけてくるヤツ…

    直接何かってことはまだ無いけど、気を付けて!!(`ロ´;)
    色んなヤベー男が車でもいます。

    そうだよ~周囲はかなり警戒してるわよ。

    アイツ…さっきから視界にいるなぁ…
    なんか怪しい…
    ってロックオンしておくと、ビビってだいたいは何もできずにいなくなるわ。

    お尻タッチ事件簿はね、ロックオンしてなかった男だったので、悔しかったわ~(#`皿´)

    アナベルっちも気を付けてね。

    あら、私のコメントから何かヒント得てくれて嬉しいわ♪だいたいは息抜きにふざけてるけど。

    アナベルっちのコメント読んでるよ~(ノ´∀`*)
    最近、旦那さん、仕事も頑張る宣言があって、アナベルっちが、旦那さんを変えてるわ~(о´∀`о)
    それに、メールをくれたりね。
    なんかね、夫婦っていうか、恋人同士みたいよ~(ノ´∀`*)
    恋愛中だわね♪

    • アナベル (弁天ちゃん)
    • 2016年 11月 04日 10:57:43

    車でもヤバイ人いるんだね。
    やだー。
    歩いてて露出さんは見たことあるけど。
    知らない男性のセクシャルな部分なんて興味ないよね。きもちわるっ!

    疑心暗鬼になるのではなく、危険に対するアンテナを張っておくって大切だね。
    リアルでもネットでも!

    弁天ちゃん、メルマガ申し込んだんだね(^^)
    私はGメールで登録したよ。
    読めるようになるといいね♪

    メルマガ限定記事も楽しみだね(*´ ˘ `*)♡

    • 弁天 アナベルさん
    • 2016年 11月 04日 19:28:39

    アナベルっち~(о´∀`о)オツカレ

    アナベルっち、お仕事のコメント読みました~(´・ω・`)
    そうだったんだね…(´;ω;`)
    でも、もう前を向いて再就職しようと動いてるのね♪

    旦那さんに抱きついたのも読んだわよ~(о´∀`о)
    幸せそうで良かったわ♪

    そうそう~変態には気を付けてね。

    >疑心暗鬼になるのではなく、危険に対するアンテナを張っておくって大切だね。
    リアルでもネットでも!

    うん、そうだね~(о´∀`о)
    アナベルっち素晴らしいわ~

    メルマガ~そうなのよ♪

    だ、け、ど、先月末に申請したけど、今月来ないから…ダメだったかな~(´・ω・`)
    アナベルっち、メルマガ届くまでけっこう期間あった?

    私、スマホやパソコンに疎いの…

    メアドの何やら種類があるの?
    Gメールが分からないわ(笑)

    うん、楽しみだよ~(о´∀`о)アリガト♪

    • アナベル (弁天ちゃん)
    • 2016年 11月 04日 20:59:12

    弁天ちゃん、こんばんはー。

    メルマガ申請ねぇ、一度や二度ではないのよ。
    最初の記事から読んでいたからね、途中の記事で、あーすればいいのね!こーすればいいのね!な記事があったから超振り回されたわ〜。
    結局メルマガは停止してるの一点張りなのね、と現在に追いついて知ったの(´・ω・`)

    それでも諦められなくて、メルマガのページで何度も申請したし、問い合わせメールでも何度もお願いしたっけな。
    四月末から申請を始めて、初めてメルマガ届いたのは六月半ばだったかな?
    熱意で勝ち取ったよー。

    今は、メルマガ受け付けてるぽい?から、もっとハードル低いのかな?
    読む!と決めたら、早く読みたいよね。
    こーさんにメール知らせる勇気を買ってもらえますよーに(^^)

    お仕事ねー。
    突然無職になってもーたぁ(´д`)
    でも、本当にものすごい剣幕で一日中誰かを怒鳴り続けている社長の目の前で仕事してたから、本当に辛かったのよね。
    営業以外の人は、社長と作業する場が離れているから耐えられるみたいなのだけど、私以外の営業は社長の家族でね。
    耐えられなかったわ、私。

    会社側も、一歳児いたとしても休みすぎだろーって怒りが止まらなかったみたいだから、満場一致って感じなのよ。
    傷つくだけ馬鹿らしいわ!って感じ〜。
    なので私は大丈夫だよ。

    Gメールはね、Googleが発行しているメールなの。
    かえって混乱させちゃってごめんよー。
    知らなくても困らないものだからスルーしてね(^^)/

    • 弁天 アナベルさん
    • 2016年 11月 04日 22:12:38

    アナベルっち~(о´∀`о)アリガト♪

    そうだったのね~(´・ω・`)
    凄いわ!!Kouさんもアナベルっちの熱意と、コメントでのアナベルっちも読んでいただろうから、届いたのね♪

    あー…(;・∀・)
    もしかして、アナベルっちが申請のメールを送ると、
    今はメルマガ受け付けてません
    ってアナウンスが届いた~って意味?

    そこを押して押して何度も申請のメールや、問い合わせからもメールしたってことね。

    おぉーーー!!(`ロ´;)
    それはもう何とかしないわけにはいかないわね!!

    私は一応、
    申請しました。後ほどメールを読んで判断します~ってメールはすぐに返信されてきたのだけど、読んで、ダメだったかな~って思ったけど、もうちょい待って私もまた申請するくらいの気持ちでいるわ♪
    あ、Gメールのこともありがとう~(о´∀`о)

    アナベルっち、うん、うん、なんだかとても大変な職場だったみたいだね…(´;ω;`)
    磨り減ってしまうよね。
    でも、きっと色々学んで次に生かせるのがアナベルっちなんだと思うのよ!!
    見守ってるからね♪

    ありがとう~(о´∀`о)

    • アナベル (弁天ちゃん)
    • 2016年 11月 04日 22:25:16

    弁天ちゃん〜

    私の時は本当に受け付けてない時だったから、まーったくの無反応だったのよ(笑)
    たんなるしつこい人をしてました( ̄∇ ̄*)ゞ

    何が正解か分からないよねー。

    • りほみ
    • 2016年 11月 06日 8:56:32

    私の住んでいる地方では、山の道端に小さな鳥居がところどころにあります。
    その光景は、当時小さかった私からすると、とても不思議で、何か特別な雰囲気が漂っているように感じ、正直畏れていました。

    しかし、これはごみの不法投棄撲滅のための策でした。
    日本で育った多くの人にとって、鳥居は神聖なもの、そんな鳥居があるところに、ごみなんて捨てられないだろうという、まさに道徳心をついた策なのです。

    これを母から教えてもらったとき、考えた人は凄いなぁと感動しました。そして、ちょっとした工夫をするだけで、抑止力になるということを学びました。

    • 小夜子
    • 2016年 11月 09日 17:11:44

    自己防衛ということで防御リテラシーのところに書いておきます。

    一般論として書きますが、
    某大手掲示板は、不慣れな女性や心の強さに自信のない女性は
    手を出さない方が良いと私は思います。

    トラブルが絶えない場所です。
    もし自分が何か嫌なことを書かれてしまった場合、
    企業や著名人でない限り、そこにあるのは実害というよりは
    果てしない心理戦というのがより正解だと思います。

    ひとたびあの掲示板に書かれたことはネット上から消すのは難しいです。
    あわてて削除依頼とかも出さない方が良いと思います。依頼そのものが晒されて
    更に個人情報を開示してしまうことになりかねないからです。

    あの掲示板にはあの掲示板のルールがあり、
    話を聞くたびに悪質だなと私は思います。

    • ラベンダーアールグレイティー
    • 2016年 11月 09日 18:04:40

    小夜子さん、
    コメントありがとうございます。

    そうですね、見るか見ないか
    自分で選べば良いのですね。
    実害よりも心理戦、
    とても的確なお言葉だと思います。

    削除依頼に見る
    『不都合な書き込み』とは
    どんな事実でしょうか。

    考える取っ掛かりでもあります。

    そんなわたしは
    JR原宿駅の竹下口にいます。

    線路沿いにはズラリと
    IPA情報処理推進機構の広告が
    リテラシーの大切さを訴えます。

    『原宿駅 情報 広告』と画像検索をすれば
    どんな情報化社会で生きているのか
    立ち返るとこが出来ます。

    考えるきっかけにすぎません。

    • あえか
    • 2016年 11月 09日 20:59:08

    実際、騒ぎ立てたところで関係者以外興味はないでしょうからね。

    • kaori
    • 2016年 11月 10日 8:52:17

    獅子の子落としですね。
    獅子も一緒に落ちてるけど…
    だから、心の安定は、Kouさんの挑戦なんですね。

    ありがとうございます。。
    私はこの半年で学んだことを、忘れません。
    忘れようもありません。

    • るり(コスモさん)
    • 2016年 11月 10日 10:06:55

    より適切な記事に投稿しましたので、ご参考までにどうぞ。

    https://www.npa.go.jp/cyber/video/index.html

    • ラベンダーアールグレイティー(るりさん、コスモさんへ)
    • 2016年 11月 10日 11:13:31

    るりさん、はじめまして。
    コスモさん、こんにちは。

    るりさんのお心強い行動に
    わたしも続きたいと思ったので
    探してきました。

    リンクを貼ると弾かれるので
    検索方法でお伝えいたします。

    ************

    『東洋経済 インターネット 正しく怖がろう』

    東洋経済のオンライン記事で
    ネットリテラシーが学べそうです。

    ここもあそこも掲示板ですが
    3月30日のリテラシー記事も
    参考になると思います。

    続きます。

    • ラベンダーアールグレイティー(るりさん、コスモさんへ)
    • 2016年 11月 10日 11:19:47

    もう一つ。

    『ソーシャルメディアラボ』
    というサイトが役に立ちそうです。

    『ソーシャルメディアラボ 炎上』で
    出てくる記事も学べそうです。

    ここはsnsではないですが
    コミュニティとしての機能もあるので
    一読しても良いかもしれません。

    長くなり、
    また連名でお手紙を出す
    ご無礼をお許しくださいませ。

    ラベンダーアールグレイティー

    • 梨奈
    • 2016年 12月 10日 9:57:21

    あなたがどう扱われることを望むか、ですよね。

    簡単に浮気されるのは、脇が甘いからです。

    簡単に暴言を吐かれるのは、脇が甘いからです。

    いい加減な扱いを受けるのは、脇が甘いからです。

    全部一緒なのです。

    「犯罪を犯す人が悪いに決まっていますよね。それを、被害者のせいにするんですか?!」

    という意見もありました。

    そう思ってしまうのも仕方がないとは思っています。だってそういう風に教育されてきたのだから。

    どっちが悪いかで言えば、それはもちろんする方が悪いに決まっています。

    そんなことは分かり切っているのです。

    物事を何でも善悪の基準で考えるのはやめたほうがいいです。

    犯罪や事故が起きたとき、どっちが悪いという発想をするのは、行き先を他人任せにしようとすることの表れでもあります。

    • 悠ちゃん
    • 2016年 12月 21日 20:16:43

    >成功率を上げる最も手っ取り早い方法は、引っかかりやすい人を見つけることです。

    この記事は、コメントを始めた頃に
    何度か読みましたが、やはり大切なことが
    たくさん書かれていました。

    • チューリップちゃん
    • 2016年 12月 31日 18:00:40

    去年の年末、変な男性に絡まれそうになり大変ショックを受けました。

    今年も年末に、自分の脇の甘さに反省し、少し落ち込んでます。

    落ち込むと同時に、どうしたらいいのかとても悩みます。

    私の仕事上、助けてくれる人はいないと思った方がいい。
    自分の身は自分で守らないといけない。

    だからこそ、それに立ち向かう勇気がないといけない。
    勇気がないとと言ったら、それはつまり相手に屈することになる。

    考えないと。
    もっと自分で考えて、自分がどう扱われたいのか考えないといけない。
    他人から何を言われても、考えないと。
    だって、他人のアドバイスが必ずしも合っているかわからないから。
    自分で考えて納得しないといけない。
    どうすべきか?どうしたら自分を守れるか?
    悔しいけど、それしか自分を守れる方法がない。
    二度と悔しい思い、辛い思いをしないために。

    • さと海
    • 2017年 1月 11日 13:19:10

    男性に幻滅させること。、

    唾をはいてみたり
    悪い言葉遣いをしたり
    がに股で大股であるいたり

    海外で派遣されるwhoではそのように性的に意識させないようです。

    弱音はく前に、行動にでたらいいんですよねKouさん

    でも、昨日は履歴書の写真撮りなおして、
    職務経歴書の修正もしたんです。
    そして、メール頂いてから、辞めるときの手順を確認して、辞めた後どうするか調べました。

    そういえば、森泉さんはセクハラされなそうですね
    はっきり意見を言って、さわられたら、は?なんなの!ありえない!とか言いそう

    • 青色
    • 2017年 3月 04日 22:08:00

    脇が甘い!

    女性は勉強することが多い。

    • あえか
    • 2017年 3月 23日 22:35:10

    娘達は守られています(・∀・)

    • ばななの唄
    • 2017年 3月 24日 20:38:14

    脇が甘い女性にはなりたくない。
    なりたくない、なりたくない。
    絶対になりたくない。
    「脇が甘い」すごく分かりやすい言葉。
    脇が甘いって恋愛だけじゃなく、
    犯罪にも繋がってるんだ(°_°)

    • goodgirl
    • 2017年 3月 25日 22:34:21

    蓄積されてわかってきてるみたいです。

    柔順になにも言わず受け入れてきたから、それでいいだろうと思われてきた。

    自分が導いてる。

    それは犯罪などにも通じるってこと。それは普段の自分から発せられること。

    あぁ、意識って本当に大切だ。ボヤボヤしてちゃダメだ。

    • SATSUKI
    • 2017年 4月 21日 22:41:43

    今日、初めてお客さんにナンパされました。
    海外の方で、君は英語が話せるの?と聞かれたので少しならと答えたら、名前は?どこに住んでるの?と!
    急にどこに住んでるか聞くなんて信じられん!
    聞き取れなかったフリして他のお客さんの対応に移りました。あー、怖っ!!((((;゜Д゜)))
    この記事をすぐ思い出しました。

    • ♡arico♡
    • 2017年 4月 30日 20:19:53

    ドラマやマンガでも、kouさんがおっしゃっていることに繋がり、納得できるようになってきました。

    この前雑誌で佐々木希さんの結婚のインタビュー記事が載っていました。付き合うきっかけは?という問いに、大勢で会ってる時からお互い好意を持っているのは分かっていたんですけど、彼が芸人と仲良くしているとイメージダウンになるのではないかと自信がなかったそうです。ある時、イメージダウンになるんじゃない?と聞いて、全然気にしないと答えたら、すぐに付き合ってくださいと言われたそうです。
    付き合える可能性があるか分からないと動き出せないけど、可能性があることを確認したらすぐですね。

    • もち肌子
    • 2017年 6月 15日 22:39:55

    kouさん、

    >ちなみに僕は犯罪を防ぐ最も威力のある方法は、「道徳の浸透」だと思っています。

    ↑ここ!! ここのお話をもっと聞きたいです!! (*^^*)
    犯罪抑止とか治安を良くするとかの話題に、最近すごく関心があります。

    • 由ゆこ
    • 2017年 7月 07日 19:40:26

    ちょっとずれるかもしれませんが、他人を変えようとするのではなく自分を変える、という話のつながりで。
    本当はもっと合った記事があったはずが、見つけられませんでした…

    某アイドルの女の子なんですが、メンバー内に話し声が小さい子がいたとき、普通だったらその子に対して「もっと大きい声で話してほしい」とお願いすると思います。

    でもそのアイドルの子は「◯◯の面白い部分をもっとたくさん拾っていけるように、自分の聴力を鍛えたいと思ってる」と言ってて、それがすごく可愛い!!!!というか天使!と思いました(笑)

    自分の耳が悪いせいだ、と責めるのでもないし、お互いが幸せになる考え方だなと思いました。
    なんでもかんでもこうは考えられないかもしれないけど参考にしたいと思いました!

    • ちゃいらて
    • 2017年 8月 10日 23:54:40

    痴漢に遭いました。結局睨みつけたら逃げたのですが、相手はこの際どうでもよく、思い出したのは防御リテラシーの話でした。

    痴漢は今までほとんど遭ったことがなかったのですが、これまでの男性関係を考えれば脇が甘かったんですね。気持ちを持ち直していたところだったので水を差された気分ですが、もしかしたらだから今まで易々と傷ついていたのかもしれません…

    でもいまいちピンと来ません。どうやって自分の身を守ればいいのか。またお話を伺いたいです。

    • acomagenta68
    • 2017年 12月 04日 18:20:57

    ”泣き寝入りする人は、また同じような事件に巻き込まれます”

    これ私も経験があります。すごくわかります。
    私は中学登校時に、下半身露出男に遭遇しました。その時の警察の聴取や同級生の心ない言葉に傷ついて、高校下校時にチカンに遭った際には、泣き寝入りしたんです。誰にも言いませんでした。その後も、知らない男性から手紙を渡されたり(受けとらないという選択肢もあったのに、怖くて出来ませんでした)、職場に変な電話や、トイレに隠しカメラが置かれていたり、、、。もちろん、私を狙ったものばかりではないと思いますが。それも思い込みですよね。自分がいるから、職場に変な人が来るんだとか。(職場はスーパーだったり、商店だったりで、不特定多数が出入り出来る場所でした)これが20代後半まで続き、変質者には好かれるという思い込みプラス、自分の事を好きな人なんていないと思ってました。だから、彼氏もいませんでした。
    ある時、職場に下半身露出男が来て、私はもうこれで終わりにしようと、自分で警察に電話したんです。もうこれで終わった、変な人には遭わない、来るならきてみろ!くらいの気持ちでした。その後一度だけ、地下鉄で私に迷いなく向かってきて、ピッタリ横に座ってきた男を最後になくなりましたよ。一度もないです。たまに変な人は見かけますが、私が何かされるとかは全くなくなりました。

↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント