恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

真剣にやっている人だからこそ、それを言う権利がある

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

この間、こんな記事を書きました。ちょっとコメントは落ち着いてきています。

姫がまた難題を・・・

 

なぜ僕がミュート機能を支持するのかについて疑問を持っている人が結構たくさんいるようなので、ちゃんと説明しようかと思います。

基本的には僕は、受け取る側が自分でコントロールすべきだと思っています。

受け取る側が自分でコントロールすれば、大部分のストレスは払いのけることができるようになります。

何しろ世の中にあるストレスの大半は自分で感じようとして感じているものなので、それを感じなくて済むようにすれば回避できてしまうのです。

 

ではなぜミュート機能を支持するのか。

答えは簡単ですよね。

外部刺激を自分でコントロールするための方法の一つだからです。

ものすごく単純な理屈なんですよ。

 

提案された機能が「読みたくないコメントを抑制するための機能」だったら、僕は絶対に承認しませんし、記事にもしません。

あくまでも自分でコントロールするための選択肢としてそういう機能が欲しいと言われたから、記事にしました。

この考え方はすごく大事だと思うんです。

 

用意されている環境で、自分で努力すべきなんじゃないですか?

と思う人もいるでしょう。

それはその通りですね。流れてくるもの、目に飛び込んでくるものをまずはすべて受け入れつつ、吸収するか無視するかを決める。

これができる人はそれでいいと思います。そうなるのが一番いいとは思います。

 

それはそうなんですが、これができる人は精神的に相当強い人で、おそらくここにいる女性の中でも1割もいないんじゃないかと思います。

 

いつも楽しみにしている番組のためにテレビを見るとします。番組の合間にCMやニュースが挟み込まれます。

その中にどうしても気分を殺ぐ類のものが混じっている場合でも、我慢してとりあえず見るのかということなんです。

見ませんよね(^^;

 

すぐそこにリモコンがあってチャンネルを変えられるのだから、変えて避ければいいんです。

それとも、気分が殺がれることを承知で、嫌だと感じるCMやニュースもとりあえず我慢して見続けるでしょうか。

 

これが何十年か前はできませんでした。

リモコンがなくてチャンネルを変えるのも一苦労でしたから。そして、そもそもチャンネルの選択権がありませんでしたから。(お父さんが占領しているという意味で)

 

目の前を流れていく嫌なものを視覚的には見ながらも頭の中で無視するという高度なテクニックを身につければ、それはそれでいいことがあります。

でも、見なくても済むかもしれない方法があるのだとしたら、それを探してみてもいいと思いませんか。

僕はそういう発想は好きです。

自分の脳や身体能力を高めて立ち向かうことだけがすべてではありません。

 

これは、遅刻や忘れ物が多いことを克服するために、自分の精神力だけを鍛えて取り組もうとする人によく似ています。

それができれば素晴らしいことですが、それはトータルで考えたときに最良の策なのかといえば、そんなことはないかもしれません。

遅刻や忘れ物を未然に防げるようになることが最良の結果です。その最良の結果につながる最も確実な方法が自己鍛錬ではないことは明らかです。

 

このブログは生きています。

こちらの記事でるりさんが要望を出してくれたわけですが、それはこのブログが生きているからでもあります。

姫がまた難題を・・・

数十年前のテレビとは違い、このブログは機能が固まっていません。

いや、よく考えてみると、このブログは普通のブログと比べてかなり柔軟な方だと思います。おそらく、あなたがよく読んでいるどのブログよりも変化があると思います。普通では考えられない機能もあります(笑)。

ブログ参加者の要望で追加された機能がいくつもあります。

そういう土壌があることを理解している人が多いということです。

 

心配しなくても、トンデモ要望は却下します(^^;

このミュート機能について言えば、恋愛の勉強を真剣にやっていればいるほど、欲しくなるものなんじゃないかと思うんです。

水を差すコメントを見ることによって集中力や気力を阻害されるということは十分にあり得ます。

それをコメントのせいにはしたくないんですよね。

あなたの恋愛の勉強を続けるのに必要な要望は、検討するつもりでいます。

そしてあなたは、このブログを読み続けてくれている限り、要望を言う権利があるんですよ。

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

    • 翡翠
    • 2017年 7月 06日 11:39:48

    これだぁっ!

↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント