恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

いじられキャラから姫に変身する方法

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

今日のメルマガで恋愛の勉強の効能についての話をしました。

僕はこのブログで話している恋愛技法、男性心理のことを、総合して「恋愛の勉強」という言葉で呼んでいます。

最初から恋愛の勉強などと言っていたわけではないんです。

 

最初の頃は、もっと単純に男性心理についての記事を書いていました。

「恋愛の勉強」という言葉を使い始めたのは、多分こんな記事を書くようになってからだと思います。

恋愛の授業が必要だ!(^^;

 

結構すごいことなんですよ。

普通、ブログというのは最新の記事にしかコメントがつくことはありません。

ところがこのブログは、1年以上前の記事にもいまだにコメントを書いてくれる人がいて、なかなか絶えません。書いた僕としても、こんなに嬉しいことはありませんよね。

 

ちはなさんや雪さんがここに来たばかりの頃に、過去の記事を一つずつ巡ってコメントをつけていくのを見て衝撃を受けた記憶があります(^^

さらに、一度コメントを残した記事について、期間を開けてまた読み直して再コメントするという、「復習」をはっきり形としてやり始めたのはpinoさんでした。

しかもこれが、また楽しそうにコメントを書いてくれるんです。

 

僕は復習してくださいと勧めたこともなければ、過去の記事を読んでくれと言ったことも多分ありません。

過去記事にいたっては、このブログは以前から「リアルタイム感」を意識していたので、僕が今書いている記事以外は無理に読まなくてもいいという考えでした。

 

このブログだけを見ていると感覚が麻痺してしまいそうですが、ブログにコメントを書くというのは、結構しんどい作業なんです。普通はそうです。面倒くさいはずなんです。

ところがその面倒くさいはずの作業が、作業じゃなくなっているんですね。

 

結果が出る、変化を実感するまでの時間は人によって差があると思います。そもそも置かれている環境がまるで違うので、人と比べても仕方がないんです。でも続けていれば、確実に状況が変わる日は来ます。

 

嬉しいコメントを見つけました。

今使う1時間が、半年後を変える

torinokoさんより:

嬉しいことがありました。
婚姻前から、仕事を辞めてくれ、外で働かないで俺を手伝ってくれ、と言われ、薄給で元夫を助けていたのが
離婚後大急ぎで就職せねばならず、とりあえず派遣で滑り込んだ会社。
1年働いて交渉してみたら、あっさりと契約社員になれ、派遣時の1.5倍以上の年俸要求も通りました。
福利厚生もフルにあるので、実質向上した額はもっとです。

その際、能力以外に、人間力があるところをいろいろな方に褒めてもらえました。
就職当初から半年ほどは、滅入りと仕事柄で、本当に一日誰とも話さず、
その日発した言葉は退社時の「お疲れ様でした」一言だったというのが、勤務の半分を占めていました。
家でも独りなので、比喩でなくガチで…(´;ω;`)

でも徐々に本来の自分を取り戻し、喋りは楽しくできるようになったのですが
口から自然に出るのは自分を卑下するジョークばかり。
それが変わったのがこちらのブログを読み始めてからだったと記憶してます。
社員さんの接し方が、いじっていいバツイチから、大切に扱う姫に変わりました。
仕事も更にうまく回るようになりました。

前は、こんな自分が姫なんて、と、また卑下でかわしていた所です。
でも今は違います。
ここでの勉強が人間力の評価に大きく影響していると、そう思います。

どうでしょうか(^^

こんな変化を実感してくれる女性もいるんですよ。そして、最初に紹介したこの記事を後でもう一度読んでみてください。

 

恋愛一辺倒にならないために趣味を作っても、その趣味の経験値がただ上がるだけではマニアになって終わりです。

本質はそうじゃないんですよね。

趣味や勉強を通して、中身を鍛えていくことで、結果的に女性の魅力も増すことになります。

 

最初は「恋愛の勉強」という、恋愛技法よりは分かりやすそうな言葉として単純に使っていました。

ルールズや恋愛指南書にあるような恋愛論や心理についてどう読み解いていくか、ということを「恋愛の勉強」として説明してきました。しかしブログが育つにつれて、「恋愛の勉強」の意味はそんなレベルでは収まらなくなってしまいました。

あなたが今このブログでやっている恋愛の勉強とかいうものは、もしかすると恋愛のためだけにやっていいものじゃないのかもしれませんよ。

 

せっかくここに辿り着いたんですから、「引きが強かった」と思って、ぜひ続けてください。

あなたがここで勉強し続ける限り、僕はずっとサポートし続けます。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (7)

    • snowdropの恋音
    • 2017年 11月 16日 11:41:02

    連投です。
    考えを言語化したくて。

    女性として愛されない・・・

    まさか、私自身が私を、女性として愛しきれていない?から?

    いや、自撮りして、「かわいい私♡」とか思えてきているはずなんだよ?

    毎日は無理だけど、おでかけする時なんかは、きちっとおしゃれだってしてるし。

    男性から女性として愛されることを、まだ怖がっているの?

    いや、男性から愛されたい、とは思っている。うん。

    人として愛されている実感なら、毎日、いろんな人からの愛、感じてる。
    ここは老若男女かかわらず。感じる。

    そんなみんなに感謝もしてる。すごく幸せだもん。心地いい。

    男性心理?女性を感じる?色気?

    ここで勉強してそろそろ一年になるから、
    わからないわけではない。

    ひとまず「姫」は世間知らずの「お嬢様」とは違うことは分かってる。
    (実はこの「お嬢様」にカテゴリされていました、私(笑))

    世間をある程度知っているからこそ、「姫」になりうるんだ。

    ある程度知ったからこそ、私の諦めが早くなっているのは、すごく感じてます。

    「どうせ、男性がそうなら、もう女性(私)は努力とかする必要ないじゃない」とか、
    「どうせほとんどの人が結婚した後、別れたり仲悪くなるなら、最初から結婚しない!」とか
    しょっちゅう感じて、だからなにもできない、最初からしない自分がいて。

    そして、最終的には、「知らなきゃよかった」「最初から知りたくなかった」だもん。

    親には「極端な思考してる」って言われる。
    うん、あってる。

    けど、やっぱり、バランスよく、柔軟になんて、なれないよ。難しすぎる。
    それが私の性格なのだから。
    それに、そうさせたのは世の中の情報でしょ?変なもん知らせてくるからいけないんだよ。
    メディアとかで、夫婦について恋愛について言われているの、なんかおかしいことだらけ!

    あ、私の性格が、「姫」になれない理由か!

    本当は、私、まさか結婚したいとか思っているのかな?
    「姫」になること、この年で望んでる?

    いや、だからこの記事にあたったんだろうけど。

    男性から愛されたいというのはつまり、「姫」になりたい、ということ?

    王子様・・・。
    あ、だからプリンセスストーリーに惹かれて、はまるのか(笑)

    理想高すぎるのかな。

    私、私のことを気にかけている男性に気づかないほど、どんくさくはないのですが、
    やはり、私だけの王子様に値するかどうかを、
    その人の目をほとんど見ることなく(勘違いされるのも嫌で)調べるんですよね。

    で、「あ、やっぱりダメだこの人」ってなるんです。

    自分が姫になる覚悟もないくせに、よくいうわ・・・。

    複数の人からチヤホヤされる姫になりたいって言った時に、
    「複数の人から好きになってもらいたくて振る舞っていると、特定の人を好きになれなくなっちゃいますよ」って言われたことがあって。

    これも、原因かな・・・。

    あーーーー、ダメだ。重症じゃん。

    解決策を早く。

    自撮りや女の子っぽくすることは、枝葉末節になるの?

    根本から変えたいけど、どうしたらいいんだろ。

    せっかくわかりかけたのに、わかんなくなっちゃったよ。。。

    • RUI
    • 2018年 3月 15日 23:33:20

    「いじられキャラ」ではないと思います。
    でも、すごくチヤホヤされる存在でもない。
    普段、仕事中も、そつなくなんでもこなすんです。自分で言うのもなんですが、特に大きな失敗もせず、言い間違いをしたり、トチったりも特にしない。常に一生懸命で、これといった「いじられる」部分もなく毎日を過ごしています。

    見てくれている人たちはちゃんと見てくれているので、その事実があるだけでうれしいのですけど、仕事から少し一歩離れた「職場の飲み会」ってなると、特にいじるところのない私はたいがいスルーされます。というか、まず話題にのぼりません。実際、仕事していて、みんなから見て面白い部分なんて無いので。話題になって盛り上がるのはたいがい、私ならなるべくしたくない失敗をやらかす女の子の話題ばかり。そんな話しか出来ない連中を「低レベル」だと思って聞き流せばいい話ですが、さすがに凹んでしまいます。私ってつまんない人間なのかなって。

    だからって、今のこの「ちゃんとしていたい」自分のスタンスを崩すつもりもないからいじられキャラにはなりたくない、その反面、みんなは私にやさしいしバカにされたりはしないけど、いまいち「姫」にもなりきれていない。どう考えればいいのでしょう。

    • みみ
    • 2018年 5月 20日 23:06:24

    kouさんのバイブルが、喉から手が出るほど欲しい(´;ω;`)
    なんで売り切れなの…

    • tiffany
    • 2018年 5月 21日 0:48:06

    いじられキャラから、卒業できない…

    最近かなりマシになってきたのは実感中なのですが。
    彼からからかわれてばっかりいて…

    「可愛いなぁ」とか「ほんと弄りがいがあるなぁ」とか言いながら、
    どんどんエスカレートしてきていて。

    イタズラとかばっかりされる。
    小学生か!

    リアクションが面白くて構いたくなってつい弄ってしまうらしいけど、
    そんな扱い姫とは程遠いよね…(>__<)

    扱いが雑になっていきそう。

    姫になるには、リアクションを封印しなくてはいけないのでしょうか??

    嫌って言ったり、これは無理って線引きはできるようになってきてるのだけど…

    • tiffany
    • 2018年 5月 21日 0:58:33

    あっ、最近いじられキャラの扱いから変えてもらった人が何人かいた…

    何を言われてもヘラヘラせずに、
    自分の気持ちを主張した。

    そして、そのうち攻撃され出したけど、
    負けずに嫌なことは嫌と主張した。

    そしたら嫌ないじりは収まったんだ。

    雰囲気を壊さないように乗ってあげなくてもいいんだよね。

    嫌なことはハッキリ言う!
    何でも乗ってあげない!

    主張する時って「私こんなキツイこと言っても大丈夫かな」ってドキドキしたけど、
    案外はたから見てるとそうじゃないみたい。

    だから安心して主張していこう。

    • あやちゃき
    • 2018年 7月 19日 9:27:40

    コメント書くの楽しいです。
    思ってる事が整理されて、今自分はどう行動したら良いのかが見えてきます。

    いじられキャラ=愛されキャラだと思ってますが、どうせなら姫として扱われたいし愛されたいですよね。
    先週初めて行った社会人サークルで、代表の男性に「あやちゃきさん、面白いよ!」と言われました。姫として君臨するにはまだちょっと時間がかかりそうです。

    • 2018年 8月 07日 2:54:55

    恋愛の勉強の効果を実感する出来事がありました。昨日、久しぶりにある男性に会いました。5~6年前の元彼で1年程同棲していた人です。

    当時は何度も浮気をされたり、釣った魚に餌をくれなかったり、とても苦労した恋愛でしたが、納得してお別れしたので、今ではお互いに親友と言える人です。

    私の性格を私よりもわかっているかもしれない鋭い人です。私のお料理の先生でもあります。

    「虹ちゃん、悩みごと全部解決したの?すごく明るくなったね。今の虹ちゃんならかなりモテるでしょ?暗い顔してる女性はもてないからね」と。

    悩みは解決していないけど、充実した毎日を過ごしています。今は目標を持って自分のやりたいことをしています。そういうのって伝わるんですね。

    この人に誉められたことは一度もなくて、いつもダメ出しばかりだったのです。(もちろん愛あるダメ出しなので有り難く受け止めていました)

    初めて厳しい元彼に誉められた!私、進歩したんだなって嬉しくなりました。

1 3 4 5
↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント