恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

12時間レッスン2014、8時限目です。

さて、今回は少し具体的なレッスンにしてみようと思います。

まあこれも本当によく悩まされる問題ですね(^^;

 

僕がこのブログで一貫して主張し続けてきたことです。

主張し始めた頃から少しも変わってはいませんが、今やそれは完全なる確信に変わっています。

そして、完全なる確信を得ているのは僕だけではなく、このブログを読み込んでいる女性の中にも多くいますね。

 

時代の流れでどうしようもない部分は確かにあります。

10年前、、、10年前だともうあるかもしれませんね。

15年前。15年前まで行くと、この悩みはほとんどありませんでした。僕が記憶する限りではそうです。

20年前になれば、こんなことで悩んでいる女性は日本国内にはいませんでした。

ところが今この問題は、恋愛相談の多くを占めるようになってしまっています。

 

恋愛の悩みというのは、本質は実は太古の昔からほとんど変わっていません。

そういう不変のものについては、いくら悩んでもいいのです。

最近になってぽっと湧いて出たような問題は、本当はあなたが悩むべき問題ではないことをこのレッスンで知ってもらいたいと思います。

 

15年前、20年前になくて今は広く浸透しているもの。そして大きく恋愛に食い込んでいて、女性を苦しめているもの。何だと思いますか。

今これに悩んでいるとします。

あなたのお父さんやお母さんにそれを相談したら、笑われると思いますよ(笑)。

笑われるというか、呆れられるのです。「私たちの時代はそんなことで悩まずに済んだ」と言われます。

 

つまるところ、やはりこれで悩むのはばかげているということです。

 

次の質問にコメントで回答してください。

 

1. 15年前(2000年以前)にはなくて、今はほとんど誰でもが知っているもの。そして恋愛に大きく食い込んで女性を苦しめているもの。ズバリなんだと思いますか。

2. 「詮索に類する行為」を一つ以上挙げてください。思いつくことをすべて書いても構いません。また、かつてそれをしたことがある場合は、それをすることでどういう結果になったのかも教えてください。

3. インターネットを使っていて、強く感動した経験があれば教えてください。(任意回答)

 

これが正解というものではありません。あえて抽象的に質問しています。

 

この記事を読んで、思うことを素直に書いてください。

間違いというのはないんですが、あえて間違えてもいいです。

このレッスンではいくら間違えてもいいんです。恋愛本番で重大な間違いを犯さなくて済むように、このレッスンで思いっきり間違えてください。

 

回答コメントは全部目を通します。

明らかにまじめに回答していないと思われるものや、不正行為をした人は、メルマガを強制的に解除します。

 

是非楽しんで回答してください。

一つずつが、思考回路を作る大事な要素になります。

このブログやバイブル編にもヒントがあるので、必要に応じて読み返してください。

 

コメントの書き方

次の3つの質問の答えをコメント欄に書いてください。

コメントする名前は特に重要です。あなたが自分だと確実に認識できるニックネームを考えてください。すでに同じ名前の方がいるかどうかは、コメント検索で確認できます。(PC版のみ)

検索したら、この記事にちゃんと戻ってから回答コメントを書いてください。間違えてコメント検索のページに回答コメントを書いてしまうケースがありました。レッスンの回答コメントは、そのレッスンの記事に対して書かないと今後はカウントされなくなりますので注意して書いてください。

————————————————————

1. 15年前(2000年以前)にはなくて、今はほとんど誰でもが知っているもの。そして恋愛に大きく食い込んで女性を苦しめているもの。ズバリなんだと思いますか。

一つじゃなくても構いません。このブログに僕は何度も書いていることですが、それ以外でも思いつくものがあれば書いてみてください。

 

2. 「詮索に類する行為」を一つ以上挙げてください。思いつくことをすべて書いても構いません。また、かつてそれをしたことがある場合は、それをすることでどういう結果になったのかも教えてください。

このブログの中にたくさんヒントがありますので、「詮索に類する行為」ですぐに分からない場合は、ブログをじっくり読み返してみてください。

 

3. インターネットを使っていて、強く感動した経験があれば教えてください。(任意回答)

何でも構いません。ブログを読んで感動した、オンラインショッピングで驚くべきサービスを見て感動した、など。

————————————————————

 

提出期限は、2015年1月17日(土)です。

17日(土)の深夜に、解答編を公開します。メルマガでアナウンスします。現時点でメルマガに登録していない場合は、参加できません。

22時締め切りです。注意してください。

22時に締め切って、そのタイミングで解答編を公開します。

 

どうしても参加したい場合は、メルマガに読者登録申請を出してください。

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (5)

    • みこ
    • 2017年 11月 24日 6:58:08

    1 電話以外で繋がれる手段があること。しかも手軽でタイムリーであればある程いちいち相手の反応や動向を気にして精神的にしんどいですね。SNSです。

    2 携帯を見る、荷物や部屋を探る、質問攻めにする、周囲の人から情報を聞き出す、Facebookやブログなどで動向を探る。

    • まいまい10
    • 2017年 11月 28日 10:31:57

    1. 15年前(2000年以前)にはなくて、今はほとんど誰でもが知っているもの。そして恋愛に大きく食い込んで女性を苦しめているもの。ズバリなんだと思いますか。

    *ズバリ、SNS関連のものです
    LINE、Twitter、Facebook、Instagram、出会いアプリ、など。

    2. 「詮索に類する行為」を一つ以上挙げてください。思いつくことをすべて書いても構いません。また、かつてそれをしたことがある場合は、それをすることでどういう結果になったのかも教えてください。

    *彼のページを開くこと
    既読確認、オンライン確認、プロフィール確認、投稿した写真を見る、友達(第三者)から様子を聞く、聞かされる、

    知らなくてもいいこを知ることになる
    自分を傷つけていく、ボロボロになる
    不安になり、落ち込み、自信をなくし、彼を疑う(もしくは自分を疑う)

    逆に、相手にも自分の動向を知られてしまうこともある。(メールをすぐ返信や、オンラインになる)

    • ぴょこ耳わんこ
    • 2017年 12月 05日 22:23:17

    1. 携帯電話だと思います。連絡がつかなくて不安のスパンが短くなりました。

    2. 携帯電話を盗み見ること。閲覧記録をみること。尾行(笑)。過度にSNSをチェックすること。

    3. Kouさんにめぐりあったこと

    • にこはな
    • 2018年 3月 03日 6:43:10

    1.SNS
    繋がっていないと、忘れられそうで怖い。

    2.メールがないときになにをしてるかを考えることさえ、詮索だと思う。

    • しぃちゃん
    • 2018年 8月 07日 19:56:49

    1.
    Facebook、twitter等のSNSだと思います。

    自分が知らない彼の動向が見えてしまうことによって不安な気持ちが膨らんで、さらにその不安を払拭するために見続けてしまう。
    そんなループにはまってしまうところに問題があると思います。
    辛くなるだけです。

    2.
    ・彼のスマホをこっそりチェック
    ・SNSをチェック
    ・彼の周辺から話を聞き出す

    わたしは上記のようなことはしたことがありませんが、同じ職場のために帰宅時間を翌朝チェックしていた時期がありました。
    初めは残業が続き身体大丈夫かなと気になって、いつも何時に帰ってるんだろうと軽い気持ちで見ていました。

    ところがあるとき頻繁に女性と同じ時刻に帰っていることに気が付いてしまいました。
    そこからはもう最悪の心理状態です。
    悪いことしか想像できなくて本当に辛かったです。

    この辛い気持ちを何とかしたくてブログを探すと、見つけました。
    「彼を信じられない人の多くは、彼を信じようとしていない」
    「彼や自分を信用できず、他人の言葉を信用してしまう恐るべき理由」
    何度も何度も読み返しました。
    そしてもうチェックするのはやめようと決意しました。

    決意してやめてからは不思議なくらい心が軽くなりました。
    わたしの心持ち次第でこんなにも変わるものなんだなと思いました。
    決意してからは詮索の類いはいっさいしていません。

    同じ職場なので、周りの社員から聞きたくないことも耳に入ってくることはありますが、本人から聞いたことではないので聞き流すことにしています。
    ちょっと気になるけど・・・気にしない!と心に決めています。

1 36 37 38
↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント