恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

さじ加減とは(クリスマス特別サービス)

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

まだクリスマスです。

嘘です。

クリスマス用の記事としてネタを用意していたのですが、うまく時間の工面ができず、今日になってしまいました。

いいんです、いいんです。

だいたい去年も、クリスマスの記事は26日に書いていますので(笑)。

 

本題に入る前に、メルマガでは何度かアナウンスをしている「女性の承認」の受付停止の件をお知らせしておきます。

ブログでの告知が遅くなってしまったので、26日終了予定にしていましたが、31日終了予定にします。

キリがいいので、年内に申し込みがあったものまでを有効にします。

1月になったら受付を停止しますので、しばらく再開はしません。

「女性の承認」の新規受付は、12月31日(水)までです。銀行振り込みの場合は、31日までに申し込んで1月6日(火)までに入金確認が取れることを条件にします。

「女性の承認」が気になっている場合は、今のうちにぜひ考えてみてください。年末年始は、ものを考えるには非常にいい機会です。

そして、「女性の承認」は、なんと年末だろうと正月だろうと関係なく、毎日届けます(^^

女性のための恋愛技法「女性の承認」

 

さて本題です。

本題は、「さじ加減」です。

 

ブログの内容はよく分かりました。でも、さじ加減が全然分かりません

こういう意見が非常に多いです。

びっくりするくらい、「さじ加減」は難しいテーマのようです。

 

そんなに難しい話じゃないと思うのですが、やっぱり難しいらしいのです。

経験的にしか分からないものももちろんあります。

でもほとんどは、「感性」だけでもなんとかなります。あとは恋愛の勉強をしていくこと、男性心理を理解していくことで、「どこまでならOKか」という感覚が掴めるようになります。

 

私には分からないと思わないことが大事です。

よく考えてみてほしいのですが、さじ加減というのは、本来恋愛に限定されるべきものではなく、人間関係の中に生きている以上、常に存在するものです。

相手との距離、許容幅を知る方法は、今まで自分ひとりで生きてきたわけじゃない限り、必ず知っています。

分からないというのは、ただ分からないと思っているだけです。

 

分からないと思っている場合は、まずそこから考え直してみてください。

たとえば、友達と待ち合わせをしたとします。

あなたが遅れてきたら、相手は嫌がるだろうなというのはだいたい分かりますよね。

3時間遅れてきたら、激怒するかもしれません(笑)。

でも、「○○ちゃんなら私が10分くらい遅れても大丈夫だろう」と思ったりしますよね。この辺も自分で相手の許容幅を無意識に考えて察知しているわけです。

それまでのその友達との付き合いによって分かるわけです。

 

男性も一応人間なので(笑)、これを考えたらいいのです。

迷ったら、人間関係です。

男女関係ではありません。人間関係です。

 

彼に対して、

「ここまでやったら許してくれるだろう」

というものの境界線がどうしても分からないときは、彼と対人間の接し方をまず考えてください。

逆にいえば、それ以外ならだいたい許容範囲内なのです。

 

いきなり無視、ダンマリを決め込んだとしても、それに正当な理由があり、かつあなたが「嫌がらせ」でそれをやっているわけでもない限り、大丈夫なのです。

少々理不尽でも男性は許してくれます。逆に女性は男性の理不尽を許してはいけません。

なぜそうなのかと言われても困りますが、そういうものなのです(笑)。

 

僕はこれまでもブログで「さじ加減」の話はたびたびしてきました。

本来、そんなに難しいことではないのです。

これはここまで、という明確な線引きはないわけです。

メールの返信を1日遅らせるのはよくても、1.5日遅らせるのはダメ、というような明確な基準はありません。

相手が機械ではないからです。

そして、あなたも機械ではないからです。

後者は特に大事です。

あなたは、機械じゃありません。何か目に見えて分かる判断基準がないと、何もできないというのでは、ロボットと同じなのです。

 

違いますよね。

基準の目安くらいはあるかもしれませんが、それにしたってあなたが自分で編み出す方がより確実です。

僕が明確な基準を示したら、それだけを頼りにしますよね。ダメですよ、そんなのは。

 

機械じゃないというのは、一つのヒントになります。

あなたは機械ではないのです。

それを、彼にも分からせないといけないのです。

 

あなたがパターンで物を考えていて、それに囚われていると、男性はあなたを機械だと思い始めます。

あいつは、メールを打ったら1時間以内に必ず返してくる

とか、

ここでちょっと謝ればすぐに許してくれる。だから今はまだOK

などとは彼に簡単に思ってもらいたくはないですよね。

 

「さじ加減」とは、言い換えれば柔軟性です。

あなたは機械ではなく、人間であり、かつ気まぐれな女性なわけです(^^;

メールを同じ頻度で送り続けていたら、機械になるのです。

 

女性のメールは、いつ送ってくるか分からないから面白いのです。

柔らかくなってください。行動をパターン化させずに、柔らかく動いてください。

 

恋愛の勉強は、し続けると身動きが取れなくなると思っている人もいますが、逆です。

恋愛の勉強をすればするほど、あなたの思考は柔らかくなっていきます。なぜなら、僕はこのブログに、「してはいけないこと」と「しなければならないこと」、テクニックをほとんど書いていませんから。

もっと楽に構えたらいいだけなのです。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (14)

    • 翡翠
    • 2017年 5月 22日 18:47:13

    楽に、楽に構えよう。どうしたほうが良いとか、悪いとか、そんなこと考えずに。

    • とんとことん
    • 2017年 6月 03日 22:52:29

    最近、頭ガチガチになってたかも。

    さじ加減むずかしい〰って。

    “もっと楽に構えたらいいだけなのです。”

    この記事をみてなるほど~って思いました。

    嫌がらせでなく、でも理不尽でも大丈夫。

    女性が主導ですよね。軽くなりました〰^^☆

    • コロネパンは美味しい!!
    • 2017年 8月 16日 0:04:41

    あっ 迷走期なうです(笑)
    入口が見えます

    どこまで気持ちを伝えたらいいのか
    今まで言いすぎて調子に乗らせてたので
    控えようと思っていました

    でも、寂しかったって言ってもーた
    0か100しかないので困ったもんです(笑)

    まあ挽回はできますよね
    寂しかったけど充実してましたって態度で示す(笑)

    ゲームオーバーはないんですし
    スイートさんに仰っていただいた 別れることはすぐできる
    っという言葉通り簡単なので。

    さじ加減を ちょっと小出しにしていける感覚養いたい

    • オッチー
    • 2017年 9月 25日 22:10:11

    まぁ友だちは友だち
    ファンにはなっていないけど
    微妙に甘く、甘過ぎず
    適度にオープンマインド

    いーのかな
    この位置で
    わっかんないや

    • オッチー
    • 2017年 11月 18日 9:51:47

    人間関係としてか

    理不尽さを
    もう一度かみしめてから
    考えよ

    • 月城
    • 2017年 11月 18日 10:16:52

    本当に恋愛って人間関係だと思う。
    関係が深くなっていけばいくほど衝突も増えるだろう。でもそれでいい。それが正しい姿だと思う。衝突を乗り越えるからこそ関係もより強固になっていく。

    男とか女とかじゃなくて。人と人との話なんだと思う。大人になると誰かと親密になるということが極端に減っていく。浅い関係でもなんとかなってしまうから。幼い頃、体当たりでやってきた友人を作ったり関係を深めたりすることを意識的にやっていくのが大事なのかも。

    • torako☆
    • 2018年 1月 22日 11:12:24

    気づけば私からのメールが圧倒的に多くなった。
    大抵、決まった時間にメールを送っている。
    返信時間、間隔がまちまちな彼。
    それを不満には思わないが、先に行動を起こして待ち遠しく待つのは私の役目だろうか。
    ふとそう思った。

    ……少し落ち着こう。

    • ぶきっちょは損をする
    • 2018年 1月 22日 22:10:52

    私のさじ加減の判断基準は
    やったことを誰かに話すことができるかできないか。

    • 悠ちゃん
    • 2018年 1月 22日 22:11:25

    >もっと楽に構えたらいいだけなのです。

    Kouさんこのフレーズ、どこかしこに書いていますよね。それだけ大切なんですね♪

    私は心もですが、体も柔軟になりたいので、ヨガを続けていますが、以前の自分と比べたらかなり
    柔らかくなりました(´▽`)

    心・技・体

    • キューピーズ
    • 2018年 3月 30日 13:54:01

    投資の習慣化ついてきたのも、撒き餌が板についてきた(笑)からと効果を喜んでいたのですが、ついつい反応しすぎてきっとこちらの好意が丸見えでした。このままだとそろそろこちらに飽きてくるかもと思っていたので、今度は上手に引く、というさじ加減を会得したいです。まだまだ勉強です!

    • 優***
    • 2018年 6月 16日 11:32:26

    いつのまにか自分が
    血が通った感情のある人間ということを
    忘れて機械になってました(´•ω•̥`)

    Kouさんのブログ読むと
    とても安心します。
    人間に戻れる(´•ω•̥`)!笑

    • まりぃ
    • 2018年 6月 16日 12:44:18

    分からないと思うことはやめます。

    最近は、メールもlineも返事をするタイミングは、したいときにするようにしています。
    返事は遅らせた方がいいという考えは捨てました。

    もっと人と柔軟に付き合えるようになりたいです。

    • 2018年 8月 04日 1:23:21

    彼は最近特に忙しくて、毎日暑いし体調も心配なので、以前の私なら毎日のようにLINEしていたと思います。毎日心配して気遣うのが良い彼女という感じで。

    でも彼も大人だし、20年以上やってるプロだし、体調管理はきちんとしているだろうし、私がそれをいちいち大丈夫?と聞くのもおかしいと思うようになりました。

    寂しさが急に押し寄せてくることはありますが、感情にまかせてLINEするようなことはやめました。

    でも最近たまに、今が連絡するタイミングだ、と感じるようになりました。そういう時に、うるさくない程度にLINEします。彼は必ず返信してくれますし、その時の言葉の使い方で彼の状況もわかるようになって来ました。

    これが私にとってのさじ加減かなと思います。

    • まりたまる
    • 2018年 11月 17日 15:09:39

    なぜ楽しくて読み続けてしまうのかわかりました(笑)
    前の記事で自分が感じたものへの疑問の糸口が進んでいくと必ず転がっているからです
    それはこのブログが読者さんと共にリアルタイムで動いて成り立ってきたものであるからこそ
    なのでしょうね

1 3 4 5
↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント