恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

今やりたいことが何もない人へ

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

ちょっと今どうしても話しておきたいことがあるので、ブログに書くことにします。

やりたいことが見つかりません

何を始めたらいいのかサッパリ分かりません

私は何にも興味が持てないんです

 

僕はやりたいことがないという人には、まず本を読んでみることを勧めていますが、散々それをやってもなかなかやりたいことが見つからないという人はいます。

そして最近の記事で、彼のこと、恋愛しかない「ヒマな女」にはならないようにしてくださいと言いました。

色んなことに興味を持つことは大事です。恋愛以外のことに興味が持てないというのは、そのままいくとかなり危ないです。

ちょっと厳しめに書いていますが、それだけを考えて生きていると、本当に何も残りません。

 

本当にどうしてもやりたいことが見つからない人に、とっておきの方法があります(^^

何となく想像はついているかもしれませんが、あえて言います。

 

どうしてもやりたいことが見つからない人。

どうしても他のことに興味が持てない人。

彼のことしか考えられない人。本なんか読めそうにないと思っている人。

 

そういう人に当てはまってしまう場合は、

 

とりあえず恋愛の勉強に集中してください。

恋愛の勉強を真面目にやってください。

 

まずはこれだけでいいです。

本が読めないんです

という人がいますが、 いやいやいやいや。

このブログもメルマガも読んでますやん(笑)。

このブログ、どのくらい文章量があるか、分かっていないんじゃないでしょうか。

 

はっきり言います。

このブログをサクサク読める人は、もう本も普通に読めます。読めないと思っているだけです。

あなたはびっくりするぐらいこのブログを読み込んでいますよね。

「普通の人」は、毎日毎日そんなにものを読まないんです。

自信を持ってください。

 

やっぱり本は読みたくない、まだやりたいことは見つからなさそうです、という場合は、しばらくは流れに身を任せて恋愛の勉強に集中してください。

Kouさん、恋愛の勉強ばっかりやっていたら、恋愛一辺倒の女になるんじゃないんですか?

と思うかもしれません。

大丈夫です。なりません。

そんなことにはならないので安心してください。

 

僕はこのブログを、恋愛の話をメインに書いていますが、実際に伝えている内容は恋愛に限った話ではないものがほとんどです。

さらにあなたに気づかれないように、僕はこのブログの文章のいたるところに、思考回路が自然に少しずつ変わるように作用する仕掛けを入れています。能動的に読んでいった方がいいですが、浴びるように読み続けるだけでも結構変わるはずです。

もしかすると、何ヶ月か経ったあとで、思いも寄らぬ未来を志向するようになっているかもしれません。

 

やりたいことなんか、普通はそうそう見つからないのです。

見つからないからみんな手探りで前に進んでいます。

何にも興味がないと言いながら、このブログを読み続けられると言うことは、すでに結構色んなことに興味を持っている可能性があります。まだ気づいていないだけ、ということもありそうですね。

 

徹底的に恋愛の勉強に没頭してください。

ここでする恋愛の勉強は、恋愛だけでは終わりませんから。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • キウイ似
    • 2017年 8月 30日 21:13:59

    する!恋愛の勉強するする!
    効果は出る日も出ない日もあるけど、読んで考えるの楽しいもん。

    ps vitaとアマガミを今日買ってしまいました。
    男性向け恋愛シミュレーションゲーム。
    ますます忙しいです笑

    • かほ
    • 2017年 10月 13日 2:03:38

    急に真面目なこと書くぞ、いいですか?

    少し前に脳科学者の書いた本を読みました、もともとそういうの好きでちょこちょこ読んでたんです
    その中で、少しだけ人類の起源について触れてまして……その些細な一文をきっかけに、今まで全く知りもせず、興味すらなかった人類にまつわる本を読むようになったんです

    きっかけはこのエピソードでした

    近年の研究で、現生人類(つまり我々にんげん……正確にはホモ・サピエンス・サピエンスと言うらしい。なんで繰り返したw)の遺伝子には、ネアンデルタール人の遺伝子がわずかに含まれていることがわかったそうです

    これが何を意味するかというと、遥か昔、我々の祖先とネアンデルタール人は種を越えて交配し、結構多くの子孫を残していたってことらしいです
    (けっこう衝撃的な事実だったらしく、長年交配なんてなかったと思われていた)

    そして、我々が今持っているうつ病、ニコチン中毒、花粉症……などはネアンデルタール人由来のものなのだそう

    それを聞いてから、父が長年やめられないタバコを燻らせる度に、あ!これはネアンデルタール人!と遠すぎるご先祖様の面影を見るような……見ないようなw

    もちろん、現生人類由来・ネアンデルタール人由来の有害すぎる遺伝子はそれぞれ時間をかけて淘汰され、双方の遺伝子がいい感じに残り、今の強力な人類となって生き残ったのかな、なんて思ったり

    お恥ずかしいのですがまず、現生人類とネアンデルタール人が別物の種ってことすら知らなかった私には目からウロコすぎました

    ネアンデルタール人はその後絶滅してしまいます

    他にも、人類にも地域や時代によってたくさんの種が繁栄していたらしいです
    北京原人くらいなら私も知ってます笑
    にも関わらず、他の種は一切生き延びることなく、なぜか私たち現生人類だけが生き延びて今日の繁栄を迎えてるんですよね

    もっといえば、私がうだうだと恋愛に悩めるのも、バイトいくのダルいなとかボヤけたのも、遥か昔から偶然に偶然を重ねて、ご先祖様が命を繋いできてくれたおかげなんですよね(反省)

    もっとその事を知りたくなり、様々な本を借りました
    小さなことにこだわる自分が嫌で
    そうやって読んでいくと、人類の起源だけでなく、生命の起源にまで話は広がっていき、何といいますか……感動しますね(ボキャ貧)

    この世を数で支配しているのは、実は現生人類ではなく昆虫であるとか
    現生人類の巨大脳と昆虫の極小脳、対照的な2つがなぜここまで繁栄しているかとか

    今日読んだ部分で印象に残ったのは、「明日のことを思い悩む」ことができるのは、現生人類だけということです
    チンパンジーにすらできない
    皆、今をいきることしかできないんです

    私が、まだ起きてすらない2週間後、半年後、5年後のことを勝手に想像し、どうせこのまま代わり映えしないのだろうと嘆いたこと(正直今も抜けだせてない。しばらくかかるかも)

    現生人類として生まれてきた宿命、というとあまりに大袈裟かもしれませんが、何といいますか、私には預かり知らない部分で決められていた部分もあったんですね

    色々知ることは大事なんだと思いました

1 3 4 5
↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント