恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

着ている服があなたの未来を左右します

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

先日からメルマガで、紹介しようと思っている本があるという話をしていました。

その本の紹介をようやくします(^^;

 

僕はこの本を書店で見つけて、即買うことを決めてしまいました。

タイトルが僕の思っていることにドンピシャなんです。

 

「人生は服、次第。」というタイトルの本です。

内容もドンピシャでした。このブログで僕が話していることと近いこともたくさん出てきます。

タイトルだけを見るとファッションの本に見えますが、内容はテクニックの話はほとんど出てきません。最後の章に配色の話がちょっと出てくるくらいですね。

 

僕はこのブログで、スカートを履くことによる効果や、買い物の仕方、部屋でどういう格好をするかなどついても何度か話をしてきました。

普段着ている服や、食べているものが、将来の自分を作るということですね。

いつもどんな服を着て過ごしているのか。どんな服を着て人に会うのか、男性に見せるのかというのはものすごく大事な要素です。化粧と同じくらい大事ですね(^^

 

僕は最初、この本は、「自分をより正当に評価してもらい、豊かに生活するために、相応の服装をしておく必要がある」という内容が書いてあることを期待していました。ところが、そんな程度ではありませんでした(^^;

僕が一番驚いたのは、この本の全体を通して、「主体性」の話が出てくることです。

本当に随所に出てきます。

「主体性」という言葉では出てきませんが、自分で考えて選んで決めたことなのか、という話が頻繁に出てきます。これだけでも刺さる人は刺さると思います。

 

たくさん紹介したい部分はあるのですが、あまりここで紹介すると楽しみがなくなってしまうので、その中のいくつかだけをかいつまんで紹介しますね。

 

 普通の人でも、欧米のようにしょっちゅうパーティで正装する機会があったり、夜はドレスアップして夫婦で食事に出かける、というように、生活の中にメリハリがあればいいのですが、ざんねんながら日本ではそういったシーンがほとんどありません。すると、年がら年中、ラクで着心地がいいだけの、はたから見たら地味でだらしない格好で過ごすことになりかねません。

これは危険です。はっきり言って老けます。どこまで行っても、無難だったり地味な印象で終わってしまいます。そうするとますます、多少なりとも”気を張った”お誘いや集まりから遠ざかってしまうでしょう。

「人生は服、次第。」p.85, 86より

これは本当にその通りだと思いました。

僕は蛍光ペンでマークしてしまいました(笑)。普段の服装が年齢を作り出すと言っても過言ではないと思うほどですね。

 

続いてはこちら。これも本当にすごい視点です。

服を買うときに、「出会い」や直観を信じて買うことに対しての意見です。

ところが、服選びではそうやって出会いを重視するのに、恋人選びや友人選びでは厳しい条件をつける人がよくいますね。これは本末転倒です。私に言わせれば、人を選ぶときこそ、条件ではなくフィーリングを大事にするべき。それでもしものちのち合わない部分が出てきたとしても、お互いすり合わせていくのが大人のつき合いというものです。人に対して完璧を求め、それ以外はバッサリ却下、といった生き方は、自分が成長する可能性も狭めているということです。

「人生は服、次第。」p.90より

これ、僕も何度か同じようなことを話したことがありますね。

何のことだか一発で分かったあなたは、もう立派な・・・(以下略)

分かりますよね。

そうです。結婚です。

結婚相手と100%合い続けることはまずあり得ません。元々他人なので、お互い何かしら気に入らないところは出てくるものです。それをうまく理解し合いながら関係性を作っていくのが結婚です。結婚したときがゴールじゃないんですよね。そこから関係性づくりが始まるのです。

 

最後がこちら。

 仕事がデキる女性の中には、悔しさを仕事のエネルギーに変えてきた、という方が多くいらっしゃいます。それはたとえば、男性社会で認められようと遊ぶのも我慢して必死てやってきたことであったり、女としての外見には自信がないけれど、その分仕事に打ち込んできたことであったり。彼女たちはそのエネルギーをポジティブに変換してきたわけですから、それ自体は全く悪いことではありません。ところが、そういったかたくなさは、知らず知らずのうちに外見に表れます。すると、せっかくそこまでの能力をつけられた理由の一つであるその一途さが、今度は足を引っ張ることになるのです。

現代においても、仕事のデキる女性というのは、男性社員から見たら面白い存在ではないことは確か。つまり、かわいくないのです。そんなとき、見た目も気にせず、仕事一辺倒の女性だったりすると、ますますからかったり、いじめたりするということが起きます。ところがこういうとき、あえて女性らしく、なおかつ堂々とした装いで余裕を見せると、それだけで同僚や部下からの評価ががらっと変わるということは、よくあります。

「人生は服、次第。」p.98より

見た目や仕草、格好で損をしている女性は本当に多いです。もったいないんですよね。

僕の相談女性の中にも、女性を捨てて仕事に打ち込んでいる人がやはりいます。それでうまくいっていればまだいいのですが、やっぱり満足のいく接し方をしてもらえていません。

あえて男性の土俵で戦うことを選ぶのなら、むしろ女性を捨てないことを選んだ方が、結果的にうまくいくということを端的に説明してくれています(^^

 

どうですか。

もう、かなり興味が出てきたんじゃないですか。

もしかしたら、僕と同じように、タイトルで一発で購入を決めてしまう人もいるかもしれません。

 

紹介した例には挙げていませんが、この本のポイントは、「自分で能動的に考えること」です。

これにつきます。

その服装は、あなたが自分で納得して着ているものなのかどうか。

果たして、今までこんなことを意識しながら服を選んだことがあるでしょうか。雑誌に載っているから、好きなブランドだから、好きな色だから。

マスメディアに植え付けられた欲求から自分を解放するということ以上に、自分の行動を常に自分で決めて進めていくということの重要性を、ファッションという例を通して実感できると思います。

なぜそれを着るのか。

それを着てどう見せたいのか。

 

何も考えていない人(昨日のメルマガで話した「ヒマな人」)には絶対になりたくないと考えているあなたには、ちょうどいいタイミングで出てきた本だと思います(^^

久しぶりのお勧め本です。

 

人生は服、次第。

残念ながら、まだKindle版はないみたいです。

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (19)

    • はねのきおく
    • 2017年 3月 20日 18:06:30

    果たして、今までこんなことを意識しながら服を選んだことがあるでしょうか。雑誌に載っているから、好きなブランドだから、好きな色だから。
    なぜそれを着るのか。
    それを着てどう見せたいのか。

    >二年前ぐらいから流行というものを意識しなくなりました。相変わらず服というものに私は貪欲で理想の形を探すくせがあります。
    この考え方って男性選びとどこか似てますね。
    年齢やブランドや価格にこだわらず、私は自分が着たいものを着ます。
    もちろん、流行りのものでも自分が納得して好きだと思ったなら着るでしょう。
    清楚で上品な服が好きです。
    フレアスカートやAラインワンピース、華奢なヒールとか柔らかい色合い。
    女性らしいライン、デコルテが綺麗に見えるもの。
    理想のものってなかなか出会えない。でも、出会えた時の喜びって本当に何度味わってもたまらない。

    • あえか
    • 2017年 3月 20日 18:30:37

    服のことは、毎回触れられますね。

    スカートだからでしょうか(笑)

    昨日、店長からの頼まれ事で今カレが仕事だったので私に電話がかかって来たのですが、その時も「昨日も可愛いかったね」と言って頂きました。

    T橋さんのところに行ってもです。
    スタッフさんもお客様も。
    色味や素材やデザインなど、女性らしいものに反応があります。

    KくんもT村氏も、そうだったなぁ。
    あれ?女性もかも。

    結構、見られているのですね。
    面白い(・∀・)

    • mimoza
    • 2017年 3月 20日 18:40:11

    この本読みました。
    大変面白かったです。

    服は、最近はエレガント路線。
    少しスタイルが変わったので、曲線がきれいに見えるものにシフトチェンジ。

    頭の中は、よく仕事だらけになっているけど、私はかなり可愛い(笑)。
    この年齢にしては。
    可愛くなければ、そこまで誘われないのだけど。
    仕事が楽しいから?
    そんなに悔しい思いを抱いていないから?

    気を張る場所に行くときは、服も迷うし、カバンも靴も迷う。
    アクセサリーも迷うし、髪型も迷う。
    メイクまで全部きれいに決まると、かなり嬉しい。

    • 悩めるユズ
    • 2017年 3月 20日 18:41:48

    お洋服、買うのも、ただ見るのも好きです(^-^*)

    私は、その時に欲しいと思ったアイテムを、気に入るものが見つかるまで、とことん探します。気に入ったモノでなければ、結局は工夫してまで着ませんし、なんとなくおざなりで買ったアイテムは、そういう扱いになってしまっていると思うからです。

    ダイエットしたお陰で、手持ちでサイズの合う服が無くて、この冬はそれなりの数を購入する事になりました。痛かったですが、ふくよかに見えるからと避けていたニットワンピースが、案外大丈夫だったり、タイトスカートが無理なく着られる事が嬉しかったりと新たな発見がありました。

    この春、夏は、着たことのないような色味にも挑戦したいと思ってます。

    • くちびるにチェリー
    • 2017年 3月 20日 22:12:39

    自分が綺麗に見える服を選ぶようにしています。

    自分でどういうものが似合うか理解しているつもりでいます。

    でも、たまに冒険して今まで着なかったような服を試着してみたりして、意外にも似合うと思ったものをワードロープに加えています。

    予算は限られているので、沢山は買えませんが工夫してオシャレを楽しんでいます。

    やっぱり、自分が綺麗に見える服を着ているだけで、気分良くいられます。

    ピアスや、ネックレスなどの
    アクセサリーもかかしません。

    意識をレベルアップさせるために
    紹介されていた、本を読んでみようと思います、ありがとうございます。

    • ピンキーリング
    • 2017年 3月 21日 14:57:09

    服も大事だけど、下着も大事だと思います。
    見せる見せないの話ではなく、女性としての意識の話ですよ☆

    • まなてぃー
    • 2017年 3月 21日 16:09:27

    はいはーい!
    褒めてほしくてコメントします♪

    私は「毎日がデート」のつもりで服を選んでます♪
    100%スカートで、色は花びらの色のイメージです。
    アクセサリーはプレゼントされたものをつけたいのでプレゼントされるまではノーアクセですが、キラキラは欠かしたくないのでちょっとしたビジューがついたデザインを選んでいます。

    ニット&スカートとかブラウス&スカートなんて同性から見たらダサくて流行遅れだと思いますが、男性には「おしゃれですね」と言われます。
    「全然おしゃれじゃないですよね、あなた好みなだけですよねw」って心の中で思います。笑

    • 青色
    • 2017年 3月 21日 17:53:16

    実はツインニットが好きでよく着ています。
    よく考えてみたらツインニットって女らしいな。
    男性には絶対ないもん。
    ツインニット&タイトめなスカート&ヒール靴が落ち着きます。
    テーマは「つまらない女」。
    女性から見たら、です。
    流行とは対極路線ですね。

    • くちびるにチェリー
    • 2017年 3月 22日 15:29:30

    前にもコメントしたのですが、ちょっとずれたコメントだったなぁ〜って
    考えていたり(^^;;
    服はとっても大切な自分をアピールするアイテム。
    第一印象は、見た目が9割と言われていますが、着ている服も大きく関わって来ます。
    こういう組み合わせは合うなぁとか
    この人は、こういう色が似合うんだなぁって人が着ている服を見ながら思ったりしていました。

    着ている服で、印象が変わりますよね。
    ある時はとっても素敵にみえたのに、ある時は残念な感じになる。
    自分に似合う色、自分に似合う服の形や素材があって、それにぴったりはまった時に、とっても素敵に見える。

    靴やバック、アクセサリーetc。。。
    あれこれ組み合わせて
    オシャレにも正解があるのかなぁって。
    感じています。

    やっぱり選ぶのは自分。
    先ずは着る『自分』ありきなのかなぁって思いました。

    今までも、オシャレを意識していましたが、うまくいえませんが違う意識も芽生えました。

    コメントを書くことで、頭の整理ができるのですね。

    • せな
    • 2017年 4月 02日 18:40:47

    会社員時代、スカートも履かず、
    一生懸命仕事して、男性と張り合ってました
    (~_~;)

    もともとの性格が、不思議ちゃんとか、面白いと言われるので、まだ救われましたが、
    あの時kouさんのブログに出会ってたら、違う立ち回り方をしてただろうなぁ〜と思います♡

    スカート、もしくは女性っぽい格好の同僚は、性格も、ふわふわしてて柔らかいんですよね
    ╰(*´︶`*)╯♡

    愛想も良いし、女性からしても『可愛い』
    『癒される』と思ってました。

    当時は、その女性の外見や性格だし、真似できるわけない!別の人間だって思ってました。

    でも、彼女たちは、『女性性』を大切にしてたんですね!しかも、彼女たちは仕事もできました!

    そして、
    男性上司からも、うるさく言われることがなく、可愛いがられてました♡
    良い意味で、女を使ってたのだと思います♡

    Kouさんのブログに出会って彼女たちは特別な存在だと思ってましたが、
    わたしの心がけ次第で、私も変われるんだ!と思ってます♡

    本、今は古本でしか販売してませんね!
    早速、購入しました!読むのが楽しみです。

    女性性を取り戻すには、まず服から!大切です
    (╹◡╹)

    • ♡arico♡
    • 2017年 4月 14日 12:40:22

    『現代においても、仕事のデキる女性というのは、男性社員から見たら面白い存在ではないことは確か。つまり、かわいくないのです。そんなとき、見た目も気にせず、仕事一辺倒の女性だったりすると、ますますからかったり、いじめたりするということが起きます。ところがこういうとき、あえて女性らしく、なおかつ堂々とした装いで余裕を見せると、それだけで同僚や部下からの評価ががらっと変わるということは、よくあります。』

    男性とは同じ土俵に上がってなければ、仕事ができても問題ないですか?
    仕事の中身、役割が違います。私は今年から役職がついたのですが、大丈夫でしょうか?
    仕事の時は、今の時期ならスカートにパステルカラーのニット等を着ています。今のところ男性には優しくしてもらえてます。

    • megumi
    • 2017年 4月 14日 13:05:18

    そういえば去年のこの時期はヨガにハマっていて、ヨガパンツみたいなレギンスにスポーツパーカーなど羽織ったような服装してましま。このあたりだとヨガウェアをうまく私服に取り入れてる人が多くてカッコイイのです。

    でもあまり女らしくなかった。

    久しぶりに花柄のワンピースをオーダーしました。

    イメチェンしよう。

    美容室にも行ってくる。

    ちょっとルンルンしてきました

    • なつみんと
    • 2017年 5月 09日 0:02:18

    ワンピースが良いっていうんだもん。

    他の子は、動きにくいからやだって言って着ないけど。

    私はワンピースにしてみた。彼の心の中にある、表立っては主張できない控えめな希望を、叶えてあげる。もちろん他の男の人にはしない。私が尊敬してる、カッコいい人のためだからそうする。
    私を見るたび、視覚から癒しを提供してあげよう。笑

    それに、みんなが着ないから逆に、私の女っぽさが引き立つでしょ。

    綺麗な女の人には邪険にできないから、私のことも今まで以上に優しく、えこひいきしてくれそうだ。笑

    • なつみんと
    • 2017年 6月 05日 22:08:15

    昨日、新しい靴を二足買い足しました。

    普段用の、ウェッジソールのサンダル。毎年夏に一足は履きつぶしてしまうから今年も新しいのを買った。
    7〜8cmの高さでも、走れるくらいの軽さと安定感。夏らしく、ピンクのペディキュアとあわせて、颯爽と歩く。

    もう一足は、女っぽい黒のミュール。こっちはデート用。つま先からクロスして、アンクルストラップでとめるデザイン。シンプルだけど色白な脚が綺麗に見える。華奢なデザインだし、こちらも8cmくらいあるけど、履いてみると見た目以上に歩きやすい。

    ヒールがある靴が好きなのは昔から変わらない。ペタンコだったり、中途半端な高さの靴は、近所のスーパーやジムに行く時は良いけど、何と無く気分が上がらない。笑

    最近、脚も演出するものだと思ってお洒落を楽しんでる。

    スカートのデザインや丈やスリットや質感、程よく鍛えて引き締まったすらりとした脚の形や肌の色の白さ、足先を包む靴と靴先から見える綺麗な色のペディキュア。

    全部、女性だからこそできる楽しみ。
    時に可愛く、時に綺麗にセクシーに。着てる服や靴やメイクで、その日のイメージも遊び心も変幻自在。
    こんな風にお洒落を楽しめて、女の子に生まれてきて良かった。

    • りら
    • 2017年 8月 27日 6:56:12

    昨日、心理カウンセラーの方と
    パーソナルスタイリストの方の
    コラボセミナーに行って来ました。

    女性らしい服を薦められても、
    心理的なブロックを外し
    女性性を受け入れられていないと
    どうしても抵抗感が出てしまい
    着られないという話や、
    万人受けするモテ服ではなく
    自分の個性を引き出す服を着るなど、
    実例を交えながらの解説が
    とてもタメになりました。

    内面と外面のバランスが
    うまく取れた女性になりたいです。

    • みゆみゆき
    • 2017年 8月 27日 9:15:07

    洋服はもちろん大好きで
    スカートも定番化しましたけど

    やっぱり、下着ですね。
    私は下着に力を入れてしまいます。

    別に誰に見せるわけではないけど
    仕事中に「今日はアレを身につけている」
    って思い出すだけで気分が高まります。⤴︎ ⤴︎

    この前、ボルドーのブラとショーツのセット
    を予約してきました。
    楽しみだなぁ。

    • 風水だりあ
    • 2017年 9月 06日 14:20:10

    買いました(^^)

    まだ 読めてません。 涼しくなってきたので ゆっくり 読んでみようと思います。

    • みやび
    • 2017年 10月 03日 20:25:59

    新しい職場は皆とても上品な服を身に纏い、秘書さんに至ってはとにかく可愛い…

    セクシーなギャル服で仕事に行ったらめちゃくちゃ浮きました(>_<)

    清楚で可愛くて上品な服…
    とりあえず浮きまくっているので多分これなら上品に見えるだろうと思う服を通販で大人買いしました…

    今までの職場はむしろスカートで仕事してたら浮いてたのに今度はスカートが当たり前、尚且つ可愛くて上品な服を求められるとは…

    白衣きてるから分からないじゃん!
    は通用しないようです。

    環境にも左右されるものですね…

    • かほ
    • 2017年 10月 13日 1:14:24

    主体性にこだわる気力をいつの間にか失ってた
    疲れた

1 11 12 13
↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント