恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

なぜ彼女は楽しい恋愛ができないのか

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

今日の話は、人によっては耳の痛いものになるかもしれません。

ここで勉強をしているあなたは大丈夫なんじゃないかとは思いますが、気を付けておいてください。

多くの女性とは言いませんが、恋愛が思うようにいかない女性の中に何割かには当てはまる話です。これに気づくだけでも、かなり楽になれると思います。

 

僕のところには、

恋愛が楽しいなんて信じられません

私はいつもついていません

変な男しか引っかかりません

というような、悲痛な叫びにも似たメールが時々来ます。

 

あなたの周りにもこういうことを会うたび言い続ける女性が一人くらいはいるんじゃないでしょうか。

そして、だんだんエスカレートしていくと、こういうことを言い出すわけです。

 

男なんか最低の生き物だ

もう恋愛なんかに未練はない

女に生まれてきたのが間違いだった

どうですか。

聞いたことがありませんか(^^;

ブログのコメントでも時々見かけることはありますが、正直まだコメントくらいならかわいい方です。

これを雑談や日常会話で言う女性がいるのです。

 

先日こんな記事を書きました。

コメントも爆発しました。殿堂入りです。

あなたは加害者、になっているかもしれません

 

この記事でも書きましたが、 「相手が悪い」と思っているうちは、すべてうまくいきません。恋愛に限った話ではなく、世の中のすべてのことがそうです。

  • 「彼が悪い」
  • 「世の中が悪い」
  • 「政治が悪い」
  • 「会社が悪い」

こういう発想をしていても、何も変わらないんです。なぜなら、相手は変えられないから。

「彼が悪い」と思っていて、「お前、それ改めろよ」と言って直るのならそれでいいのです。でも、直りませんよね(^^;

絶対に直りません。

 

それは彼の性根が腐っているから直らないというケースも確かにあるかもしれませんが、そのケースは稀です。

人から指摘されて態度を改めることができる人はそんなにいません。日常生活で周りを見ていても、このことはすぐに例が見つかりますよね。子供に「勉強しろ」と言っても勉強してくれないのと一緒です。

本人が「勉強しないと!」と思わないと、本当に改めたことにはならないのです。

他人に言われて一時的に態度がただされることはあっても、ずっとそれが維持されるかといえば、維持されません。

 

「相手が悪い」

という発想をしているうちは、すべてのことがうまくいきません。

僕も昔はそうでした。

自分も出来が悪いと思っていましたが、社会もおかしいと思っていました。仕事でうまくいかなければ、取引している相手が悪いと思い込んでいました。

 

ダメなんです。

相手が悪い、他人が悪いと思っていても、何にもなりません。

社会が悪いとどれだけ嘆いたところで、何にもならないのです。

 

男なんか最低だ

と言うのは簡単です。

でも、言えば言うほど、「女性の価値」は下がっていきますよ。

当たり前ですよね。恋愛対象となるべき相手を認めていないのですから。そんな女性に楽しい恋愛など待っているはずがありません。

僕はこれまで、もう数え切れないくらいの女性に会ってきましたが、例外なく言えることがあります。

 

それは、男性に愛される女性、つまりモテる女性は、100%男性が好きだと思っているということです。

 

Kouさん、何を当たり前のことを言っているんですか?

と思いますよね。

そう思うのであれば、あなたは大丈夫です(^^

 

本当は当たり前のことなのです。

でも当たり前のことが、当たり前だと思えない状況になってしまっている女性がいるわけです。

「男なんか大嫌い」と言い続けている女性が、男性に愛されているのを僕は見たことがありません。

 

そういうことなのです。

話を分かりやすくするために、もう一つ例を出します。

 

このブログでも何回かテーマにした、お金です。

「お金なんか大嫌い」という人の大半は、お金にものすごく困っています。

そして逆もまた同じように成り立ちます。

これがすべてです。

 

好きじゃない、興味がない、取るに足らないものだと思っているものが、寄ってくるわけがありません。

恋愛に途方もなく苦しんでいる女性、どうやっても「楽しい恋愛なんかできない」と思い込んでいる女性は、まず恋愛の対象である男性を肯定できるようにならないと始まらないのです。

別に全部を認めろと言うつもりはありません。

実際問題として嫌な部分も当然あるでしょう。

男女はそもそも違う生き物ですから、どうしたって理解に苦しむ部分もあります。それは男性も同じなのです。

 

その理解に苦しむ人たち同士が、少しずつ歩み寄ってみて、交流を深めていくのが恋愛ではないのですか。

一方が相手をまるで信用もせず、取るに足らない存在だと言い放ち続けているのだとしたら、永遠にそんな交流は生まれません。

 

女性に生まれたのに、仙人にでもなりたいのなら、「男なんか取るに足らない」と思うのもいいでしょう。

でもこのブログに来る人はそうじゃないですよね。

まずはほんの少しでいいので、あなたが相対している男性、あるいはこれから出会う男性に対して、興味を示す気持ちを持ってみてください。見極めてみて「こいつはどうしようもない」と判断するのは構わないのです。

まず、興味を持ってみてください。そこからだと思いますよ。

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (4)

    • なのちい
    • 2018年 3月 29日 9:37:17

    1年ぶりくらいにこの記事を読みました。
    このブログに出会って1年半経った今じゃないとこの記事の意味を理解できていなかったと思います。

    あー、私これからどんどん愛される女性になっていけそう(*˘︶˘*).。.:*♡
    「なんで上手くいかないの、Kouさんのブログもちゃんと読んでるのに、おかしい。」って思ってた過去の失敗の原因がやっと分かった。
    彼にああしてこうして、直して直してって彼をコントロールしようと思ってたの。直して欲しいところばっかり見て自分の思い通りにならなかったら憎まれ口叩いて、「俺のこと不満しかないやろ?」って電話で言わせてしまいました。

    私は愛されやすい主張ができていませんでした。改めてこの記事を読めてよかった!これで私は絶対愛される女性になれます

    • ひろ
    • 2018年 4月 23日 22:28:31

    ぎゃー!あぶない!!
    男の人って、どうしてこうなの!?
    って思うようになっていました。
    職場の失礼な人や、
    ワイドショーで騒がれている人に。
    も~なんで?バカなの?って。
    あぶない!あぶない!

    最近、男性に対して、
    ステキ!かっこいい!と思えたかな?
    興味をもって探してみます。

    • あらいぐま
    • 2018年 6月 24日 5:36:19

    恋愛が苦しくて離れたいって思って、ブログ見るのもしばらく休もうと思っていました。
    そしたら不安で眠れなくなって頭も働かず、落ちてゆく一方でした。

    Kouさんはお医者さんみたいですね。
    ブログは特効薬です。

    不安の原因がこれだった。
    相手を責めることしか頭に浮かんでなかった。
    楽しくなくて当たり前です。
    私を振り回してるのは他人じゃなく自分自身なのですね。
    自分を信じてないから愛情を受け容れる器が小さかった。
    いけないいけない。
    ちゃんと愛情注がれてるのに、気付けなかった。
    ちゃんと大きい器を用意しないとだわ(><)

    • 2018年 7月 11日 6:12:33

    結局、私は男性不信なのかもしれません。それによって相手を傷付けてしまいます。理由はわかっています。

    以前、自分を守るために饒舌になる男性と付き合っていましたが、私は自分を守るために口数が少ないです。その時に守る手段さえ人によって様々なことを知りました。

1 3 4 5
↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント