恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

なぜYYCを紹介し続けているのか

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

そういえばちょっと前に、このブログに載せているYYCの広告をいまだに継続していることについて触れているコメントがありましたので、改めて説明しておくことにします。

 

まず、YYCの広告はアフィリエイト広告なので、確かにこのサイト経由で登録された場合に、僕にいくらかの報酬は入ります。

この収益が発生するという点についてすでに何らかの疑問を感じてしまうようだと、商売には全く向いていません。僕はこのブログをビジネスでやっているわけではありませんが、コストを賄える手段があるのなら使いたいと思っています。ほとんどを無料提供していますから。

さて、本題のYYCです。

YYCと言われて何のことを言われているのかサッパリ分からない人のために少し説明しておくと、このブログの記事の下に紹介リンクを掲載している、出会いコミュニティサイトのことです。

メルマガの中で紹介している場合もあります。

 

正直なところこのYYCの広告は今すぐ取り去ったとしても、僕にとっては痛くも痒くもありません。コストを賄える手段があるのなら使いたいと言いましたが、1件当たりの紹介料など知れているからです。

ではなぜ僕がこのYYCの広告の掲載を今も続けているのか。その理由は今は2つあります。

 

一つは、こちらの記事でも話したことがあります。

ネットでもリアルでも法則は変わらない

一つ目の理由で言えば、別にYYCでなくてもいいのです。女性からすると、極めて低いリスクで恋愛の勉強の実践ができる場所がここにある、というだけです。賛否両論あるでしょうが、生身の男性の感情をすぐに知ることができ、かつ「モテる女性」として男性と対峙するときのシミュレーションができる場としては非常に有用です。

インターネットのサイト越しであれば、あなたは男性から見て「モテる女性」なのです。

少なくとも、相手の男性に何の情報も与えていない状況にあっては、男性はほとんどすべての女性が攻略対象なのです(笑)。会ってから苦戦することはあるかもしれませんが、会うまでは信じられないほど圧倒的に有利です。

 

ちなみに僕は婚活とかいう謎の行動は一切必要がないと思っています。

いつぞやのメルマガでも書きましたが、婚活というのは結婚産業が商業的にはやらせたキーワードです。それに乗っかって他人と同じように婚活にいそしんでいるような人は、何も考えていないのと変わらないのです。

してはいけないとは言いませんが、それをする前にもっと他にすることがありますよね。

結婚相談所も、行くなとは言いません。確かに僕の相談女性の中にも、結婚相談所を通してうまくいったケースがいくつかあります。

ただしそこにいたるプロセスはそう簡単ではなかったことの方が多いですね。制約もかなりありますし、そこに登録している男性が何を求めて行動しているのかを考えれば、あえてそこに飛び込むのは他に選択肢がなくなってからでもいいと思います。

 

そしてもう一つの理由です。

今はこちらの方が僕の中でも大きくなりかけています。

その理由というのは・・・

「Kouさん、YYCで知り合った彼と婚約しました!」

という報告をもらったことです。

残念ながら(?)、一人ではありません。5人以上はいます。決して多くはありませんが、これを聞いてびっくりする人もかなりいるんじゃないでしょうか。

「彼ができました」ではありません。「結婚しました」とか、「婚約しました」なのです。

「彼ができました」という報告は、当たり前ですがもっと多いです。

 

どうですか。

曲がりなりにも何らかの実績が出てしまっているのです(^^

ちょっと納得できませんか。

僕はYYCを全面的に支援しているわけではありません。良い面もあれば、悪い面もあるでしょう。リスクとして表れる悪い面をうまく抑えながら使うことができれば、これほど便利なツールはなかなか見つかりません。

出会い系サイトというと、事件などの報道もあって、リスクばかりに目が行きます。でもリスクを考えたら、結婚相談所でも合コンでも、何でもリスクはあります。むしろ、いきなり相手の男性と相対しなければならず、多少なりとも個人情報の交換を強いられるリアルの出会いの場の方がはるかにリスクが高いと思ってしまいます。

意外かもしれませんが、YYCなどのサイトで男性を選ぶ場合、「くだらない男」に引っかかる確率はかなり下がります。

なぜなら、恋愛の勉強をしていれば、会う前に相手の男性心理からくる行動を読みながら的確に行動できるからです。

 

現実でもリアルでも、注意すべきことは変わりません。また、ネットの向こう側にいる男性は生身です。使えるものは使った方がいいんじゃないかなというのが、僕の意見です。

もっと極端なことを言えば、直接相手を探すという理由でなくても、男性心理を知るための勉強の場として使えばいいのです。

意外なことに、会ってどうこうすることだけを目的にしていない男性がいたりするのです(^^;

こういう人たちをとっ捕まえて、僕がブログで言っていることを聞いてみたりするのも面白いですよ。(実際にやっている猛者がいます)

 

YYCのリンクはこの記事の下にあります。多分。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (3)

    • 響子
    • 2020年 3月 11日 21:28:54

    まるこめ印◎ さんへ

    ただの愚痴はきなのに、こういうご助言をするのはかえって悪いかもしれないんですが(^^;

    YYCをはじめ、出会い系サイトを使う男性の多くは、セフレ探しです。
    女性側のプロフの書き方もあるんですが、
    「どこ住んでるの?休みいつ?」
    と、すぐにそういう事を聞いて来る5人に4人位まではセフレ探しと思っておいても良いくらいです。

    今やり取りしている人をそうだと決めつけるのは良くないですが、その可能性をちょこっと考えて合点がいくなら、気にしなくて良いフェードアウトだと思います。

    真面目に付き合う女性を探している男性であれば、やっぱり真面目に付き合う男性を探していると思われる女性を、4.5日でフェードアウトとか、メールアドレス交換で完全なフェードアウトにまではしないように思います。(経験上ですが)

    こちらが相手の話に興味や関心を持って聞いたり、相手に付き合える可能性があると示しているのにも関わらず、フェードアウトしてくるような男性は、あまり気にしなくていいように思いますよ~。

    • まるこめ印◎
    • 2020年 3月 12日 20:51:21

    響子さんこんにちは。
    アドバイスありがとうございます。嬉しいです〜( ;∀;)

    なんて不誠実な男性ばかりなのか…とちょっと絶望していたので、響子さんのコメントに救われました。
    そうですよね。わざわざ時間作って一生懸命内容考えてメールしてるのに、それをフェードアウトするような人、気にする必要ないですよね。
    アプリの大多数の男性がセフレを探しているということも頭の片隅に置いて、また頑張ります。

    響子さんのアドバイス聞いて元気になりました(^_^*)
    ありがとうございます(^_^*)

    • ハニー
    • 2020年 10月 17日 21:45:14

    YYCじゃないのですが、久しぶりに有料の婚活サイトをやってみました。
    良さそうな2人を選んで会話を開始。
    一人目は2.3言話した後にLINE交換しない?と。
    まだそんなにLINEで頻繁に会話したくないし、もう少し仲良くなってからでも良いですか?と。
    そうしたら文句を言われ、その人すぐ退会していました。
    え?そんな感じ??

    2人目は結構頻繁に会話していて趣味も合うし高感度高め。
    食事にも誘われて連絡先交換してもいいかなと思っていました。
    私の返信が遅いのが気になったのか、嫌だったらやめてもいいですよ!って。普通に楽しく会話しているのに。
    今日朝普通のメッセージが来てたのを仕事の為夜開いたら、もういいです、と退会。。
    え、そんな感じ??
    せっかちな人達にたまたま当たってしまいました。
    そんな人達とうまくいかなくて良かったですが、なんかどっと疲れてしまいましたー。

1 10 11 12
↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント