恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

無料では投資にならない。どうするべきか

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

僕は度々、LINEから離れた方がいいと言い続けています。

もうその話はいいよ」という人もいるかもしれませんね。

 

他人迷惑とは何か

ゆめさんより:

迷惑かな?って思うことも相手とってはけっこう嬉いってことも以外とあかな~と思ってみたり。
それ自体迷惑だったとても、こちら対応で良くも変えられる^^

docomo通話放題プランた。今までLINE電話は出ず通常着信を待ち、それを投資一つてた…また戦略を考えなくては!!笑

これは問題ないんですよ。

少なくともLINEよりはいいです。もちろん通話し放題じゃない方がいいのですが、それでも通話し放題にするためのコストは支払っているのです。

僕がLINEでの連絡をやめた方がいいという理由は、コストがかからないという点と、アカウントの価値が低いという点です。

 

無料で作れるものには価値がありません。

その価値のないもので連絡をし続けるということは、価値のない連絡をし続けるということとほぼ同じです。

通話し放題でも、アカウントに価値がある連絡手段で連絡しているのなら問題ないと思いますよ。

 

通話し放題になって、彼の中ではコスト意識が低くなってきたとき、どうしたらいいのか。

めちゃくちゃ簡単です。

 

「電話をかける」という行為をコストにすればいいのです。

前にこんな記事も書きました。

あなたがどう扱われたいのかにこだわること

 

彼にとって、電話をかけることそのものが自分の投資行為だということに気づかせてしまえばいいのです。

かかってきた電話にいちいち反応することはありません。

あなたがその電話を取れるとき、取りたいと思ったときだけ取ればいいのです。

 

ゆめさんの場合、今までLINEの電話は出なかったんですよね。

だったら、そのLINEの電話に当たるような電話は、出なければいいんです(笑)。

すぐには意味が分からないかもしれませんが、ものすごく簡単です。

同じ電話でも、取りたくない電話とそうじゃない電話があるわけです。取りたくないものは無視すればいいんです。

 

こういう話をすると、

それは私のポリシーに反する

という人もいます。

どうしてもイヤなら、無条件に取ればいいですね。でも無条件に取っていたら、彼の電話は投資にならなくなります。

なぜなら、「いつでも出てくれる女」になるからです。「いつでもつかまる女」・・・いやですよね、やっぱり。

 

毎回言い続けていますが、電話はかかってきたら絶対に出なければいけないというような決まりはどこにもありません。

出たくなければ出なければいいのです。

彼が本当に話したかったら、またかかってきます。それでいいと思いませんか。

 

ちなみに面白い補足をしておきます。

人間も動物も同じで、ある挑戦によって毎回リターンが出るものと、時々しか出ないものがある場合、時々しか出ないものの方がより強い誘引になるそうです。

これはくじ引きとか、当たり付きのお菓子が分かりやすいですね。

あれは時々出るから、「次イケるかも」と思って買うわけです。毎回当たっていたら、すぐ飽きます。

 

男性から見ると、自分が行動したら毎回同じ結果を出してくれる女性。これのどこが魅力的なんでしょうかね。

僕は女性に気まぐれな人が多いのは、何かものすごい理由があるんじゃないかと思うほどです(笑)。

 

もしかして、繋がってきましたか(^^

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • アンパンまん
    • 2018年 7月 04日 8:38:22

    LINE通話のみで何時間も電話してます。
    怖い…。確かに時間換算はしてきます。
    1番嫌なことは、
    電話番号は教えてくれないのです。

    →この電話自体が会社のだから、
    通話番号は会社のもの。そして、電話帳には会社以外の番号はNG?

    全員、ほぼLINE通話。
    親、友達、会社の人、全てLINE通話…。

    いや、嘘だろ!
    マジでカモ過ぎる。カモは放置の刑。
    どれだけ、私の価値に気付いて焦るのか?
    楽しみ…。

    • 2018年 7月 06日 10:59:19

    私は最初は従順なのですが、慣れてくると「気まぐれ」「わがまま」だと言われます。

    これはどうなんでしょうね…。

1 3 4 5
↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント