恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

他人の迷惑とは何か

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

昨日はちょっと立て込んでいて、ブログを書くつもりでいたのにできませんでした。

さて、先日のこちらの記事で、気になるコメントがありました。

心のブレーキと杭

かいえさんより:

面白いたとえですね。

考えてみてほしいのは
他人は他人の都合があるということです。

自分がアクセル踏み込めば
なんでもかんでも思い通りになると
思うのはいかがなものかと。

人は他人との関わりをもって
社会で生きています。

自分が勝手に相手を見て
勝手にアクセルふむのは
違うと思います。

自分の勝手を
勝手に選んだ相手に押し付けるのは
違うと思います。

自分がやられたことを想定してほしいですね。
私も
勝手に好かれて
勝手にプレゼント押し付けられて
とても嫌な思いしました。

どんなに愛してると言われても
こちらは愛せないので
迷惑なだけです。

それと同じことを相手にしないことが
いいと思います。

勝手にアクセル踏み込んで
大事故に巻き込むのは
違うと思いますね。

これは、かいえさんの言いたいことはよく分かります。

自分がされて嫌なことは他人にはしてはいけないとはよく言われます。

 

コメントをしてくれている方の中には、アクセルを踏むことは猛アプローチをかけることとは違うということを説明してくれている人もいますね。それもその通りです。

アクセルを踏む、ブレーキを離すというのは、自分にかかっている心理的な制限を外して、思うように行動することです。

その行動というのは、箍が外れたから彼に猛プッシュするということではないのですね。

 

僕が今回話をしたいのは、「他人の迷惑」についてです。

多くの日本人は、これを無意識に考えてしまいます。

「他人に迷惑をかけてはいけない」

それはそうです。迷惑をかけてはもちろんいけません。

 

親から、あるいは学校の先生から、「自分がされて嫌なことは、他人にもしてはいけない」と教えられました。

僕もそう教わりました。

もちろんそれは正しいと思うのですが、いきすぎもまた大きな問題なのです。

 

「他人の迷惑」を考えるあまり、それによって無意識に自分の行動を制限しようとしてしまうのです。思い当たる人はかなりいるんじゃないでしょうか。

僕もありますよ。会社員のときは特にそうでした。

先輩に相談するときも、「迷惑にならないか」を常に考えてしまっていました。こういう人はかなり多いと思います。

 

よく考えて見てもらいたいのですが、実は「自分がされて嫌なことは他人にしてはいけない」というのは、ちょっといきすぎていると思うのです。

自分と他人は別の人格です。

あなたが迷惑だと感じることは、必ずしも相手も全く同じように迷惑だと感じるかどうかは分からないのです。

だからといって自分が迷惑だと感じることでも、他人に対してなら無条件にやっていいとは言いません。

 

でも、必要以上に相手の立場になって考えることは、悪い面もあるのです。

慮ること自体が「余計なお世話」という場合もあるかもしれません。

 

相手は自分ではないのです。

迷惑と感じるかどうかは、相手が決めることです。

このものすごく単純な原則に気づくと、あなたの人生はかなり立ち回りやすくなります。迷惑だと言われたら初めてやめればいいのです。

 

自分の行動が他人に迷惑をかけるかもしれないことを、いつも必要以上に考えるのはやめましょう。

迷惑はかけない方がいいです。

でも迷惑かどうかはあなたが決めることではないのです。

あなたが迷惑だと思っていることも、相手にとっては実はしてほしかったことだったりするかもしれないのです。

 

やってからでもリカバリーはできるのですから、やる前から「迷惑になるに違いない」と思ってやめてしまうのはもったいないですよね。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

    • 2018年 7月 06日 7:29:36

    迷惑かどうかは相手が決める

    私が迷惑だと思っても、相手にはそれをしてほしい場合もある

    迷惑だと言われたらそこで初めてやめればいい

    そこからリカバリーもできるのに、やる前からやめてしまうのはもったいない

    これ、彼と私の関係にとても当てはまります。

1 4 5 6
↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント