恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

やりたいことをやれとはどういうことなのか

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

昨日、仕事を辞めることについての話を書きました。

僕は「収入を1カ所にしない」という話でメチャクチャ反応が来ることを想像していましたが、予想に反してあまり反応はありませんでした(笑)。

自己投資関連の話や、集中コースもやったので、浸透してきている証拠なのかもしれません。

 

その中で、少し気になったコメントがあったのでシェアします。気になったというか、これを見て僕と同じように誤解する人がいるかもしれないので、補足しておこうと思います。

僕自身がこのコメントを読んで、最初誤解しました。多分誤解だと思います。

 

私はこれで会社を辞めました

娘は、昨年小学校を辞めました(笑)

私が定めた家訓(笑)により、子どもたちには、勉強であれ何であれ、やりたくないことをやるのを厳しく禁止しています。

学校に関しても、好きでもない授業に出る意味が本当にあるのだろうかと、親子で何度も話し合いました。そして「じゃあ、辞めてしまおう!」となりました(笑)

そして今は、とっても素敵なフリースクールに通っています。それでも興味のある勉強は早朝からやっていますし、道徳なんて教わらなくても、小さい子やお年寄りへの思いやりあふれた子に育っています。

学校を辞めるとき、先生たちは「娘さんの将来が心配ではないんですか?」と警告してきました。でも私は、たった今の自分の気持ちを押し殺しながら生きていくことのほうが、将来が心配でした。
根拠はないんだけど、自分の正直な気持ちを優先して、好きなことをやってる人には、天が味方してくれると思うんです。

僕は不勉強で、フリースクールというのが何なのか、よく知りませんでした。そういうのもあるのですね。

意思に基づいて学校を辞めること、あるいは変えること。それ自体は全く問題ないと思います。

 

昔ならいざ知らず、日本国内で言えば、今の教育現場は混乱を極めているので、人と同じように学校に通わないという選択肢も十分ありだと思います。

何十年か前までは、ちゃんと学校に通わせてさえいれば、一定水準以上の人間にはなれるという面がありました。

学校の先生が尊敬の対象であり、集団行動を通してしか得られないものというのもありました。

道徳教育で言えば、これは本来学校で教わるものと言うよりも、親が教えないといけないものなんですよね。

 

僕がコメントを読んで最初に気になったのは、学校を辞めたということではなく、この一文です。

「子どもたちには、勉強であれ何であれ、やりたくないことをやるのを厳しく禁止しています。」

 

後からこのコメントの女性のことを思い返してみて、まあそういう意味で書いたのではないのだろうと感じましたが、最初はやや違和感を覚えました。

「やりたくないことはやってはいけない」

これは、僕もよく言っていることです。

でもそれは主体が大人のときです。

正直なところ、子供の場合はどうするかと考えたことがありませんでした。

 

僕は最初、こんな感じで誤解して受け取りました。

「やりたくないことをやるのを厳しく禁止しています。」

「嫌いと感じることはしてはいけない」

 

どうでしょうか。

もしかすると、僕の過去の話も、誤解して受け取っている人がいるかもしれないと思いました。

好きなことをやれ、やりたくないことは極力やらない方がいいと言い続けてはいます。

でもそれは、嫌いなことを回避するということではありません。

 

子供の場合、特に幼いうちは、よほど自分の性格が固まっていない限り、嫌いなことも含めてやらせる必要があります。

なぜなら、子供の「やりたいこと、やりたくないこと」は、そのときの瞬間的な好き嫌いが極めて大きな判断材料になるからです。というより、もうほとんどそれだけが理由です。

何かスポーツでも勝負事でも何でもそうですが、成功した人は大人になってから、

子供の頃に親に無理矢理やらされてよかった

というようなことを言う人がかなり多いですね。

つまり、子供の未来は、子供の嫌いなものの中にも潜んでいる可能性が大いにあるということです。

 

僕はこのコメントの女性のことを知っているので、僕が誤解しているだけなんだろうということが分かるのですが、このコメントを字面だけ受け取って大きく誤解したまま吸収してしまう人がいるんじゃないかと思いました。

「やりたくないことをやらせない」というのは、「嫌いなことを回避させる」という意味ではありません。

 

これは大人も同じです。

嫌いなことも、やってみた方がいいです。

人間の好き嫌いは、本当にいい加減な感情なんです。これについては、先月こんな話もしましたね。

自分ができないことは、どうしても好意的に捉えられない

 

コメントの真意と、僕がこれまでの話で言いたかったことは、それをするのが苦痛でしかなく、それをすることでどんどん自分が傷ついていくようなことからは離れる必要があるということです。

我慢してそこにい続ける必要はないわけです。寿命を削ってまでい続けることに、本当に意味を見出せるかどうかです。

 

本当にやりたいと思えることにフォーカスしていくことです。

このコメントを読むことで、僕自身が説明しきれていないことが明確にもなりました。

本当にやりたいことを見つけたら、それをあなたの意思で選択すること。それは、好き嫌いに依存してはいけません。

そして、その選択した意思を強く持ち続けてください。

 

たとえば子供に「あれがやりたい」と言われたら、自分で決めさせるわけです。決めた瞬間からが勝負です。「もうやりたくない」と言われて簡単にやめることを許してはダメです。昨日好きだったことが、今日だけ嫌いになっていることもあるわけです。

大人でもありますよ。

やりたいことをやれ、というのはそういうことなのです。

 

見つけたら、徹底的にやり抜いてください。飽きるまでやってください。

飽きるまでやる人はほとんどいません。だからうまくいかないのです。

10回やれば到達できるのに、10回やる人はほとんどいません。8回くらいで、もういいやと辞めてしまうのです。

8回まで行ったらまだマシです(笑)。

すごい人になると、2、3回で「もう飽きた」と言って去っていきます。多くの人は、2、3回です。

 

飽きるまでやりましょう。

飽きてもやり続ける人が僕は好きです(^^

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (4)

    • ロシアンブルー
    • 2018年 3月 07日 17:59:03

    この記事、好きだなー。

    やりたいことを見つけたら徹底的にやり抜くこと。飽きるまでやること。

    私は今まで、徹底的にやり抜いたことは、一度もないかもしれない。

    ちょっと壁に当たったら逃げたり諦めたり。

    でも、それじゃ、いつまでも前に進めないんですよね。

    いくつかの職を経て、自分がやりたいこと、やっと見つけました。

    もう、いい年なんだけど(笑)。

    飽きるまでやってみたいなぁ。
    たぶん、飽きないな。

    人生が続く限り。

    もしも、少し疲れてしまうときがあったら、この記事、読み返します。

    • 里桜
    • 2018年 4月 19日 15:26:56

    『その選択した意思を強く持ち続けてください。』

    私に欠けているのは、これだと思う。

    選択した意思が日々うつり変わっている。
    どれが本心で、どれが短期的欲求の自分なのか?
    また、どっちが素直な自分で、どっちが「~ねばならない」に捕らわれた自分なのか、、、
    自分でも分からなくなってきた。

    ダメだ!!まだまだ土台グラグラだ(;>_<;)
    恋愛のお勉強を始めて、少しは変われたなんて感じていたのに・・
    自分の現状に愕然とした。

    結局、カレ一人のことに何時までも答えを出せず、一体何年悩んでいるのだろう?
    まるで出口が見付からないみたいに、最近苦しい。

    もう一度仕切り直してみよう。

    • かしゆか
    • 2018年 5月 23日 14:21:38

    >それをするのが苦痛でしかなく、それをすることでどんどん自分が傷ついていくようなことからは離れる必要がある

    >本当にやりたいことを見つけたら、それをあなたの意思で選択すること。それは、好き嫌いに依存してはいけません。

    そして、その選択した意思を強く持ち続けてください。

    →彼氏はやりたいことが決まるとやり抜く人間です。その中に「嫌い」や「苦手」が含まれていても関係ありません。

    肝心の私自身は、もうやると決める前から始めるとなるとこれもあれもやるのか…と考えてしまい、いつまでも決められません。

    やりたいことを大事にできてないですね。

    こんな人生でいいのか笑
    生きる目的や意味を見つけたいです。

    • 2018年 7月 03日 14:04:33

    大人になってから、というよりこの年齢になってから、諦めるのが早くなったと思います。

    昔は何でも挑戦したのに…。全て甘え、まだ大丈夫という気持ちがどこかにあるからなのでしょうね。

    私にも本気で取り組まなくてはならないことがあります。頑張ろう。

↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント