恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

ごく稀にいる、男を救う女

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

筆頭門下生(笑)のpinoさんからコメントをいただいたので、その件について話をします。

 

その前に、僕はブログにいただいたコメントを、可能な限り全部に目を通しています。そして、気になるコメントはブログの記事で取り上げることがあります。

最近はこの話をしていませんでしたが、以前「コメントを取り上げないでほしい」という話があり、こちらの記事を受けてメルマガでは一度説明しました。

当てはまらないことも・・・ある、かも?

 

当時のメルマガでは話しましたが、改めてここで説明することにします。

僕がコメントを紹介しているのは、それを晒し者にするためにしているのではなく、重要な話題だと認識しているからこそ紹介しています。コメントとそのコメントをしてくれた人を批判するために取り上げているわけではありません。僕が本当に嫌だと感じる内容のコメントはわざわざ紹介しません。

有用だからこそ取り上げるのです。

実際に紹介されることによって初めて明るみに出る話題があったり、新たな共感を呼んだりすることもあります。

もしどうしても紹介されたくないという話があるのであれば、僕に直接メールで送ってください。コメントで書いている以上、僕が取り上げなくても不特定多数に見られています。

 

あなたがどう扱われたいのかにこだわること

pinoさんより:

でも真意が他の人に通じずコレをしてもいい状況の方にも
私のコメントを読んでKouさんの主旨が歪んで伝わる可能性はあるなーとは思いつつ
それでも私はあえて色々書きました。
Kouさんが歪むと感じたなら、その部分は皆さん向けにKouさんが
このように修正かけて下さると思って。
私は他の人の恋愛ためにコメントしてるんじゃないので。コメントは私の恋愛ノートです。

そうそう。それでいいと思います(^^

以前からそういうスタンスで復習コメントを書いてくれていましたからね。

pinoちゃんだったらこの先これからいくらでも幸せなこといっぱいあるよって
意味に近いことをつぶやいたりしました。
そこにあなたはいないの…?何言ってるの…?って思いと
あーもーしばきたい‼︎って思いでいっぱいになりました(笑)
会うことの言葉は彼から自ら言ってきましたが…その時期は実現せず。
オイって思い急かしてもみましたけど、うんと言いながらいつになるのやら…。
まー待ちますけどね!(笑)

女性は彼の状況を考えるなと言われても
あるんだな…って。やっぱりまだダメだったんだなって。
Kouさんにお伺いしたいのはKouさん自身が以前に大変な時期ありましたよね。
その時に電話の例のコレをこのノリでされたらどうですか?その時でしたか?
私はわかっていても今は彼の状況を考えないでコレは難しいかな。
それ以前に電話は嫌いなので電話でしませんが(笑)

まず、「電話してね」の遠距離恋愛中の彼女は、僕の「大変だった時期」とはまた違う時期でしたが、それでも問答無用でした。そのときはそのときでやはり忙しいのです。忙しさの質は違いますが、同じように多忙であり、またお金に苦しい時期ではありました。

 

そして、「大変だった時期」の場合。

僕は自分で仕事をし始めてからは、最悪な時期が続きました。この時期にも相手はいましたが、非常にうまい人でした(笑)。

「電話してね」はありませんでしたが、その代わりに「息抜きがいるよね」と言いながら突然デート要求してくることは何度もありました。

これができるかどうかは、女性の性格によるところもあるかもしれませんが、実際僕はそれに何度か救われました。

 

密かに人気があるこちらの記事でも、その話をしています。

忙しい彼があなたに本当に求めているもの

男性には、本当に忙しい時期、あるいはもうどうしようもない時期(仕事やお金の問題で限界に来ている)がどうしてもあります。そのときは恋愛どころではないのです。正直、「ほっといてくれ」という感覚の方がはるかに強いです。

本当にひどいときになると、いかに彼女といえども邪魔者に見えるときもあります。

デートなんかあり得ないわけです。

 

ここで黙っておとなしくしているのか、頃合いを見計らって「遊んで」と言ってくるのかの違いです。

本当にダメなときは断らざるを得ません。

でも、よく考えてみると、年中、四六時中ずっと同じレベルで多忙のピークが続いている人っていないんですよね。自分でそう思っているだけで、案外忙しくても忙しくないときがあります。

つまり、忙しいんだけどその気になれば相手できる時もあるということです。彼が自分で忙しいと思っているだけで、ピークではないんです。

さらに無理をすれば相手ができるということですね。

 

この「さらに無理をさせる」のがモテる女性です。

文章だけ見ると、ひどい女に見えますが、実際は違います。

「さらに無理をさせる」ように見えて、彼の伸びしろを作っているのです。デートなんかするヒマはないと思っていた彼にそれをさせることで、心の余裕が生まれます。

よく映画とかテレビドラマでも見たことがありませんか。

取り組んでいる仕事だったり学業が八方塞がりになってしまって、一人思い悩む主人公を連れ出す女性に癒やされて、すべてが好転し出すという展開です。あれは実際にあるのです(笑)。

 

どうせなら、こんな女性になりたいですよね。

先に言っておくと、忙しい彼にそういう要求をするときは、必ず抵抗にあいます。それは覚悟しておいた方がいいです。

そこでダメージを受けてダウンしたらダメです。

断るの?あ、そう

とでも言いながら、さっさと引き上げればいいのです。ダメージなんか受ける必要はありません。

そしてまた頃合いを見計らって適当につつく。あなたがそうしたいと思ったときだけ。

 

もしあなたが、彼を癒やす存在になり得たら、彼が状況を打開した将来、必ずこういうことを言います。

「あのときお前がいてよかった」

このブログには、実際にこれを言われたことがある女性もいるはずです。

 

別に物質的に、金銭的に助けたわけではないのです。ただ、行き詰まりを見せる彼の生活に刺激を与えただけなのです。

おそらく彼の忙しさを考慮して、黙っておとなしくしていたら、こんな女性にはなれないでしょう。

 

僕が辛かった時期の相手の女性については、「女性の承認」では何度か話をしています。今後も時々出していくとは思います。「女性の承認」は、5月19日で新規登録の受付を停止する予定です。

女性のための恋愛技法・女性の承認

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (7)

    • なもも
    • 2017年 6月 22日 15:45:22

    >別に物質的に、金銭的に助けたわけではないのです。ただ、行き詰まりを見せる彼の生活に刺激を与えただけなのです。

    ちょうどいま、なんかものすごい感謝されているのですが、わたし言うほど何もしてないよなあ〜、と思っていたところでした。

    でも彼の中では、「君のおかげで乗り越えられた」になっています。
    なんかよくわからないけど、そういうことらしいですね。
    ほんとになんでなんだ?

    ああ、書いてありましたね。
    彼が、もー限界だあーと思っているところに、さらに伸びしろを作ったということなのね。
    それが、彼の心に余裕を生む。
    そして感謝に繋がる。

    でも、うーん、まだぴんとは来ないな。
    もうちょっと論理的な説明がほすい。

    • 八月の向日葵
    • 2017年 6月 23日 23:08:49

    小林麻央さん
    ご冥福をお祈りします。

    海老蔵さんと麻央さんの関係は
    まさに、これだと思いました。

    お二人のblogを時折
    読ませて頂いていました。

    素敵な深い絆で結ばれている。
    そんな印象でした。

    海老蔵さんの会見で語っていた
    「麻央は自分を変えてくれた人」
    「自分を変えた人」
    そんな風に語っていたのが
    すごく印象的でした。

    確かに過去は色々な出来事があった
    海老蔵さんに思います。

    わたし自身も あまり良い印象では
    ありませんでしたが

    blogを通しての
    海老蔵さんは とても
    愛情深く。。。麻央さんに対しても
    お子様達に対しても
    接しているように感じました。

    人は愛する人がいると変われる
    愛する人を守るために頑張れる

    そんな印象を受けました。

    • 翡翠
    • 2017年 6月 24日 18:23:33

    彼は今その状況ですね。

    • こまつなな
    • 2017年 7月 24日 20:56:21

    私のじいちゃんは、認知症で徘徊します。
    1日何回もです。

    今日も仕事に行くから〜と外に出ようとするので、私はえ〜何で仕事に行くの?と聞きました。

    そしたら「ん〜やっぱりばあさんに苦労させたくないからかな
    楽をさせてあげられたらいいんやけど。なかなかそうもいかなくてね〜
    苦労はさせないって結婚の時に誓ったから」と言われました。

    祖母は数年前にガンで亡くなっています。

    私はうん、そうなんだ〜と言ってじいちゃんと、仕事場まで行って、定休日なんじゃない〜?とかいいながら一緒に帰ってきました。

    じいちゃんがここまでいうばーちゃんは素敵な女性でした。今でも愛されています。

    • リプトン
    • 2017年 7月 26日 10:53:20

    ギリギリにならないとやらない彼の悪い所でもあるんですが、時間がある事に胡坐をかいてのんびりしてたり、自己管理がずっとできない彼のお尻を、さすがにひっぱたこうと、怒りました。

    自分に甘すぎる、ONOFFは大事だけどOFFすぎる、意識が低すぎる、やる気が足りない。それじゃあ尊敬できない、2流。パパみたいになっちゃダメよと子供に言いたくない。

    言いたいこといちゃったのかな。

    彼は、どこで歪んだのか、俺の事をそういうけど君も~な所がある、カツを入れるならもっといい方法がある。などとしょうもない事を言って、自分を守ろうとします。
    それが、本当に男らしくない!し、素直にハイと言えない所にまたムカつく。やっぱり尊敬できない。

    んん~。喧嘩というか、こういう言い争いで、彼をまた知ります。
    男性はもろい。そのもろい男性の友達から、ガラスのハートと言われている彼(笑)。
    私も、言葉がストレートなので、相手を切りつけます。それも、直さなきゃなあと思いました。

    記事のように、彼が「居てくれてよかった」(違う意味の刺激(笑))と、叱ってくれる彼女の存在に意味を見いだせるのか。
    ガラスのハートが砕けて、立ち直れないなら、もういりません。本当に。
    そんな弱い男、どれだけ思い出があってもこっちから願い下げだと本気で思います。結婚まで話が出ていたとしてもこびない、自分の求める彼を譲らない。そういう思いです。
    彼が、やる気を出して、真剣になってくれる結果だけを受け止めたいと思います。

    彼のもろすぎて、傷つきやすく、自分を守りすぎる所、よくならないかしら。。
    私がまず本を読んで勉強しようかな。うん。

    彼には、もっと柔らかく、コントロールしていうようにします。けちょんけりょんに言って、悔しがらせて、褒める!みたいなイメージでしたけど笑笑。

    はあ。

    • 風鈴絹音
    • 2017年 7月 26日 11:57:21

    私、ほんとたまーに、
    男性を救うようなことを、言っていることもあるらしいのですが、
    (その男性から、後から言われて、「あ、そんなことあったっけー」と思うw)
    たいてい、そんな時に自分が何て言っていたかなんて、覚えていないんですよね(笑)

    • ちえちゃん
    • 2017年 7月 26日 13:43:42

    最近これが出来ていませんでした。

    昔から他人の感情には敏感なのに、
    自分の感情には鈍感で。
    社会人になってからは、特に機械人間になってました。
    でも確かに、「嫌だ」「こうじゃないよ」て思う時には心に違和感を感じるんです。

    その時に上手じゃなくても声に出して伝えられるようになりたいです。いや、なります!

1 5 6 7
↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント