恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

ごく稀にいる、男を救う女

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

筆頭門下生(笑)のpinoさんからコメントをいただいたので、その件について話をします。

 

その前に、僕はブログにいただいたコメントを、可能な限り全部に目を通しています。そして、気になるコメントはブログの記事で取り上げることがあります。

最近はこの話をしていませんでしたが、以前「コメントを取り上げないでほしい」という話があり、こちらの記事を受けてメルマガでは一度説明しました。

当てはまらないことも・・・ある、かも?

 

当時のメルマガでは話しましたが、改めてここで説明することにします。

僕がコメントを紹介しているのは、それを晒し者にするためにしているのではなく、重要な話題だと認識しているからこそ紹介しています。コメントとそのコメントをしてくれた人を批判するために取り上げているわけではありません。僕が本当に嫌だと感じる内容のコメントはわざわざ紹介しません。

有用だからこそ取り上げるのです。

実際に紹介されることによって初めて明るみに出る話題があったり、新たな共感を呼んだりすることもあります。

もしどうしても紹介されたくないという話があるのであれば、僕に直接メールで送ってください。コメントで書いている以上、僕が取り上げなくても不特定多数に見られています。

 

あなたがどう扱われたいのかにこだわること

pinoさんより:

でも真意が他の人に通じずコレをしてもいい状況の方にも
私のコメントを読んでKouさんの主旨が歪んで伝わる可能性はあるなーとは思いつつ
それでも私はあえて色々書きました。
Kouさんが歪むと感じたなら、その部分は皆さん向けにKouさんが
このように修正かけて下さると思って。
私は他の人の恋愛ためにコメントしてるんじゃないので。コメントは私の恋愛ノートです。

そうそう。それでいいと思います(^^

以前からそういうスタンスで復習コメントを書いてくれていましたからね。

pinoちゃんだったらこの先これからいくらでも幸せなこといっぱいあるよって
意味に近いことをつぶやいたりしました。
そこにあなたはいないの…?何言ってるの…?って思いと
あーもーしばきたい‼︎って思いでいっぱいになりました(笑)
会うことの言葉は彼から自ら言ってきましたが…その時期は実現せず。
オイって思い急かしてもみましたけど、うんと言いながらいつになるのやら…。
まー待ちますけどね!(笑)

女性は彼の状況を考えるなと言われても
あるんだな…って。やっぱりまだダメだったんだなって。
Kouさんにお伺いしたいのはKouさん自身が以前に大変な時期ありましたよね。
その時に電話の例のコレをこのノリでされたらどうですか?その時でしたか?
私はわかっていても今は彼の状況を考えないでコレは難しいかな。
それ以前に電話は嫌いなので電話でしませんが(笑)

まず、「電話してね」の遠距離恋愛中の彼女は、僕の「大変だった時期」とはまた違う時期でしたが、それでも問答無用でした。そのときはそのときでやはり忙しいのです。忙しさの質は違いますが、同じように多忙であり、またお金に苦しい時期ではありました。

 

そして、「大変だった時期」の場合。

僕は自分で仕事をし始めてからは、最悪な時期が続きました。この時期にも相手はいましたが、非常にうまい人でした(笑)。

「電話してね」はありませんでしたが、その代わりに「息抜きがいるよね」と言いながら突然デート要求してくることは何度もありました。

これができるかどうかは、女性の性格によるところもあるかもしれませんが、実際僕はそれに何度か救われました。

 

密かに人気があるこちらの記事でも、その話をしています。

忙しい彼があなたに本当に求めているもの

男性には、本当に忙しい時期、あるいはもうどうしようもない時期(仕事やお金の問題で限界に来ている)がどうしてもあります。そのときは恋愛どころではないのです。正直、「ほっといてくれ」という感覚の方がはるかに強いです。

本当にひどいときになると、いかに彼女といえども邪魔者に見えるときもあります。

デートなんかあり得ないわけです。

 

ここで黙っておとなしくしているのか、頃合いを見計らって「遊んで」と言ってくるのかの違いです。

本当にダメなときは断らざるを得ません。

でも、よく考えてみると、年中、四六時中ずっと同じレベルで多忙のピークが続いている人っていないんですよね。自分でそう思っているだけで、案外忙しくても忙しくないときがあります。

つまり、忙しいんだけどその気になれば相手できる時もあるということです。彼が自分で忙しいと思っているだけで、ピークではないんです。

さらに無理をすれば相手ができるということですね。

 

この「さらに無理をさせる」のがモテる女性です。

文章だけ見ると、ひどい女に見えますが、実際は違います。

「さらに無理をさせる」ように見えて、彼の伸びしろを作っているのです。デートなんかするヒマはないと思っていた彼にそれをさせることで、心の余裕が生まれます。

よく映画とかテレビドラマでも見たことがありませんか。

取り組んでいる仕事だったり学業が八方塞がりになってしまって、一人思い悩む主人公を連れ出す女性に癒やされて、すべてが好転し出すという展開です。あれは実際にあるのです(笑)。

 

どうせなら、こんな女性になりたいですよね。

先に言っておくと、忙しい彼にそういう要求をするときは、必ず抵抗にあいます。それは覚悟しておいた方がいいです。

そこでダメージを受けてダウンしたらダメです。

断るの?あ、そう

とでも言いながら、さっさと引き上げればいいのです。ダメージなんか受ける必要はありません。

そしてまた頃合いを見計らって適当につつく。あなたがそうしたいと思ったときだけ。

 

もしあなたが、彼を癒やす存在になり得たら、彼が状況を打開した将来、必ずこういうことを言います。

「あのときお前がいてよかった」

このブログには、実際にこれを言われたことがある女性もいるはずです。

 

別に物質的に、金銭的に助けたわけではないのです。ただ、行き詰まりを見せる彼の生活に刺激を与えただけなのです。

おそらく彼の忙しさを考慮して、黙っておとなしくしていたら、こんな女性にはなれないでしょう。

 

僕が辛かった時期の相手の女性については、「女性の承認」では何度か話をしています。今後も時々出していくとは思います。「女性の承認」は、5月19日で新規登録の受付を停止する予定です。

女性のための恋愛技法・女性の承認

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (8)

    • ナデシコ
    • 2018年 3月 08日 23:21:37

    前回ここにコメントを残した時よりも、彼をとりまく状況はさらに悪化して、いよいよ本気で追い込まれているようです。

    わたしのことをかまう余裕はないのかも。毎日イライラピリピリしてるんだろうなぁ。

    抵抗にあう覚悟で、週末誘ってみました。
    が、撃沈…泣

    覚悟…してたつもりだけど、できてなかったぁーーー!今、わたくし凹んでいます。考えてみたら断られたことなかったの、いままで。今回は言い訳も代替案もない…。うぅ泣

    >ダメージなんか受ける必要はありません。
    >そしてまた頃合いを見計らって適当につつく。あなたがそうしたいと思ったときだけ。

    はい。泣
    わたしと彼は連動してないのでしたね。

    事実は、会えない。と言われただけ。
    余計な妄想はしない!!

    • きいろいりんご
    • 2018年 3月 21日 12:30:15

    忙しくて2か月近く会えていなかった彼を誘い出し、夕方からデートしました!

    しかも、1時間半の道のりを迎えに来てもらって、ごはんもごちそうになって..♡

    彼からは、久しぶりに充実した休みだった~!と、連絡が来ました♡♡

    本当は、誘ってもらえるのを待ちたかったのですが、こちらでアドバイスをもらい、わたしから初めてのお誘い( ´ー`)

    言って良かった~~♡

    「再来週もこの日なら空いてるよ(彼の誕生日)」と、調子に乗って連絡してしまったわたし..。返事がないので、彼は考えているのでしょう。

    さっきまで、調子に乗って送らなきゃよかった(ToT)と落ち込んでいましたが、違いますね!
    断られたらすーっと引けばいいんだし!

    ドンと構えて待ってやります!
    週末くらいには、何かしら返事がくるでしょう、きっと!

    • しろいるか
    • 2018年 3月 24日 21:10:17

    無理をさせる…、かー。。

    そんな風になれなかった
    しかも、真逆な行動なのかもしれない
    仕事でミスってしまった彼が必死になっている様子です。

    コウさんは怒るかも。ダメだっていうかもしれない。仕事も、精神面でも、けっこう切羽詰まってる感じで、初めて彼からSOSらしきものがきたので、明日、仕事を少し手伝いにいってきます。

    女性としては、ダメなのかなぁ…ダメなのかも。
    でも人間としては…、私はそこまでひどくなれない。今は一緒には遊べないかもしれないけど、チームとして仕事をまにあわせなきゃ、と思いました^ ^

    電話で話したら少し、ホッとしてくれたような気がしました。

    • セレンディピティ子
    • 2018年 3月 26日 1:04:30

    勘違い上等だとするならば、 

    私は救っていたようだ。

    今の気になる彼に、

    私は、ありがとうと書いたメッセージカードをたくさん書き続けただけ、あと挨拶は笑顔になってただけ。

    簡単にすると、手伝ってもらった時とか、自然とありがとうをメッセージカードに書きたかっただけです。

    それで、頭角を現してきたのかー!!!!

    それで、意識されるようになったのかー!!!

    追いかけてくるのかー!

    全然、わからなかった。本当に好きなように、したいようにしてたら、、、

    女性にはわかりずらいわー!相手が喜んでるなんて!

    忙しい中だと思っても、誘ったら嫌がってるだろうなーと考えちゃうもんなー。

    喜んでるんだー。

    好きなようにすることだね!!

    • ナデシコ
    • 2018年 4月 02日 21:13:19

    待とうと決断したのに、待たずに寂しいとこぼしてしまいました。

    そしたら、優しく、どうしたの?と聞いてくれて、今は会えない理由を説明してくれました。

    私が思っていた通りの事情でしたが、わざわざ説明してくれたことが嬉しかったです。

    それからは、本当に待とうと決心してなるべく彼のことは考えないように、自分のことを考えるように過ごしました。

    そしたら、落ち着いた頃に彼からちゃんと連絡が来ました。お前がいてくれてよかった、には至っていませんが。黙っていよう、待っていようと思っていたのに、我慢が足りなかったなぁと反省するのですが、終わってみれば、寂しいコールも、いい具合にツンツンできていたのかも?

    忙しくても大変でも、わたしには愚痴をこぼさず、頑張った彼がやっぱり好きです。

    • なつみんと
    • 2018年 4月 20日 0:25:29

    この間、一緒にお風呂に入ってる時に私を後ろからぎゅーっと抱きしめて
    「俺の癒し…」と呟いてました。

    私、彼のために何も大したことできてないけど…こんな私でも癒しになれてるのかな。

    毎日多忙な彼のこと前は心配で仕方なかったけど、今は信じて見守ってる。

    あえて心配し過ぎない。
    彼がほんとに倒れそうになったら、私が助ける。
    私は私で、会えない時は自分のことを楽しんでる。
    最近、一緒にいない時は彼のこと忘れちゃってるくらい。
    一緒にいる時間に愛情と幸せが積み重なっていつも心が暖かいから…離れていても寂しくも、不安でもない。

    私が幸せそうに笑顔でいることを彼も望んでるんじゃないかなって思う。

    いつだって、太陽みたいに明るく照らす存在でありたい。
    時には月のように、疲れた彼に優しく寄り添う女神でありたい。

    • もものすけ
    • 2018年 4月 22日 15:35:55

    この4月から働きながら学校にも通いだし、毎日自由な時間のない彼。
    月初めは頻回に会えていましたが、最近になって連絡の頻度も会う頻度も少なくなってきました。
    自分のことでいっぱいいっぱいなのも、私に申し訳なく思っているのもわかりますが、会いたいと思ってるのは私だけ?と悶々としてしまっていました。

    でも、忙しい今、彼がもし私に会いたいと思っていなくても、仕方ないのかもしれない。
    わたしが会いたいんだから、様子を伺いながら、日にちの提案をしていこう。
    都合がつかなくても落ち込まない。ただ、都合がつかないだけなんだから。
    どんなことがあっても、彼がわたしのことを好きじゃなくなったわけではないんだから。
    今日、久しぶりに会ってきます。
    ふたりの時間を楽しく過ごせたらいいな。一緒にいる時間が彼の息抜きになるような彼女でいよう。

    • mojirin
    • 2018年 5月 07日 16:00:56

    突然思いついて、先月、お気に入りのグレーくんを食事に誘いました。
    彼がものすごく大変な時期にあるとは知らずにでしたが、その後も何度かデートを要求し、約ひと月が経った昨日、
    「大変な時に連れ出してくれてありがとう。先月の嫌な自分から抜け出せた。僕は君といる今の自分が好きだ」と言ってくれました。こちらはデートを要求し、応えてくれたら楽しくしているだけでしたが、それが救いになっていたみたいで、とっても嬉しかった^^。

1 5 6 7
↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント