恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

他人の幸せを喜んでいますか

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

有料プログラムである「女性の承認」は、元々の目的とは違う効果を得ている人が結構いるようです。

なんとそれは、朝のリフレッシュです。

夜にものを考えると、大抵悪い方向に向かいます。

僕はそれを嫌と言うほど体験し尽くしているので、ブログに来てくれている女性にも、ものを考える行為は朝やってもらいたいと思っています。

女性の承認で毎日送るメールは、そういう理由で朝にしました。

 

ところが、僕から毎朝メールが来ることで、前日嫌なことがあっても僕のメールで切り替えているのだそうです(^^

思いも寄らない活用法です。

 

今月に入ってから、「女性の承認」を追加の自己投資として捉えて参加する人が増えました。

僕から見ると、「あなたは入らなくても大丈夫でしょ」というような人が、参加しているわけです。

このプログラムは恋愛の勉強よりもさらに前段にある基礎的なものなので、すべての人に必要なプログラムではないと思っています。

それでも、それぞれ自分の意思で参加する価値を見出して参加しているわけです。

こういう人にはかないません。

 

「女性の承認」について知りたいこと

Mikinekoさんより:

これじゃ本筋の「恋愛のお勉強」から離れてしまうけれど、
他人を認めることが即ち自分自身認めることに繋がって、
楽しい恋愛、楽しい人生を引き寄せるということなのかもしれませんね。

なんだかわけのわからない書き込みをゴメンナサイ

これ、ものすごく大事ですね。

心に少しずつ余裕が生まれると、他者に目を向けることができるようになります。

 

自分のことで手一杯なことはあります。

余裕がない時も常にそう考える必要はありませんが、この発想を知っているかどうかは、後の人生に違いをもたらす可能性があります。

 

よく、仕事でも人生哲学でも、「まず与えよう」みたいなことを聞きますよね。

僕もこれを聞いたとき、確かにそうかもしれないとは思いました。

でも、そこ止まりです。

 

幸せになりたかったら、まず与えましょう。

 

確かにそうかもしれない

そうかもしれないけど、自分の生活もままならないとか、自己嫌悪の絶頂にいる(!)ときなんかは、人のことなんか構っていられませんし、物理的に与える余裕もあるはずがありません。

ない袖は振れないんです。

 

僕が自分で辛いとき、実際にそう感じていました。

言ってることは分かるけど、そうはいっても現実的じゃないよね

と思ってしまうわけです。

 

でもこの考え方は正しいと今は思えます。

解釈の仕方が間違っていたのです。

まず与えようというのは、何かものを分け与えるとか、自分を後回しにて何かを提供しようとかいう考えとは違ったのです。

もちろんそうすることを推奨する考え方もありますが、言った通りで、「ない袖」は振れません。

 

じゃあ何を与えるのか。

答えは、これです。

 

「称賛」

称賛です。

これができるようになるだけで、次第に自分の状況も変わっていきます。本当に不思議です。

 

Kouさん、何を言っているのかサッパリ分かりません

と思う人もいるでしょう。

 

Mikinekoさんがコメントで書いてくれていることは本当に大事なことです。

他人の幸せを素直に喜び、たたえることができるかどうかです。

これは簡単なようで結構難しいんです。

自分の境遇に満足していない人ほど難しく感じます。

 

他人の幸せを、自分のことのように喜べるかどうかです。

他人に幸せを素直に喜べない人は、他人からも幸せを称賛してもらえません。

このブログをやっていて驚くのは、コメントが温かいということです。

色んな人が、このブログのコメントを見て、そういう感想を送ってきてくれます。

 

他人の幸せを喜べる人にぜひなってください。

そういう人は、僕も応援したくなります。

 

女性のための恋愛技法・女性の承認

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (5)

    • キウイ似
    • 2017年 9月 09日 21:37:58

    気がついてしまいました!

    この記事のコメントが、全部温かいことに!!笑

    称賛できる人は素敵だというのを、記事だけでなくコメントを読むことでより実感できました。
    他人の幸せを妬むより、「よかったね(*^▽^*)」って心から言える人はほんとうに素敵。

    今日でこの記事読むのは2回目だけど、1回目よりわかってきた!
    たしかにない袖はふれませぬー。
    称賛なら、そでがなくても、自分の気持ちや成長次第で、送れますね。

    • セレンディピティ子
    • 2017年 10月 01日 17:12:45

    ざわわ!!゜゜(´O`)°゜

    まずいです!

    今日、かつての先輩の出世した仕事っぷりをふいに見てしまったんです!!

    不意討ち的な…

    そこでざわわ!!

    私は、お世話になった先輩の出世した仕事っぷりを称賛できないしこりみたいなのがあるーーーーーーーーーー!!!!

    見たくないような、惨めな気持ちが蘇るような、

    お世話になった記憶と、過去の自分の無い袖が浮かび上がるーーーー爆!

    人の幸せを喜びたいはずが、できなーーーい!(涙)

    • セレンディピティ子
    • 2017年 10月 04日 2:12:32

    毎年の誕生日には、誰かに祝ってほしかったり、何かを期待する気持ちが多くて、期待通りじゃないと寂しく残念がっていた私ですが、

    今年は違った!

    自分で自分の誕生日をめでたい♪と思い、プレゼントを用意して満足し、いつもの感謝を込めて、家族のために料理を振る舞った!!

    何かを得たいと期待しすぎず、上手に自分のことを喜ばせることができた!進歩だ。しかも、自然と感謝することに気持ちが向いた。すごいことだ。

    よしよし。
    まずは、自分の幸せを喜べた!

    きっと段々人の幸せを喜べるようになると思う。

    今、心は平和だ。

    • かほ
    • 2017年 10月 11日 0:36:42

    心が汚れている

    • 月城
    • 2017年 10月 17日 18:40:46

    わたしはまだ未熟だから他人の幸せや成功を見ると嫉妬してしまう。そこから自己嫌悪に陥り?自分のことが進まなくなってしまう。

    だから色んなものをみることをやめた。SNSとか。でも昨日たまたま見てしまってやっぱりダメージを受けた。何度も何度も同じことを繰り返す。

    彼のこともそう。彼の仕事での成功を聞くとざわざわする。私には関係の無い世界なのに、彼自身そこに身を置けることが嬉しいからか報告してくる。素直に喜べない私。可愛くないなあ。。

1 5 6 7
↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント