恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

嫌なことを本当に拒否していますか

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

今日は少し厳しい話をします。

 

その前に・・・

消費税の話を全くしていませんでしたが、当然ながら有料プログラムの税率も来月から変わります。

バイブル編も女性の承認も提供価格が変わります。

「女性の承認」ですが、登録日からの起算で1ヶ月単位ですので、登録は月のいつでも構いません。

今月中に登録した方が、ここ1ヶ月くらいのプログラムは割安になるということになりますね。

 

さて、厳しい話です(^^;

個別相談を返信をしていて、思うことがあったので、改めて記事にして話をしておきます。

彼の「いいなり」になっていて辛い思いをしている女性はたくさんいます。

僕のところにもその現状を変えたいという相談を持ってくる人がいます。

 

話を聞いていると、あまりにも理不尽な要求を飲んでいる人が時々見つかります。

その最たる例が、不本意なセックスです。

 

双方の恋愛感情が強い状態でそこにいたるのなら、まだ分からないでもありません。(それはそれで問題です)

ところが、女性が拒否しているのに、なし崩し的に彼に懐柔されて、結果的にセックスしてしまうところに落ち着くというケースがあるのです。

 

これには驚きました。

あなたにはそんな経験は、まさかないとは思いますが、、、

はっきり言います。

 

ダメですよ。

これは、ダメです。

 

僕が相談を受けている限りでは、残念ながらこのケースに落ちいっている人は一人二人ではありませんでした。

本当にダメです。

過去の恋愛でそういう経験がある、または今現在そうなっているという人は、

 

即刻その自分と訣別してください。

 

女性の心理としては、仕方なくそうなっていると考えています。

ほとんど「力でねじ伏せられて」とか、「良いように説得されてしまって」とか、色々言いたいことはあると思います。

 

でも、これは僕から言わせれば、同意しているのとほとんど変わりません。拒否していないのです。

いやいや、待ってください。本当は拒否したいんです

という人もいるでしょう。

確かにそうかもしれません。少なくとも、元々拒否の姿勢を見せているのですから、意識としては拒否したいと思っているのでしょう。

 

でもよく考えてみてほしいのです。

彼が本当に力ずくで迫りましたか。

それに抵抗はできませんでしたか。

そんなことはないと思うのです。

 

その場に行くのに、自分の足で歩いているのです。

よほど極端な体力差があって力ずくで引きずり込まれたとか、刃物を持って脅されたなどのケースでない限り、本気で抵抗し続ける女性と易々と行為をなせる男性はいないのです。

彼の説得にうまいこと丸め込まれて、「してしまってもいい」感覚になってしまうことが危険なのです。

「してしまっても仕方がない」とどこかで思っているのです。

 

過去のことは今更何も言いません。

これからの人生で、嫌なことは断固拒否し続ける意志を持ってください。

 

セックスに限った話ではありません。

彼の理不尽な要求にNOを突きつけられるだけの勇気を持ってください。

彼に突然呼び出されて、あなたが応じないといけない理由はどこにもありません。

世の中には、実は「しなくてはいけないこと」は一つもないんです。

 

「しなくてはいけない思考」に囚われて生きている人は、能動的に生きていないとも言えます。

これはものすごく厳しい言い方なのは分かっていますが、あえてこの話をしています。

彼に呼び出されて応じないといけない理由はどこにもありません。

彼にセックスを要求されて、それに応えないといけない理由はどこにもありません。

彼の電話に出ないといけない理由はどこにもありません。

 

どこにもないんです。

 

こういう話をすると、

じゃあ会社に行かなくていいんですか

ということを言い出す人が必ず出てきますが、

行かなくていいです。

 

会社に行かないといけない理由もまたどこにもありません。それは、会社にいくという選択をしているからいくことになっているだけで、行かないと罰せられるのかといえばそんなことは決してありません。

行かないと自分の首が締まるというだけなのです。

 

女性は、NOの意思表示をすると彼が去っていくと考えがちですが、結果はたいていの場合、逆です。

簡単に要求を飲むから、どんどんつけあがるのです。

これがエスカレートしていくと、何か対立があるごとに、圧力で説得されたり、恫喝されてYESと言わされるのが常態化してしまうのです。

 

イヤなことはイヤだとはっきり言えるようになってください。

これがはっきり言えるだけで、少なくとも男性と対等になれます。

すぐにはうまくいかないかもしれませんが、自分の強い意志を持つ意識をしてください。

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (9)

    • tiffany
    • 2018年 4月 21日 21:42:58

    この話は、本当に為になります。

    最近会社の先輩(男)から納得いかない扱いを受けていました。
    常に小バカにされ、雑な扱いで笑いを取られていました。
    それが、一緒に担当していた仕事にまで及び、
    ハッキリと「やめて下さい」と伝えました。

    有る事無い事、周りに言いふらされましたがとってもスッキリしました。
    それ以降、先輩はスルー。笑

    人に嫌われることを恐れていましたが、そんな奴に嫌われても別にいいやと思えました。

    「tiffanyさんは優しすぎる」キャラから、「案外ハッキリ言う」キャラになりましたが笑、
    遠巻きにされたりせずに、
    事情を知ってむしろ味方が増えました。

    自分を大切にすること、少しずつですが日々出来てきてます。

    えらいぞ私!
    前までは本当に考えられない。

    • かいと
    • 2018年 5月 03日 23:05:19

    メールきました。

    ♂『隣の駅で飲んでたから今から出てこない』

    私《何言ってるんだ》心の声

    ♂『やっぱり、ウソ』

    私《ふざけるな》心の声

    ♂『もうすぐ帰る』

    私『帰れー』返信一回

    数時間後の真夜中に
    ♂『帰れーは悲しい』

    私《放置》

    実践できてた。

    • tiffany
    • 2018年 5月 09日 21:35:07

    わたし本当に病気かもしれない、、

    しばらくここを離れただけで、
    あっという間に都合のいい女扱いに元どおり。

    だって、会いたいし連絡したいんだもん。
    それが自分の希望なんだもん。

    そしたら、どんどん扱いが雑になっていって。

    流されるのは、考えるより主張するより楽チンなんだ。
    何も考えなくていいから。

    これが、モンキーマインドなんですね。

    やっぱりこれが雑になっていく原因なんだと思いつつも、

    コミュニケーションを沢山とることはやはり大切だと思うので、
    だからといって離れたらいいわけじゃない。

    さじ加減が難しいようーkouさん( ・ ・̥ )

    • 2018年 6月 10日 15:05:47

    結婚していた頃は嫌だと意思表示しました。拒否すると怒鳴られ腰を蹴られました。酒乱のDVです。空手の有段者だから痛いです。離婚しましたが今でも怖いです。父も酒乱のDV虐待男です。男の人の「女性に手は挙げたことがない」という言葉は信用できません。

    • エレーナ
    • 2018年 7月 07日 11:06:14

    Kouさん、わかりません。
    私は嫌なものを拒否しました。嫌いなものを嫌いだと言いました。
    彼は私が嫌なことはしないと言いましたが、明らかに無理してます。我慢してます。

    これでは私が納得いきません。

    彼がまだ私より自分の気持ち優先だからかな。

    私は完全に拒否しているわけではないのです。
    彼の気持ちも考えて伝えているつもりです。
    でも、彼は、もう二度と言わないよ…みたいな感じで、自分の気持ちを閉ざしてしまいました。

    私はどうしたらいいのでしょう…

    • りら
    • 2018年 7月 08日 11:06:39

    嫌だと思っていたことを
    彼に伝えました。

    2つのうち1つは
    彼も言われるんじゃないかと
    思っていたそうですが
    (自覚あったんかい!!)
    もう1つはちょっと
    意外だったようです。

    ごめんなさい。改めるね。と
    言ってくれたので
    このことについては
    これでおしまいにします。

    • あやちゃき
    • 2018年 7月 11日 11:53:21

    求められると嬉しくて断れないです。
    私、必要とされてる!と思って。良くない事だと自覚はしているのですが、ずっとその感覚でこの何年間も過ごしてきたので、染み付いちゃって簡単には消せなさそうです。

    求められること事態が嫌な訳ではないんです。
    だから強く断れないんだと思います。たぶん私も実は望んでいる事だから。
    でもいつも躊躇うのは、それを許すことによって今後の関係がどうなるか分かりきっているからです。少なくとも自分が望む未来からは遠のいていくでしょう。だから断らなければいけない事も知っています。毎回毎回、自分の欲求との戦いなんです。
    きちんと正当な手順を踏んでから…というのは頭では分かっています。でも、目の前の美味しいおやつに誘われて欲求に勝てないです。
    もう病気なんだと思います。

    どうでもいい人から適当な扱いを受けるのは本当に許せないです。
    時間を無駄にさせられた事に腹が立ってしょうがない。でも好きな人が相手だと、その沸点が曖昧になってしまうんですよね。
    そういう所を直したいです。
    こんなに寛容なはずではないと自分に言い聞かせます。

    • あやちゃき
    • 2018年 7月 11日 12:04:43

    3ヶ月くらい前に定期的に遊んでいた男性がいたのですが、ある日ふと「この人と一緒にいて私にメリットがあるんだろうか。」と思ってしまいました。
    イケメンでもないし長身でもない。乗っている車はマニュアルで(私から見ると)ダッサイ車です。なのに割り勘。
    なんか自分の時間を無駄にしているような気がして、最後に遊んだ日に「ごめんね、もう会わないから。」と言ってさようならしました。
    それから連絡来なかったのですが、昨日久しぶりにラインでお祭りに行かないかと誘われました。
    正直なんで私がお前と一緒に祭りに行かなくちゃいけないんだと思い、返信していません。
    めんどくさっと思ってしまいます。
    私の家の前まで迎えに来て全部奢ってくれるなら行けない事もないですが。
    とにかくどうでもいい男に使うお金なんて1円もないんですよね。電車賃すらもったいないと思ってしまいます。

    • オッチー
    • 2018年 7月 15日 22:01:27

    言いたい!

    言えない分だけ
    対等ではないということに
    なるのですね

1 4 5 6
↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント