恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

悩むのが大好きな人へ

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

メルマガで「紹介したい本があります」と何度か話していて、「いつですか?」と言われ続けていました(^^;

遅くなりましたが、今回その本を紹介します。

先に言っておくと、恋愛の本ではありません。

でも、このブログを読んでくれている人の7割くらいは、非常に気に入る内容の本だと思います。もうすでに読んだという人もいるかもしれません。

ものすごく粗く表現するとすれば、このブログで繰り返し話している内容から恋愛のエッセンスを抜き去って、「なぜそうする必要があるのか」を「禅」の見地から解き明かしたような内容になっています。

僕自身も読むまで全く知らなかったのですが、著者は禅宗の住職の方です。(僕は本をほとんどインスピレーションで買っているので、著者の紹介もレビューも読んでいません)

 

前回は、こちらの記事で初めて推薦図書の紹介をしました。その紹介している本と同じく、僕のブログが好きな人には、ある意味たまらない内容になっています。

誰のために気を回すのか

前回この記事で紹介した本でにやけた人は、今回の本でも絶対笑えます。

僕がいつも言っていることが、何とそっくりそのまま出てきます。

 

冒頭の文章を読んだだけで、僕は「これはいい本だ」と確信しました。

禅僧という立場だからでしょうか、私は、たくさんの人からさまざまな相談を受けます。内容は千差万別ですが、それでも大別すれば、不安や悩み、迷い……といったものです。

そんな話にじっくり耳を傾けてみると、気がつくことがあります。それは、そのほとんどが、実は「妄想」や「思い込み」、「勘違い」や「取り越し苦労」にすぎない、ということです。「実体」がない、といってもいいでしょう。

そうなんです。

大抵は思い込みなんです。客観的な立場から見ると、実はそう大して大きな問題でないことがほとんどなのです。自分で苦しむようにしている、という人もいますね。

 

なぜ不必要に劣等感を感じ取ったり、競争意識を持って自分を傷つけるのか。

今回は、ほぼすべての内容に僕は同意できました。見事に絶賛できるところと、ああそうなのかもと思うところと温度差はありますが、全体的に読んでいて気持ちがよくなる内容です。

 

この本の中で、いくつか特に重要な部分をヒントとして挙げておきます。

  • 夜に重大な決断をすることを避けること
  • 余計な情報収集をしないこと
  • 他人の価値観に振り回されないこと
  • 「心を整える場所」を生活空間に作ること
  • 「いい言葉」を使う
  • 寛容になること(相手と自分を許せること)
  • 「許せること」が増えることは幸せなこと
  • 「夫婦」、「過干渉」について

いくつか・・・と思ったらいっぱいありました(^^;

何かやっぱりブログの内容と似通っている・・・

 

この本には、ごくわずかですが、最後の方に恋愛論と、夫婦のあり方についての話が入っています。

ページ数は本当に少ないのですが、そこに僕がこのブログでも話していることがしっかり書かれています。

「夫婦」の話は、狙ったわけではありませんが、先日書いたこちらの記事と非常に似た内容が書いてあります。夫が家庭で愚痴を言うのは「あること」の表れでもあると書いてあり、「それはそうかもしれない」と僕は理解できました。

 

興味がある人は、ぜひ読んでみてほしいと思います。

このブログで説明している内容を、仏教的な解釈で新しく裏付けしてみるという意味もでも面白いと思います。

残念ながら、心配事の9割ななぜ起こらないのかという明確な答えは書いてなかったように思いますが、それはそれでいいと思います。そんな無粋な説明が載っているよりも、このブログとシンクロしているところがたくさんあることの方が、読んでいて楽しいです。

心配事の9割は起こらない(今すぐチェックする)

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (8)

    • Didier
    • 2017年 3月 23日 11:43:54

    この方の別の本、読んだことあります。禅の考え方にとても感銘を受けて、さらに別の鈴木さんと言うスティーブ・ジョブズなどに影響を与えた、アメリカで活動された僧侶の本も読みました。

    ついでに毎日バタバタしていると言っていた彼に、読み終えた本をプレゼントしましたよ。

    禅の考え方って、ホント恋愛にも日常生活にも仕事にも役立つと思います。ヒトに振り回されないで、自分をもつこと。
    それ以来かな、かれが何か暴言吐いても余裕で居られるようになったのは。

    • うさぴょん
    • 2017年 6月 30日 14:34:15

    Kindle版はとてもお得なお値段ですね!
    つい買ってしまいそうになりました!
    でも、今は買わない。
    たくさん自分の中にあるので、それをまず整理することにしたんです。
    私はたくさん本を読むので、知らぬ間に取りすぎて中毒みたいになっていました。
    でも外からばっかり取り入れて、消化不良です。
    落ち着いて自分を整理します。
    今日の女性の承認がそのような内容だったので嬉しかったです。
    シンクロしてるのかなって思いました。

    • ちゃめりん
    • 2017年 7月 25日 23:38:22

    「心配事の9割は起こらない」

    読みましたーーーー(°▽°)

    でね、

    「夫が家庭で愚痴を言うのは「あること」の表れでもあると書いてあり、「それはそうかもしれない」と僕は理解できました。」

    カレは私に愚痴とまではいきませんが、仕事の話をします。
    同じ会社だからかもしれませんが、
    あれこれクリアしなくてはいけない事が有りすぎることや、マネジメントがなかなか上手くいかない
    事、数字の事などなど
    私はその大変さを良く理解しているのでカレの話をききます。
    アドバイスはしません。
    ただ、うんうん聞くのみ。

    これって、信頼されてるからなのかな。
    前に「ちゃめりんはオレの話をちゃんと聞いてくれる」って言ってた。
    拠り所だって。

    たまに、「こういう話、奥さんにもしてるのかな」
    と思います。

    あ、来月聞いてみよう!
    奥さんにもしてるなら、私はもう聞かないし。
    あっちでもこっちでも愚痴ってるような男なら
    ポンコツなんだろうし(笑)

    あ、信頼されてるのかなーからポンコツを見分ける話になっちゃったー( ̄∇ ̄*)ゞ

    • かほ
    • 2017年 10月 10日 23:16:13

    何もできてなかった

    • 可憐ちゃん♡
    • 2017年 11月 05日 0:46:43

    図書館で探してみよー(╹◡╹)

    • とりっぴー
    • 2017年 11月 16日 8:19:55

    心配事の9割は起こらない。ブログできちんと勉強してきたし、この本も実際に読んでいたけれど、時間がたつと内容を忘れがちになります(^-^;

    恋愛では今は全然悩みがないけれど、最近自分自身の仕事の取り組み方に疑いを持ち始め、自ら不安の種を拾い集めるようなことをしかけてしまっていました。

    そうなってしまった原因は何なのか考えてみました。

    ・今まで難しいと思い込んでいた仕事がスムーズに進められるようになってきて、短期間で自分自身の成長を大きく実感できていた。けれど、最近は以前のような大きな変化を感じる機会が少なくなったから、今の取り組み方で良いのだろうかと自分自身を疑ってしまった。変化を感じられない原因は、自分自身が成長してそれが身に付いたからこそ感じているのかもしれないのに。

    ・最近お店の客数が少なく、接客回数や人と話す機会が減るなかで、このままでは上手くできていた時の感覚が失われてしまうのではないかと焦ってしまった。そして、昔の自分に戻ってしまうのではないかと自分自身を疑いはじめてしまった。その結果緊張してしまい、気持ちの余裕がなくなりつつあった。だから、今までの自分自身のポジティブな変化にきちんと目を向けるべきだと思った。良い意味で過去を振り返るようにしたい。

    気持ちの揺らぎは自分自身で作り出してしまうものだということを、もっと強く意識して、自分から不安になりに行かないよう、努力します!
    きちんと自分自身の力で、不安な気持ちを立て直します!

    • カンパネルラ
    • 2018年 1月 27日 21:49:00

    悩んでばかりの毎日。

    家族からは
    趣味特技『悩み』でしょ(´-`)

    と言われる始末です。

    ひとつの悩みが解決すると
    また違う悩みに突撃してて
    意味がわからない。理解できないと。

    悩みたくなんてないですよー!!

    • なのちい
    • 2018年 4月 12日 16:07:34

    私の心配事

    彼とあの子が付き合うんじゃないか
    彼はこの先もずっと変わらないんじゃないか
    彼は私に振り向かないんじゃないか

    取り越し苦労で終わります。
    ってKouさん赤字で書いてくれそう(笑)

1 3 4 5
↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント