恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

投資と援助は別物であるということ

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

このブログの中ではかなり古い部類の記事ですが、こちらは実は密かに人気があります。

サンクコストを利用して男性が離れられなくなるようにする方法

はる。さんより:

以前勤めていた会社から、一方的な雇用形態の変更を突き付けられ、突然無職になった時、今のお相手含む数名の方から、当面の生活費の援助の話がありました。
誰にでも出来るような仕事だから気にせずに手伝って欲しいんだけど』
という、彼の配慮の言葉と共に。
『愛人?妾?対等じゃないじゃん、文句言えなくなる
って断っちゃっていました、Kouさん!!
快く笑顔で受け入れていたら、もっと価値があがっていたのかしら…?

一緒に何かをする事で自分の無能さがバレるのが怖かったのと、お金の切れ目が縁の切れ目になるのが怖かったんです…。

まだまだ追いかけられていた時で、ここの事も知らなかった頃。
知らない、というだけで機会を自ら潰していたんですね。
今後、好意は全部受け入れる方針に変更します。

結論から言いましょう。

はる。さんの決断は正しいですね。

断って大正解なのです。なので・・・

知らない、というだけで機会を自ら潰していたんですね。
今後、好意は全部受け入れる方針に変更します。

これはダメです(^^;

まさに、「金の切れ目が縁の切れ目」は正しく、その時は良くても、経済状況が悪くなると直ちに関係は悪化します。

そしてもっと意識してもらいたいのが、結婚相手でもない男性に経済的に支援してもらうということは、つまりあなたの生殺与奪の権利を相手に丸ごと委ねてしまうということです。これは冷静に考えるとものすごく恐ろしいことです。

借金などでも全く同じことが言えます。

恋愛関係は、対等です。

純粋に恋愛を戦略で考えると、女性のほうが有利です。

しかしその有利というのは、女性に自由があることが前提です。

 

お金の貸し借りの関係があったり、相手に経済的に支えてもらっているような状況だと、嫌な要求も飲まざるを得なくなることがあります。

援助しながらもそういうプレッシャーを行使しない男性ももちろんいますが、気持ちの問題です。

支えてもらっている方は、よほど図太い神経を持ち合わせていない限り、言いたいことが言えなくなります。

 

援助は、投資とは違うものです。

ごく短期的な援助であれば受け入れてもいいかもしれませんが、そうでない場合は、拒否すべきです。それがあなたの尊厳の維持にもつながります。

どれだけお金や労力が投じられようと、立場関係が全く変わらないのが投資なのです。

 

コメントとは直接関係がありませんが、事情があって彼の経済力に頼りながら交際関係を続けている女性も中にはいます。

その多くはやはりどこか我慢している部分があったりしますし、仮に恋愛関係はうまくいっている場合でも、なかなかその先に進展しないなどの問題はあるようです。

僕は可能な限り自力で経済的に自立することを意識してもらいたいと思っています。

今すぐでなくても構いません。経済的に自立したらどうなるのかを考えるだけでも違います。そしてそれを考えていることを彼にも示すのです。

 

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (15)

    • pooh 
    • 2017年 2月 10日 16:08:44

    この「援助」と「投資」の違いで悩むことが多いです。

    この記事を読んだときは衝撃を受けましたが、やはり実践するときに、迷います。

    生活費をもらっていることは、投資ではなく単なる援助?

    生活費をたくさんもらっても、少なくても、全て援助だから同じ?

    財産分与も、多くても少なくてもすべて援助?

    専業主婦より働いている方が、愛される女性に近づくということ?

    • 青色
    • 2017年 2月 16日 22:20:20

    援助は投資ではない。
    対等でいられるから自由に振舞える。
    しっぽを掴まれた猫は気まぐれに動けません。

    • ♡arico♡
    • 2017年 3月 08日 21:15:33

    「どれだけお金や労力が投じられようと、立場関係が全く変わらないのが投資なのです。」
    たくさんご馳走してもらったり、プレゼントをもらったりしても、それは投資であれば、立場関係が全く変わらないのですね。援助はダメ、投資はマルですね。

    • dice
    • 2017年 3月 08日 23:05:49

    同棲していた前彼と別れて生活自立しなくてはならなかった去年、
    ずっと好きだった人から仕事の依頼を沢山頂きました。

    とにかく彼への恋心と
    がっかりさせたくない一心と
    自分がここで成長するんだという気持ちで
    必死にがんばりました。

    そのおかげで精神面と
    仕事の内容の向上と生活面も助かり
    その好きな彼がいうには
    「diceさんは絶対仕事続けた方がいい。
    仕事もどんどんよくなってるし、
    これからも一緒に仕事したい」
    って言われました。

    仕事にはとても厳しい彼ですが
    信頼してくれてるのと
    時折、彼からの愛情も感じます。

    正当なギャラ以外は貰っていませんが
    これは彼からの目に見えない「投資」ですよね?

    • にゃんちー
    • 2017年 4月 09日 12:14:15

    対等な土台を作ることは大切ですね。
    そこありき。
    女性が自由であること前提。

    窮屈な状況での恋愛って、
    居心地悪いな。
    のびのび好きな事をやっていたいし。
    投資と援助。
    受ける際には気を付けないと。

    • 芙蓉
    • 2017年 6月 01日 20:37:09

    昨日閃いた、5年前に挑戦しなかったことに退職後、挑戦しようとした場合…。
    間違いなく極貧。
    援助されないためには、少なくとも4年は恋が叶っちゃいけないんだなぁ。

    夏と冬のボーナス(+あるかないかの退職金)を考慮しても、生活が厳しそう。
    白旗上げて、この歳で親を頼るとか本当に恥ずかしいけれど、最悪そこまでしても挑戦したいと思ってしまうかもしれない。

    大好きなあの人の幸せを願うだけか…。

    あと半年、あらゆる可能性を検討しよう。

    • うさぴょん
    • 2017年 6月 19日 11:59:31

    援助はいらないけど、投資はたくさんして欲しいな。

    • ゆいころっく
    • 2017年 7月 13日 20:25:49

    半年ほど、同棲してました。
    生活費は、ほぼ彼が負担してくれていて、食費なんかも「足りなくなったら言って」と毎月決まった額を渡してくれていました。一緒に遊びに出掛ける時も、彼が払ってくれていました。

    別れた訳ではないですが、同棲解消して1ヶ月… 気付かないうちに、我慢してたんだなーと分かりました。申し訳ない、という気持ちからか、彼の機嫌をとったり、彼に合わせた話をしたり。そりゃ、つまんなくなりますよね。笑 経営のことなんか、私全然興味ないのに。彼がその話しか出来ない(と思い込んでいた?)から、話し合わせて、持ち上げて。付き合うまでも短かったし、付き合ってからもすぐ同棲しちゃったからなー。ちゃんと築けてなかった。
    先日、遠回しに「帰ってきてほしい」的なこと言われたけど、ハッキリと嫌だなって思いました。

    ギクシャクした後、連絡ないままの1週間。
    もう、考えるの飽きたから。笑
    とりあえず楽しい自分を探して。新しい世界に飛び込んでみます!!

    • かほ
    • 2017年 10月 10日 23:05:53

    まずは一人でいきるしかない

    • sun
    • 2017年 12月 29日 4:17:25

    私は、今まで人に依存しやすいところがありました…
    今も気を抜くと依存しかけるときがあります。
    それをすると一時は、楽に思えるかもしれないけど、結果的に何事もいい方向に進まない…
    自由がなくなり、自分を生きてる感じがしなくなる…
    その思いは、もうイヤだ…
    本当の自立を目指し、自分らしい人生を生き抜いていきたい…

    • りんか凛
    • 2017年 12月 29日 14:25:43

    お金の貸し借りの関係があったり、相手に経済的に支えてもらっているような状況だと、嫌な要求も飲まざるを得なくなることがあります。

    支えてもらっている方は、よほど図太い神経を持ち合わせていない限り、言いたいことが言えなくなります。

    ごく短期的な援助であれば受け入れてもいいかもしれませんが、そうでない場合は、拒否すべきです。それがあなたの尊厳の維持にもつながります。

    ……….

    「結婚相手でもない男性に経済的に支援してもらうということは、つまりあなたの生殺与奪の権利を相手に丸ごと委ねてしまうということ」

    恋愛対象でもない相手に、仕事上の立場の保証を兼ねて精神的に支援してもらう、ということは、仕事上での生殺与奪の権利を相手に委ねてしまう、ということ。

    「嫌な要求も飲まざるを得なくなる」

    「よほど図太い神経を持ち合わせていない限り、言いたいことが言えなく」なる。

    ・・・尊厳をなくす、ということになる。

    イヤなことをいやだと言えなかったし、要求を飲んで、
    尊厳を傷付けました。

    でも、どこでやめればよかったのか、
    分かりません、でした。

    そこにいるのが、安全だと思っていた。

    • pooh
    • 2018年 3月 14日 0:28:11

    kouさん

    この投資に話は私にとってとても重要です。
    ここに来るまで、まったく逆のことをしていました。

    いまは、原則がわかったものの、具体的には迷うことの多い問題です。

    この援助もしかり。

    どうしても聞きたいです。

    彼が奥さんに渡している生活費は投資にはならないのですか?

    彼は義務で渡していると思いますが、金額が多すぎて、その投資を上回ることをしてもらうなんて無理です。。。

    彼は、子供にお金がかかるからというにですが、子供への生活費は、奥さんへの投資にならないですか?

    なぜなら、そんなにお金をかけた子供と別に暮らすことになるなら離婚せずにいようって思いますよね?

    どうしても知りたいです。

    もしそれが投資になるなら、勝ち目なんてないから、はやく降りたいです。

    はやく降りればよかった。辛いです。

    • かしゆか
    • 2018年 4月 11日 14:34:14

    働いて一人暮らししていますが、経済的に自立しているとはまだまだ言い難く、生活もギリギリな状態です。
    彼氏もそのことを知っています。
    そんな中、彼氏から同棲の話がもちあがりました。
    彼としては、私が自立を試みて苦しくなるくらいなら、俺が助けられるからこっちに来て一緒に暮らして、家事などやってほしいとのことでした。

    ここで勉強してなければ、喜んでコロっといっちゃってたと思います。

    でも、経済的な支えは結婚ならOKだけど
    単なる恋愛関係だと投資ではなく援助になってしまい、危険ということですよね。

    昨日彼氏と話していてこの記事のことが頭によぎり「今は同棲できない」と断りました。
    そして再びここに来ました。
    記事を読み直し、やっぱり私がやった事は正しかったと思いました。

    彼氏はがっかりしてる様子で、そんなに啖呵切るなら1人でやってみろと言わんばかりでした。私が大喜びしてくれるのを想定していたのかも。
    断ったのは正しくてもその伝え方がまずかったなあ。。。不安な感情たっぷりに伝えてしまった。

    ・彼氏の気持ちが上がるような同棲の断り方
    ・一緒に暮らすなら同棲ではなく結婚したいという希望

    この2つをどうしていくか考えたいなぁ。。
    彼氏が結婚を決断するように環境を作りたいし、経済的自立もできるように勉強しなければ。

    • 2018年 6月 06日 17:36:54

    シングルマザーで正直、金銭的に辛いですが、お付き合いしている人に借りたり援助してもらおうと思ったことは一度もありません。絶対に嫌です。

    自立した女性でありたいと心から思っています。

    • 峰不二子
    • 2018年 6月 06日 22:44:31

    専業主婦は援助じゃないのか?
    籍を入れないでも実質同じであれば「援助」してもらってもいいんじゃないか?と私は思うのだが。

↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント