恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

求められる「かまってちゃん」の本質

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

恋愛技法メルマガの読者登録を再開します。

配信システムの調整が終わった後もしばらく停止していたのですが、登録希望が多くて個別対応が大変になってきました。

メルマガでは、ブログには載らない恋愛以外の話や、少し込み入った内容を話しています。

先に断っておきますが、毎日メールが届きます。しかも、大量に来ます(^^;

 

メルマガの過去ログ公開は一切していません。

その時に受信できていることに意味がありますので、過去のものを読んでも何のプラスにもならないと思っています。

内容を開示することはできませんが、タイトルはメルマガサポート記事で確認できます。1ヶ月ごとにこれだけのメールを送っているので、メルマガに興味がある場合は覚悟して登録してください。

メルマガサポート記事では、メルマガの内容についてのコメントが書かれていますので、参考にしてみてください。

このわけの分からないメルマガが気になって仕方がない人は、この記事を読んでみてください。

あなたの恋愛を飛躍的に楽しいものにするために

 

さて、そのメルマガでここ数日話題の中心になってしまっているのが、「かまってちゃん」という言葉です。

このブログを読んでいると、対局にあるような言葉に見えますが、決してそうではありません。

その疑問を解き明かします。

メルマガサポート用記事(2014年3月)

雪さんより:

私は「かまってちゃん」です。
だって、好きな人にはかまってほしいから。

Kouさんが「私のメールがほしいなら~」と記事で書いてくださいました。
これは、「そんな気持ちで堂々といる」と
捉えています。

「私に彼からメールが来ない」「嫌われたかな?」「私が好きって言ったから負けかな?」

なんて考えて、もんもんとしているヒマが
あるのなら、さっさと
「好き」「わたしをかまって欲しい」と
メールします。

ただし、「今は、かまってちゃんだし、好きって言っちゃったけど、1時間後はわからないよ。私は気まぐれだし、価値ある女性だから。そんな私が欲しかったら、メールしてかまってよ。」と
『堂々とした私で』言うのです。

『どんな気持ちで』という姿勢は
電話であろうが、メールであろうが
必ず見えてしまうものです。

「かまってちゃん」可愛いと思います。

ここまで書かれてしまうと、もはや説明するところがないんですが、まさにこの通りなのです。

一般的に言う「かまってほしい」欲求を出す女は、男性からすると鬱陶しい存在になり得ます。

なぜ鬱陶しく感じるのでしょうか。

それは、いつもいつも「かまってほしい」と言われ続けるからです。これはつまり、女性から追いかけられているのとほとんど同じです。

 

男性は潜在的に女性を追いかけたいと思っています。

その相手から追いかけられたら、自分から追いかけることはもちろんしませんし、黙っていても来るものは鬱陶しく感じていくのです。

また男性の多くは、一人の時間、仕事の時間を好む傾向があります。これをいつも邪魔する形で「かまってほしい」と言うから鬱陶しくなるわけです。

彼が好きなサッカーの中継を見ているときに、いつも話しかけて嫌がられるといった経験はありませんか。

 

では、

彼の忙しくないときや何もしていないときを見計らってかまってほしいと言えばいいんですか?そんなの無理です

と思うかもしれません。

 

これも違います。

彼が忙しいかどうかは、あなたには何の関係もありません。

そんなことをいちいち気にしていてはいけないのです。

 

僕は、「いつも」というところを強調しました。

いつもかまってほしい人は鬱陶しがられるのです。

本当にメリハリですね。さっきまで「かまってほしい」と言って来ていた彼女が、次の瞬間全く違うことをしていて、彼が話しかけても無視しているような気まぐれ要素が必要なのです。

自分はそんなに気まぐれじゃないと思っているかもしれませんが、そんなことはありません。少なくとも男性よりははるかに気まぐれです。

 

女性は誰でも程度の差はあれ、「かまってほしい」欲求を持っています。

それをあなたの本来の気分に任せて素直に出していけるかどうかで、魅力が変わってくるのです。

男性はあなたが思っているよりも、ずっとそのわがままを期待しています。ただ応えられない時があるだけです。

忙しそうだから我慢しようという気持ちが強いと、「物分かりのいい女」でずっと通さないといけなくなるのです。

 

また改めて詳しく話す必要はありそうですが、忙しくしている彼に平気で、「息抜きしようよ」と言えるようになると、彼の中でのあなたの立ち位置は一段レベルアップします。

それが、いわゆる「安らぎを与えられる女」です。

こうなったら、彼はあなたを放しません。

 

彼の母親に成り下がる女性とは、まるでレベルが違うのです。

なりたいですよね(^^

恋愛の勉強を進めていけば、自ずとそうなれます。大丈夫です。

 

誰も教えてくれない、女性のための完全恋愛技法・バイブル編

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • naoppy
    • 2019年 9月 27日 0:55:02

    相手が構ってちゃんです。

    私が反応するから

    それが欲しいだけなのかな

    返してくれれば誰でもいいのかも

    • りりみぃ
    • 2019年 10月 01日 2:05:51

    >男性はあなたが思っているよりも、ずっとそのわがままを期待しています。

    なんとなーくこの内容のイメージはできてましたが、メルマガでコメントしていたらこの記事おもいだしました。

    すごい堅苦しい空気のなか、急にふざけたりするひとがいて、みんななんだよーと言いながらも、
    ふざけてくれてよかったとほっとするシーンとかありますよね。

    空気まったく読めてない感じだけど、場が和んで、ふざけたひとがすごく感謝されたりしてる。

    猫もですが、空気読んでない風なのに場を和ませるひとぅて天才だなぁとおもいます。

1 29 30 31
↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント