恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

定員に達してしまいました・・・

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

先日発表した新しい有料プログラムですが、僕の予想に反して「心の安定」はすでに定員に達してしまいました・・・

僕の負荷状況によって枠を増やす可能性はあるので、多少遅くなっても申し込みたい場合は、僕宛にメールください。

「心の安定」と「女性の承認」

 

「女性の承認」の方は、今のところ人数制限はしていませんが、プログラムで配信する内容の絞り込みによって制限をかけるかもしれません。

 

不安体質から脱却するためにしておくこと

ピンポンマムさんより:

自分の女性としての価値を認められない苦しさをずっと感じてました。過去の色んな心の傷がトラウマになって、自信を持たないことが自己防衛であるかのような錯覚さえしてました。仕事では、自信満々なのに…。

特に40歳を過ぎて、恋愛市場価値は直滑降を痛感せざるを得ない状況で、まだパートナーとも出会えていない…。そりゃ、焦ります。悲しくなるし、敗北感や絶望感さえも感じるように…。

でも、此処で勉強していく間に少しずつ解ってきたのは、そうやって不貞腐って凹んでるのが一番楽な逃げ。自分にも、人生からも逃げてるし、負け。苦しいけど、自分と、お相手、状況にちゃんと向き合って、冷静に見て、冷静に受け入れて、冷静な、そしてベストな対応をする。それの繰り返しでいつかはゴールに辿り着くのかな…って。

人生、恋愛って大変だけど、そんな悪くないかも…。いや、悪いはずないんですよね(笑)

不安になること、自信をなくすことになるきっかけは色々あります。

でも一番大きいのは、自分が自分を認められないことです。

 

重症になると、他人からどれだけ認められても自信を回復できません。

いきなり自信満々になるのは難しいことです。

でも、まず不必要に自分を傷つける、認めないといった行動を控えていくことが、状況を変えていく一つの足がかりになります。

 

恋愛は競争競技ではないので、他人と比べても意味はありません。

他人より幸せになりたい、友達よりも先に恋人を作りたい、結婚したいという欲求はあるかもしれません。

それはそれで無理に消すことはありませんが、うまくいかないから「負け」と考えない方がいいですね。

 

恋愛に「市場価値」などというものは存在しません。

おそらく男性の恋愛対象年齢とか、結婚相談所などの希望条件のことを考えているのだと思いますが、これらは思い込みの部分もかなりあります。

思い込みというより、主にメディアによる刷り込みです。

日常的にテレビや雑誌などを見ていることで、「男が若い子が好き」というイメージを刷り込まれているのです。

女性を見るときに、年齢は確かに大きな条件になり得ますが、それだけが決定的な条件になるということはまずありません。

年齢だけを第一条件に持ってくる男性はいますが、往々にして彼らの恋愛体験の程度は知れています。

 

メディアに踊らされることなく、自分の判断基準と価値観を持つことが大事です。

男性は若い女性の方が好きだというのは、半分正しく半分間違っていることに早く気づく必要があります。

 

女性は「自分はもう市場価値がない」と勝手に出ていってしまいますが、これは本当にもったいないと思うのです。

 

肉体だけで恋愛することを求める男性を相手にしたいのなら、さっさと諦めたほうがいいかもしれません。

でもこのブログに来ている人は、そうじゃないんだと思います。

 

もっと高度な恋愛をしたいと思いませんか。

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (10)

    • ♡arico♡
    • 2017年 3月 01日 12:35:14

    「年齢だけを第一条件に持ってくる男性はいますが、往々にして彼らの恋愛体験の程度は知れています。」
    そんな男性は相手にすべきじゃない!
    年齢わ気にする人とは幸せな時間は長続きしませんでしたもん。

    メディアにも要注意!!年齢なんて、ただの記号って思って、誕生日だけ祝ってもらってあとは気にしないようにします。

    • 琉架
    • 2017年 4月 26日 10:40:05

    順番にブログの記事を追っていて、こちらの記事を拝見して。
    他のサイト様へと浮気しておりました(笑)

    自分が自分を認められないこと。
    この辺りのことを詳しく知りたくて。
    恋愛のお勉強よりも先に、人としてのあり方や、人間関係に関するものを、多くはありませんがお勉強しています。

    まだ、理屈でしか理解していませんが、Kouさんのおっしゃっていた事の意味、分かるものがありました。
    他の人と比べる必要はないとか、その辺りのことも、この根本に関連するものだったのですね。
    当初は、「そうは言われても…」という感覚が強かったものですが、自分を大切にするということ、私を認めて受け入れるということを少し調べた今は、全ては考え方や心の持ち方ひとつなのだなということが分かってきました。

    後はそれを、自分自身に落とし込めるかどうか。
    ちりつも。の感覚で、日々お勉強をしながら、実践していくつもりです。

    私は肉体だけでの恋愛よりは、将来を考えた時、おじいちゃんやおばあちゃんになっても、仲良く手を繋いでいられるような恋愛をしたいです。
    いつかはその出会いを引き寄せたいと思っていますので。
    今はひたすら、私のペースでお勉強をします。

    • うさぴょん
    • 2017年 5月 31日 11:43:29

    お話を聞いてるだけで悲しい気持ちになります。
    こういう考え方をしていらっしゃる方、本当に気にしないで。
    私はKouさんと同意見です。
    年齢とあなたが素晴らしいこととは何も関係ないと思います。

    • 匿名
    • 2017年 8月 20日 22:18:55

    kouさんはなんでこんなに優しいんだろう
    本当にありがとうございます
    kouさんの言葉でたくさんの女性が
    救われて幸せになっていると思うと
    私まで優しい気持ちになってしまいます

    • かほ
    • 2017年 10月 10日 20:43:09

    素直に読みたいけど読めない
    でも、自分のことハンマーでボコボコにしてるのは自分だってのはわかってる

    • 2018年 6月 05日 10:58:14

    意外に男性の中には若い女性より同じ年代の女性や年上の女性がいいと言う人も多いです。私が年下の男性が好みだからそういう男性が周りに多いというのもあるかもしれませんが。

    そうかと思えば、若い女性が一番、アラフォーなんてとんでもないという男性も多く、私の経験では50代以上の男性にそういう人が多い気がします。そういう方には私なんて女性の価値がないくらいのことを平気で言われたりします。

    ショックは受けましたし、それも現実だと受け止めていますが、私は私の価値を認めてくれる男性とお付き合いできれば良いと思っているので気にしないことにしました。

    • Sachi
    • 2018年 6月 05日 11:51:06

    結婚したい男性、奥さんがほしい男性、自分の子どもが欲しい男性、家族を持ってみたい男性…
    まっぴらです。
    そういう男性ほど、人間としてのその人自身、その女性自身を見ていないと思うから。

    条件ではなく、わたしを欲する男性、わたしを独占したいという男性にしか
    目を向けたくありません。

    結婚したから幸せになれるわけでも、子どもができたから幸せになれるわけでもないんです。
    ○○したら幸せになれるなんて、もしもそうだったら簡単なのに。。。

    『恋愛に「市場価値」などというものは存在しません。』

    有り難い言葉です。
    恋愛の市場価値は、日々の努力から自分自身で作り出せるのですよね?

    • 眠り姫
    • 2018年 10月 06日 22:39:27

    『不貞腐って凹んでるのが一番楽な逃げ。自分にも、人生からも逃げてるし、負け。苦しいけど、自分と、お相手、状況にちゃんと向き合って、冷静に見て、冷静に受け入れて、冷静な、そしてベストな対応をする。それの繰り返しでいつかはゴールに辿り着くのかな…って。』

    『不安になること、自信をなくすことになるきっかけは色々あります。
     でも一番大きいのは、自分が自分を認められないことです。
     重症になると、他人からどれだけ認められても自信を回復できません。』

    いつか心から好きだと思える男性と出会って、愛しあいたいな(*´ω`*)
    今はそう思える男性がいなくて、そう思える男性と出会うためには自分が変わらなくてはいけなくて…。
    今の私にできる事は、もっと綺麗になって、もっと自分のやりたいことをやって、“自分”を大好きになって、自分に自信をもつこと。
    自信を持てたら余裕が出て、もっと周りに目を向けられるようになるし、
    そうなれたら声を掛けるきっかけを見つけやすくなったり、気軽に話しかけてみることがでるようになるのだと思っています。

    その理論が間違っていて遠回りだとしても、歩みを止めなければ、何もしないでいた時よりも成長しているはず。

    『他人より幸せになりたい、友達よりも先に恋人を作りたい、結婚したいという欲求はあるかもしれません。
    それはそれで無理に消すことはありませんが、うまくいかないから「負け」と考えない方がいいですね。
    恋愛に「市場価値」などというものは存在しません。』

    これは、恋愛だけではなく人間関係全般にあてはまるのかも。
    他人の恋人を奪っても幸せになれるわけではない。グループで楽しそうにしていて羨ましく思っても、そこに入ったからといって幸せになれるわけではない。
    自分は自分なんだな〜としみじみ思います。
    それと同時に、一緒にいるとリラックスできて、元気が湧いて、心から笑い会える人がいることに感謝し、この縁(人)を大切にしたいと思いました。

    唯一の「負け」は、自分で自分を諦めてしまったのみ。

    • オッチー
    • 2018年 10月 07日 0:20:42

    高度な恋愛

    今、ふてくされてるし
    相当、自信なくしてるし
    縮こまって
    息苦しい

    高度な恋愛ってなんだろ

    • 綾島由乃
    • 2018年 10月 20日 22:37:41

    >重症になると、他人からどれだけ認められても自信を回復できません。

    過去のことですが、
    『どんなに人から褒められても、その褒められたことを自分自身が認めていない(長所だと思っていない)と、褒められていると思えないし、嬉しいと喜ぶこともできないんだ』
    と、体感したことがありました。

    それまでの私は、人から褒められたらもっと自信が持てるのに、と思っていました。
    自信が無い人にもたくさん褒めてあげれば徐々に自信がつくと信じてました。

    だから、↑の気づきは結構、衝撃だった笑

    自分のことは自分自身が肯定してあげなきゃ、一歩も進めない。
    とても大切な気づきでした(*^^*)

↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント