恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

私に会いたきゃお前が会いに来い

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

またまた気になるコメントを見つけたのでシェアします。

今回は久しぶりにこのシリーズです。(何のシリーズやねん)

 

超重要な男性心理をお伝えします

まみさんより:

好きな人がいるんですが
全く気持ちがわかりません。

機嫌よくラインをたくさんしてきてくれる日や
送ってもそっけなく返される日もあります。
あたしがメールの回数を減らしても
何にも気にしてないみたい。
もう諦めたほうがいいのかな。
好きな人は遠距離なんですが
お金をあげるから遊びにきてと言われたりもしています。
もう苦しいー!!

男性はメールの回数の多寡で恋愛感情に大きな違いがあったりしません。

ただそのときの興奮状態に違いがあるだけです。盛り上がっているときはすぐさま返信したりするわけです。

でも返信していないからと言って、熱が冷めているわけでもありません。

 

それから、どうしたって返す気が起こらないときもあります。

これは女性も同じはずです。

 

ちょっと返信が途絶えたから、すぐに私のことが嫌いになった、と結論づけないことです。

 

そして、問題なのがこの最後の部分です。

「お金をあげるから遊びにきてと言われたりもしています。」

 

はっきり言います。

これは、怒るところです。

 

「お金をあげるから」というところに怒るわけではありません。

苦しむ必要なんてありませんよ。

 

そんなことを言っているうちは、あなたから会いにいく必要は少しもありません。

電話やメールと同じく、この「会いにいく」という行為も女性からしている人が結構いますが、もはやNG行為と呼べるほど、女性のあなたがするべきではないことです。

してもいいのですが、それは比率の問題です。

彼が何度も来てくれているから、今度は私が・・・ならいいのです。

彼の近くに何があるのかを知りたいとか、あなたの欲求に基づく行為なら問題ないのです。

 

でも、彼の「会いに来てよ」という誘いにホイホイ乗っているとしたら、それはかなり危険ですね。

あなたは彼の愛情を受けたいと思っているはずです。

 

そばに来たらかわいがってやるというのは、殿様発想です。

駄賃やるから遊びにおいで

などと彼に言われたら、恋愛の楽しみが分かっている女性なら、

「お前は私のおじいちゃんか!!」

と思ってしまいそうです(^^;

 

そうなんです。

遠距離恋愛でも、そうじゃなくても、極力彼に会いに来てもらわないといけないんです。

無理にでも彼に会いに来てもらうことにこだわらないといけないんです。

 

彼から「遊びに来てよ」と言われたら、

「私に会いたいのなら、お前が会いに来い」

くらい言わないといけません。

 

いくつもの苦難を乗り越えて(?)彼があなたに会いに来てくれたら、そこで初めて大喜びしてあげるんです。

 

彼はお金がないから

彼は忙しいから

彼はわがままだから

 

全部理由になりません。

年間通して四六時中ずっと忙しい男はこの世にはいません。

 

お金がないなら、ないなりの付き合い方がありますし、お金を作ってから出直してもらうということも考える必要があります。(これは今後話をします)

 

何にしても、男性から投資されるべき立場にあるあなたが、進んで彼に会いにいく理由はほとんどないのです。

何度も言うように、あなたが彼に積極的な行動を取れば取るほど、彼の行動を縛ることになります。

 

もうちょっと自信をもっていいんです。

意外にも、あなたが思っているよりもずっと、彼はあなたに興味があります。

ただ、それを発揮しないだけです。発揮する必要がないから。

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (5)

    • 月城
    • 2017年 12月 05日 19:55:42

    彼がどこかに行ってしまう
    から
    彼はどこにも行かない。むしろ私がいないと困る。と思考を切り替えていこうと思います。

    だって私は若くて優秀でそこそこ綺麗な女です。彼の立場も特殊な仕事も理解して対等に話が出来る素敵な女性です。私を逃して困るのは彼であって私ではありません。

    尊大に接するわけではありませんが、それくらいの心意気でいようと思います。

    • なのちい
    • 2017年 12月 10日 10:55:22

    最初は可愛くおねだりしてみた、「次会うときこっち来て♡♡」って、
    そしたら「えー」って。

    カチンときちゃって

    「私もうそっち行く気ないからカモくんが来てくれんかったら二度と会わんよ(笑)」って返した

    可愛くないなーわたし、と思いながらも本気で私も会いに行く気ないしカチンときたときに文句の乱文送らなくてよかったと思います

    てかまずLINE送らなきゃよかったって後悔した(笑)もっと引いとけばよかった(笑)

    • なもも
    • 2017年 12月 10日 11:22:28

    昔は待ち合わせすることも多かったけど、わたしの都合で指定しない限り、必ずお迎えに来てくれるようになりました。
    ふと、なにがきっかけだったのか?と考えていましたが、イマイチぴんと来ません。

    思い出したのは、帰りによく駅とかで降ろしてもらっていた(降ろされていた?)のを、「家まで送ってくれる?」とお願いしたこと。
    そのときはそんなこと、あまり言いませんでした。「ここでいいよ」と自ら言う多かった気がします。
    自ら言ったのに、納得がいかなかったのです。笑

    だから、お願いしてみたのです。
    そしたら二つ返事で、「もちろん!」って、なんだかちょっと嬉しそうに。

    そこから彼の意識がどう変わったのかはよく分かりませんが、必ずdoor to doorで送迎してくれるようになりました。
    条件的にかなり難しくても、絶対に無理な状況でない限り(もしくはわたしが指定しない限り)、100パーセントです。
    むしろ、わたしが「あのへんで降ろして」と言っても、「いや、家まで送りたい!無事に送り届けるのが僕の使命だから!」と言います。笑

    「僕、君を必ず家まで送るようになったよね。。」と、彼が振り返っていたこともあります。

    『してもいい』と分かったからなのかな?
    それとも、わたしの期待に応えたいという思い?

    うーん。やっぱりよくわからない。笑

    • なもも
    • 2017年 12月 10日 11:25:06

    ああ、送迎をする気持ち良さにハマっちゃったのかも知れませんね。
    「彼女を必ずdoor to doorで送迎する俺」がカッコよくて好きなのだろうな。笑
    うん、カッコいいです。

    カッコいいって言ってあげよう。

    • とこ
    • 2017年 12月 10日 13:31:09

    待ってるけど来ないです…。
    年間通して四六時中忙しいみたいです…(笑(涙

1 5 6 7
↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント