恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

感情表現は素直に、しかし沸点はできるだけ高く

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

12時間レッスンなどでも、素直に喜ぶほうがいいということを話しています。

できる限り、素直に喜ぶことです。

 

いつもいつも喜んでたら、そのうち何でも良いと思われませんか?

という意見もあります。

 

その通りです。

何でも常に無条件で喜んでいると、何でも良いと思われることはあります。

 

ではどうすればいいのか。

そんなことは簡単です。

 

喜んで、機嫌のいい状態を短くするだけです。

その瞬間だけ大喜びすれば十分です。

男はそこにすべてをかけています。

 

あなたにしてもらう投資が安いか安くないかというのは、そういうことです。

投資というのは消え物です。

消え物の積み重ねなのです。

 

彼にアイスクリームを買ってもらって喜べない人に、恋愛はできません。

 

喜ぶのはその一瞬でいいのです。

これは簡単だと思いませんか。

 

彼のしてくれたその行為を、覚えていられるのであればずっと覚えているに越したことはありません。

ずっと喜びを感じ続けていても構いません。

ただその「満足感」を、彼にずっと見せ続ける必要はないということです。

 

気持ちは持ち続けることができるのなら、持っていてください。

喜びの感情を持続できるのは、すごいことです。

でも、投資は継続的に受ける必要があります。

 

それはあなたのためでもあり、また彼のためでもあります。

バイブル編では随分はっきり書いてしまっていますが、彼の投資行動を引き出すのは、あなたのためではありません。

彼のためなのです。

 

あなたは、投資をさせないといけないのです。

 

彼の投資(つまり愛情行為)を、繰り返し受けたいですよね。

だったら、素直に感情表現できるように、ぜひなってください。

 

このブログでも、「素直に受け取る」「素直に喜ぶ」をやっただけで、劇的に変わったという女性がたくさんいます。

 

感情表現を素直にできるようになるのは、一つのスキルなのかもしれません。

多くの抑圧や過去のトラウマ、失敗経験などから、うまく解放できない人はいます。

無理に喜ぼうとする必要はありません。

 

でも、ちょっとだけ意識してみてください。

あなたは感情表現ができないのではなく、忘れているだけです。

 

この話に、大事なことを追加しておきます。

すべての感情表現を素直に放出するのは、子供だということです。

 

あなたは「女性」である必要があります。

「女の子」でいてもいいですが、それはずっとではありません。彼の前での、ごく一瞬だけで十分です。

それ以外は「女性」である必要があります。

 

何が言いたいのかというと、簡単に爆発しないだけの感情のコントールができることもまた重要だということです。

これができない女性はかなり多いです。

現代で普通に生きていたら、まずコントロールはできません。

 

以前こんな記事を書きました。

気がつくと感情が爆発してしまう女性へ

 

多くの場合は、感情に任せて爆発したところで、リカバリーできる可能性はまだ十分にあります。

でも、爆発する必要がないのなら、しないに越したことはありません。程度はどうあれ、彼もあなたも傷つきます。

特に彼は、あなたがなぜ怒っているのかさっぱり分からないのです。

 

沸点は、できるだけ高く設定してください。

高くなればなるほど、あなたは大人の女性になれます。

 

感情のコントロールの仕方は、また改めて話をします。

 

誰も教えてくれなかった、女性のための完全恋愛技法・バイブル編

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (9)

    • まりぃ
    • 2019年 10月 10日 16:18:09

    私、感情表現があまりうまくないみたいです。
    クールとかは言われたりしたことはあって、
    全然気にも留めていなかったのですが
    最近お世話になってる方に、
    「自分の意見は言うけど感情は出さない」と言われました。
    感情を出さないようにしてるのかな?それがなんでかを考えるのもいいかもね、と私のことを見透かされて
    見透かされたことに自分でも戸惑ってるのがわかるくらいでした。笑

    感情表現、自分の課題だなぁ。

    • まりぃ
    • 2019年 10月 10日 16:33:50

    自分の整理のために書かせてください。

    あとは、怒ることある?どういうときに怒る?
    と言われ、全ての感情を出せる人今までにいた?と言われたときに
    元彼だなと真っ先に思い出して、泣きそうになりました。これも抑えたけど。

    最近、ふとしたときに元彼のことを思い出して、
    涙が出てくることがあります。
    元彼と私、なんか性格が似てた。
    これでいいのかと迷ってるのかな。

    自分と向き合おう。

    • まいまい10
    • 2019年 12月 01日 7:11:05

    わたしに足りないのはこの辺のこと。

    強がってしまって、素直じゃない。

    だから、言ってしまった感。

    あとでフォローしても、もうヒステリックな女になってしまっていた。

    なんでそんなにも、傷つきたくがないために
    強がってしまうのだろう。

    素直に言えたら、もっと楽なのに。
    人の顔色ばかりうかがって、勝手に人の心読んで、守りに入ってしまう。

    自分では気づかないところで、そんなにもブレーキ踏んでるのかな。

    だから、気が強いって言われちゃうんだよね。

    今日会えたら、ちゃんと素直に言ってみようと思ってます。
    あれは、素直じゃなかった、って。
    ヒステリックって思われるかな( .. )

    • もりかわ
    • 2020年 1月 08日 5:34:52

    むぐぅ。

    何とは言わぬが、誰とは言わぬが、こちらの期待を超えてくる、とてつもない良い裏切りをされる殿方のお姿を拝見し、また喜びの感情が爆発し、空気を読めずに長文乱舞してしまいそうなのでありますけれども、その前にこちらの記事を読んで、冷静に。冷静に。本当に落ち着いて、自分。
    ぁぁぁんだってあんなサプライズみたいなの素敵すぎて落ち着けない助けて。

    ううぅ。だが、女性らしさがいかに素敵で大切であるかの学びを無駄にせぬ為、堪えねばならぬ。うう。言いたい。でも今はその場所で言ってはならぬ事はひしひしと分かり申す。

    短絡的欲求について、理解出来ておった気がするのに、実戦となると出来ぬものじゃな。
    感情のコントロール苦手すぎる。難しゅうござる。わーん今すぐ凄いって書き込みたい!

    でも、短絡的欲求の「喜びを表現したい」は後からいくらでもできるぞ、自分よ。というかもう他の方の邪魔になるレベルでたくさんしたではないか、自分よ。反省をせよ。
    長期的欲求の「落ち着いた女性らしさを身につける」の為に今は我慢するのじゃ。自分よ。

    「全ての感情表現を素直に放出するのは子供だという事です。」

    そうか。そうじゃのぅ。
    でも全てじゃなかったら良い?
    ちょっとでもダメ?なんて思考がぐるぐる。

    いやいや、わたくしは、子供ではないのじゃ。少し離れた場所で、おしとやかに座って見守るのが最善なのじゃ。

    うう。むぐぅ。

    • もりかわ
    • 2020年 1月 08日 17:01:17

    いや、他の方の邪魔という考えは不要でござった。自分を卑下してしまっては、せっかく楽しいと思って下さった姫様の尊いお気持ちまで否定しまう事になるではないか。うむ。反省。

    あまりに素敵な人と関わると、それに比べて自分は劣っていると反射的に考えてしまう思考のクセをなんとかせねば。

    「周りが素敵。だから自分は素敵じゃない」な、はずがない。うむ。回路ブレイク!!

    そして、配慮ができるのはとっても素敵で、遠慮はしない方が素敵なのかも知れぬと、此度の貴重な体験で思い至り候。

    配慮と遠慮。配慮と遠慮。
    似て非なるものでござるな。

    配慮はTPOをわきまえた上で自己主張をする事であり、
    遠慮はTPOをわきまえる力が無いから自己主張とかもう全部諦める行為。なのかも知れぬ。

    うわー。わたくし、遠慮、得意技過ぎてカッコ悪うござる。今まで配慮のつもりで遠慮しかしてなかった場面、めちゃくちゃあり申す。うわー。カッコわるい。

    うふふ、でもそう考えると、お花畑によくある「おタバコはご遠慮下さい」という注意書きは、「タバコとかもう、何も考えずにとりあえず全部諦めてください。」というニュアンスの、結構なパワーワードなのかも知れぬ。ちょっとなにそれ面白い。強い。

    本当に、このブログは人生の役に立つ、素晴らしいものでござるな。

    しっかり身に付くように、糧になるように、これまで以上に噛み締めて味わう必要性を感じる。

    ゆえに、今年は、美味しく喰ろうてやる。

    • いちごプリッツ
    • 2020年 1月 29日 10:03:06

    喜怒哀楽が大きい方で、怒りの感情も湧いてしまう…
    自分だけかと思っていました。。
    しょうもない事でも怒っている自分が嫌いです。
    しっかり女性でありたいです。
    怒りの沸点の設定値…上げる!!

    そもそも怒りっぽい性格。
    しかし例えば職場とかの自分と大きく関わりのない方々にはなぜか怒らなさそうと言われる。
    それは嬉しいのですが、実際は…泣
    短気は損気、叩き直したいです。。

    • まき
    • 2020年 4月 21日 14:46:44

    その場だけ喜ぶ。

    これは、こないだ偶然ですがやってました。
    嬉しかったのがじわじわ来たので、その日はめちゃくちゃ喜んでて。

    でも次の日にクールダウンできてましたね。
    だから、彼から話しかけてくるまでまた私は自分の事をしてたし、その時点で彼がやらかした事に怒りました。

    なんとなーくできるようになってきてるのかな。

    • コロネパンは美味しい!!
    • 2020年 5月 11日 19:09:36

    この記事大好きです

    沸点は高くしてますがやっぱり
    不安定な時は、特に何もされてないのにイライラします笑笑

    ド正論を彼は言ってるんだけど
    納得できない!みたいな理不尽な怒り。

    そういう時は落ち着いて
    エアボクシングをして
    時間が経ってから、納得できる文面で返す。

    会えた時は、
    いつもすぐぎゅーってはぐして
    えへへへって喜んで

    歩きながらお話して

    なんか 私ずっと喜んでる気になってたけど
    そこまでじゃなかったかも。

    ほう。案外できてるもんですね。

    • みきてぃ
    • 2020年 5月 23日 9:22:32

    素直な嬉しい気持ちも、出す時は短めがいいんですね。その短い間にオーバーに嬉しがります~!

    そして1番不得意な感情のコントロール。沸点は高く。

1 6 7 8
↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント