恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

母性が強いと思っている女性に知っておいてほしいこと

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

僕のところに来る恋愛相談で、一定の割合でいるのがこういう人です。

私は母性本能が強いんです

 

だから彼が甘えてくるのが嬉しいのだそうです。

 

以前、といってももうちょうど1年くらい前ですが、こんな記事を書きました。

男性に甘えてもらえて嬉しいと感じている女性が知るべきこと

 

母性本能があるのは大いに結構です。

それ自体は女性としてはとてもすばらしいことです。

でも、もしかするとあなたも、それを常にいい特徴だと思っているかもしれません。

 

いいですか。

このテーマの話をするのは久しぶりなので、この話ではっきり言っておきます。

 

その母性というのは、男性にとっては魅力ある特徴ではありません。

 

まず自分の幸せの条件を考えてみてください。

このブログに来てこの記事を読んでいるくらいなので、 男性と深く愛し合える関係を作りたいと思っているはずです。

 

もっと深い根源的な欲求を考えてみてください。

 

女性としての幸せについてです。

恋愛相談でメールを読んでいて、時々いるのです。

私は相手に愛情を注ぐのが好きなんです

 

いませんか。

あなたの周りにもこういう思考の持ち主の女性が。

好きな男性に対して愛情を注ぐことは、もちろん悪いことではありません。そうしたければそうすべきです。

 

でも、無条件に相手に愛情を注ぐのは幸せではありませんよね。

彼から愛されるからこそ、自分も愛情を返したいと思えるのです。

 

女性は何のために存在するか知っていますか。

忘れているのかもしれませんが、男性に愛されるためにいるのです。

 

男性を愛するためにいるわけではないのです。

僕が知る限り、圧倒的多数の女性は、潜在的には男性から愛されることを望んでいます。そうじゃない人はほとんど例外に近い存在です。

 

この文章だけでは意味が分からないかもしれません。

愛し合うのに度合いの違いあるのかという話ですが、あるのです。

 

このブログで特に人気の高いこちらの記事で、「誘って欲しいと誘う」という話をしました。

意地でも彼に誘わせる

 

そんなの無理です!

という人もいましたが、この例などは、「彼の方が私以上に愛情が強いに違いない」と考えるからこそできる芸当なのです。

 

母性があること、相手への愛情があることはよいことです。

でも、その母性愛というのは、あなたを愛してくれるはずの男性に向けるべきものではないのです。

母性愛があるのなら、それはあなたの子供のためだけに使ってください。

 

母性から出る愛情と、恋愛の愛情は同じよう見えて、実は全く異なるものです。

あなたを自分のものにしたいと思っている男性が、あなたの母親的な愛情を見て興奮するはずがありません。

 

母性愛が好きな男性もいますよ!

と主張する人がいるかもしれません。

僕のところにこれだけ相談が来るので、実際にそういう男性がいることはいるのでしょう。

しかし、そういう男性はほとんど例外なく、あなたに甘えてくる男性です。

そういう男性をあなたは望んでいますか。

 

より多くの愛情をもって追いかけられる恋愛をしたいのであれば、あなたが発揮しないといけないのは、母性による愛情ではないのです。

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (29)

    • 由ゆこ
    • 2016年 10月 14日 22:07:02

    彼の方が私より愛情が強い、と
    思い込もうとすれば思い込めるかな…。

    私は女性らしくして前を向いているので、
    自分で思っているよりも、かなり気にかけられているはず!

    • とんかん
    • 2016年 10月 25日 18:04:13

    私は男の人に甘えられのはあまり好きじゃありません。
    頑張って疲れて甘えてくるのは好きだけど、何もせずに甘えられるのは嫌いです。
    これって厳しすぎますか?

    • ばななの唄
    • 2016年 11月 17日 14:53:53

    学年やクラスに1人はいた「お母さん」とあだ名が付いている子。
    母性が強そうな。いや、多分強かった。
    安心はするけど、癒しではない。
    学生とは言えども、色気は無い。
    クラスの「お母さん」に好かれていた男の子は、
    だって母さんだもん!ちょっとね(+o+)って言ってったなー(笑)
    同じかどうかは分からないけど、そんな子を思い出しました。

    • ぴろりん
    • 2016年 11月 18日 6:26:15

    これ、「男性に甘えられて嬉しいと感じる〜」の記事からも、関連記事としてリンク貼っておいてほしいくらいです!!
    この2つの記事のおかげで、自分が今まで彼から向けられていた思いが女性としてというよりは母親への甘えだということに気づくことができました。
    私は、彼に女性として愛されたいです。
    Kouさん、大切なことを教えてくれてありがとうございます。

    • 浮舟
    • 2016年 12月 01日 21:44:40

    私は男性に愛されたいです。
    愛されれば誰でもよいのではなく、恋愛できれば誰でもよいのではなく、結婚できれば誰でもよいのではなく、私が好きだと思えた相手に好きだと言ってもらえる関係になりたいです。

    だから忘れないようにここで自分に確認しています。

    • 青色
    • 2016年 12月 12日 18:52:35

    女性は、男性に愛されるためにいるのです

    なんて素敵な言葉♪
    いつも忘れないようにしたいな。

    男性から愛されるための自分を目指していけば
    おのずと何が必要かわかってきそう。

    きれいにして、いい香りさせて、ほほえんで。
    女性を楽しみながら好きにふるまえるといいな。

    • ゆきを
    • 2017年 1月 11日 8:39:50

    以前は、愛を与える方が好きでした。
    満たされる、気でいました。

    でも今は、愛される喜びを知り、
    甘えさせてもらったり、少しわがままいって困らせたり、わたしの為にあれこれ企画してくれる彼に愛されるのはとても嬉しいです。
    もっと綺麗で、可愛らしく、柔らかくいよう、という自分のための向上心が持て、愛されたいという潜在欲求が満たされるのは、今まで感じたことが無かったです。

    わたしが楽しいと、彼も嬉しい。
    お互いを大事に思いやれる関係で幸せを感じていたいですね。

    • goodgirl
    • 2017年 1月 17日 23:56:27

    >女性は何のために存在するか知っていますか。

    >忘れているのかもしれませんが、男性に愛されるためにいるのです。

    ああぁ、この言葉すごい。
    忘れてましたよ。そうなんだ。だから女性は恋愛のことには一生懸命になってしまう。

    仕事で成功してもそれを得てないと幸せそうにみえないのも、それなんだ。

    目から鱗です。

    • にゃんちー
    • 2017年 2月 04日 21:31:34

    これも凄く学びたいテーマだなぁ。

    母性本能、私はかなり強いです(笑
    何かをしてあげたいって感じます。
    ただ、尽くして失敗してきました。
    尽くしてお母さんのような存在になって、彼にとって安心感は与えられたかもしれません。
    だけど、残ったものは、母親的役割でした。

    日々の家事だったり、それだけでなく、彼からの接し方、態度、扱いも家族的な、お母さん的な、そんなものになったように感じます。
    恋愛の勉強をするまでは気付きませんでした。
    尽くして何が悪いのかと、
    好きな人を幸せにしたい、愛情を与えることの何が良くないのかと。
    彼が幸せでいるならそれでいいって。
    でもね、違いました。
    私は次第に自分を蔑ろにしてまで、彼に何かをするようになり、彼も私から受ける尽くしを当たり前のように感じ始め、それでいいのだと思うようになりました。
    何もしなくても今のままでいいんだと彼が感じるのも無理ないです。
    それに、やっぱり、自分を置き去りにして、誰かを愛することは出来ないんだってやっと気付いた。
    だって見返りを求め始めるから。
    私も何かをしてほしい、なんで何もしてくれないって。
    変わるべきは私自身だって思いもしなかった。
    彼が変わってくれればいいのにってずっと思ってきました。

    だからね、恋愛の勉強をして、母性愛と恋愛の愛情は違うって気付けて本当に良かった。
    私は彼の母親になりたいわけじゃないって今なら素直にそう思えるし、分かります。
    彼にとって、愛する「女性」あり続けたいんだなって。
    それが私の本当の気持ちだったんだなって。
    それに愛情の与え方ももっと楽でいんだよね。
    楽しい恋愛がしたいもん。
    デートにも誘ってほしいし、色んな事で求められたいもん。
    そう願うのは間違いなんかじゃない。
    私は彼の母親的な存在から脱却します。
    もう母性愛は彼に向けません。
    卒業するんだ。そんな恋愛から。
    母性愛は将来、子供に向けます。
    意識することで変わるものがあると思う。

    • 可憐ちゃん♡
    • 2017年 2月 04日 21:52:56

    「母性が強い性質」と占いでよく言われます。
    動物が好きですし、好かれます。
    子供も好きですし、好かれます。

    たしかにその気質はありましたが、
    恋愛の勉強や心理や
    潜在意識に取り組んだいま、
    わかったことがあります。

    わたしは、
    一般的に言われる「母性」の性質は、
    実際にはあまり興味もなく、
    得意でもありません。

    「母性=お世話好き、人に尽くす」
    という一般的な先入観で、
    それを演じていたのかもしれません。
    そのためそういう性質をいかそうとすると、
    疲れましたし、苦しくなりました。

    けれど動物や子供に好かれ、
    仲良くなったり、お世話はします。
    おもてなしすることとかは
    とても気が回ります。

    けど、それはなんというか、
    相手と対等に向き合うからであって、
    心地よい空気を作りたいからであって、
    なにか尽くしたいわけではないのです。
    それを察して子供や動物が寄ってくるので、
    一般的に言われる母性が強いではないのです。

    それは、
    「母性が強い=
    相手との心地よい空気感をつくること」
    と捉えることで、
    その答えが見えた気がします。

    だから男性をお世話するとかではなく。
    男性が心地よく正しく「男性」を
    感じられる空気感を作る。
    母性が強い傾向のひとは、
    きっとこれも得意なはずです。

    • 青色
    • 2017年 2月 11日 23:46:58

    おかんは恋愛対象にならない。

    だからおかんメールは彼の心に届かないのでしょう。
    母性から出た愛情と、恋愛感情から出た愛情。

    この違いを考えていけば
    おかんメールなのか否か判断がつきそうです。

    • うけゆみ
    • 2017年 3月 16日 12:14:11

    無条件に相手に愛情を注ぐのは幸せではありませんよね。

    彼から愛されるからこそ、自分も愛情を返したいと思えるのです

    女性は何のために存在するか知っていますか。

    男性に愛されるためにいるのです

    愛してくれるから愛するは、
    ダメなの?と思ってました。
    でもこの感覚は正しいのですね。

    私は私を愛してくれる人
    大事にしてくれる人
    を大事に愛します

    • みうごろう
    • 2017年 4月 10日 22:02:15

    kouさん、こんばんは*

    彼を100%信じるのと同様、kouさんの言葉もまずは何も考えず100%自分に落とし込もうと考えてブログを読み続けています。

    一瞬、女性は男性に愛されるために存在する、
    と読んで
    ん? なぜ男性主体?と思ったんですが、とりあえず素直にそう思ってみます。

    前は私は甘えられたいタイプ〜と言ってたんですが、簡単には甘えてこない今の彼とお付き合いしていて、ちょっとそれが不満だったころ、
    彼に甘えて欲しいと考える女性〜の記事を読んで
    感覚が変わりました。

    この記事を読んで、女性は博愛的な愛情を相手の男性に対して抱いてはいけないのかな?と思ったのですが、相手には見せなくても
    心の奥底では持っていても良いでしょうか。
    私は心の奥底では持っているべきかなと思っていたのですが。
    今は彼に対して表面的な愛情はあまり見せていないので、たまにちょっと愛情不足かな?と
    思ったりしますが、
    見せていない、与え過ぎていないだけで
    心の奥底では持っているつもりです。
    博愛と母性は違いますかね?
    博愛といってももちろん、なんでもかんでも許す訳ではありませんが。

    彼が自分の方が私を愛している、と思っていても
    実はそれ以上に私が愛しているよ、と。
    実は、だから相手は知らなくてもいいんです。
    彼が思うぶんには自分の方が、と思ってもらわないと困ります。
    どんなに愛しても女性には敵わないんだよ、っていう風に持っていきたいのかもしれません。

    まだあまりにも自分から愛情を示さないと、
    不安になる時があります。
    それでつい彼が愛情が欲しそうだな、と思ったら小出しにしてしまったり 笑
    小出しだったらいいですかね。

    不安になるってことはまだ落とし込めてないですね〜(o’ー’o)

    • うさぴょん
    • 2017年 4月 22日 8:54:49

    私は追いかけられたいな~。
    甘えたい~。
    頼りになる人がいいな~。

    • あざらし
    • 2017年 5月 04日 13:38:21

    うん。彼が昨日から風邪っぽいと言っていた。

    今朝のLINE
    私「体調どう?」
    彼「身体が痛い」

    なるほど。「大丈夫?ゆっくり休んでね」と心配してもいいけど、心配したところで何の解決にもならないし、この程度ならほっときゃ治る。心配するほどではない。
    それよりも私のためになにか彼がすることのほうが、彼の元気に繋がるのではと思ったので

    私「おいしいもの食べて回復させよう!あ、今度○○食べたい!」と返事。
    彼からは「期待してて!」の内容。もちろん○○は彼の手作りです。

    そっちのほうが元気でるでしょ☆

    • ちゃめりん
    • 2017年 8月 08日 19:45:42

    母性かー

    昔は男性に甘えられるのが、嫌だったなー
    一緒にいるときに、くっついてきたり触れられると
    「んあ??」ってなって離れたもん

    男性は甘えないものって思ってたのかも

    でも、私に甘えない男性には強烈に尽くしたくなって
    毎日会いに行ったり、ご飯おごったりしてたな

    ダメダメなパターンね(笑)

    でもね、今のカレには甘えられても全然平気
    甘えのパターンもいろいろ

    仕事大変メールをたまに送ってくる
    会っているときは、どこかに触れてくる

    「ほーっ 甘えたいんだな、私に(°▽°)」
    と思って好きにさせてるかな。

    でも、甘えるだけじゃなく
    甘えさせてもくれる

    いいバランスかなー

    • まいまい10
    • 2017年 9月 05日 17:11:43

    >>忘れているのかもしれませんが、男性に愛されるためにいるのです。

    この一文を読んで、少しピンときました。

    女性は、男性に愛されるためにいる。
    愛されて当然の存在。価値。

    ってことは、ちょっと極端かもしれませんが
    「私を放っておく男性はいないのよ」
    「放っておくはずがない」
    ぐらい見せつけてもいいってことかな。

    チヤホヤしてくれる人はたくさんいるのよ。と。
    あなたは、その中の1人にすぎない。と。

    なるほど。そうか。
    ゲームの件にも繋がりますね。
    面白そうなゲームに見せる。

    そしたら、誘わずにはいられなくなりますもんね。
    誘って、と誘うの意味も、わかりやすい。

    kouさん、質問です!
    男性は、好奇心大勢(趣味、新たな挑戦等)な女性は魅力的にみえるのでしょうか?
    「女性が能動的(積極的行動)」になって、誘われずらくなりませんか?

    でも、受動的な女性には魅力はないですよね?
    「待ち」ばかりな女性でもいいんですか?

    ぜひ!9月最初のブログ内容に使ってください!!(笑)
    「○○の秋」ですから、ちょうどいい内容かと\(^o^)/
    あ、9月最初ではなかったですね(^o^;)(^o^;)(^o^;)

    • なつみんと
    • 2017年 9月 30日 0:51:13

    「好きな男性に対して愛情を注ぐことは、もちろん悪いことではありません。そうしたければそうすべきです。

    でも、無条件に相手に愛情を注ぐのは幸せではありませんよね。

    彼から愛されるからこそ、自分も愛情を返したいと思えるのです。

    女性は何のために存在するか知っていますか。

    忘れているのかもしれませんが、男性に愛されるためにいるのです。」

    昨日から1人で悩んでたんです。
    相手のことをつい思いやったり、過保護になり過ぎたり、先回りして配慮し過ぎなんじゃないかって。
    これって、相手に愛情を与え過ぎなのかもしれない。
    彼はそれに気づいて、早々に私に愛情を与えることを怠け始めてしまうんじゃないかって。

    男は最初みんな優しいんです。
    口なら何だって言えるんです。

    それを信じて、あまり早くにこちらから与え過ぎてしまうことは良くない。

    分かってるのにな。

    私は自分が愛されたいような愛し方で、相手のことを愛そうとしてしまう。

    だからいつも、真っ直ぐで、その人のことしか見なくなる。
    惜しみなく、迷いなく、愛する。
    私がそうされたいから。

    そんなこんなで、他の候補や可能性のある男性も除外してしまうけど。

    彼じゃなきゃダメな理由は何だろう。
    彼にとって、私じゃなきゃダメな理由は何だろう。

    そういうことをもう少し見極めながら、与える愛情の量を調節することにする。

    無条件の愛は美しいけれど。
    それは、映画の中の話。それに、男性から女性に送られるものな気がする。

    “時間をかけなさい”とKouさんが言う意味が身にしみる。
    あの人が昔くれたような、無条件の愛に辿りつくためには、彼と私にはまだまだ時間が必要なんです。

    • なつみんと
    • 2017年 10月 24日 20:55:52

    386)母性が強いと思っている女性に知っておいてほしいこと

    「母性から出る愛情と、恋愛の愛情は同じよう見えて、実は全く異なるものです。

    あなたを自分のものにしたいと思っている男性が、あなたの母親的な愛情を見て興奮するはずがありません。」

    彼の体調が心配で、何かしてあげたい。とか思う時は母性愛なのかもしれない。
    お世話してあげたいとか、守りたいとか。

    私がそういう一面を見せる時って、彼はそんなに嬉しそうな反応はしないみたい。

    確かになぁ。
    “誰かのために尽くしたい”って、私の性に合わなくて、なんだかしっくりこない。笑

    やっぱり、愛されて尽くされて、お姫様扱いされるのが合ってるみたい。

    彼は私が助けなくても、自力で頑張れるから。
    私は私で、自分のこと頑張って輝いて生きる。
    時々彼に思いっきり甘えたり、デートに連れ出したりするくらいで十分みたい。

    • きむさむ
    • 2017年 10月 29日 22:09:21

    ちはなさんのコメントでハッとしました。
    「大好きな彼に、いろんな事してあげたいですよね。
    私もそうですから(笑)
    母じゃなくて、女性として、してあげたら?
    言葉のかけ方や、女性らしい仕草を
    必ずプラスしてみてもダメかしら?
    気をつけるのは、やり過ぎがダメなのよ。
    何にもしてはいけないのでは、ないのよ(笑)」

    彼のこと、大きな子供みたいって、
    無意識に自分から母として接してたみたいです…!
    これからは女性として、彼のことは男性として接してみます、ちはなさん感謝です(^^)

    • えりすけー
    • 2017年 12月 23日 16:41:27

    カリスマ性に惹かれて好きになった人は大抵、子どもらしい一面を持っていて、そんな無邪気な子どもっぽい一面をみると、どうしようもなく惹かれてしまう自分がいます。
    でも、これは母性であって男性が求める魅力では無いのですね。実際に、この母性で失敗した経験もあるので、kouさんの仰るように恋愛においては必要のない感情なのかもしれません。

    それに気づけてよかった。自分の感情を無いことになんかできないので、私がそこにときめいたことは彼には秘密で、甘えてくることを許さない対応ができるようになることを目標に過ごせたらなーっと思いました。

    • ちゃいらて
    • 2017年 12月 24日 11:14:43

    「女性は何のために存在するか知っていますか。

    忘れているのかもしれませんが、男性に愛されるためにいるのです。」

    そうそう(´-`).。oO

    母性は強くないです。甘えてくる男性は好きじゃないし。でも逆に超自立型みたいな男性が多かったので、それでも愛して欲しいっていう気持ちの裏返しだったんだろうなーなんて思います。

    ふふ、気づいちゃった今、相手するのはちょっと難しい(*´-`) 愛される恋愛がしたいですね。

    • たま
    • 2018年 2月 26日 18:13:18

    ひと昔前は、これこそ女性だと思われていませんでした?私は母に、女性性を否定されつづけていたけど、こと結婚という話になるとこの母性が強いことこそ良いことだと教えられてきた気がします。
    でも、考えてみるとたしかに…
    少しぐらい尻に敷かれている男性の方が、女性を常に追いかけているような気がします。
    側から見たら、邪険に扱われているようにもみえるのに、文句言いながらでもついていく男性。います。

    • 海月姫
    • 2018年 3月 21日 12:33:31

    恋愛で苦労する女性って
    母性愛の強い長女気質ですよね

    …と、つぶやいてみるテスト

    • ラベンダーアールグレイティー
    • 2018年 5月 16日 10:49:26

    母性と共依存をどちらも
    持ち合わせているみたいです。

    いつでも会えて
    いつでも甘えられて
    いつでも素直に率直に
    思ったことを口にできるのは

    彼ではなくわたしで無くては
    愛されてるなんて言えません。

    大概の男性は
    母親との関係性や未消化を
    恋愛関係の女性に求めます。

    聞くといつも正解をくれる母親の
    敷いたレールに長く乗っていた彼は

    兄弟の叱られる姿を反面教師に
    相手の心情を読んで時に厄介から逃げる
    バランス感覚が育った様に思います。

    わたしは自分の意見を曲げません。

    彼はいつもわたしの不機嫌を
    異常に避けたがり自分を責めます。

    そんな時まるで彼の母親の様に
    彼に説いてしまう自分を辞めたいです。

    • 2018年 5月 22日 20:21:34

    タイムリーな記事です。
    甘えてくる男性に嫌気がさしていたところです。

    男のくせに、女にお金を借りる
    しかも返してと言ったら話をすり替える
    そして逆ギレ

    甘えているというか、バカにされてるんですね、私。
    自分が変わらないと同じことの繰り返しです。
    もう疲れました。

    これはお付き合いしている彼のことではありません。

    • 優***
    • 2018年 6月 13日 9:24:55

    いつも…
    お母さんになっちゃうのよね…(

    本当に尽くしすぎがダメなのですね…
    (絶望)

    • pilatesマニア
    • 2018年 9月 29日 22:15:55

    誘ってほしいと言うまでもなく誘ってもらえるようになります!(^^)
    女性は男性に愛されるためにいる=男性は女性を愛するためにいる!

    • Mother fucker !!
    • 2018年 10月 18日 23:47:55

    昔ドアーズと言うバンドのジム•モリスンがそう叫んでいました。
    外国人でも母親に興奮するのは変態中の変態なんですね。
    私も付き合ってる男性から何度も「お母さんみたいだ」と言われたことがあります。 最近は「女神様だ」と言われました。
    この限りなく許容する愛情のかけ方は
    ❌なのだと、やっとわかりました。

    男性がもっと興奮する女性になるように
    kou さん。やっと 気づきました❗️
    有難うございます。

↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント