恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

知っておいて欲しい自己投資の意味

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

予想はしていましたが、12時間恋愛技法レッスンの8時限目「自己投資」の解答編は、この解答編だけで理解できない人が多いようでした。

ある程度それは予想していました。

一見恋愛と関係なさそうなテーマでもあり、かつすんなり理解できるほど単純な話ではないのです。

この解答編はこのブログで最も文章量が多い記事になっています。

コメント引用なしで3,000文字を超えているので、読むのも少々辛いと感じる量です。

 

解答編だけですべてを理解してもらおうとは思っていません。

でも興味がある人には、継続的にこの話をしていきたいので、まずはこの解答編を読み込んでみて欲しいと思います。

 

意外だったのは、メールでの問い合わせが1件もないことです。

大きなテーマの記事を出すと、大抵はメールで問い合わせてくる人がいるのですが、今回はそれが特にありません。

まだ僕も伝え切れていないところがかなりあります。伝え方が悪いというのも大いにありますね・・・(^^;

 

もしかすると今回の話は少し耳が痛いかもしれませんが、理解することは決して無駄にならないので、少しでも興味があればゆっくり読み解いてもらいたいと思っています。

 

12時間レッスン:8時限目 自己投資(解答編)

makoさんより:

投資=それが将来お金をうみだすものに対して支払う費用のこと。
なんですよね?
kouさんのマニュアルが投資でジムに行くことが消費?
どっちも消費じゃないんですか?
恋愛の勉強してるからって将来お金を生み出す訳じゃないし。
ぎりぎりで生活してる一人も、借金ある人も、追い詰められて生活してる人もいるでしょう…そんな中でも無料でkouさんの配信されるものを読んで、恋愛を勉強しようと恋愛に前向きになろうとしてる方たちは無料でも十分吸収しているでしょう。
以前の図書館で本を借りるよりも、購入した方がいいという例えも私は良くないと思います。専門的に勉強する時は買っても買っても足りないくらいです。図書館で色々な本を読んで勉強してる人の方が人よりも意欲があったり、成績も良かったり、仕事でも活かせていたりします。
意欲の問題で、お金を自分で出した方が自分が吸収しようとし易いということですよね?
kouさんの言い方や例えは凄く響く時がある、助けられる時がある、でもたまにえ??って時もありますね(笑)  難聴の話も片方聞こえない私には?でした。私の難聴は全実費で施術しないと聞こえるようにはならないし、もう片方だめになったらもう手話です(笑)色々なことで辛くなっても前向きに生かされてます。これもメンタルの問題ですね。治るか治らないかではなく、治らないものとどう生きていくかって考えないと何も始まらないから。
本当に私のことを想ってくれる人は耳のことも優しく受け止めてくれる。いじめてくるやつなんか私からさよならです(笑)
kouさんの言ってること間違ってないと思う。でもたまに勘違いや混乱を起こしてる気が。。私にはします。
私の気持ちですけどね(^ ^)

非常にいいコメントです。

多分makoさんと同じ疑問を持っている人はかなりいると思います。

僕の書き方も極端なところがあるので、多少誤解させてしまっている可能性はあります。

 

同じ「投資」なので、解答編では、まず「投資」という言葉の意味を説明するためにあえてお金の話をしたのです。

投資の言葉の意味を知らない人が実際にはかなり多いのです。

ギャンブルと勘違いしている人もいます。

 

まず、消費と投資の違いを認識する必要があると僕は思っています。

 

僕のブログを読み続けて成果を出した人ももちろん多くいます。それはそれでいいと思うのです。

そこに時間や労力がかかっていれば、それが広い意味の自己投資になります。僕はこのブログにコメントを残すことが一つ自己投資になるという話もしていますね。

 

図書館の例は、色々意見はあるかもしれません。実際に反論も頂きました。

この喩えがしっくりこない人は、少し冷静になって考えてみて欲しいのです。

専門になればなるほど、専門書は自分で持たないといけなくなります。図書館にある本だけで済ませているうちは、まだ専門家ではないといってもいいくらいです。

僕はソフトウェア開発の仕事をしていますが、それに必要な書籍は新入社員の頃から買いまくっていました。

もちろん全部買っていたらお金が持たないので、図書館やネットの情報は徹底的に利用しました。でも図書館だけで済むほど甘くはありません。

常に手元にないと仕事にならない類の本は大量にあります。そしてそれを持っているということ自体に重要な意味があるのです。これは何の仕事でも同じです。

 

僕の同僚には、技術書は買わないでネットで済ませるという人も多くいましたが、そういう人は例外なく消えていきました。

 

これも反論がある人がいると思いますが、資格取得や研修の費用も全く同じことが言えます。

研修費用を会社に払ってもらっているうちは、永遠に自己投資に成功しません。

要するにそれを習得するのに、どれだけの痛みを伴ったかということが重要なのです。

 

図書館で色々な本を読んで勉強してる人の方が人よりも意欲があったり、成績も良かったり、仕事でも活かせていたりします。

そういう人は、図書館だけを利用しているわけではないのです。

これまでの勉強のすべてを無償で済ませて仕事にしている人はほとんどいないはずです。仮にいたとしてもかなり極端な例です。

 

メルマガで配信した難聴の話は、makoさんに限らず実際にそれで苦しんでいる人を不快にさせてしまったかもしれません。

僕が知っている範囲で話せることを書きました。すべてに例外なく通じると言うことは確かにないと思います。申し訳ありません。

その意味では混乱させてしまっていることについて謝らないといけません。

僕もすべての事柄を知り尽くしているわけではないので、特に専門外の話に関しては多分おかしな話をしている可能性はありますね。指摘してくれる人もいて、いつもそれには感謝しています。

 

意欲の問題で、お金を自分で出した方が自分が吸収しようとし易いということですよね?

そういうことですね。

ここまで分かっていれば、半分くらいは理解できていることになります。

あとは、認識できている価値の問題です。

 

今のあなたを作り上げるまでにどれだけの費用を投じてきたか、という実感です。

得られたものと、感じる価値は必ずしも一致しません。

同じ本なら、買って読むのと図書館で借りて読むのとで全く変わらないと思うでしょうが、残念ながそうではありません。

得られた知識量は同じでも、その得られた知識に対するあなたの中の重み付けは、確実に買った本から得たものの方が重いのです。

 

自分に時間やお金を使うのを惜しんでいると、自分の価値を高められないというのは心理的な問題がかなり大きいのです。

何かの体験が消費とどう違うのか分からないという人はかなりいると思いますが、それはまた別の機会に話します。

 

僕はぎりぎりで生活している人を否定はしません。実際に僕自身も最近までそういう生活をしていた一人です。今の日本がどれだけ生きづらい世の中なのかも嫌になるくらい知っています。

そういう状況下にあっては、確かに僕も自己投資どころではありませんでした。自信も何もありませんでした。

だからこそ自己投資の意味が今は分かるのです。

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (8)

    • 2018年 5月 22日 20:16:54

    解答編もメルマガも読めていないのでなんとも言えませんが、私も耳が聴こえなくなる病気なので気になります。

    自分に対する投資について、専門の本を所有する必要性はとても感じています。実際、たくさん持っています。

    • 月城
    • 2018年 6月 15日 16:07:15

    自己投資について最近再確認をしています。
    どこまで自分にお金をかけられるかは自分をどこまで信頼できているかのひとつの証左だと思っていますが、貴重なお金ですので使いどころを間違えると本当にただの浪費になってしまい全く意味がありません。

    私の自己投資の目安は・・・何十年後かの自分に還元できるかどうかです。一過性のものにはあまりお金をつぎこまない。

    何事にも挑戦が必要ですが、うまく使いこなせなかったり、浪費になりそうなものはすぐ撤退します。(自分の実力がないだけなのは別です)
    7月からまた新しいことを始めます。ずっとやりたかったことです。

    • かしゆか
    • 2018年 6月 20日 14:06:13

    >要するにそれを習得するのに、どれだけの痛みを伴ったかということが重要なのです。
    >今のあなたを作り上げるまでにどれだけの費用を投じてきたか、という実感です。

    何かの犠牲なしに習得はできない。
    主体性を持って自己投資しないといくらお金や労力を投じたって身になりません。
    私はそれで大失敗しました。
    これからは自分が叶えたい未来を描いて自己投資していきたいです。

    • Rina♡*
    • 2018年 6月 23日 11:25:17

    投資の話、理解出来ました。

    つまり、自分の身になるものは投資で、その場限りのものは消費なんでしょうね。

    だから、Kouさんのブログを読むことが投資でも、他のサイトの小手先のテクニックを学ぶことは消費になってしまうんじゃないでしょうか?

    それは根本が理解出来ないから。
    根本を変えられないから。

    本を買えば、読み込む力が湧くというか…より吸収率が高まって、本当の意味で理解していきやすい。
    でも、図書館で本を借りるのでは、表面上の知識になってしまいやすい。
    ちょっと極端かもしれないけれど、多分そういう様なことですよね?

    なにより、買えばいつでも好きに読み返すことが出来ますしね。
    これもきっと投資に繋がるんでしょう。

    ジムもそう。
    筋肉が付いて、痩せるかもしれないけれど、ジム通いを辞めたら元に戻る可能性が高い。
    生活から変えないと意味がない。

    どうして太るのか?
    なぜ痩せるのか?
    それを知る為に何処かに通う事は投資になるのでしょうね。

    • はるもり
    • 2018年 8月 02日 11:39:49

    図書館ではなく正規の値段で買った方が自己投資になるというのは、うまく説明できませんが、素直に納得しています。
    専門の本は図書館で借りるだけでは期間も短く、持っていないと意味がないですよね。自分で買ったからこそボロボロになるまで読んだり線を引いたりすると思います。
    そういう本気度が重要なんだと思いました。
    自分に対する今までで一番の投資は、お金はそんなにかかってないけど、一年かけて自分を磨いたことです。かなり変わったらしく家族が驚くくらいです。整形ではなく。
    毎日の時間と労力をかなりかけたので投資だと思います!

    • pilatesマニア
    • 2018年 9月 29日 20:12:40

    自己投資についてはまだまだ理解し切れていません。でも理解したいので、時間を取って徹底的にこのテーマについて落とし込みたいと思っています。^_^
    そんな中で「女性の承認」が自己投資になっていると最近少し実感があります。
    はじめの頃はそんなでもなかったけど、毎月引き落としがかかり金額が積もっていくに連れて、おぉ積んでる〜と自分で思うし、積まれるに連れて恋愛の勉強で全吸収したいと意欲がどんどん湧いてきています。
    その金額でブランド物などを買うより遥かに価値も感じます。恋愛の勉強で得ているものは他の何とも変えられないものだからです。
    あとは「女性の承認」でKouさんが伝えてくださることは、日常生活の中で周りの人などから聞けるお話でないので、純粋にそれにも価値を感じています。
    これから更に積み続けるに連れて恋愛の勉強に対する私の認識や価値はもっと変わっていきそうですね!
    これを男性にしてもらわないといけないのですね!時間、労力、お金を使ってもらう事。たくさん努力してもらう事が彼の中であたしの価値が上がってゆくという事でしょうか?
    なんとなくわかったかも

    • 月城
    • 2018年 9月 29日 21:01:41

    環境を整えること、背伸びした学びの場に身を置くことは自己投資だと思います。
    センスがないので、引越しのときのインテリアはコーディネーターに見てもらうつもり。7月から始めた自己投資は最低2年は続けるつもりです。たぶん2年やったらまた見る世界が変わると思います。少しずつ進化していく

    • pilatesマニア
    • 2018年 9月 29日 21:40:38

    韓国からたまに本を仕入れるんですが、送料と本の価格を韓国の友人の口座に振り込んでるのでかなりお金使います。
    その本読むときはかなり真剣に読むしそれから得た知識って確かにずっと覚えてるし、何度も読み返すし、絶対捨てないし、本自体に価値を感じています。
    日本では読めない専門書だから価値を感じているつもりでしたが、それだけじゃなく自分が支払っている金額が価値を高めているのですね。
    いくら韓国のものでもただで入手したものはたしかにちゃんと読みもしていません。
    いま気づきました!

↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント