恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

あなたがあなたに一番厳しい

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

このブログには、メルマガがあります。一般的なメルマガに比べると、読者数はそれほど多くありません。

読者数の増加も多分一般的なメルマガよりは少ないと思います。

一般に公開しているこのブログ上には出しづらい少しデリケートな話題や、恋愛に直接関係のないテーマの話を配信するためにメルマガを用意しているのですが、昨年下旬から状況が変わってきて、かなり特殊なメルマガになりました。

一般的なメルマガと圧倒的に違うのは、読者同士がブログ上でお互いを認識できていることです。

 

普通、メルマガというのは一対多のメディアなので、購読しているあなたが、他の読者のことを意識するようなことはほとんどありません。

しかし、このブログのメルマガは、配信すると反応をもらえます。

以前は僕宛のメールが多かったのですが、読者サロンを用意してからはサロンへ、そしてサポート用の記事を用意してからは、メルマガの話に対する意見はサポート記事へそれぞれ反応をもらうことができています。

 

僕は過去にも何度かメルマガを配信していたことがあります。

どれもあまり長くは続かず、尻すぼみで終わりました。以前も感想をもらえることは以前もありましたが、メルマガの内容についてコメントしたいと言われたのはこのメルマガが初めてです。

 

感想じゃないんです。

メルマガで僕が話している内容について、意見を言いたい人がいるということです。

今このメルマガの読者になっている場合は当たり前になっているかもしれませんが、そんなメルマガはほとんどありません。

 

さて、昨日コメントを読んでいて、一番僕にヒットしたのがこちら。

メルマガサポート用記事(2014年1月)

かいえさんより:

こうなりたい女性。

私の周りにはいませんでした。
こうなりたくない女性ばかり。

むしろ、私が、私のようになりたいと
言われてきました。

ろくでもない人生なのに。

ちはなさんは
初めて、憧れる存在となりました。

何にヒットしたのかと言えば、かいえさんらしさですかね。

半分僕の想像通りのような、真逆の視点です。

かいえさんは、なぜ「私のようになりたい」という人が近づいてくるのかを踏まえて、冷静に自分を評価できるようになるとこれから楽しくなると思います。

このブログのコメント欄で起きている現象を、自分でリアルに体験しているんです。

 

それはさておき、「こうなりたい人」というのは、もしかすると身近にはいないかもしれません。

仮に身近にいなくても、あなたがなりたい女性だとイメージできる人が誰かいればいいのですが、実際にはやはりどうしてもそういう人にお目にかかったことがない、という人もいると思います。

 

「こうなりたくない人」というのは、すぐ目に付きます。

尊敬できる人とか、真似してみたい人というのは、なかなか見つかりません。

 

かいえさんのコメントを取り上げましたが、実はこういう人は結構います。

私の周りにはそんな人がいません

なりたいイメージの人は、顔見知りであるに越したことはないかもしれませんが、身近にいる人や見知った人じゃないといけないという決まりはありません。

 

なかなかそういう機会がなければ、このブログに集まっている人から探すのでも構わないと思います。

こちらの記事で、「朱に交われば」という話を書きました。

あなたがやめたい依存症を克服するための最も楽な方法2 (メルマガ読者限定記事です)

 

今、必ずしもあなたが理想とするようなステージにいる人となかなか接近できないのであれば、このブログで探してみてください。

運営している僕が言うのも変ですが、このブログに来ている女性はそれぞれの分野ではかなりすごい人がいます。

それはあえて僕が言うまでもなく、コメントを見ていれば分かる人もいますね。

 

ぜひ探してみてください。

 

「こうなりたい人」が周りに増えるようになる方法も、将来話をしようかと思います。

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

    • あやちゃき
    • 2019年 1月 20日 15:43:00

    「こうなりたい人」というのはいます。
    いや…いました。今でも目標にしているかというと、ちょっと微妙かもしれないです。
    でも、このブログを読んでいると理想の女性に近付けるような気がしています。

↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント