恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

誰のために気を回すのか

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

昨年末、こちらの記事でカウントダウン用として年末特別タイムというのをやりました。

2014年へ向けて(年末特別タイム)

 

ここで、夜の時間だけ僕がここに張り付いてリアルタイムにコメント欄で質問に答えるという企画をやりました。

そこでmnbさんに「本を紹介する」という話を僕がしました。

 

その本を実際に紹介します。

 

分からない人もいると思いますので、経緯を書いておきます。

mnbさんより:

気が利く女って、絶対的にモテるのでしょうか?
「常に彼の行動を察知し、何でも気がまわる女性がタイプ。お前はそうじゃない」と言われてしまいました。
私なりに気配りしていても、そんなところはスルーです。
でも、それって尽くす女性ですよね。
その辺りの加減が分かりません。
そもそも、私に気が無いのだとおもってます。
今日を機に自分の中で区切りをつけて、違う男性に視野を向けようと思ってます。

 

Kouより:

mnbさん
気が利くのと、都合がいいのとは厳密には違います。

ちなみに、「常に彼の行動を察知し、何でも気がまわる女性」は、確かにモテます。
でも、それだけだと飽きられます。

どれだけ気が回ったとしても、彼に隷従しているような感じだと意味がないと言うことですね。

 

mnbさんより:

Kouさん、お返事ありがとうございます!
服従みたいな感じじゃなく、あなたを特別に思ってる、みたいな気持ちが大切なのかな、と思いました

正直言うと、心の何処かで面倒だなぁ、とか思ってしまうんですよね、気を回すのが。
なんかそう思ってる時点で私も彼が心底好きじゃないのかなぁ、ただの執着なのかなぁ、って思っています。

 

Kouより:

mnbさん
これは「気を回す必要がある」と意識しているとなかなか難しいですね。

この件については、すごくいい本があるので、今後ブログで紹介したいと思っています。

 

mnbさんより:

Kouさん!

ぜひ、その本の紹介楽しみにしてます!!

出来れば早目に紹介して頂けたら嬉しいです(^^)

このコメントを書いているときにリアルタイムで紹介できれば良かったのですが、実はこのときはまだ読んでいる最中だったんです。

先日読み終えて、内容の整理ができたので、ブログで紹介したいと思います。

 

本のタイトルはこちらです。

夫をお金持ちにする64の習慣

 

女性の書いた本ですが、男の僕が読んでも十分に納得できる内容でした。

最初、「ちはなさんが書いたんじゃないか」と思うくらいに、いかにして男性の潜在能力を引き上げていくかということが書かれています。

僕の意見と多少違う部分もあります。

でもそれはほんの一握りで、残りはうなずきながら読めます。

 

本の中には、「男性がどう考えているのか」「何に喜ぶのか」という内容も時々出てきます。

このブログに書いている内容を知り尽くしている人からすると、当たり前のことばかりではあります。

実際にこの本を読んでみて、うなずけるようなら、よく分かっているということにもなりそうですね。

 

まだ結婚していない、付き合っていないという状況でも応用できる部分は結構あります。

全編を通して、「無理をしないこと」に注意が払われているところもいいですね。

書いてあることを全部やろうとしたらかなりきついので、自分にマッチしていると思うものだけを抽出して考えてみるだけでもヒントになりそうです。

 

mnbさんの質問に答えているときにこの本を紹介しようと思ったのは、「気を回す」ということを誰のためにやるのかを考えて欲しかったからです。

この本をちょうど読んでいて、必ずしも自分を犠牲にして彼のためにするのではなく、「自分がそれを楽しめること」が強調されているのを思い出しました。

 

何を主体に持ってくるかですね。

僕はKindleで読みました。

 

本のテーマは、タイトルの通りで夫婦間恋愛を育てて、旦那さんの潜在能力を引き出していくことで経済的にも豊かになれる方法についてです。

僕が日頃から話している自己投資の考え方も出てきます。

 

興味がある人はチェックしてみてください。

夫をお金持ちにする64の習慣

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (50)

    • はなな。
    • 2016年 5月 15日 20:03:10

    アマゾンのレビュー「おっさんも読んでみました」に大爆笑しましたwwww

    • まりぃ
    • 2016年 5月 20日 12:36:42

    最近、お仕事でどこまで気を回せばいいのかで悩んでる。

    なにか解決策が見つかるかも。
    本屋で探して、読んでみます。

    • ポエ
    • 2016年 5月 27日 20:36:45

    この本読み終わりました!今まで結婚生活の具体的なイメージがわかなかったのですが、勉強になりました。
    結婚したい!という願望はあるのに、彼には言ったことありません・・・。
    みんなどういう流れで結婚の話を彼としているのかなぁ。
    男性の時間感覚を考えると、まだ早いかな・・・。なんか不安になってしまう。

    • くらん
    • 2016年 6月 12日 19:45:49

    わーい(*´∀`*)
    この本、今日みつけました!
    読みたかった他の本も見つかって、今日はとてもラッキーな日でした♪
    これからゆっくり読みます♡

    • よなご
    • 2016年 6月 21日 11:42:41

    「気を回す」ということを誰のためにやるのか
    必ずしも自分を犠牲にして彼のためにするのではなく、「自分がそれを楽しめること」

    …両親からは気が利かないと言われていました。相手の事を考えてしたことが、自分がイヤイヤしたことではなく、楽しい、嬉しいと思えることだったらいいのかな?
    気が利かないと言われていたので、気を回すのがよくわかりません(/ _ ; )

    • 金木犀の季節
    • 2016年 6月 24日 8:59:45

    >「気を回す」ということを誰のためにやるのかを考えて欲しかったからです。

    自分が楽しくない気の遣い方はしない。
    私がやりたいときにやりますね。

    何かと料理を取り分けたがったり
    ペースも見ないで飲み物がなくなると
    すぐに声をかけてきたり
    私はそういうマニュアル女は好かない。
    ただの便利屋になるつもりはないの。

    彼とデートしているとき
    私はそういうのを一切やらない。
    そしたら彼がやってくれるようになった。

    食べ物が運ばれてくると私にまず先に
    フォークを渡してくれたり、
    ペーパーナプキンを敷いて、そこに
    並べてくれたり。
    ティッシュを渡してくれたり。
    サラダをよそってくれたり。

    その度に、優しい〜♡♡ありがとう♡って
    私が喜ぶからいつのまにか身についたよう。

    私は…そうね、話しながら
    そっとお水をそそいであげる。笑

    靴をこっそり揃えておいたり。

    気づかれない程度の気遣いかな。

    • うけゆみ
    • 2016年 6月 24日 10:00:32

    本読んでみます。
    ブログ読んで1年、やっと他のものにも目を通す
    余裕みたいなものが出てきました。

    いっぱい吸収して身に着けたい。

    昨日のわたしダメダメでした。
    ちゃんとしなきゃな。
    もう繰り返ししない。

    • ちはな(うけゆみちゃん)
    • 2016年 6月 24日 10:13:16

    ゆみちゃん
    いいじゃない、時にはダメでも
    人は、完璧じゃないわ
    完璧じゃないから、
    素敵なんだと思うよ。

    私もダメだなぁって、よく思うもん。
    今日はね、お買い物に行くの
    プレセールの前の取り置きしてくれる
    とお電話いただいたから(笑)
    ここの担当の方はね、洋服あわせが
    上手でね。
    この方の選んでくれる洋服は、
    本当にしっくりするのよ。
    「ブルーグリーンのシルクのワンピースがお勧め」と言ってたから
    見てくるね(笑)

    • うけゆみ ちはな様♡
    • 2016年 6月 24日 10:50:04

    わぁ~い♡ちはなさんだ。こんにちゎ(*^▽^*)

    ブルーグリーンのシルクのワンピース
    わたし好きな色です。
    ピンクが好きなのに気づくとブルーグリーン系の服が多くて。
    ワンピースいいですね!!!
    いまワンピースが欲しくて
    どんなワンピースにしようか楽しみです。

    シルクワンピースちはなさんに似合うんだろーなー

    お買い物に行くということなのに長々ごめんなさい
    ここんとこ彼の言動に納得できていて
    去年では考えられないくらい
    信じること。出来始めていて
    心の安定をやっともてるように
    なってきたんです。

    彼が夜遅くに誰か女の人に会ってお菓子?ケーキ?を
    その女の人に贈ったことがわかり、
    それが彼の口からではなかったから
    フともの凄く不安になり
    去年のことがぱーっと頭をよぎって
    やっぱりこの人またする!って思ってしまいました。

    昨日彼がうちに来てくれてて
    話し聞いてくれて
    相手は整体の人で家でお店してるから夜行ったみたいで。
    不安になっちゃったの?って言われました。
    そのあと反省・後悔。
    そんなの気にしないでわたしは、わたしらしく
    振舞えば良かったなって。
    わたしまだ変われてないなぁ。
    心に芯のようなものを持ちたいです。
    頭でわかっているけど気持ちがまだって感じです。
    自分の弱さがよくわかりました。

    お買い物楽しんできてくださいね!!!
    (^_^)/~♡

    • ちはな(うけゆみちゃん)
    • 2016年 6月 24日 13:42:55

    ゆみちゃん
    やきもちね(笑)
    私も、やきもちやくわよ。
    信じていないわけじゃないのだもの。
    いいの。
    やきもちやくぐらい、大好きなん
    だもの。

    プレセールだから、人は少ないの。
    ブルーグリーンのワンピースはね、好きだけど
    ちょっとあらたまるのよ。
    だから、ブルーグレーのシンプルな
    ワンピースにしたの。
    あとは、お勧めの組み合わせを少し。
    担当の方は、昨夜ね、イラストまで
    描いてくださっていてね(笑)
    楽しいの。
    私の持っている服も把握していらっしゃるから、いつも、丁寧なの。
    秋口までのコーディネートしてもらえた
    ♬*。
    熊さんとのデート、楽しみ。

    • 由ゆこ
    • 2016年 6月 25日 6:12:34

    この本、読みましたが、感想コメントを書いていなかったかな…?

    読んだときは自分のことばかり考えてしまっていたかもしれないけれど、
    今はもう少し、自分がただ相手を大切に思うから、という方向に行けたような気がします。

    お礼を言ったり、素直に褒めたり…はできていると思うので、
    あとは主張をもっと柔らかく可愛くしたいです。

    • かおり
    • 2016年 7月 05日 21:16:43

    楽しんでやる

    最近は苦しいしかなかった気がします。。

    • すえきち
    • 2016年 7月 12日 13:44:38

    久しぶりに読んでみました。
    以前は、結婚したらこんな奥さんになりたい〜!と思って読んでいましたが、結婚をしていない今の私の状況にもとても参考になりました。
    相手を大切にすること。相手を思いやること。
    人間関係の基本ですね。
    目の前の相手にないがしろにされたら誰だって悲しいし、怒りもこみ上げてくる。それは男女関係なく、人間なら誰しも感じています。
    逆に、大切な存在として尊重されたら、嬉しくなるし、相手に好感を覚える。自分も同じように相手を大切にしたいと感じます。
    そして、よくKouさんがおっしゃっている
    相手に尊重されるから愛される存在になる
    ではなく
    愛される存在だからこそ相手に尊重される
    が当てはまると思います。
    今の私にできることは自分に集中すること。これに限ります。
    まずは自分を幸せにする。
    その後に、自分ができる範囲で楽しく相手を思いやる。
    そこに行き過ぎた期待は生まれませんし、相手が思い通りにならなくても、まあいっか。で済ませることができます。
    愛に溢れる豊かな毎日を送るために大切なことですね*

    • ペンギンZ
    • 2016年 7月 18日 21:43:47

    紹介されている本を買ったのは去年の6月頃でした
    苦しくてもがいているころだったこともあって
    読んでいてツラくなってきたので放置状態でした

    その後、彼と距離を置いて他にも目を向けて
    まず自分のことを最優先にして下地が整って
    最近また読むようにしています

    というか、自己投資にバリエーションをと思い
    10年くらい前までさかのぼって途中になっていたことを
    7つ書き出して、あみだくじにして
    月から日まで割り振り、簡単な時間割表を作って
    毎日違う教科を少しずつでもいいから進めていく
    という中にこの本の読書を組み込みました

    ちなみにこの7つの中には恋愛の勉強は入ってません
    最近は別のことをしていても頭の中では
    恋愛の勉強に繋がって閃くようになってきました
    自分を大事にして毎日少しでも楽しくなるよう努めています

    この本を読んでいると全体を通して無理をしない
    というKouさんのフレーズを思い出しました
    今は無理せず無理をしないができていると思います

    去年読むにはまだタイミングが早かったみたいです
    今はすっと入ってくるので楽しく読んでいます(°∀°)
    良い本を紹介してくださって、ありがとうございました

    先日久々に彼から電話が来た時は前回の時と同じで
    自分のことで時間を使ってクタクタに疲れているときでした(笑)

    彼からの第一声が「久しぶり、充実してるみたいだね」でした
    撒き餌もうまく撒けたみたいで、来月会えそうです

    • ミハ
    • 2016年 7月 26日 21:35:44

    気を回すというか、
    長所?を感じたままに伝えています。
    男性は女性に褒められるとやる気がでるみたい。

    あと、ちっちゃな投資にちゃんと喜んでたら、だんだんお願い事を聞いてくれるようになりました。
    Kouさんに教えてもらったことそのまんまです(^ω^)

    たまにデーンとスケール大きなお願いすることもあります。
    ただお願い事したいだけの時(笑)
    「それは…」と困った顔で考え始める男性。
    私もしばらく沈黙…。
    大抵叶わないですが、代わりに何かしてくれます☆
    そんなときこそ、ちゃんと喜ぶのが大事なんだなぁって思います。

    • 夏葉
    • 2016年 7月 27日 13:17:33

    読んでいないけど、アマゾンのレビューを読むだけでもおもしろかったです。

    旦那様をリスペクトしてたててあげつつ、自分の事を愛してまず優先に。
    ってことかな?
    まず自分を愛して、そして旦那様も。
    男性を上手に転がしてあげれるといいですね。
    なるほどー♪

    • みかん味もぐ
    • 2016年 9月 06日 15:42:16

    Kouさんの進める本は全て読むようにしています
    好きな人から連絡待ちしててここにきているはすが、Kouさんの追っかけしてる感じになってます

    • ルビィ
    • 2016年 9月 25日 23:01:18

    iBooksで購入し、読みました。
    本当に、ちはなさんが書いたご本みたい!
    もしくは、Kouさんが女性のふりをして
    書いたのかな? と思うほど、
    恋愛技法で学んだことがたくさん出てきます。
    正直に言うと、すごく目新しい情報はなかったのですが、
    恋愛技法を、別の視点で復習することができました。

    いつか、ぜったいに、こんな結婚がしたいです。
    自分を愛し、慈しみ、日々を明るく過ごしたうえで、
    女性は、本当に男性を愛することができるのだと思います。

    そして、その愛を受けた男性は、
    ますます素敵な彼氏に、旦那様になり…♡
    しあわせスパイラルですね♡

    わたし、次のオリンピックまでに結婚する!
    ちはなさんのような奥様になって、
    世界一大好きな旦那様に、毎日プロポーズされる!!

    夢ではなく、現実にします…♡

    • みこ
    • 2016年 9月 27日 9:44:07

    本 頼んでみました!
    楽しみです!
    今 元カノと別れて3週間
    元カレに彼女が出来て2週間ちょい。。。
    なんやねーん 早すぎやろ(笑)
    でも、彼女が出来て2週間ちょいでラブラブなはずなのに私にしょっちゅう連絡あり!
    元カレ、彼女の事 ほんとに好きなのかな?
    ブログと本読んで今のうちいっぱい勉強しとこうと思います!
    だって、なんか私の元に戻ってくる予感するから
    同じ失敗はしたくないもん(笑)

    • 悠ちゃん(NIKAさん)
    • 2016年 9月 29日 21:25:29

    こんばんは(・∀・)ノ

    いいコメント見つけました♥

    これに、すごく共感しました。
    父親の教えで、
    気の効く女性教育をされてきました。
    なので、付き合った人好きになった人には、
    常に気が利く女、
    尽くす女、いわゆる内助の功や
    あげマンを夢見ながらそうしていました。

    でも、さじ加減ですね♪
    尽くしすぎてもーやめたって、
    嫌なことを主張したり、
    ほっとくとよってきたり、
    わがまま聞いてくれたりしますもんね…笑

    • kyoncat
    • 2016年 10月 03日 22:17:06

    Kou さんが別の記事でオススメしている、ファッションの本をAmazonで注文したら、
    これを買ってる人はこれも買ってますよ!と強力にこの本がおすすめされてたけど、
    こういうわけだったのですね……!

    読んでみます

    • 山田屋奔放
    • 2016年 10月 05日 14:30:54

    kouさんのオススメでこの本を購入して読みました。
    読んだのですがほぼほぼ、覚えていません。。。

    何度も繰り返し読まないといけませんね。。。

    かすかに記憶に残っているのは、
    《夫にはいつも清潔で新しいガウン?パジャマを用意すること》社長扱いすることによって、本当に社長の風格が出てくる。
    という内容だった気がしますが……

    もう一度引っ張り出して読み返して出直してきます。

    • ブリアンナ
    • 2016年 10月 18日 11:14:46

    kouさん こんにちは!
    夫をお金もちにする64の方法 読みました!!ここでの勉強と併せて読むとほんと面白いし、私にも絶対に出来る!!!とおもいます*\(^o^)/*
    良書のご紹介ありがとうございます!♫他にも良書ありましたらご紹介下さい!

    • ばななの唄
    • 2016年 11月 10日 20:20:32

    読んでみたいけど(´Д` )
    今は心が不安定だから、今読んだら
    自分のダメさ加減に悲しくなりそう(笑)
    心が健康になったら読んでみたい♬

    • ラベンダーアールグレイティー
    • 2016年 11月 11日 3:55:45

    >この本をちょうど読んでいて、必ずしも自分を犠牲にして彼のためにするのではなく、「自分がそれを楽しめること」が強調されているのを思い出しました。
    >何を主体に持ってくるかですね。

    なんで恋愛をしたいのか
    なんで気を回したいのか

    わたしが幸せになるから
    ですよね(๑′ᴗ‵๑)

    うだうだ書いてしまいましたが
    そうだ全てわたしが主体です。

    そして明日も朝早いので
    もう明日のわたしの為に
    寝てあげるべきなのでした。

    (ティー´。・ェ・)っおやすみなさいませ。

    • トロント
    • 2016年 11月 22日 10:02:58

    ずっと読んでみたいと思っていたこの本、やっと購入しました!
    まだ全部隅々まで読めてませんが、このブログがギュッと凝縮されたような本でした(・∀・)
    kouさん、恋愛の勉強がいろんな事繋がっているって嘘じゃなかったんですね!この本を読んで実感しましたーーー!

    …..あ、kouさんを疑ってた訳じゃないですよ(・ε・)ノ

    • 浮舟
    • 2016年 11月 30日 15:00:56

    私の世界と相手の世界は完全に別物です。
    別物だから交流できます。
    行動の理由を相手に求める、依存することは長い目で見たら自分を寂しくさせることに繋がるなと感じています。

    まず、自分の寂しさを自分で解消し、もっといえばなぜ寂しいと思ってしまうのかを分析したい。そして、寂しいという感情は何も悪いものではないと思えるようにもなりたい。

    いつでも、主体は私です。
    これを徹底することは難しいと感じています。
    できてると思い込んでいると、思わぬところで辛くなったりしました。
    自立したいです。

    • kyoncat(浮舟さん)
    • 2016年 11月 30日 19:24:12

    最近の浮舟さんのコメント、しびれるのが多いわ

    なんかここ一ヵ月だけでもすごく成長してると思う。
    とても素敵です。

    • kyoncat
    • 2016年 11月 30日 19:51:33

    私は割と気が利くほうだと思います。
    というか、忙しい家庭で育ったので、ついつい目の前になんかやるべきことがあると自然に体が動いてしまう感じです。

    この前彼と食事してた時に、テーブルがとても狭かったんですが、彼の好物があり、
    彼が残りを全部食べてもいいかと聞いて来て、彼だけが食べているお皿がありました。
    それを彼の手前に移動させたのですけど、前の場所のほうが食べ易かったから動かさなくてもよかったんだよ、って言われました。
    テーブルも狭かったけど、座ってた場所(隣同士に座ってました)もかなり狭く、腕が動かし辛かったので、確かに中途半端に手前にあるより多少遠くのほうが食べ易かったりしたのです。

    この事から、気を利かせてるつもりが、あまり深く考えず、機械的に体が動いてるだけなのかもしれないなと思うようになりました。

    ここで投資とか、特に相手からの投資を受け取ることについて学んでいますが、
    気を使ったつもりが相手の好意を拒絶していただけだった、ということが多々あることに気づきました。

    気を利かすというのも、心がこもっていなければ、あるいは状況を見て、一緒にいる人の状態をちゃんと見なければ、できないものなのかもしれないと今は思っています。

    • 浮舟 kyoncatさん
    • 2016年 12月 01日 12:50:44

    こんにちは!
    本当ですか、嬉しいです!

    のびのびとやっていきますね( ´∀`)/✨

    • みんミンゼミ
    • 2016年 12月 10日 0:27:59

    オンとオフが激しいです

    気が利かねえな〜って怒られたりします( i _ i )
    デリカシーのないこと言っちゃう
    言わなくていいことも言っちゃう

    空気読めないです(°_°)

    口に出す前に3秒考えよう

    これを言うことで相手のためになるのか?って考えてから言葉を発しよう

    思ったことズバズバ言っちゃうのは
    本当にダメね(。-_-。)

    ごめんなさい(。-_-。)

    • goodgirl
    • 2017年 1月 12日 0:16:26

    この本はこういう経緯で紹介されてたんですね。

    彼と一緒にいたとき、気のきく女性を目指そうという恋愛指南書をバイブルとしていたので、頑張っていましたね。

    はじめてのことばかりで楽しかったけど、その頑張りがだんだん無理してのものになっていたんでしょうね。

    尽くして都合のよい存在になってしまうのか、どうなのかというのが難しいところです。

    一度読んだけれど、また読んでみよう。

    • にゃんちー
    • 2017年 1月 29日 17:04:01

    家事にしても、気を回したりすること、
    私も面倒に感じる事があります。
    気付いていながら何もしない事もあるくらい(笑

    kouさんが紹介してくだった本、読みました。
    潜在能力って些細なことから影響を受けたり、与えたりするんだなと思いました。
    誰のために気を回すのか。
    私はやっぱり彼のために、って思ってやっているなぁ。

    料理も彼と暮らしていなければ、わざわざ自分に作らないですし、どこかに、わざわざ感を持っているからたまに嫌になったりも。
    解放されたいなと思ってしまったり。

    自分のために気を回すってどういう事なのかな。
    私はまだ理解出来てません。
    気を回すことで自分のプラスになったり、楽しくなれるのが理想ですね。
    きっと無理というか、キャパを越えて何かをしてあげようとするから疲れるのかな。
    楽しむ気持ち、忘れてました。
    もう一度、本を読み直してみようっと♡♡

    • 青色
    • 2017年 2月 09日 21:39:55

    この方の本、以前から好きで持っています。

    「姉」として育った女性は一番恋愛が下手という話を聞いたことがあるのですが
    それは気を回すのが上手く、世話を焼いてしまうからなのかなと思いました。

    気の利く女性は恋愛下手かと思います。
    どこまで気を利かせればいいのか。
    わたしも分からなくて悩んでいたのですが
    この半年間、気を回すことを意識してやめてみました。

    わがままな女だったかもしれませんが
    意外と周りの人はそれを受け入れてくれたので
    必ずしも気の利くわたしを求めていたわけではないということが分かり
    これもまた恋愛のお勉強の成果だと思いました。

    自分が勝手に気を利かせてただけ。
    それに気がついて
    肩の荷が下りた気分です。

    • Jour de muguet
    • 2017年 2月 11日 14:15:33

    最初にこの記事を読んでから、ずっと気になっていたのですが、少し前にようやく読了しました

    正直、目次を読んだ段階ではあまり読む気がしなかったのですが^^;
    でも読んでみて納得の良書でした♪
    きっと、お勧めがなければタイトルと目次だけで中身までは読まなかったので
    この記事に出会えてよかったな、と思います。ありがとうございます^^

    ちなみに私も人に勧めてみたのですが、やっぱりタイトルと目次だけでアウトだったみたいです
    良書なのに、損をしているなー、と思ってしまいましたが、日本人の感覚的なものとして
    自分から「お金持ちになりたい」ということに抵抗があるんだろうな……と^^;

    内容全部にもろ手を挙げて賛同、というわけでもないですが、おっしゃる通り
    「無理をしない」というスタンスがとてもいいな、と感じました♪

    似たような趣旨でもうちょっと古い本に「良妻賢母のすすめ」という翻訳ものがあります
    これも、「良妻賢母」というのが時代に合わないのか、私の周りには積極的に読みたい
    と言ってくれる空気があまりないのですが^^; 男性目線的にどうなのか
    ちょっと気になります。。。いつだったか、解説してほしい本があれば、という時に
    書けばよかったのですが失念していました☆ 

    ……読みやすさ的には「夫をお金持ちにする~」のほうが肩の力が抜けている感じで
    個人的には好きですが、翻訳物だからなのか、ある種の読みにくさはあるかなー、と
    いう感じですが、ご興味があればいつかご感想伺いたいです^^

    • はるかほのか
    • 2017年 3月 17日 20:48:32

    誰の為にやるか。
    主体は誰なのか。

    恋愛もそうですが仕事にも通じるものがありますね。

    自分主体で人に振り回されない仕事をしたいです。

    自分の仕事は時間を使う作業だとKouさんのメルマガを読んで気がつき、このブログにも通じるなと思いました。

    ただやりたいことが思いつかない。。。
    恋愛の勉強を続けたら何か見えてくる・・・かな?

    • はにはぜ
    • 2017年 3月 17日 21:18:20

    自分のために気を回す、というのは…

    彼のことを大切に思いたい気持ちから、無理なく自然の流れで彼に気を回すと、彼がその私の行動を受けて気持ちを汲み取り、自然に私を大切に思うから…

    ということなんでしょうか。

    情けは人の為ならず、のような。

    無理がないというところが重要ですね。

    • ipse
    • 2017年 3月 18日 18:39:32

    誰のために気を回すのか。
    これって、自分が相手を好きかどうかなんですよね。
    自分がね、したいからするんですよね。
    好かれたいからする。のではなく、自分が相手が楽になったらなぁとか考えて、いつの間にか自然としてるんですよね。

    そして、この男性の言ってる「常に彼の行動を察知し、気が回る女性がタイプ。」つまり相手の女性にそうなれよ。って言ってるのですが、
    それって、それをされる当人が言う言葉じゃない。

    この男性は、その女性にそうしてあげたいな。と思わせられていないんですよね。

    女性はそれを言われて嫌々ながらするんではなく、自らこの人ならしてあげたい!と思える人と一緒にいれるのが幸せ。

    その分、男性の心をシッカリ見つめ続けることなのかもしれないな。
    今まで彼がしてくれた出来事がある。
    それを一瞬の怒りや悲しみで忘れちゃいけないと今、思っています。

    男性だって、この女性にしてやりたくないって思う時もあるかもしれない。
    でも、そんな時にフッと「いや。でも…」と思い直しをさせられる女性でありたいな。

    わたしが今、そうであるように!笑

    • しぃちゃん
    • 2017年 4月 07日 21:44:55

    私にできることって何があるかなぁと考えながら楽しんで読みました。
    夫婦に限らずの内容ですね。
    相手を大切に思う気持ちと感謝の気持ちがあれば、自然とできることですね。
    しかも自分が楽しみながら♪
    そしてやっぱり女性が輝いていたら相手の男性も素敵になっていくんですね。
    この本を読んで、男性の潜在能力を引き出すのは女性なんだなと改めて思いました。
    何だかワクワクしています。

    • まるき
    • 2017年 4月 16日 8:06:02

    いつも使用している電子書籍ストアでこの方の違う本がセールだったので、億万長者マダムの秘伝レッスン お金持ちと結婚する方法という本を読んでみました。

    すると、なんとその考え方全てが技法そのものでした!!!このブログの内容をそのまま体現しているかのような。自分の価値を認識し、自分の時間を大切にし、同時に最上級に女であることを楽しむこと。かなりハイレベルな方ですね。驚きました。Kouさん、こちらの本も良書リストに加えるべきですよ。

    夫をお金持ちにする方法も読みたくなりました。

    • まるき
    • 2017年 4月 16日 9:51:47

    この記事にコメント連投すみません。
    お金持ちと結婚する方法、という本を読み終わったので、同じくセールになっていた「今の自分がみるみる好きになる方法」を読み始めました。(一晩で2冊…笑)

    もう、なんというか…
    これ書いたのってKouさんなんじゃないですか?!?!と思えてくるレベル!Kouさん性別詐称疑惑まで私の中で出来てきましたよっっ!笑

    ここで勉強したお陰で、筆者の方が言いたいことがするすると入ってきてそれを実践するにはどうすべきかまでが私には分かります。(12時間レッスンのお陰です!逆にこのブログを読んでいなかったら、ここまで自分のものに出来なかったと思います。)
    良い方法があるなら、素直にまずはそれをやってみればいいんですよね。学んだ恋愛の勉強を読むだけではなく実践するら結果が出る、というのと何も変わらないですもんね。
    恋愛は今はさておき、人生全体において私はもう幸せになるしかないようです。(笑)

    • うさぴょん
    • 2017年 4月 20日 19:15:51

    早速読み始めました!
    さっと読んでしまってはもったいない。
    ゆっくり自分の生活をイメージしながら読んでいます。

    • 亜優美
    • 2017年 6月 14日 11:16:31

    この本持ってます!
    まだ最初の方しか読めてなくて
    Kouさんがオススメしてるなら、ちゃんと読もう!
    最初の、ほったらかしの魔法ってとこでギクッてしました
    彼の事、干渉しすぎてたから
    今からでも変われるよね

    • ゆきあい
    • 2017年 6月 18日 10:47:32

    先日、この記事をみてすぐに買いました。

    昨日届いて読んでいたら、彼にメールして○○ジュース作って美味しいからおいでって。

    仕事のあと、来てくれました。

    元通りになれると信じて、彼女だった頃のように振る舞いはじめていました。

    でも。。。

    彼に、帰り際にけじめとして、わたしの部屋の合鍵を返されました。

    帰り際って言うのが、、、。重い話しはしたくないんですね。

    一度消してしまった恋愛の火をもう一度つけるって、どうしたらいいんだろう。

    同じ業界だから、情報交換とか中途半端に会う機会が多い。

    こちらから、もう連絡しないようにしたらいいのかなっとおもう。

    会いたいという短期欲求をみたして、彼におやつを与えないようにして。

    苦しいけど頑張ってみよう。

    • 月城
    • 2017年 6月 26日 1:05:09

    必要以上に気を利かせるのは疲れるので辞めにしようと思います。
    あと媚びたり様子を窺うのも無しにしよう。
    疲れる。
    疲れる関係は、よくない。

    • ちょこみるく
    • 2017年 6月 29日 21:20:26

    この本を久しぶりに読みました。
    気がつくと小さなことで気をもんでしまっているわたし。
    この著者のように、どうしたら豊かになるかな?という視点。
    細々としたことでうじうじしてる場合じゃあなくって!!と気づけました。

    わたしもこんな風にアイディアマンになりたいなあ(*´ω`*)

    まずは学びます!
    自分で産み出せるようになったら…
    怖いものなしだなぁと思います。

    • ゆき
    • 2017年 8月 02日 23:55:47

    よみまんた!

    とっても良い本をすすめていただいたとおもいます。kouさんありまとーう!!!

    いまおしごとおやすみさせてもらってるので、この本をよむまえから、専業シュフとして、しごとしてるときよりこまかいとこまで夫のためにやるようにしてました。

    そうすると、夫がげんきになるんですね。ほんとにこまかいことなんですが、ふしぎです。
    「あしたもがんばるかー!」とかぽつっと言ってたりするのきくと、びっくりします。

    また、芹澤さんがおっしゃってるとおり、なにより妻であるじぶんがきげんよくしていて、夫をもてなすと、そうでないときとくらべて、おなじ話しても、夫の反応がぜんぜんちがうことにきづきました。

    じぶんによゆうがないと、夫になにか相談したり、交渉するときもぎすぎすしがちで、とおるはなしもとおりません。

    けれども、ふだんからふたりでにこにこできるようにしておけば、なにかおねがいするときも、かわいらしく夫にたのめます。夫も、ふだんからベースのきげんがよいので、「いいよ」と言いやすいとおもいます。

    たしかに、毎日夫のパジャマとシーツ、まくらカバーをきれいにすると、夫もうれしそうです。ありがとう、はたらきものだね、といわれます。

    賢者の知恵はいだいですね❤︎

    • らいるん
    • 2017年 8月 03日 2:05:38

    早速Kindle版購入しました!
    こちらもおすすめのところにこの著者が書いた「夫が妻に何度も恋をする魔法の習慣」というものも一緒に♩
    また以前からこれは私のバイブル!思っていた本で「サレンダードワイフ 賢い女は男を立てる」という本がありますがこちらはどうでしょう?
    元々は日本の方が書いた本ではないのですが意見を言う時の言い回しとか具体例があって分かりやすかったのですが…妹に貸そうと本棚探しましたが何処かへ行ってしまいました^^;w
    Kindle版は出ていないので参考にしてもよさそうなら、もう一度買います!

    • なつみんと
    • 2017年 10月 18日 22:13:45

    372)誰のために気を回すのか

    気が利く女性と都合のいい女性かぁ。
    最近、考えてたことだからタイムリー。
    私は素直で自由になるって決めたから、彼のためにできることはしてあげたいとも思うの。

    彼は努力と実績と人柄が評価され、上に引っ張り上げられて若くして出世コース。
    激務の中日々戦ってる彼を支えたい。

    元々、尽くすよりは尽くされる方だったから、こんな風に誰かのためになってあげたいって思うのは初めてで。

    私が目指すのは、気が利く女性、彼にパワーを与えられる女性。
    戦国武将の妻のような美しく賢い女性。

    この本は、Kouさんのブログで知って、買って持ってます。もう一冊の方も。
    もう一回読んでみようかな☆

    実はKouさんのブログと同じくらい、こっちの本も私の意識の中の根底にあります。

    • かほ
    • 2018年 2月 13日 19:00:58

    今ならこの感覚わかるっていうか、当事者意識として理解できるかもしれない。
    まず、誰のためにやるのかこれを考えることがいかに大事か。

    そういう基準ひとつ持ってみて、それに照らし合わせながら自分の行動を一つ一つ見ていくと、気づくことがあるかも。

    今までわからないわからないと思っていたことの答えが出たり。それは誰のためなのかを考える。

↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント