恋愛には技法があります。モテる女性は、実はこの技法を持っています。その技法を男性の視点から教えます。

menu

男が教えるモテる女の恋愛技法

あなたが信じなければ彼は永遠に改心しない

FavoriteLoading←この記事をお気に入りに追加します。あとで読み返せます。

Kouです。

 

ものすごくいいコメントを頂きましたので、シェアします。

 

彼を信じられない人の多くは、彼を信じようとしていない

ゆっかさんより:

勝手に見て勝手に凹んで勝手に泣いて、兄にグチグチ泣きつくのが日課のようになって、最初のころに兄に怒られたのもこれでした。

元々詮索するってことは「私は貴方のことを欠片も信用してませんよ」って好きな彼に伝えてるのと同じやぞ
普通の会話してるだけでも疑われ続ける。信用してもらえないってのは男にとって1番辛いことや。信用してもらうために頑張るって男もおるけど、何しても何言っても疑われて否定されたら、ゆっかのために頑張って控えてみようって気持ちもなくなるぞ。信用関係が1度でも崩れたら男女は成立しない。信用できない相手と恋愛はできない。俺はそう思ってるけど、それでも女にだらしなかったりするあいつでも好きやって言うなら、もう1度信じる努力をしてみろ。それでも信じることができんくなったら、好きでも切らなきゃいけないときもでてくる。後悔だけはするな。

素晴らしいお兄さんです。

持つべきものはやっぱりこういうお兄さんです。Kouさんではありません。

 

このお兄さんの言う通りです。

これが僕が言い続けている、彼の浮気を防止する最も効果的な方法を裏付ける話でもあります。

 

疑っても何もいいことはありません。

男性を擁護するつもりはありませんが、不必要に相手の男性を調べることで安心感を得ようとしているのに、それによって逆に自分の首を絞め続ける女性が多いので、いつもこの話をしています。

 

それにしても、この最後のセリフはシビれますね。

「俺はそう思ってるけど、それでも女にだらしなかったりするあいつでも好きやって言うならもう1度信じる努力をしてみろ。それでも信じることができんくなったら、好きでも切らなきゃいけないときもでてくる。後悔だけはするな。」

 

自分の近いところにいる女性に対して、こんなことを言える男性はなかなかいません。

 

このゆっかさんのコメントは、全体を読むと面白い発見がいくつもあると思います。

たとえば、恋愛を誰に相談すべきかということもそうですね。

 

このお兄さんのセリフは、おそらくお姉さんやお母さんだと絶対に出てきません。

本当はお兄さんであってもこういうことはなかなか言ってくれません。

なぜなら、あなたに近ければ近いほど、利害関係があればあるほど、第三者目線でのアドバイスができなくなるからです。

 

普通の兄弟や友達だと、まずあなたの側に立ってあなたの立場で物を考えようとしてくれます。

これが逆効果をもたらしてしまいます。

 

ゆっかさんに限らず、このように第三者的にアドバイスしてくれる人は大事にしてください。

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (39)

    • かほ
    • 2016年 6月 22日 2:41:57

    私の周りにいる人で、最も第三者的にアドバイスしてくれる人を選ぶとしたら、関西さんですね。
    やはり、男性です。

    女性は、相談相手にはなりませんね。
    だって、感情が肥大するから。あと、本来点でしかないものにフォーカスして尾ひれがついたりするから。
    ありがたいけど、気持ちだけ受け取っています。

    私に相談してくる女の子達が、私をどう思って聞きに来てるかはわかりません。

    • うけゆみ 
    • 2016年 6月 26日 0:23:16

    彼との頼関係は1度、見事に壊れました。

    2年間なんだったんでしょ?
    恋愛って期間じゃないって思った。

    壊れた信頼を取り戻すために努力する!
    と、言った彼。

    なにかしてくれたワケではないけれど
    彼の行動に納得できてます。
    それなのに、詮索したいって気持ちに急に襲われた。やっぱりなにかあるかも?
    また繰り返してるかも?
    ちゃんと信じることまだ出来ていなかった。
    一瞬、見て傷ついて、あぁやっぱりな!って
    なればスッキリ別れられるかもって考えた自分が情けない。なにを勉強してきたんだ。
    そうじゃない!

    やっぱりな!ってスッキリ別れられるわけがない!!余計傷つくだけ。

    だったら、とことん信じたほうがラク、
    見ても知っても何もいいことなんかないんだ。
    何もないのに不用意に詮索したらダメ。

    わたしは彼といつか、強固の信頼関係を築きたいです!

    • にこはな
    • 2016年 6月 27日 21:56:22

    気持ちは伝わる。
    疑ったり、信じられない気持ちは伝わる。

    • ここ
    • 2016年 8月 03日 17:38:00

    お兄ちゃん、羨ましい( ´ ▽ ` )
    ちょっと気になる部分はところどころあるけど、でも好きな部分がほとんどなので、信じてみようかな。
    あとは最近気になっているヒップアップの体操したりして、できるだけ素敵な彼女でいられるようにしますo(`ω´ )o

    • にゃんちー
    • 2016年 8月 16日 15:41:45

    ゆっかさんのお兄さんの言葉、素晴らしいですね。
    彼にとって、信じてもらえないことは男としてもとても辛いと思います。
    例えば彼が、過去の執着を手放す努力をしようとしているのであれば、何かある度に疑われ、詮索され、そういった事を彼女に繰り返されていましたら、努力をしても結局は信じてもらえないのだと、悲しい気持ちになるでしょう。
    執着や依存とは何なのでしょうね。
    それはどこからうまれてくるのでしょう。
    おそらく、失いたくないという怖さや、その対象にしがみつくような心からうまれるのかもしれませんね。
    だけれどきっと、私達にとって、しがみつかなければならないものなど、本当はないのでしょうね。
    それがないと辛くなる、自分の価値を感じられなくなる、そのような感情はきっと自分の弱さからくるのかもしれません。
    彼と私と、弱い者同士、傷付け合っているだけなのかもしれないなと感じました。
    であればその弱さを払拭するために何が出来るのか。
    なぜ弱さを抱えてしまうのか。
    自信のなさや、誰かに自分の人生や幸せを他人に委ねる責任のなさ、やはりそれは自分の中に根元があるのだと思います。
    最善の努力をするけれど、何にも執着しない心。
    自分の選択に自分で責任をとること。
    自分と向き合うことなしには、成しえないことなのでしょうね。
    だけれど、お互いに必要とし、求め合うものなのであれば、そもそも離れることなどないのだと思います。
    様々な事情はあるにしろ、別れて別々の道を歩む結果となるのであれば、それはそうである方がお互いにとって良いからなのだと思いました。
    簡単には決して諦めませんし、最善の努力をした上で、結果としてそうなったのであれば、それを受け入れる強さやその事に対する自分の責任はいつでも持っていたいものですね。
    それが出来るようになりますと、反対に、気持ちが楽になるのではないかと思います。
    誰かに執着したり依存したり、そして他人に自分の幸せを委ねて責任を自分以外にとらせることは、一見楽なように見えて、本当はその方がよっぽど苦しいですね。
    主体的に人生を歩んでいきますことは、一見厳しいことのように思えて、本当は気持ちの良いものなのではないかと感じました。

    浮気をされた辛さや、信じることの出来ない苦しさは、きっと自分がうみだしているのかもしれません。
    彼を悪者にし、彼の責任を問い、私が安心して過ごせるように彼に変わることを求める。
    考えてみますと、それではいつまでも安心など得られるわけがありませんね。
    本当の安心は、自分の人生に自分で責任をとる人のところにうまれてくるのだと思いました。

    私がこれまで考えてきました「信じること」とkouさんが教えてくださっている「信じること」の次元の違いに、なんだか恥ずかしくなりました。
    私は彼を思い通りにしたかっただけだったのだと思います。
    信じることと、期待することを履き違えておりました。
    彼の立場で考えてみますと、期待をされて、それに応えなければ不機嫌になられ、悲しまれ、信じられない(期待通りにしてくれない)から、詮索されて疑われて…。
    私が彼ならとても疲れるでしょうし、嫌だなと感じるなと思いました。
    確かに彼には不誠実な行動はありました。その事で失われた信頼関係もありました。
    だけれど、彼を責めたところで、悪者にしたところで、詮索をしたところで、何も解決などしないのです。
    問題の根っこや、本質から目を背けていても何も変わらないですもの。
    私が考えるべきなのは、どうしたら信じれるようになれるか、どうしたら彼が期待通りに行動してくれるかではなく、なぜそういう事が起きたのかなのだと思いました。
    様々な原因があるかと思いますが、私が自分を愛される価値のある女性として大切に扱っていなかったこと、そして何よりも彼を必要とする仕方が間違っていたと思います。
    彼が好きだから一緒にいたい、そばにいてほしい、私だけを見ていてほしい、それは彼に対する愛情ではなく、自分の寂しさや欲を満たして欲しいという感情だったのだと思いました。
    これまで求めることが愛情に繋がっていると思っていましたが、きっと彼には伝わっていなかったと思います。
    むしろきっと、彼は私を幸せに出来ないという男として辛い気持ちになっていたと思います。
    彼を必要とするという事は、思い通りになる事を求める事ではなく、彼が私に対する愛情を表現したり発揮出来る存在でいてあげる事なのだと思いました。
    いかに彼を必要としているかを伝えるのではなく、彼が私にしてくれる愛情表現に対して、喜びや嬉しさを伝えてあげる事で、彼は自分で、私から必要とされている事を実感していくという感じですね。
    信じるということは、そういった、「お互いに愛情表現が出来る関係でいつまでもいられるという事に自信が持てる」ということでもあると思いました。
    彼の中にある愛情を上手に引き出してあげ、それを1番発揮できる女性でいること、私が彼女として、彼にしてあげられる最高の愛情は、そういった愛情なのだと思います。
    信じるということは、どちらか一方ではなく、お互いがあって成り立つものであると思いました。
    期待を押し付けるような事とは、全く違うのだと思いました。
    こちらで勉強をし始めまして約半年が経ちましたが、
    信じることの意味や、彼に対する愛情の表現の仕方を学べましたことは、私の人生や恋愛にとってとても大きなことです。
    私の態度が柔らかくなりましたし、それにともない、彼も柔らかくなってきたように思います。
    彼の人生と、私の人生と、そして彼と私の人生と、それぞれが充実してお互いに尊重していきたいです。
    彼にとって、私は、彼の中にある愛情を表現出来る最高の居場所になってあげられると思いますし、私にとって、自分の中にある愛情を1番感じられる男性であるとも思います。
    なんだかそう考えますと、気持ちが楽になりました。
    kouさん、ありがとうございます。

    • かほ
    • 2016年 8月 22日 14:05:12

    第三者的アドバイス。
    してくれる人は今のところいないけど、関西さんが一番近いです。男性だし。
    あと、後輩ちゃんや、友達には、利害関係からくる否定的なアドバイスはしないようにしていますし、勝手な臆測はなるべくせず、本人に考えてもらうようにしています。

    私と一位さんは、まだなにも始まっていないので、不必要に自分から不信の種をまいていかないよう、心がけます。

    • タピオカミルク
    • 2016年 9月 22日 10:17:09

    信じる事。とっても大事ですよね。私は気になる彼を疑ってました。調子のいいこと言って、キープしときたいだけでしょ!って。実際、そうなのかもしれません。だけど悩んで悩んで泣いて最後に思ったのは、彼を信じてみたい、信じようって事でした。そしたら嘘みたいに気分が軽くなって、眠ることができました。その夜に、彼から一週間ぶりに来ていた連絡は・・・

    • 山田屋奔放
    • 2016年 9月 29日 21:04:01

    【あなたが信じなければ彼は永遠に改心しない】

    すごくいい兄妹関係ですね。
    ちょっとだけ目頭が熱くなりました……

    一度騙されたら……
    私だったらすぐには信じることは出来ないです。
    信じる努力をする。と言われても心がバラバラになってしまいそうです。。。

    彼を好きな気持ちがあるならすぐに別れたりはしなくとも、
    こっそり心の距離を置いて、彼を見定めるという選択をとると思います。
    彼の周囲の詮索ではなく、彼自身の反省態度など。

    だけど裏切られた時のダメージは大きいので、
    冷静ではいられません。きっと。

    • ばななの唄
    • 2016年 10月 03日 17:20:15

    素敵なお兄さん(*^_^*)
    信頼関係すごく大事だと思います。
    自分が疑われてるのって男性はすぐ気付きますからねー
    髪型替えたとかは気付かないのに(笑)
    ほんと都合が良い。

    • さゆみん
    • 2016年 10月 21日 23:02:16

    好きでも切らなきゃいけないときも
    でてくる=自分を大切にする なのかな。

    • アナベル
    • 2016年 10月 30日 1:28:16

    うん。信じる。

    私は、疑われるより信じてほしい。
    人は誰だって、信じてほしいものですよね。
    これ。
    子どもにも言えますよね。

    わが子のことも、何度だって信じることから始めよう。

    • juicy♡peach
    • 2016年 10月 31日 12:07:15

    旦那の浮気のこと。
    もういいよ。そういう人だってわかったから。。。って言ったら

    悲しそうだった。

    そっか。
    信用してもらいたいんですね。。。

    でもそんなにハイハイ信用出来ないんですよ。
    それは本人もわかっているはず。  

    もっともっと
    がんばってください。
    私が大切なら。

    • ちはな(アナベルちゃん)
    • 2016年 11月 06日 22:02:56

    アナベルちゃん
    この記事、ヒントになりませんか?
    アナベルちゃんは、どこかで
    ご主人を信じきれないから
    辛いのではないでしょうか?

    アナベルちゃん、何回も言いますが
    ご主人は、何もしていませんよ。
    ただ、恋みたいな気持ちを楽しんで
    いただけにしか見えません。
    それも嫌だという気持ちは、わかります
    でも、ご主人は、何もしていないし
    今は、アナベルちゃんに認めてもらいたくて頑張っている。
    大切にしてあげませんか?
    ご主人の気持ち
    不恰好で曖昧に見えるかもしれませんが
    それを、確固たるものに育むには
    アナベルちゃんの愛情が必要です。
    男性は、認められて、信頼されてじゃないと、おそらく変わりません。

    どんな夢かは知りませんが、夢は夢
    じゃないかしら?
    お仕事もあり…余裕がなくて辛いから
    そんな夢をみるのかもしれませんね。
    体調は、大丈夫なの?

    我慢はしなくていいですよ、でも
    私は、何でもかんでも、相手にぶつければいいわけでもないと思うの。
    ぶつけても、スッキリなんて
    しないでしょう?
    スッキリするか?しないかは、結局
    ご主人の行動のせいじゃないのよ。
    ご主人に、ふりまわされているのじゃないわ。

    アナベルちゃん、夫婦の愛情は
    地味で目立ちません。
    でも、本当に大切な人だから、結婚を決めたのだし、子どもにも恵まれたのだと
    感じませんか?
    熊さんは、今夜、赴任先に戻りました。
    結婚記念日は、一緒には過ごせませんが
    私は、構わないの。
    一緒にすごすから
    デートをするから、プレゼントがあるから、甘い言葉があるから〜
    愛されているわけじゃないでしょう。
    お互いに、結婚できて幸せね♡と
    思いあえるから、幸せなのだもの。

    • アナベル (ちはなさん)
    • 2016年 11月 07日 7:55:07

    ちはなさん、おはようございます!
    結婚記念日、おめでとうございますヾ(´︶`♡)ノ ♬
    熊さんは赴任先に戻られたのですね。
    ちはなさんが、温かい気持ちで
    この日を迎えられて、私も嬉しいです♪

    大切に愛していくこと、
    シンプルだなぁ。
    大切なものを見失わないようにしたいです。

    『一緒にすごすから
    デートをするから、プレゼントがあるから、甘い言葉があるから〜
    愛されているわけじゃないでしょう。
    お互いに、結婚できて幸せね♡と
    思いあえるから、幸せなのだもの。』
    そうですね。
    ほんとに、そうです☆

    時間を割いてメッセージをくださりありがとうございます。
    この記事も響きました(∩˃o˂∩)♡

    私、女性のこと云々じゃなく、『彼が私を好きなこと』を信じられないでいるのかも知れません。
    普通に人としては好きだとは思うけれど…って。
    今さら?!
    な感じもしますが、自分に自信がないと言う、
    根っこの部分と直結してますね。
    ちはなさんの言葉から、私の問題点がクリアになりました。

    なにかしてくれること=愛情
    みたいに思ってるところ、ありました。
    まだまだ、特別ではない気がしていました。
    彼から感じていた優しさも、
    私が不安定になると受け取れなくなってしまって
    申し訳なくて…。

    彼に、
    「何もきっかけなくて、変わるのかな?
    私への思いが増えたわけでも、
    あちらへの思いが減ったわけでもなくて、
    ただ我慢しているだけじゃないの?って
    思ってしまう」と言った時、
    「どう言われても、突然変わったんだもん。
    ある日、アナベルと一緒にいたいなぁ、
    好きだなぁって気づいちゃったんだもん。
    オレ、今まで何していたんだろう?って。
    何ていうか、夢から覚めたみたいな…?」
    って。

    アナベルがフラッシュバックしちゃうようなこと
    してきたから、仕方ないよな。
    オレ、がんばるからって言ってくれました。

    そろそろ本気で、私が変わらないといけませんね。
    いつまでも、彼にぶつけて甘えていられないですもの(^^;)
    ネガティブな波にのまれないように、
    しっかりします!

    ちはなさんご夫婦のように、ゆっくり2人で
    歩いていきます♡

    ちはなさんの今日が、より素晴らしくなりますように〜*ଘ(੭*ˊᵕˋ)੭* ੈ♡‧₊˚

    • ちはな(アナベルちゃん)
    • 2016年 11月 07日 12:54:43

    アナベルちゃん
    ありがとう♡
    今のご主人の言葉を信じてみませんか?
    アナベルちゃんが大切だと感じたと
    ご主人は、話しているじゃない。
    彼女への気持ちが消えてしまわないと
    嫌なのは、わかるの。
    でもね、それって、目では見えないわ
    言葉だって、わからないわ
    だから、ご主人の言葉を信じて
    ごらんなさい。
    本当に信じてね、怖がらないの。
    裏切られるかも…なんて考えないの
    疑いはね、幸せを遠ざけるだけ

    アナベルちゃん、あなただって、疑われてばかりだったり
    悲しい顔ばかり見せられてばかりだったら、どう感じる?
    愛したいと思う?
    気持ちはね、伝わるし、自分に返って
    くるわ。
    ご主人の今の気持ちは、アナベルちゃんの気持ちが伝わっていったから
    じゃないかしら♡

    • 浮舟
    • 2016年 11月 25日 3:08:08

    くそーー!!
    なんで復習このタイミングでこの記事ばっかなんだ。信じる系の。結局私は何がしたいんだ。自分がうざい。私が悪い!それはわかる。で私は何がしたいんだ。

    • goodgirl
    • 2016年 12月 19日 23:18:04

    このタイトルが刺さります。

    改心か。
    彼がどう思ってしてたことかわからないけれど、その行動もわたしの不信からきたものかもしれない。

    彼の気持ちを信じられなかったから、たぶん一生懸命に尽くした、追いかけた。
    彼のしてくれたこと、信じられるかどうか。信じたいと思っている。

    その葛藤を繰り返してきた今年もじきに終わる。
    あと少し…

    好きってなんだろう。わからないけれど、自分のその気持ちだけはある。彼がしてくれたことがあるから存在する気持ちだと思う。なかったら生まれてないし続いてもいかない。

    彼のしてくれたことで好きになったんだから、彼の気持ちを信じたらいいんだ。それは事実なんだから信じるに値する。でも、放っておかれたら…そのまま置いておくのかな。

    • にゃんちー
    • 2017年 1月 11日 13:48:45

    この記事も何度読んだかな。
    全文、暗記してるくらい浴びた記事です(笑

    信じるって気持ちとゆうより、
    意志に近いかもなぁと感じます。
    彼が自分の思い通りになる事を期待する事とは全然違う。
    裏切られるかもしれないから、信じられない、信じないも違う。
    信じるって言葉に出来ないけれど、揺るがない。
    男性の彼が、女性の私を幸せにする力があること、その気持ちや意志を彼が持ってると信じること。
    何とゆうか、信じるってそうゆう意味で一方通行じゃないなって思う。
    私がいて、彼がいて、そこを幸せで結ぶ力みたいな。

    あれほど彼の事を信じられなかった私が
    今では彼を信じている。
    これって素敵なことだと私は思う。
    一度、信頼関係が壊れたとしても、もうダメだなんて事はない。
    逆に私は、壊れた経験を経ているからこそ、信頼関係が再構築された時、もっと深く繋がれる気がする。
    反対の立場になって考えてみれば分かる。
    どれだけの気持ちや意志で接していてくれたのか、大切に思っていてくれたのか。
    そこに至るまでには、やっぱり心底信じられることも必要なんじゃないかな。
    私が彼にずっとしてあげたかった愛情って、束縛でも疑いでもない、そうゆう愛情だから。
    色んな事を乗り越えて、彼を信じることをやめなかった自分、そう決断して彼を選んでいる自分に本当によく頑張ったねって言ってあげたい。
    簡単ではなかった。
    でも諦めずにいて良かった。
    信じたからこそ、彼が変わりました。
    心からそう思います。

    • 青色
    • 2017年 2月 06日 17:59:12

    青色ちゃんと話していると
    調子に乗っている自分に気が付いて
    元の正しい道に戻してくれると
    話してくれた友人が2人います。

    なぜ2人そろって同じようなことを言うのだろうと
    不思議に思っていたのだけど
    もしかしたらわたしは
    その友人を信じていたからかもしれません。

    信じてもらってると裏切れない
    ということなのかな。

    • 琉架
    • 2017年 2月 27日 11:27:09

    本当に素敵なお兄さんですね。
    昨日のコメントでは、彼を信用できなかったと書きました。
    でもそれでも、信じる努力はしなければいけなかったんですね。
    だからこそ今の結果を招いているのだと、やはり自分の未熟さを感じてしまいます。

    ただ、彼の責任にするのも、自分の努力のなさを無視するのも違いますが。
    信頼関係は、初期の頃にすら崩れていたから、それがずるずるきてしまったのかなとも思います。
    崩れるような態度を彼に許したのは自分の未熟さです。
    崩れた後に、きちんと彼の対応を受け止めて、改めて彼を信用しようとしなかったのも自分です。
    だから詮索行為もやめられなくて、信じることが出来ませんでした。

    彼との関係が悪化した後もそうです。
    彼を信用していたなら、やらかした沢山の行動をすることはなかったのでしょう。
    私が彼を信用しなかったから、今があるのです。

    まだ信じるということは、私には難しい問題です。
    彼を信じられない。それを書いた気持ちは消えません。
    不誠実な行動を私がたくさん引き出して、それを見てしまった後だから。
    今もまだ、そんな彼の行動を目にしてしまうことがあるので、その度に心が揺さぶられて、彼に振り回されています。
    まだ自分がない、相手に心を渡しているからです。
    彼に対して勝手に期待することと、信じることは違う。
    信じるというのは、私が主体の気持ちだから。
    まずは自分をしっかりと見つめて、自分を持つこと。
    起こってしまった事はきちんと受け止めて、その上で私がこれから出来ることを、これからしていくべき大切なことを考えること。
    誰かを信じる気持ちは、それから持てばいい。
    でなければ、勝手な期待押し付ける事を「信じている」と履き違えてしまうから。
    まだまだお勉強あるのみです。

    • いのの
    • 2017年 2月 27日 12:19:15

    感動しました。
    お兄さんの良い男ぶりに。

    そうですよね。
    信用したいと言いながら、証拠探ししてる。
    私の余裕のなさが滲み出てきてますよね。
    可愛くないなと思いました。むしろ、怖いわ!

    何なら証拠出てくるまで探してて、
    そんな事しても、良い気持ちになる訳ないですよね。私の反省点です。
    この記事、刺さりますね。

    • 春風ぱるる
    • 2017年 3月 03日 23:32:45

    よく恋愛相談を聞いてもらう男友達がいます。
    その人にアドバイスをもらうと目の前が晴れるような発見があったり自分の本当の気持ちに気付けたりするので、やっぱり、友達としてその人のこともこれからも大事にしたいとおもいます^_^

    • ちーぼー
    • 2017年 3月 07日 22:13:48

    ここのコメントを最初から読んでみました。
    そこで思ったのは、
    信じたい、信じようと思う自分と、信じさせてほしいと思う自分
    人に材料を与えてほしい、と思ってしまうのは他力本願だからダメだけど、どうしてもそれを望んでしまう。

    誠実さが見えないのか、私が見ようとしていないのか
    恋愛関係だけではなく、人間関係全般にいえることなんだなと。

    少し、距離をとってみようと思いました。
    相手がどうこうではなく、自分のために。
    こんな風に思えただけでも進歩。

    自分で気付かないくらい少しずつだけど
    確実に進んでいると思う。

    今までだったらこんなこと
    思い浮かばなかった。

    やりたいようにやる、とは、こんなこともひとつなのかもしれない。

    ようやく、なんとなく、わかってきたのかもしれません。

    • 2017年 3月 08日 21:43:25

    もう一度信じてみる?

    彼はウソをつきます。奥さんに、会社に。私と会うために。
    彼は隠し事をします。私に。私が彼を責めないように。

    だから、彼が報告してくるほとんどを信じられません。信用できない人と付き合うのがもちろん辛いので、終わりたくないけど、終わりにしようと頑張っていますが、彼もたくさんウソをついてきたのでウソの投資がたまっているのか、なかなか終わりません。ホントにゲームオーバーにならないんですね。ビックリしています。

    終わりたくない。信頼関係を築ける関係になりたいです。

    でも今は迷走中です。

    • スピカ☆
    • 2017年 3月 18日 20:48:28

    久しぶりに読んだら、とても大切なことを思い出しました。
    信頼関係を築くって、そういうことだよね。

    • うさぴょん
    • 2017年 4月 03日 11:22:30

    素晴らしいと思いました。
    私も時々彼は私のこと好きじゃないのかも、って不安に思うことがあります。
    彼の気持ちを疑ってるってことですよね。

    突然、何もないのに不安になる時は自分の体調を整えることにしています。
    たいてい人に問題があると思う時は、自分が疲れてたり、お腹がすいてたりします(笑)
    さみしい時もそうです。
    たくさん寝ると解決することも多いですよね。

    • lilium
    • 2017年 5月 18日 21:45:46

    もう1度信じる努力をしてみろ。それでも信じることができんくなったら、好きでも切らなきゃいけないときもでてくる。後悔だけはするな。

    >今私が信じたいって思うのは後悔したくないからです。
    信じきれなかった私の事好きになれない。
    結局は自己満足なのかも知れない。
    でも、それでもいいと思ってる。
    今出来ることをしない選択肢が私にはない。

    信じる事に気付けると、信じてくれる人をより大切にしようと思える。
    大切に思ってくれてありがとうって。

    • なつみんと
    • 2017年 9月 08日 23:27:57

    328)あなたが信じなければ彼は永遠に改心しない

    「信用してもらえないってのは男にとって1番辛いことや。信用してもらうために頑張るって男もおるけど、何しても何言っても疑われて否定されたら、ゆっかのために頑張って控えてみようって気持ちもなくなるぞ。
    信用関係が1度でも崩れたら男女は成立しない。信用できない相手と恋愛はできない。俺はそう思ってるけど、それでも女にだらしなかったりするあいつでも好きやって言うなら、もう1度信じる努力をしてみろ。
    それでも信じることができんくなったら、好きでも切らなきゃいけないときもでてくる。後悔だけはするな。」

    引用の引用で恐縮ですが^_^;笑

    愛するパートナーに信じてもらえないことほど、辛いことはないですね。

    前の旦那さんのことは、最後はもう全然信じてなかった。
    たぶん、言わなくても伝わってた。
    私だって、信じられなくなったことが心細くてすごく辛かった。

    私にはもう一度信じるだけの勇気も熱意も、どうしても失いたくないというまでの愛情も、無くなるくらい憔悴しきってた。
    2人でいる方が、寂しかった。

    でも、それはそれで仕方なかったんだと思う。
    その時にできる最善を尽くしての結果だったから。そうゆう運命だった。

    信用関係が一度でも崩れたら男女は成立しない。本当にその通りだと思う。

    だから、本当に大切にしたい相手なら大切にしないと。

    信じると決めたなら、信じ続けると心に決めること。

    それだけで、きっと彼は強くなれるはずだから。

    • だいすき
    • 2017年 10月 14日 18:10:08

    ここまでの皆さんのコメントをすべて読みました。
    [女性が苦労を強いられる、◯股が当たり前で生きてきた男性]こんなに居るんだ。
    3ヶ月前、私はその彼と関係を切りました。私が望んだことです。

    彼に関わると大変で病みそうなのに、気持ちも切ることが難しい。家庭とわたしという彼の環境にわたしがついて行けない、先の期待を抑え続ける空しさ、その道を歩きたくない、そして続けられる器ではない、と解ったからです。一方、それらを受け止めていれば何か変わり違ったのかとも思います。

    ここにくる前でしたから無知でした。わたしの脇の甘さも痛感しています。彼の熱意が嬉しくて素直に好きになってしまったのです。
    ひとつになる行為は離婚後でも良かったくらいでした。

    コメントを読み進めて行くうちに自分に当てはめると辛いです。結婚が決まっていても他の女性と関係を持つのはなぜ?彼が自分の意志で結婚したのかも疑問。けれどうまくいっていないであろう、現在の家庭のことは何も知りたくない。
    ふたりで過ごし、ふたりで色んな経験を重ねたい。こんなの恋愛じゃない、というわたしを彼はどう受け止めたのか。彼はわたしのつらさを分かってくれました。いつかはこういう日が来ると思ってたといい別れました。
    好きだからわたしにアプローチしたの?離婚出来ないから脇が甘いわたしにアプローチしたの?

    教えて欲しい。
    何のために出逢ったのでしょう?自分の価値が彼を好きな気持ちより大切だったのかな。それならわたしはこの先、また人を好きになれるのでしょうか。恋愛は出来るのかな。

    一緒に過ごした時間を別れてからの時間が追い抜いて行きます。

    こんな恋愛は二度とごめん。

    • かほ Kouさん
    • 2017年 10月 30日 13:26:22

    Kouさんこんにちは。
    また彼と会う機会があって、再び気づいたことがありました。

    実は彼の方では普通に、様子をうかがって話しかけてくれたりしてるのに、わたしが彼に対してフィルターかかっちゃったのもあり心開けてないのかもしれない……ということです。閉ざしてるのは彼ではなく、私だったのかもしれない、と。
    もしかしたらわたしが気を使いすぎ、気を回しすぎで、彼の仕事を奪ってるのかもしれないと思いました。

    そして現在は、お互いのタイミング、バイオリズムが合わない時期な気がしました。なんていうか、お互い内面に悩みっていうか、問題を抱えていて、気持ちが外向きになれない、そんな時期な気がしたんです。

    そう思った根拠はなんとなくの勘で、二人きりで話したときの彼の今の話ぶりと(他の人もいるときとは少し違い)、あとは前会ったときと比べてすごく肌も荒れてて、なんとなく彼は今調子が良くない時期なのかな、と思ったからです。つまり勝手な想像ですね(笑)
    きっと、調子がうなぎ登りの時期は余裕を持って女性にアプローチもできたのだと思います。常にその時たってるステージによって、悩みも増えたり減ったりして当たり前だ。これは、私も同じだから。

    もうひとつ気づいたことがありました。それは、今の私にとっては彼と会うことが消費になってるきがするということです。以前の、一度会った幸福感が何ヵ月も持続する感じがなくて、特に初日は会った瞬間や離れた瞬間から不安や焦りしか湧いてきませんでした。……ずっとこのまま平行線なんじゃないか、とか、彼とわたしは相性が悪いんじゃないか、とか、もう実は互いの恋愛感情はとうに終わってるんじゃないか、とか。

    そして大事な部分として、長い時間他の友人などもいる空間ですごしてやきもきするより、どれだけ短時間であっても二人だけの空間で二人だけの会話をする方がずっといいと気づきました……。帰りの電車で二人だけになったのですが、その時の会話で気づきました。

    関係が切れることを恐れているのはわたしの方なのかもしれないです。
    極端に言えば、どんなに距離ができようと表向きの繋がりが断絶されようと、本当に繋ぎたいと思う関係だったら復活するのかもしれないと思った。なんか違うな、でもこんな感じ。

    ここまで気づけたから、大丈夫かな?

    • えりえーる
    • 2017年 11月 08日 13:48:54

    信じます。
    この記事読んだらまた信じれるようになりました。

    最近勝手にうたがって、勝手に不安になって、勝手に突き放そうとしてみたりしてたけど、また信じます。

    ただ…信じるに値する人かどうか
    ちゃんと最初に見極められてたのかが今度は不安になってしまいそうな。。

    • なのちい
    • 2017年 12月 06日 2:38:27

    私も姉にカモくんの話をするんですが、「なのちいのカモが上京したらなのちいも諦めるやろし早く上京してほしい」って言われた…(^_^;)

    私のためを思って言ってくれるのは分かるけど言われていい気しないです

    • かほ
    • 2018年 1月 28日 19:23:56

    もしかして私がこういう話にこだわるのって、前の恋愛の時から引きずる課題だからでしょうか。

    結局、信じてみる方向に100%舵を切るとかの前段階でもう続ける気もなくなり切ってしまったのですが。
    課題だけは残ってるから、それを今の彼でやり直したいのかもしれないです。

    • 海月姫
    • 2018年 2月 15日 10:00:22

    「俺はそう思ってるけど、それでも女にだらしなかったりするあいつでも好きやって言うなら、もう1度信じる努力をしてみろ。それでも信じることができんくなったら、好きでも切らなきゃいけないときもでてくる。後悔だけはするな。」

    好きでも切らなきゃいけない時も出てくる。
    …つらい選択だけれど自分を大事に思うなら
    そうしなきゃいけない時もあるんですよね

    • かほ
    • 2018年 4月 01日 23:51:07

    さきほど読んだ、渡辺和子さんの『あなたはそのままで愛されている』に、印象的な文章がありました。

    『「愛するとは、互いにかけがえのないものとして相手をいとおしむ心、相手の生命を、そのもっとも本来的な使命に向かって伸ばそうとする心」……(略)……かくて、愛には、距離を埋める架け橋となる「信頼」が必要となってきます。』

    愛とは、相手の生命を、そのもっとも本来的な使命に向かって伸ばそうとする心。
    この響きに、なにか大事なことを気づかされた思いでした。

    迷いながらずっと続けてきたこと、そして今の心境を手に入れるようになり、気づいたこと。

    私は彼や、取りまきの女性の幻想、私にケチをつけ時には足を引っ張ろうとする人々たちと戦っているように見えて、実はずっと自分自身と戦ってきたのだと気づきました。

    それは、私が欲するものを否定し、私の憧れる世界を鼻で笑い、お前にはどうせできないだろうと、私自身を嘲笑ってくる、もう一人の自分との戦いでした。
    そういう私が心から消えないから、私は彼の対応によって機嫌を変えざるを得ず、環境が変わるだけでうまくいかなくなると思い込み、時には自分が他者に良く見られていないと錯覚し自己嫌悪に陥っていたのです。

    今の彼との間で私の心に起きた苦しみは、いくつかありました。

    まずは、彼が私の思うように動いてくれないことによるストレスです。これは、私の中での男女のあり方、男性のあり方について固定観念があったからだと思います。今まではこうだった。だから彼がそうならないのはおかしい。

    それを彼のせいにするか、私の努力不足のせいにするか、二択でした。だから苦しくなっていました。今思えばそれは無理な解釈で、どちらのせいでもありませんでした。ただ彼に合ったやり方があっただけだったのだと、今なら思います。愛とは、相手が本来あるべき方向に伸びていくことを喜べる心……ならば、私は今こそそれを理解し始めたのかもしれません。

    二つ目は、彼への嫉妬に似た気持ちです。
    正確には嫉妬ではないのですが、言い表すならこれがもっとも近いでしょう。
    彼のことが好きでしたが、私は彼を知れば知るほど、好きになればなるほど、劣等感に苛まれました。彼には積み上げてきた技術と実績があり、目指す場所もある。裏打ちがある人間に見えました。だからこそ好きなのですが、同時に自分には何があるのか。妙なプライドだけで、実は積み上げがない、向かうべき先も決まっていない。

    私は彼には釣り合わず、だから愛されないだろうという思い込みが抜けず、そんな心構えしかできない自分の惨めさに、また落ち込みました。
    この期間は長く続きました。

    しかし今となっては、その苦しみは、彼を一面的にしか見られていなかったから起きたのだと気づきました。

    彼との関係に亀裂が入り、1年間会わない時期がありました。その間、はじめは彼への怒りや、消化できない思いでいっぱいでした。

    しかし、就職のための勉強や準備に没頭していく中で、自分と徹底的に向き合い、限界を知ることを覚えました。

    私は、いつの間にか彼への怒りを忘れました。
    それは、私が怒る必要がないことだと気づきました。なぜそうなれたのかと言えば、恐らく、自分に自信がついたからだと思います。

    この言い方がふさわしいかわかりませんが、彼と同格になれたというか、同じ高さの視線を得られるようになったと思えました。
    彼の背中が遥か前方にある状態から、追いつき追い越せで横並びまでいけた。

    私が生きる世界と彼が生きる世界は別物だし、私たちはライバルではないのですが、心に余裕が持てました。

    そうなると、彼が決して完璧な人間ではないということに気づきました。
    彼がいつもうまくいっている訳ではなさそうだということにも気づきました。
    しかし、それでも変わらずに私に接しようとしていることにも、気づきました。

    私がそれを理解せずに、表面的な浅はかな態度をとることで、彼の表情に揺らぎがあることにも気づきました。

    しかしもう、そんな態度をとる必要もなくなりました。私は、まずは私のことをやっていればいいのだとわかったからです。
    私のやりたいようにやって、私自身を伸ばしていくことだと思います。

    それは、回り回って彼を応援することにもなります。それが彼の生命を、本来的な使命に向かって伸ばそうとすることに繋がるのだと思います。

    私が私を十分に満たせて、自身を持てているとき、心から彼を尊敬できます。彼の功績を聞いて、喜ぶことができました。

    本当はそこに寂しさなどいらなかったのです。

    • ふんわり白いワンピース
    • 2018年 4月 14日 2:53:25

    この記事も、皆さんのコメントも素敵で、今の私に沁みる。
    彼は人生初の挑戦に頑張っている。
    だからあんなに厳しい顔して、毎日立ちっぱなしで、彼のあんな風に頑張る姿は初めて見た。
    それなのに、会えないのは他に好きな人ができたからかもって疑う私はひどいなぁ…
    自分の思い通りに彼が時間を作ってくれないから。思った通りの返信をくれないから。
    たからってあの綺麗な舞台女優との関係を疑うって短絡的。
    私は彼を応援するって決めてたのに。
    自分が不安定になったら、たちまち彼に寄り掛かろうとしてる。
    危ない。
    信じるって何か、恋愛の勉強3年目でまた忘れるところだった。
    これは本気の復習が必要です。
    未来の私、今のこのヒラメキを忘れないでね。

    • 2018年 5月 15日 0:06:58

    私にも恋愛相談にのってくれる男友達がいますが、このお兄様のようなことは言ってくれないと思います。

    でも、とにかく私がまたDVされることを一番心配してくれているので、その視点でのアドバイスをくれます。

    私の左手を不自由にしたDV元彼となかなか別れられなかった時(共依存)、何ヵ月も私の相手をしてくれました。

    苦しくなったら僕にLINEくれればいいから、僕を使ってでも絶対に別れろと。

    こんな友達がいるなんて、私は幸せなんだなと改めて思いました。

    • ゆめみ
    • 2018年 5月 15日 0:19:12

    >ゆっかさんに限らず、このように第三者的にアドバイスしてくれる人は大事にしてください。

    だれにも言ったことない話
    ただしんどかった( ´∀`)σ)゚Д゚;)
    別の意味でね
    Kouさんでも兄でもない親友でもない
    そういうときは
    心から信じられる人にアドバイスもらいます

    • やぶげ
    • 2018年 5月 23日 19:14:53

    確かに相談する相手によって
    返ってくる反応は様々です。

    男友達でも私と10年以上付き合いのある人は
    男目線での感想を伝えつつも、最終的には私の幸せをトータル的に考えての発言に近いです。

    別の男友達に彼の事を話した時は
    私がなんとも思っていなかった出来事に驚いて、その驚きを見て私も新たな発見をする、という出来事がありました。

    遠距離片思いの彼と10ヶ月ぶりに会った。
    で、次に会えるのが5ヶ月後。

    という話をしたら、

    え?!次に会う約束してるんですか?!
    (付き合ってないのに??)
    すごくないですか?!

    と言われて

    確かに付き合ってないのに
    遠距離で普段まったく連絡を取らないのに
    次の約束ができるって普通?当たり前?ではないんだなぁ と そこで初めて気付きました。

    親しい友人だから、
    なんでも私の事を分かってくれてる友人だから、
    異性の友人だから、
    必ずしも正しい?アドバイスが貰えるわけではないんですね。

↑↑コメント入力欄に飛んでみる

最近のコメント